MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【東京湾・第二海堡周り】開幕から活発のマゴチ!仕掛け&釣り方

【東京湾・第二海堡周り】開幕から活発のマゴチ!仕掛け&釣り方

竿先に「コン!」とアタリが出る。「食い込め」と念じること30秒あまり。竿先がグーンと入り込んだところで大アワセ。至福の瞬間……。ぎゃあ! すっぽ抜けでガーン……。東京湾のマゴチ釣りにはドラマがある。

ほぼ周年狙えるターゲットに 未開のポイントも多く魚影濃厚

一昔前、東京湾のマゴチといえば初夏に開幕し、「照りゴチ」と呼ぶ真夏が最盛期のターゲットだった。
ところがここ最近はかなりのロングランで釣れる釣り物になった。

「ここ最近は3月に開幕して年末いっぱいまで狙っています。

本当は1月、2月も釣れるんだけど、この時期限定でシロギスをやってっていうお客さんが多いからお休みにしているんですよ」とは、横浜・新子安「だてまき丸」の宮地至人船長。

「そんなに一気に増える魚じゃないはずだけど東京湾には相当数がいますね。マゴチはもう30年くらいやっているけど、まだまだ手付かずのポイントもたくさんあるんです」

10ヶ月にわたるロングランだが、季節ごとによって変化があり通い続けるファンも多いという。
開幕から6月中旬ごろまでは生きたエビを使用し、以後は生きたハゼエサを使用する。

3月に開幕した今シーズンは、第二海堡周りをメインに狙っているが、「例年通りまずまずの食い」だという。

「去年の今頃は近場の根岸湾をメインに狙っていて、第二海堡の南側はほとんど狙っていませんでした。それだからか今の所ここは魚が多いですね。60‌㎝級はたまにしか出ませんが、40‌㎝オーバー主体の釣りができています」

マゴチ釣りには難しいイメージがある。それは、いつアワせたらいいのか、という永遠の課題があるからだろう。

「うちは小学生のお子さんもよく釣っていますよ。わからないことは何でも教えますので、やってみたいと思う人はどんどん挑戦してみてください。ベテランでも結構アワセは失敗しますし、逆に誰でもチャンスはあります」

【東京湾・第二海堡周り】マゴチの仕掛け

マゴチ釣りはオモリ15号を使用したライトな釣りだ。
竿は2~2.4mほどのマゴチ専用竿、2‌m前後のライトゲーム用の竿などを使用する。

食い込みを促す軟らかい穂先がいいが、アワセが利き、魚を浮かせる張りと腰があるものが理想。

2本竿でやる人もいるが、混雑具合、エサの量などによっても変わってくるので船長に聞いてみよう。
慣れない人は1本竿でやろう。

リールは小型両軸リール。ドラグは締めて使用する。

大きくアワせた時に糸が出てしまっては、マゴチの硬い口周りにフッキングさせるのが難しくなる。

ここで注意したいのが道糸の細さだ。
現在、ライト用の小型両軸リールには0.8~1号などの道糸を巻いている人が多いが、この釣りには最低1.5号は必要だ。

「P‌Eは2号あったほうがいいね。1号以下だとアワセの時に道糸が切れちゃうからね」
仕掛けは三日月オモリ15号を介し、ハリス5号1.5m。ハリはマゴチ、スズキバリの17~18号。この仕掛けはサイマキ用でハゼ用とは異なる。

「だてまき丸」では、「エビエサが横に寝てしまう」という理由からハリにはヒューズなどつけずにそのまま使用する。

エサは食用の高級エビ! 元気に生かして アタリを増やそう

生きエビエサはクルマエビの子であるサイマキを使用する。これは沖縄産の高級食材だ。

まず、最初に5匹配られ、以後は追加1匹で100円だ。エサはフグやイカなどエサ取りが多い場合は使用量が増える。
通常時だと、追加のエサは10~15匹ほど。2本竿の場合は追加で20匹ほど。

エサは足元のバケツで生かしておくが、元気な状態を保つためほとんどの人が電池式のブクを持参している。

エサは、イラストのように、頭部にあるツノを折って、ひっくり返して口の中からクルっと回るようにハリを入れて折ったツノの中央あたりにハリ先を出す。脳の部分に刺さないように注意しよう。

エサは元気に生きてピンピンと動いた方がアタリは増える。手早く付けよう。
うまく付けられるとエサも長持ちする。死んでしまったエサはクーラーに入れて持ち帰る人がほとんど。
もちろん、食べるためだ。

投入合図があったらエビを入れ、オモリを投下する。底ダチを取ったら糸フケを取り、1m上げて待つ。

「エビが海底を歩くようなイメージでタナ取りをします」

アタリは「コン」とか「コツン」と竿先にも手元にも伝わるようなものが多い。

これはマゴチがエビをくわえた合図だ。ここでアワせたらまずハリ掛かりしない。

「常連さんでも百発百中なんてことはないしアワセが失敗するのは仕方ないよね。
しっかりと持っていくようなアタリが来るまで待ってください」

アタリが来たら……?

アタリが来たら、まずは食い込みを促進するために竿先を下げてさらに強い本アタリが出るまで待つ。

「そのまま食ってくれないときは、ゆっくりと聞き上げてみると、待て待てと一気に食い込んでくれることも多いですよ」

この時期は、水温が低く待ち時間が長くなる傾向にある。
しっかり食い込むまでのドキドキタイムが長くなるが、これも楽しみの一つだ。

アワセは勇気と自信を持って大きく強くおこなおう。掛かった瞬間は脳髄が痺れるような衝撃と快感が押し寄せてくる。
竿を立て気味にしてそのままリーリングしよう。

アタリが無い場合はどうするか?
「上手な人は自分でアタリを出します。マメなタナの取り直しと誘いでマゴチにアピールしてやります」

船長のオススメの誘いは、タナを取り直す時、リールで1‌m巻き上げてくるのではなく、竿先を下げた状態で着底させ、
そこからシュっとシャクリ上げて1‌m上げるというもの。

これはリールで糸を出してタナを取り直す時もできるし、待っている時には竿先を下げて着底させてからシャクリ上げてもいい。

「この誘いだとエビエサがいい動きをするんです。これがアピールになります。30秒に1回くらい誘ってもいいですよ」
まずはアタリを出すことが次のステップに繋がる。アタリが多ければ多少の失敗があっても釣る確率は上がる。
「その日の最初のアタリは特に集中してね。うまくいくとその日はそのままいい釣りができることが多いよ。ここで失敗しちゃうと、悪循環になることが多いですよ」

繊細なアタリにドキドキ! 豪快な引きを楽しむマゴチ釣果レポート

エサのサイマキ(クルマエビ)は5匹配られる。以後は1匹100円で購入

エサを元気に活かす電池式のブクを持参すると、よりエサが元気に

エサ付けは口の部分にハリ先を入れる

ハリをつけてもエビはピンピンと元気だ

第二海堡のポイント前をジェットホイル船が疾走する。三浦半島越しの富士山も美しい。まさに「東京湾」というシチュエーションだ

現在の主戦場は第二海堡周りだ。「ポイントは無数にありますよ」とは宮地船長

オモリは三日月型15号。ハリスは5号1.5m

スタートダッシュを決めて前半に4連チャンを決めた!

伝統的な手バネ竿で狙うベテランも多い。しっかりとアワセが決まった

やり取りは10mちょっととあっという間だが、一瞬も気を抜けないぞ!

現在、40㎝クラスが主体だが60㎝のチャンスも

マゴチだけでなく、フグ、スミイカがエサをかじる

最近はヒラメやホウボウもよくまじるという

大型スミイカはうまくすくえればいいお土産に

40㎝クラスでもかなりの引きが楽しめる

しっかり食い込んだと思ったら失敗を恐れず勇気を出して大きくアワせよう

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新子安恵比須橋「だてまき丸」

竿先に「コン!」と小さいながらもハッキリとしたアタリが出る。
ドキドキしながら「さあ食い込め、食い込め」と念じること30秒あまり。
そして竿先がグーンと入り込んだところでバシっと大アワセ。

 ああ、至福の瞬間……。

 ぎゃあ! すっぽ抜けでガーン……。

 東京湾のマゴチ釣りにはドラマがある。そんなドラマを演出してくれるのが、横浜・新子安の「だてまき丸」だ。

「3月にシーズンがスタートしました。特大は多くないですが、順調ですね。もう30年もマゴチをやっているけど、まだまだ狙っていないポイントもたくさんあるんです」とは、「だてまき丸」宮地至人船長だ。

 この日はトップ10匹、2番手8匹と絶好の食いを見せてくれた。

「だてまき丸」では3月に開幕し、12月末までの10ヶ月がシーズンとほぼ周年狙えるターゲット。

6月中旬ごろまでは生きエビエサ、以後はハゼエサで狙う。ドキドキ感とスリル感を味わうなら、東京湾のマゴチで決まりだ。

以上の記事は「つり丸」2019年4月15日号の掲載記事です。

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読