MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アカムツ、俺ならこう釣る! 名人・栂安政信編【波崎沖カンネコ根】

アカムツ、俺ならこう釣る! 名人・栂安政信編【波崎沖カンネコ根】

波崎沖アカムツ釣りの大御所、栂安政信氏。シーズン中はこの釣りオンリーで週の3分の1は波崎へ通い詰めるという。ほとんどの名人が氏の釣法を見よう見真似で釣っている。その実績はすさまじい。なんと昨シーズンは、449匹のアカムツを釣り上げた。

「釣り方は、カレイの小突きと同じだよ。オモリで底を叩いて、煙幕をあげて魚を寄せるんだ」

栂安(つがやす)政信氏。波崎沖でアカムツ名人を目指す人なら知らない人はいない。シーズンには週の半分近くをアカムツ釣りに費やす正真正銘の達人だ。

「オモリを底から30㎝ほどあげてストンとおとす、この小突きを繰り返して、泥の煙幕を作るんだよ」と栂安氏。

ヒット! 名人の竿がしなる!

栂安氏の最近の愛用リールは、コレ。ダイワ「レオブリッツ300J」。

栂安氏の仕掛けはシンプル。中オモリは5〜15号を状況に応じて使用。

イカの塩辛が特エサという。イカの醤油浸けも効くという。

がまかつ「極ムツ(赤)」17号に夜光塗料を施してアピールアップを狙う。

決して置き竿にはしない。手持ち竿で攻め続ける達人たち。

「今年は小突き釣法で釣っているよ。カレイの小突き釣りの応用だな。オモリで底を叩いて、泥の煙幕をつくって、そのなかにエサを入れてやるんだ。魚の活性が高いときにとくに効くよ」
取材当日も良型ばかり13匹釣り上げてやはり竿頭、追従する泊氏、三沢氏の2名人を抑えての見事な釣りっぷりだった。
「オモリは30㎝ぐらい底からあげる感じかな。シャクルのは疲れるけど、アカムツは反射食いもするからね。たまに誘い上げを入れるとそのときも食ってくるよ」
アワセのタイミングを聞くと、基本的には、どんな小さなアタリもアワセを強めに入れているという。フッキングに至らなくても、また誘い続ければ、再びアタリが来る、そして、即アワセ。これが栂安氏の釣りだ。
「船長にも太鼓判の小突き釣法だけど、食いがよくないときは、タルマセ釣りもやるよ。とにかく、基本は最初から最後まで攻め続けること。それが一番大事だよ」
近年、ライバルの泊氏に数負けすることあるという。
「そんなときは、パターンがあわないだけ。それも釣りの楽しみのひとつ。食いパターンを見つけだすのが大事なんだよ」
栂安氏は今季のハイシーズンも釣り続ける。氏の釣法はさらに進化する。

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読