MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アカムツ、俺ならこう釣る! 名人・三沢育正編【波崎沖カンネコ根】

アカムツ、俺ならこう釣る! 名人・三沢育正編【波崎沖カンネコ根】

三沢育正氏さんは銚子市に住む地元の若手アングラーだ。ルアーフィッシングにも精通し、テクニカルな攻めの釣りを好む。その考えがバッチリと当てはまったのがこのアカムツ釣りだという。

perm_media 《画像ギャラリー》アカムツ、俺ならこう釣る! 名人・三沢育正編【波崎沖カンネコ根】の画像をチェック! navigate_next

過去最高記録保持者若手No.1の実力派。中オモリを有効に使って、省エネ釣法を実践

銚子市に住む地元アングラー。若手では実力No.1の実績を持つ。ルアーゲームで習得したセンスを武器にアカムツ釣りの頂点をめざす。

中オモリを幹糸に付けて、より効果的に楽に誘いアピールを演出させてます。

この日最大43㎝の大型をキャッチした三沢名人。

三沢氏のタックルボックスの中身。それぞれにこだわりがある。

マシュマロボールアピール効果大!!

「仕掛けはシンプルですよ。オリジナルといえば、そうヤマシタのマシュマロボールを最初に付けて実績をあげたことかな。今年は、カワハギ釣りにヒントを得て、仕掛けの幹糸に中オモリを付けてます。状況に応じてオモリのサイズは変えますが、これによって、より効率よくエサを動かすことができるんですよ。基本的にオモリは付けたままですから、竿を握る腕の負担はかなり軽減されます。ボクは省エネ釣法って呼んでますよ」と、さわやかな笑顔まじりで応対してくれた三沢さん。
「中通しオモリを上ハリスの親子サルカンの下の固定するんです。中オモリの重みで確実に上ハリスを引っ張るから、エサは動きやすくなるでしょ。最近はこれで釣ってます」
アカムツが口を使うのは、エサがフォールしていき止ったときが断然多いという。そのエサの動きを効率よく演出したいと考えて、この仕掛けが生み出されたのだという。
「エサにはあまりこだわりません。サバとホタルイカのゲソのみです」との達人のこの言葉から誘いの重要性が理解いただけただろうか。

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
外房大原の根魚五目!今シーズンは開幕からキントキが絶好調!多点掛け連発の爆釣も!釣って良し、食べて良し!マハタも掛かって大満足だ!
お手軽に狙えて初心者にもオススメのターゲット、今回は久比里の「山天丸釣船店」さんのシロギスに乗船してきました。数釣り好調でアタリ多くビギナーにもオススメ!
いよいよ夏タチ本番!上向き傾向!!アジは安定して数釣り好調!!一度の乗船で2倍楽しめる!鴨居大室港「福よし丸」の東京湾タチウオ&アジリレーを紹介!
大原沖のイサキが開幕から絶好調!トップが定量の50匹に達する日も多く、良型主体で2〜3㎏のサイズもまじる!今後は高級ゲストのシマアジも楽しみだ!
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
最新記事
シノビテングハギ(スズキ目ニザダイ科テングハギ属)北限は伊豆諸島利島沖。三重県志摩市でも見つかっているが、鹿児島県屋久島以南では珍しい魚ではないだろう。
感度と操作性にこだわった次世代ひとつテンヤロッド「がま船 ひとつテンヤ真鯛3」
東京湾の夏といえば、江戸川放水路「林遊船」が提案する“カスタム和船”で攻める湾奥マゴチゲーム!“新江戸前の釣り”の本番はこれからだ!
外房大原の根魚五目!今シーズンは開幕からキントキが絶好調!多点掛け連発の爆釣も!釣って良し、食べて良し!マハタも掛かって大満足だ!
お手軽に狙えて初心者にもオススメのターゲット、今回は久比里の「山天丸釣船店」さんのシロギスに乗船してきました。数釣り好調でアタリ多くビギナーにもオススメ!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル