MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【外房】春の外房ルアーゲームの主役はサンパク&ワラサ!

【外房】春の外房ルアーゲームの主役はサンパク&ワラサ!

ラマサ狙いで人気を集める外房沖。ヒラマサの陰に隠れ、目立ってはいないが、年々人気右肩上がりなのが、冬から春にかけてのサンパク、ワラサだ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

脂ノリノリでその食味も大人気! 外房ルアーゲーム釣果レポート

4kg前後のワラサだったが、このコンディション! マイワシを飽食し脂もたっぷり! 極上のワラサだ

思わず笑顔がこぼれてしまうのも納得。このワラサに魅かれてアングラーが集まってくるのだ

ソフトな誘いで掛けた! 一本目を掛けることは群れを寄せることにつながる。重要な仕事!? だ

船中唯一となったナイスサイズのヒラマサ! これからの時期はこちらが主役を張ってくる

サンパクでもこのでっぷりさ。見事なボディだ

ヒットは連発することも多い。チャンスタイムを逃さないことが大切だ

ヒットは連発することも多い。チャンスタイムを逃さないことが大切だ

定番ゲストのヒラメも登場!

一日二便体制で出船!3月の取材日の午前船は暗闇のなかでの出船となった

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松鶴丸」

ヒラマサ狙いで人気を集める外房沖。
ヒラマサの陰に隠れ、目立ってはいないが、年々人気右肩上がりなのが、冬から春にかけてのサンパク、ワラサだ。

「冬から春でも、一回の出船ではヒラマサ、ワラサとどちらも狙いますが、どちらかといえば主役はサンパク、ワラサになることが多いですね。ヒラマサはなかなか難しい、というのが現実でもあります」とは、中村真也船長。

取材時は大原沖の水深60~80mの深場狙いを中心に展開。
ドテラ流しとなるため、使用ジグも200g強がメインのバーチカルな釣り。
同沖としては最深となるディープ? ゲームとなった。

「これ、というヒットパターンがないところが難しいところでもあり、楽しいところでもあると思います」とは助手の岡本明彦さん。

軟らかいアクションで1本目のワラサを仕留めた。その後はポツリポツリの展開が続き、ほぼ全員がキャッチに成功。

サイズこそサンパククラスもまじりだが、マイワシを飽食した魚体は極太。
脂ノリノリのその食味も人気の秘密だという。

やや浅場に移動してからはヒラマサも登場。サンパク、ワラサのラッシュタイムもあり、全員が存分に楽しめた半日出船だった。
本誌発売時も同様の展開が楽しめるはず。その後はヒラマサの回遊が始まる。春を迎え、忙しくなるいっぽうの大原沖だ。

以上の記事は「つり丸」2019年4月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
良型中心、だがテクニカルな攻略が必要とされる。そんな状況が続く東京湾のタチウオジギング。「静かなジギング」をキーワードに突破口を探ってみよう。
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
最新記事
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル