MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アカムツ、俺ならこう釣る! 名人・栂安政信編【波崎沖カンネコ根】

アカムツ、俺ならこう釣る! 名人・栂安政信編【波崎沖カンネコ根】

波崎沖アカムツ釣りの大御所、栂安政信氏。シーズン中はこの釣りオンリーで週の3分の1は波崎へ通い詰めるという。ほとんどの名人が氏の釣法を見よう見真似で釣っている。その実績はすさまじい。なんと昨シーズンは、449匹のアカムツを釣り上げた。

「釣り方は、カレイの小突きと同じだよ。オモリで底を叩いて、煙幕をあげて魚を寄せるんだ」

栂安(つがやす)政信氏。波崎沖でアカムツ名人を目指す人なら知らない人はいない。シーズンには週の半分近くをアカムツ釣りに費やす正真正銘の達人だ。

「オモリを底から30㎝ほどあげてストンとおとす、この小突きを繰り返して、泥の煙幕を作るんだよ」と栂安氏。

ヒット! 名人の竿がしなる!

栂安氏の最近の愛用リールは、コレ。ダイワ「レオブリッツ300J」。

栂安氏の仕掛けはシンプル。中オモリは5〜15号を状況に応じて使用。

イカの塩辛が特エサという。イカの醤油浸けも効くという。

がまかつ「極ムツ(赤)」17号に夜光塗料を施してアピールアップを狙う。

決して置き竿にはしない。手持ち竿で攻め続ける達人たち。

「今年は小突き釣法で釣っているよ。カレイの小突き釣りの応用だな。オモリで底を叩いて、泥の煙幕をつくって、そのなかにエサを入れてやるんだ。魚の活性が高いときにとくに効くよ」
取材当日も良型ばかり13匹釣り上げてやはり竿頭、追従する泊氏、三沢氏の2名人を抑えての見事な釣りっぷりだった。
「オモリは30㎝ぐらい底からあげる感じかな。シャクルのは疲れるけど、アカムツは反射食いもするからね。たまに誘い上げを入れるとそのときも食ってくるよ」
アワセのタイミングを聞くと、基本的には、どんな小さなアタリもアワセを強めに入れているという。フッキングに至らなくても、また誘い続ければ、再びアタリが来る、そして、即アワセ。これが栂安氏の釣りだ。
「船長にも太鼓判の小突き釣法だけど、食いがよくないときは、タルマセ釣りもやるよ。とにかく、基本は最初から最後まで攻め続けること。それが一番大事だよ」
近年、ライバルの泊氏に数負けすることあるという。
「そんなときは、パターンがあわないだけ。それも釣りの楽しみのひとつ。食いパターンを見つけだすのが大事なんだよ」
栂安氏は今季のハイシーズンも釣り続ける。氏の釣法はさらに進化する。

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
相模湾はアマダイの本格シーズン!腰越港「多希志丸」では、11月に入りトップ10匹前後の好釣果が続き、40~50㎝級の大型もかなりまじって釣れている。美しくて美味しい冬の女王を釣りに行こう!
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
最新記事
12月1日(日)、「第12回いすみ市大原港ふぐカットウ釣大会」(主催:夷隅東部漁業協同組合大原遊漁船部会)が千葉県大原港で参加者207人で開催された。
相模湾はアマダイの本格シーズン!腰越港「多希志丸」では、11月に入りトップ10匹前後の好釣果が続き、40~50㎝級の大型もかなりまじって釣れている。美しくて美味しい冬の女王を釣りに行こう!
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
大栄丸(小湊港)の釣果情報を掲載
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読