MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾・美味アジが絶好調!基本をマスターすれば釣果は満開!

東京湾・美味アジが絶好調!基本をマスターすれば釣果は満開!

今や手軽なターゲットNo.1といえるのが、東京湾のLTアジだ。周年を通して狙えるのも特徴。そのLTアジだが、昨年から好調に釣れ続いているのが横浜沖〜本牧沖。水深は10m台〜20m台と浅いので釣りやすい。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

美味しいアジが絶好調!横浜沖〜本牧沖が好調!

今や手軽なターゲットナンバーワンといえるのが、東京湾のLTアジだ。
周年を通して狙えるのも特徴だ。

そのLTアジだが、昨年から好調に釣れ続いているのが横浜沖〜本牧沖。
水深は10m台〜20m台と浅いので釣りやすい。

また風を避けられる場所なので、強風予報でも出船できる確率が高い。

今回の取材では小柴港「三喜丸」のショートLTアジに乗船。本牧沖をメインに狙った。
「三喜丸」の村上明船長は、当日は型にこだわってポイントを選択。

30㎝級まじりで、終始アタリがあった。トップは60匹オーバーで、50匹台、40匹台を記録する人もいた。

今後もしばらくは横浜沖〜本牧沖が有望。

このほか根岸沖や八景沖などのポイントもあるので、こちらも楽しみ。

これからは陽気もよくなって行楽シーズン。ファミリーフィッシングにも最適だ。

LTアジのタックル&仕掛けはコレ!

「三喜丸」ではオモリ40号のビシを使用する。
そのため竿は、40号オモリに対応した7対3〜8対2調子のLT用がオススメ。
長さは1.8〜2.4mぐらい。
これ以外ではカワハギ竿や硬めのキス竿なども代用可能だ。

リールは小型両軸リール。
釣り場の水深が浅いので、手巻きの両軸リールでOK。
もちろん小型の電動リールでもOK。

道糸はPEラインの2号前後を150mも巻いてあればOKだ。
1号以下の細いPEラインを使用するときは、フロロカーボンの5号前後を先糸として1〜2m直結しておくこと。

前述もしているが、「三喜丸」ではオモリ40号のビシを使用する。

ビシはアンドン型を使うが、重要なのが目の大きさ。近年ではコマセを少量ずつまきながら釣るスタイルが主流。
「三喜丸」の村上船長も「コマセは一気にたくさんまくのではなく、竿を軽く振って少しずつまいてください」と言う。
そのため、目が大きいビシではコマセがどんどん出てしまうので、目が細かいビシを使うようにしよう。

小型の片テンビンにビシを装着して道糸につなぐ。
そしてテンビンに仕掛けをつなぐが、この時クッションゴムを介するようにしよう。

ベテランのなかにはクッションゴムを使わない人もいるが、ビギナーは使うことをオススメする。
アジの口周りは柔らかく、巻き上げ途中に口切れしやすい。
仕掛けとテンビンの間にクッションゴムを介すると、口切れ防止になるのだ。

クッションゴムは使用ハリスに適合した太さを使うこと。長さは20〜30㎝でOKだ。

仕掛けはハリス1.5〜2号、全長2m前後。
ハリはムツ10号前後の2〜3本バリ。
これ以上ハリスが太いと食いが悪くなるので注意しよう。
また慣れない人は、2本バリがトラブルが少なく扱いやすいだろう。

「三喜丸」で支給される付けエサはアカタン。ハリに1個付ける。

釣り座を整頓することで1日快適に釣りができる

重要なのはタナ取りとコマセワーク、手返し!

