アカムツ、俺ならこう釣る! 名人・三沢育正編【波崎沖カンネコ根】

アカムツ、俺ならこう釣る! 名人・三沢育正編【波崎沖カンネコ根】

三沢育正氏さんは銚子市に住む地元の若手アングラーだ。ルアーフィッシングにも精通し、テクニカルな攻めの釣りを好む。その考えがバッチリと当てはまったのがこのアカムツ釣りだという。


過去最高記録保持者若手No.1の実力派。中オモリを有効に使って、省エネ釣法を実践

銚子市に住む地元アングラー。若手では実力No.1の実績を持つ。ルアーゲームで習得したセンスを武器にアカムツ釣りの頂点をめざす。

中オモリを幹糸に付けて、より効果的に楽に誘いアピールを演出させてます。

この日最大43㎝の大型をキャッチした三沢名人。

三沢氏のタックルボックスの中身。それぞれにこだわりがある。

マシュマロボールアピール効果大!!

「仕掛けはシンプルですよ。オリジナルといえば、そうヤマシタのマシュマロボールを最初に付けて実績をあげたことかな。今年は、カワハギ釣りにヒントを得て、仕掛けの幹糸に中オモリを付けてます。状況に応じてオモリのサイズは変えますが、これによって、より効率よくエサを動かすことができるんですよ。基本的にオモリは付けたままですから、竿を握る腕の負担はかなり軽減されます。ボクは省エネ釣法って呼んでますよ」と、さわやかな笑顔まじりで応対してくれた三沢さん。
「中通しオモリを上ハリスの親子サルカンの下の固定するんです。中オモリの重みで確実に上ハリスを引っ張るから、エサは動きやすくなるでしょ。最近はこれで釣ってます」
アカムツが口を使うのは、エサがフォールしていき止ったときが断然多いという。そのエサの動きを効率よく演出したいと考えて、この仕掛けが生み出されたのだという。
「エサにはあまりこだわりません。サバとホタルイカのゲソのみです」との達人のこの言葉から誘いの重要性が理解いただけただろうか。

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


小さなアタリも大きくでるので釣果アップ! LTアカムツ(東洋丸)

小さなアタリも大きくでるので釣果アップ! LTアカムツ(東洋丸)

今期もまずまずのすべりだしの波崎沖カンネコ根のアカムツ。開幕当初は、小さい個体が多く、これからどうなってしまうのだろう!?と心配されたが、8月になって30㎝オーバーはもちろん、40㎝前後の良型が頻繁に顔をみせるようになり、9月10月の最盛期間近の様相だ。


激アツ激うまアカムツのシーズン開幕! 仕掛け&釣り方(仁徳丸)

激アツ激うまアカムツのシーズン開幕! 仕掛け&釣り方(仁徳丸)

波崎沖から北東へ約9マイルに位置するカンネコ根。南北に広がる泥場まじりの広大な岩礁帯で水深は100m〜150mだ。ここに6月から10月にかけて乗っ込みのアカムツが深場から大挙して回遊してくる。これを狙うので波崎沖のアカムツ釣りは夏〜秋がシーズンなのだ。


アカムツの聖地・カンネコ根開幕! 今期も数釣り期待大(浜茄子丸)

アカムツの聖地・カンネコ根開幕! 今期も数釣り期待大(浜茄子丸)

お待たせしました! 今期も昨今のアカムツブームを牽引する波崎沖のカンネコ根が開幕。初日から数釣りできた船もあり、まずまずのスタートを切った。


波崎沖カンネコ根のアカムツの仕掛け&釣り方をご紹介!(仁徳丸)

波崎沖カンネコ根のアカムツの仕掛け&釣り方をご紹介!(仁徳丸)

今年は6月後半に開幕した波崎沖カンネコ根のアカムツ釣り。その後の様子はというと、日ムラもあるが中小型を中心に五目釣りが楽しめている。


超人気高級魚アカムツ開幕! 仕掛け&誘いのパターン(仁徳丸)

超人気高級魚アカムツ開幕! 仕掛け&誘いのパターン(仁徳丸)

波崎沖のカンネコ根が話題のアカムツのポイントだ。利根川河口から北東へ約10マイル。航程約50分の根だ。この根の水深は110〜150m。産卵のため深場から上がってきたアカムツの群れがターゲット。


最新の投稿


南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

オニカサゴが冬の釣り物だと認識している釣り人が、ひょっとしてまだいるんじゃないだろうか? 鍋にして食べると旨いオニカサゴだから、冬の釣り物というイメージが着いてしまっている感がある。


浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

夏のまっ盛りに開幕した東京湾のタチウオ、今シーズンも魚影は濃いようで、良い日はトップ30本前後の釣果が聞こえていた。光り輝く銀色の魚体に会いに向かったのは、シーズンを通してタチウオ乗合を出船している金沢漁港の「鴨下丸」。


暑い夏は早朝出船便で楽しむのがオススメ! 東京湾のアジ(吉明丸)

暑い夏は早朝出船便で楽しむのがオススメ! 東京湾のアジ(吉明丸)

昨年の夏場は、東京湾のアジが広範囲で絶好調続きだった。今シーズンも同じように好調が続いている。走水港「吉明丸」では走水沖をメインに狙って、35㎝前後の良型を主体に、トップ50匹以上を記録することもしばしばだ。今回の取材では、走水沖40m前後を狙って、トップは60匹だった!


ブランドのアジとトロサバがとにかく旨い! ビシアジ釣り(小川丸)

ブランドのアジとトロサバがとにかく旨い! ビシアジ釣り(小川丸)

午前、午後の二便で出船中の大津「小川丸」のマアジ船は、猿島沖〜観音崎沖を中心に周年を通して楽しめる。この海域のアジは、黄金色に輝き幅が広く脂の乗りも抜群。ブランドアジとして人気が高い。


相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

コマセ釣りが解禁して間もなく、相模湾にカタクチイワシが回遊し、突如としてルアーの釣果が上向いた。各所でトリヤマが立ち、キハダが巨大な水飛沫を上げてボイルしているのだ。さらにアベレージサイズも25〜30㎏とひと回り大きくなり、非常にエキサイティングな状況となっている。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読