MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アカムツ、俺ならこう釣る! 名人・栂安政信編【波崎沖カンネコ根】

アカムツ、俺ならこう釣る! 名人・栂安政信編【波崎沖カンネコ根】

波崎沖アカムツ釣りの大御所、栂安政信氏。シーズン中はこの釣りオンリーで週の3分の1は波崎へ通い詰めるという。ほとんどの名人が氏の釣法を見よう見真似で釣っている。その実績はすさまじい。なんと昨シーズンは、449匹のアカムツを釣り上げた。

perm_media 《画像ギャラリー》アカムツ、俺ならこう釣る! 名人・栂安政信編【波崎沖カンネコ根】の画像をチェック! navigate_next

「釣り方は、カレイの小突きと同じだよ。オモリで底を叩いて、煙幕をあげて魚を寄せるんだ」

栂安(つがやす)政信氏。波崎沖でアカムツ名人を目指す人なら知らない人はいない。シーズンには週の半分近くをアカムツ釣りに費やす正真正銘の達人だ。

「オモリを底から30㎝ほどあげてストンとおとす、この小突きを繰り返して、泥の煙幕を作るんだよ」と栂安氏。

ヒット! 名人の竿がしなる!

栂安氏の最近の愛用リールは、コレ。ダイワ「レオブリッツ300J」。

栂安氏の仕掛けはシンプル。中オモリは5〜15号を状況に応じて使用。

イカの塩辛が特エサという。イカの醤油浸けも効くという。

がまかつ「極ムツ(赤)」17号に夜光塗料を施してアピールアップを狙う。

決して置き竿にはしない。手持ち竿で攻め続ける達人たち。

「今年は小突き釣法で釣っているよ。カレイの小突き釣りの応用だな。オモリで底を叩いて、泥の煙幕をつくって、そのなかにエサを入れてやるんだ。魚の活性が高いときにとくに効くよ」
取材当日も良型ばかり13匹釣り上げてやはり竿頭、追従する泊氏、三沢氏の2名人を抑えての見事な釣りっぷりだった。
「オモリは30㎝ぐらい底からあげる感じかな。シャクルのは疲れるけど、アカムツは反射食いもするからね。たまに誘い上げを入れるとそのときも食ってくるよ」
アワセのタイミングを聞くと、基本的には、どんな小さなアタリもアワセを強めに入れているという。フッキングに至らなくても、また誘い続ければ、再びアタリが来る、そして、即アワセ。これが栂安氏の釣りだ。
「船長にも太鼓判の小突き釣法だけど、食いがよくないときは、タルマセ釣りもやるよ。とにかく、基本は最初から最後まで攻め続けること。それが一番大事だよ」
近年、ライバルの泊氏に数負けすることあるという。
「そんなときは、パターンがあわないだけ。それも釣りの楽しみのひとつ。食いパターンを見つけだすのが大事なんだよ」
栂安氏は今季のハイシーズンも釣り続ける。氏の釣法はさらに進化する。

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル