MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【東京湾・八景沖】コマセを使わないイシモチ! 仕掛けと釣り方

【東京湾・八景沖】コマセを使わないイシモチ! 仕掛けと釣り方

LTアジと同じく、いま入門にオススメなもう一つのお手軽ターゲットが東京湾のイシモチだ。突き詰めれば奥が深いが、ビギナーでも釣りやすいターゲットなのだ。

【東京湾・八景沖】イシモチの タックルについて

「黒川丸」での使用オモリは30号。
そのため、竿は7対3〜6対4調子のLT用がオススメ。長さは2〜2.4mぐらい。

ポイントの水深は30mぐらいなので、リールは手巻きの小型両軸でOK。もちろん小型電動でもいい。
状況次第では40〜50mという水深を狙うこともあるので、水深のある場所では電動が楽であろう。

またスピニングリールでもいい。水深が浅い場所では、仕掛けをキャストして広く探るのが有効。
そんなときにはスピニングリールが活躍するだろう。

道糸はPEラインの2号以下。1号以下の細いPEラインは、フロロカーボンの5号前後を先糸として1〜2m直結しておこう。

イシモチ仕掛けは 胴付き2〜3本バリ

シモチ仕掛けは、胴付き式の2〜3本バリ。
枝スは2号、20〜30㎝。幹糸は3号、幹間は60㎝前後。ハリは丸セイゴやネムリセイゴの12号。

「黒川丸」の船宿仕掛けはネムリセイゴを使用している。
枝スを出す部分は直結でもいいが、接続ビーズなどを使用してもOKだ。後者の方が仕掛けにヨリがかかりにくい。

ハリのチモトにアクセサリー類はとくに付けなくても大丈夫。
ケイムラビーズなどを装着するとアタリが増えたという話も聞かれるが、状況にもよると思うので試してみるといいだろう。

ハリ数は2本が基本だが、3本バリの使用もアリだ。
仕掛けの扱いに慣れないビギナーは、できるだけトラブルを少なくするために2本バリがオススメ。
イシモチは海底付近にいる魚だが、時には海底から数m浮くこともある。

浮いているときには、タナを探るという意味で3本バリ仕掛けが有効になる。
イシモチポイントは比較的根掛かりは少ないので、カサゴ釣りのように頻繁にオモリや仕掛けをロストはしない。

オマツリなどの頻度にもよるが、仕掛けもオモリも10組ぐらい用意しておけば大丈夫だろう。

アオイソメの付け方

「黒川丸」で用意してくれる付けエサはアオイソメだ。エサ付けは下のイラストで示したとおり。

アオイソメ1匹をハリにチョン掛けでOK。

釣りをしているうちにアオイソメが齧られたり、切れたりした場合は、もう1匹のアオイソメが付け足して房掛けにしてもいい。

ただしハリ掛かりが悪くなることもあるので、房掛けは2匹ぐらいまで。

切れたり、齧られたら新しいものに付け替えるのが無難。最近では房掛けよりも1匹掛けのほうが主流になっているようだ。

基本はオモリを海底付近に! 向こうアワセで掛かる!!

基本の釣り方はイラストのとおり。仕掛けを投入して着底したら糸フケを取る。
そして船の揺れでオモリが海底を叩く位置、またはオモリが海底に着くか着かないかの位置をキープしてアタリを待つ。

置き竿で待っていても、手持ちで待っていても、どちらでもOK。

状況によってはイシモチが海底から浮いていることもある。
そんなときは船長から「反応が浮いています」とか「浮いていますから仕掛けを1mぐらい浮かせてください」のようなアナウンスがある。
具体的に「1m」というアナウンスがあれば、それに従おう。「浮いています」というだけなら、各自で上のタナを探ってみよう。

アタリを待つ際に必要なのが、頻繁なタナの取り直しだ。
船は潮と風によって流されるので、水深が変わっていくこともある。
オモリの位置を海底付近やタナにキープするには、何度もタナを取り直すことが必要になるのだ。

またタナの取り直しをすることで付けエサが動いて、誘いになることもある。

アタリは明確に出る。
竿を手に持っていれば「ガツガツ」とか「ブルブルッ」とはっきりした感じで伝わる。

置き竿の場合も明確で、竿先がお辞儀するのでわかるだろう。
アタったら即アワセはよくない。スッポ抜けてしまうことがあるからだ。

向こうアワセで掛かるので、しばらく待ってから聞き上げるように竿を立てて、ハリ掛かりを確認したら巻き上げる。

糸が弛まないように巻き上げ、海面に魚が見えたら竿を置き、落ち着いて仕掛けを手繰って取り込もう。

このようにイシモチはオモリを海底付近やタナにキープして、置き竿で待って、向こうアワセで掛かる。

とくに難しいテクニックは必要なく釣れる魚なのだ。
釣り初体験の人でも釣りやすいので、友人やファミリーで楽しむにはウッテツケなのだ。

イシモチの血抜き方法

釣れたイシモチは血抜きをすると美味しくいただける。イラストを参考にして血抜きをして大事に持ち帰ろう

ちょっとステップアップ! 釣果アップを望むためのテクニックをご紹介

イシモチが浮いている時は、誘い上げが有効になる場合が多い。

そんな状況ではゆっくりと竿を立てて誘い上げ、ゆっくりと戻してみよう。
うまくすれば「グググーッ」と竿先が曲がるだろう。

また今回の取材では阪本智子さんは、ゼロテンでアタリを待ち、オモリを底に着けたまま仕掛けをフワフワ動かす誘いで連発していた。

数釣り絶好調継続中! 東京湾・八景沖イシモチ釣果レポート

釣り場は八景沖。水深は20m台

「黒川丸」の船宿仕掛けは2本バリ

アオイソメを1匹チョン掛けにする

船中最初のダブル!

永井名人と阪本智子さんでダブルヒット

ダブルだ!

銀色の魚体が美しい

アベレージサイズは30㎝前後

嬉しい良型のダブル!

こちらも良型!

こちらも一荷!

永井名人は一荷を連発させる場面もあった!

阪本智子さんもこのとおり!

永井名人と阪本智子さんの釣果!

釣れたイシモチは、美味しく食べるために血抜きをしよう

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「黒川丸」

LTアジと同じく、いま入門にオススメなもう一つのお手軽ターゲットが東京湾のイシモチだ。

イシモチ釣りの特徴は、釣り方が簡単でわかりやすいこと。
アタリは明確でわかりやすく、そのまま待っていれば向こうアワセで掛かるのだ。

タナは海底付近で、とくに細かく探ったり、誘わないとアタらないというわけではない。
突き詰めれば奥が深いが、ビギナーでも釣りやすいターゲットなのだ。

今回取材したのは金沢八景「黒川丸」で、取材当日のトップは60匹オーバー。

取材後には107匹という束釣りも記録している。
これだけ釣れているのだから船酔いなどしなければ、まずオデコはないだろう。

アベレージサイズは30㎝前後なので、10匹も釣れば十分なお土産になる。

東京湾のイシモチはゴールデンウイーク頃まで楽しめる見込み。ぜひチャレンジしてみよう!

以上の記事は「つり丸」2019年4月15日号の掲載記事です。

関連記事
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!
最新記事
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読