基本の釣り方を示したのが下のイラストだ。

取材当日のタナは海底から2〜2.5m。
イラストは2mの場合を解説している。

①ビシが着底したらすぐに糸フケを取る。

②続いてすぐに1m巻き上げてから、その位置でコマセをひと振り。

③続いて50㎝巻き上げてから、コマセをひと振り。

④さらに50㎝巻き上げた位置でアタリを待つ。

2〜3分待ってアタリが無いようなら、再度ビシを着底させて①→④の動作を繰り返してタナを取り直す。

タナを2、3度取り直してもアタリがなければ、仕掛けを回収して再投入する。

ここでのポイントは、コマセのまきかた。
竿を小さな幅で軽く振ってコマセをまくようにすること。
少量ずつ狭い範囲でコマセをまくのがコツだ。
大きな振り幅で激しくまくのはNG。
幅広い範囲で大量のコマセをまくことにつながるし、アジが驚いて逃げてしまうからだ。

そして手返しも重要。

タナを取ったらそのまま長時間待つのはダメ。
一定のペースでタナを取り直したり、仕掛けを再投入するなどして手返しよく釣ろう。

状況によっては、仕掛けを投入した時に道糸が斜めに海中に入ることがある。

このような状況では、ビシの着底後すぐに糸フケを取り、そのまま巻き上げてくると正確にタナが取れない。
そこで正確にタナを取るための方法がイラストだ。

簡単に説明すると、道糸がまっすぐ海中に入るまで、何度もタナを取り直すようにする。

ビギナーは、アジの食いが立っているチャンスタイムを逃さないこと。

周りであちこちアタっているときに、基本通りに釣るのが確実に釣るコツだ。

沖釣り入門にもピッタリ!東京湾・本牧沖〜横浜沖のLTアジ釣行レポート

3月後半の当日は本牧沖をメインに狙った。水深は10m台

コマセはイワシミンチ。ビシに7〜8分目くらい入れる

ビシは40号
メーカーによって目の大きさが違うので、目が細いのがオススメ

船宿で支給される付けエサはアカタン。アオイソメは別売り。
しかし、アオイソメは濁り潮のときに有効だと言われるが、万能なエサ。
アカタンでアタらないときに、アオイソメだと頻繁にアタることも珍しくない。
付け方はハリが隠れるくらいに通し刺しにする。

LTだからアタリもわかりやすく、引きも楽しめる。

この幅広のアジがとても美味

30cmクラスの良型もまじる

取り込みは抜き上げで!

美味しいアジが手軽に狙え、LTアジは人気の釣り物だ!

ハリ外しがあると手返しアップに役立つ

鈴木新太郎さんも好調に釣り上げた!

食いが立てばダブル、トリプルもある!

貸し竿を利用していたビギナーも、このとおり!

手軽に挑戦できるので、イチ押しの入門ターゲットのアジ!

美味しいアジが絶好調に釣れる

この日は平均30〜40匹ぐらいの釣果だった

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小柴「三喜丸」

今やお手軽ターゲットナンバーワンといえるのが東京湾のLTアジだ。

釣り場の水深は浅く、ライトなタックルで狙え、しかもこの春は好調に釣れているとなれば、まさに入門にピッタリなのだ!

3月後半の時点で好調に釣れているのが本牧沖~横浜沖。

ここのアジは昨シーズンもそうだったが、とにかく美味しさには定評がある。

そんな美味しいアジが数釣れているので、釣り未経験者やビギナーに自信をもってオススメできるだろう。

今回の取材は小柴港「三喜丸」のショートLTアジに乗船。

当日は鈴木新太郎さんもチャレンジして50匹オーバーの釣果。
多くの乗船者が30~40匹の釣果を手にしていた。

取材当日もまずまずの好調だと思えるが、村上明船長によると「こんなもんじゃないです!」と言う。

取材前日のトップは80匹超、取材後は束釣りでスソでも40匹を超えるという日もあるのだ!!

以上の記事は「つり丸」2019年4月15日号の掲載記事です。

関連記事
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
最新記事
勝浦松部港「信照丸」では、一年を通して生きイワシエサのマハタ五目で出船。1〜2㎏前後が中心だが、状況が良ければ3㎏以上のサイズも食ってくる。ゲストはカサゴ、キントキ、ヒラメなどいろいろまじる!
超高輝度!深海専用集魚フラッシュライト 仕掛け屋本舗「超! 高輝度 LED深海専用集魚フラッシュライト」
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル