MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
新群れ入れば爆ノリ期待大!ゲーム性が高いムギイカ!!

新群れ入れば爆ノリ期待大!ゲーム性が高いムギイカ!!

夜ムギイカの釣りは2種類。竿釣りと手釣りだ。竿の場合はプラヅノ、ウキスッテをブランコ仕掛け、直結仕掛けで狙う。この地域独特のエサ巻き仕掛けで狙う人も多い。手釣りの場合はウキスッテメインの直結仕掛け。

爆乗り始まるまでは誘って掛ける釣りを

西伊豆エリアの夜ムギイカは例年4月に入ると開幕し、連休ごろに最盛期を迎える。

夕方出船の半夜釣りと、22時ごろ出船し夜明けまでの深夜釣りがある。

うまくハマれば短時間で圧倒的な釣果をたたき出すことができる。

水深100mほどのポイントで、船上にライトを灯すと、明かりには小魚が寄ってくる。
さらにその小魚を追ってイカが深い場所から上がってくる。
そのエサを追ったやる気のあるイカをできるだけ高いタナで釣ることで、効率よく数釣りができるというもの。

いいときには海面付近でも乗ることがあり、どんどんタナを上げて活性を高めることで爆発的な数釣りが可能になるのだ。

取材日は4月中旬ということもあり、まだシーズンは序盤戦で、いい日でトップ100杯超えることもあるが、50杯前後の日が多い。

「まだ始まったばかりですので、何百も釣れるような感じではありません。どちらかというと誘って掛けていくというゲーム性の高い釣りになっています。この人竿をしっかり動かしてるな、という人がだいたいいい釣果をあげています」
こう話すのは、戸田港「福将丸」の眞野康臣船長だ。

夜ムギイカのイメージというと、たくさん付けたツノにズラズラと多点掛けというのを思い浮かべるが、現在の釣りは、「アタリ」や「触り」を感じ取って掛けていくという、マルイカやカワハギファンに支持されそうな釣りなのだ。

「連休ごろになると潮が変わり大釣りできることが多くなります。それまではこういった釣りを楽しんでください」

プラヅノ?ウキスッテ?日により乗り方も変わる

夜ムギイカの釣りは大きくわけて2種類ある。

ひとつは竿釣り。もうひとつは手釣りだ。

竿の場合は、プラヅノ、ウキスッテをブランコ仕掛け、直結仕掛けで狙う。
この地域独特のエサ巻き仕掛けで狙う人も多い。

手釣りの場合は、ウキスッテメインの直結仕掛けで狙う。

「イカの群れが多くタナが上がってくるときは手釣りが有利になります。仕掛けの数を増やせますし、手返しも早くなるので、最盛期はこの釣りが圧倒的に強いです」
とはいうものの、現在はそういった状況ではなく、竿釣りのほうが楽しめるという。

「最近はブランコのほうがよさそうです。タナが広いので落とし込みの誘いが有効になりますが、このときブランコがいいんです」

プラヅノは11㎝ダブルカンナ、さかな針などの平べったい形をしたものが平均いいという。

ウキスッテは布巻きの2.5号メインで、夜光タイプもまぜておく。

ブランコの場合はそれぞれ仕掛けは5〜7本程度に。

夜イカ釣りはどんな仕掛けを使う場合でも水中ライトが必需品になる。

「いろんなタイプがありますがどんなものでも基本大丈夫です。ただ、赤色系は今まであまりよくないことが多かったのでやめたほうがいいでしょう」

釣り方は落とし込みと誘い上げで探る

「現在、一番実績が高い釣り方が落とし込みの釣りです。どのタナで乗るかハッキリしないときなど特に有効です」

仕掛けを投入したら、両軸リールのスプールをサミングして仕掛けをストップさせて竿先を見てアタリを確認、落下&ストップを繰り返していき、60mほどまで落としていく。

「ストップは数メートルずつと小刻みです。ストップしたら竿先を必ず見ましょう。ここで竿先が揺れたり変化があったらアタリですので、軽くアワせてやりましょう」

落とすときはひたすら落とし込みの誘い。

さらに、タナの下限まで落としたら、次はシャクって止め、1mほど巻いてシャクって止め、この動作を繰り返していく。

「とにかくしっかり誘い、竿を動かしている人が確実に釣っています。触りやアタリを確実に取るため、感度のいいライト系のタックルもおすすめです」

ずっとバラバラのタナで釣れるときもあれば、ある程度決まったタナで釣れることもある。
ある程度決まってきたら、タナ周辺を直撃して狙うのもいいだろう。

「この釣り方でも海面下5mぐらいの浅いタナで釣れることも多いです。このタナで釣れるようになると、現在のところブランコじゃないと乗りません」

普通は浅いタナになるほど手釣りで直結仕掛けが圧倒的有利になるものだが、現状では極浅ダナでもブランコに分があるという。
このため、手釣りメインの人も竿釣りタックルとブランコ仕掛けを持参したほうがよさそうだ。

