MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、イトフエフキという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、イトフエフキという魚を知ろう!

生息域は国内では新潟県から九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、千葉県外房〜九州南岸の大平洋沿岸、種子島、琉球列島。海外では済州島、台湾、中国北海、東インド洋、西太平洋に広く生息する。

イトフエフキ(スズキ目フエフキダイ科フエフキダイ属)の生態

フエフキダイ科は熱帯、亜熱帯域では重要な食用魚で、オオフエフキ、ハマフエフキなどは熱帯の国ではかなり高価だ。
それに対して本種などは体長20cm前後と小さいこともあり、エラにあらいヒモを通して十数尾まとめて売られている。
1尾の値段を円に換算すると30円前後だろう。
これを素揚げにしてサゴヤシのパンケーキや蒸したタロイモなどのおかずにするのが、熱帯でのもっとも庶民的な食事となっている。

イトフエフキの値段は?

一般の市場流通にはめったにのらない。
例えば都内豊洲市場は世界一多彩な魚が集まる場所だが、本種はかなり珍しい部類に入る。
例えば暖かい地域から定置網などでとれた魚を数種類集めて1箱で送ってくる。
これを「入り会い」というのだが、そこに希に入っているくらい。1尾あたりの値段はせいぜい卸値で100円前後。
見た目以上に美味なので釣れても捨てないで!

すし飯との馴染みがよく、飽きが来ない味

春たけなわ、日本全国から様々な魚がやってくるようになった。
小田原からは産卵期のメジナの雄がやってきた。この時季の白子はトラフグ以上に美味だ、とガッツポーズ。

イシダイ、マダイ、アマダイ、大きなヒラメもやってきた。

そこに宮崎県の釣り師の方から、「港前の浅場で釣れました」といって地味すぎる魚が送られて来た。

この魚、小型だし、見た目がどことなくモヤモヤしているのだ。
グレイの生地に黒いペイズリー柄をほどこしたような、つげ義春の絵のような。
地味なんだけど変なのでジミヘンと名づけるとピッタリかも。

鹿児島ではこれを「たばめ」という。薩摩隼人に聞くとやたらに安い魚だということもあり、
「ようわからんが『たばっ』(食事中は読まないで)は反吐でごわすけん、まずいってことでごわんど」なんて言う。

送ってくれた宮崎の釣り師曰く、ボートで釣るのだが、動きが遅いので他の魚にエサを横取りされてばかり。
釣れるのは春のエサ取りの少ない時期だけだと言う。

ということでこのジミヘンな魚、イトフエフキが、宮崎県からたっぷり送られて来た。

さて、人間界にも地味なのか派手なのかは別として、喜怒哀楽が読めないというか、言っていることが意味不明というか、
ヤケに明るいだけの個体(生物学用語です)が少なくない。すし職人のたかさんも、その一個体だ。

春になりどっさり到来した高級魚を面倒なので全部、たかさんに丸投げしていた。
するとお客にも大好評で「儲かった、儲かった」と毎日のように浮かれ喜んでいたのだ。

たかさんにこのジミヘンな魚を渡したのは、ある晴れた日の昼下がりだった。
それまでイシダイだ、アマダイだ、マダイだ、と連続で来た後なので嫌がるかなと思いきや、下ろして味見した途端、

「真打ち登場だよ」とにやついたのだ。

小型なので三枚に下ろした片身が、子供の手のひらくらいしかない。
腹骨を取り、皮を引くと血合いもきれいじゃないし、うま味も薄い。

「どこがいいのかわかりまへん」

「つけたらわかります」

 確かにつけてみたら、すし飯との馴染みもよく、捨てがたい味だ。

「これ前座の味じゃない」

「いや桂歌丸です」

それを言うなら、桂文楽でしょうよ。知識の源はテレビオンリーって、まことに寂しい人生だね。

握りとしてはうまい方かも知れないが、可もなく不可もなく、だ。ところが、たかさんがヤケにほめる。

「この角がないところがいいの」

「角ってなに?」

「脂が強いとか、甘いとか、うまいとかの角角の位置全部が真ん中ってこと。わかんねーかな?」

絵にしてやっとわかった。要するにレーダーチャート(蜘蛛の巣グラフ)の角のことらしい。
まったくこの個体の言語は意味不明だ。ただし言っていること自体は正しい。

「たかさん、それじゃお客にわかんないと思うよ。皮をあぶろうよ」

「いやだ!」

ときどき意固地になる。このあたりもこの個体の特徴なのだ。

あぶってつけたら文句なしだった。なによりも皮の直下の脂に甘味があり、皮自体の香ばしさも無類だ。

「見事な味じゃん」

 一かん口に放り込んで、

「平凡だね」

「平凡だと言いながら顔がにやついてる、どうして?おせーて」

握りで食べたら、このジミヘンな魚の底力、真のうまさがわかって来た。つけてくれるたびに、ついつい手が伸びる。

飽きが来ない。

「これなら、座布団五枚の味だね」

「三枚くらいじゃない?」



◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2019年4月15日号の掲載記事です。

関連記事
ムツは、スズキ目ムツ科ムツ属の魚。北海道〜九州の太平洋・日本海・東シナ海、台湾の水深200〜700mに生息する。
更新: 2019-03-28 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ナンヨウカイワリは、スズキ目アジ科ヨロイアジ属の魚。サンゴ礁などの沿岸の浅場に生息。
更新: 2019-03-05 12:00:00
スミイカは、コウイカ目コウイカ科コウイカ属。関東以南。南はインドネシアやベトナムなどの東南アジアまで生息している。
更新: 2019-01-29 07:00:00
ヒガンフグは、フグ目フグ亜目フグ科トラフグ属の魚。日本各地の岩礁または藻場に分布していて、浅海にすむ。甲殻類や軟体動物、海底生物をおもに食べる。市場ではトラフグに次いで値段が高い。
更新: 2019-01-18 11:20:47
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読