MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アカムツ、俺ならこう釣る! 名人・三沢育正編【波崎沖カンネコ根】

アカムツ、俺ならこう釣る! 名人・三沢育正編【波崎沖カンネコ根】

三沢育正氏さんは銚子市に住む地元の若手アングラーだ。ルアーフィッシングにも精通し、テクニカルな攻めの釣りを好む。その考えがバッチリと当てはまったのがこのアカムツ釣りだという。

過去最高記録保持者若手No.1の実力派。中オモリを有効に使って、省エネ釣法を実践

銚子市に住む地元アングラー。若手では実力No.1の実績を持つ。ルアーゲームで習得したセンスを武器にアカムツ釣りの頂点をめざす。

中オモリを幹糸に付けて、より効果的に楽に誘いアピールを演出させてます。

この日最大43㎝の大型をキャッチした三沢名人。

三沢氏のタックルボックスの中身。それぞれにこだわりがある。

マシュマロボールアピール効果大!!

「仕掛けはシンプルですよ。オリジナルといえば、そうヤマシタのマシュマロボールを最初に付けて実績をあげたことかな。今年は、カワハギ釣りにヒントを得て、仕掛けの幹糸に中オモリを付けてます。状況に応じてオモリのサイズは変えますが、これによって、より効率よくエサを動かすことができるんですよ。基本的にオモリは付けたままですから、竿を握る腕の負担はかなり軽減されます。ボクは省エネ釣法って呼んでますよ」と、さわやかな笑顔まじりで応対してくれた三沢さん。
「中通しオモリを上ハリスの親子サルカンの下の固定するんです。中オモリの重みで確実に上ハリスを引っ張るから、エサは動きやすくなるでしょ。最近はこれで釣ってます」
アカムツが口を使うのは、エサがフォールしていき止ったときが断然多いという。そのエサの動きを効率よく演出したいと考えて、この仕掛けが生み出されたのだという。
「エサにはあまりこだわりません。サバとホタルイカのゲソのみです」との達人のこの言葉から誘いの重要性が理解いただけただろうか。

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「千とせ丸」藤間船長がエスコートする網代沖はカワハギ、カサゴ、タイやイサキ、青物コマセ五目、夏のキハダ&カツオにヒラメの食わせサビキ、冬場のキンメなど…多彩なターゲットを有す、絶好のフィールドだ。
外房・大原沖では12月にイワシの群れが回遊するようになった。それにともなって大原港「LT広布号」はイワシに付いたマダイをひとつテンヤで狙っている。大型マダイが期待できるので、ぜひ挑戦してみよう!
大原沖のヒラメは好シーズンに突入!今後、イワシの群れがくれば良型の数釣りが期待できる!まだイワシパターンには突入していないが、「富久丸」では、今年の初出船でトップ6枚。3.6kgの大型もまじっている。
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
最新記事
広丸(御宿岩和田)の釣果情報を掲載
極限の陸上での使用を想定したマスターオブGシリーズからブラックをまとったモデル登場!G-SHOCK「マスターオブGブラックアウト」 GW-9400J
「千とせ丸」藤間船長がエスコートする網代沖はカワハギ、カサゴ、タイやイサキ、青物コマセ五目、夏のキハダ&カツオにヒラメの食わせサビキ、冬場のキンメなど…多彩なターゲットを有す、絶好のフィールドだ。
外房・大原沖では12月にイワシの群れが回遊するようになった。それにともなって大原港「LT広布号」はイワシに付いたマダイをひとつテンヤで狙っている。大型マダイが期待できるので、ぜひ挑戦してみよう!
大原沖のヒラメは好シーズンに突入!今後、イワシの群れがくれば良型の数釣りが期待できる!まだイワシパターンには突入していないが、「富久丸」では、今年の初出船でトップ6枚。3.6kgの大型もまじっている。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読