「現在は、ゲーム性が高く、そんな釣りが好きな人が多くきてくれます。これから連日束超えするような釣果が出るようになれば、従来の釣り方で数出ると思います。5月はチャンスだと思います」

初心者必読 夜釣りの注意点

日中はすっかり汗ばむ陽気で半袖一枚でも平気な季節になってきた。

ただし、夜釣りは気温がぐーんと下がることが多く、油断して薄着で行くと釣りにならないほど寒さに凍えることも。
夜露もあるので必ずカッパは着用しよう。

さらに、乗るときは「ちょっと暑いかな」なんて思っても1枚余分に着ていこう。
または、コンパクトになるウエアを持参しておこう。暑ければ脱げばいいだけのこと。

さらに、もう1点。

夜釣りは船上は明るいが、その他の景色 は基本ほとんど見えない。

このため、日中の釣りよりも船酔いしやすくなる。
特に風があるときなど船の揺れに対応できないこともある。
ちょっとでも不安のある人は酔い止めを服用しよう。

西伊豆・戸田〜土肥沖 夜ムギイカ釣行レポート これから本番が来れば誰でもバクバクだ!

船上に明かりを灯し、小魚、イカを船の周りに集めて釣る。
船の周りにはシラス、サンマの幼魚の大群が見られた

船宿仕掛けはプラヅノと布巻きスッテが用意されている。
「プラヅノはヒラヒラしたほうが乗りがいいみたいです」と船長

水中ランプは必需品だ。
「点滅式、LEDのものなど何でもいいですが、赤色は乗りが悪いようですので避けたほうがいいですよ」

布巻きスッテの直結で誘い続けてダブルゲット。サイズは良型も多くまじる

手釣りでゲット。「手釣りで早くバンバン乗ってほしいね」

こちらはササミを巻いたテーラー仕掛けにきた

手釣り用の布巻きスッテ仕掛け

エサ巻きのテーラー仕掛け

ブランコ、スッテともにしっかり誘ってダブルでゲット

サイズは大中小まじり。
この日はダブルがたびたび見られた

ムギイカ釣りのもう一つのお楽しみは沖漬け作り。麺つゆが便利だ
身が柔らかく、舌の上で甘みが広がる

食べて美味しいムギイカ!
船上で手早く刺身にしてその場で味わう。こんな楽しみも。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・戸田港「福将丸」

西伊豆・戸田沖の夜ムギイカが4月上旬に開幕した。

夜のイカ釣りは短時間で爆発的な釣果をあげることが可能で、300杯、500杯といった爆乗りを超えた〝猛爆乗り〟もあるほど。

また、初挑戦でいきなり束超えを達成することも珍しくない釣りである。

「4月中旬の時点はまだ序盤戦で、トップ100杯行けばいいほうです。今のところは誰でも簡単に乗る、というよりは落とし込みや誘いで乗せるという、どちらかというとゲーム性の高い釣りになっています」とは、「福将丸」の眞野康臣船長。

シーズン序盤の今、月夜が続き夜イカ釣りのベストな状態ではないことが多いという。

しかし、逆にこのゲーム性の高さによって、マルイカファンなどから多くの支持を集めているという。

「プラヅノがいいかスッテがいいかなど、その日によって釣れる状況が大きく変わってきます。多点掛けで一気に数を伸ばすというより、1杯1杯アタリを取って掛けていくという感じです」

取材日は、中型と食べごろムギイカサイズがちょうど半々といったところ。

「例年、連休ごろから潮が変わり新しい群れが入ってきます。そうなると短時間で爆乗りも多くなると思います」

本番はこれから。西伊豆の本当の実力を見よ!

以上の記事は「つり丸」2016年5月15日号の掲載記事です。

関連記事
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
勝浦沖の浅場の根魚がおもしろい!「初栄丸」は、この時期、浅場のカサゴ・メバルで出船している。釣れる魚は良型のカサゴ、メバル主体にマハタ、アカハタ、ヒラメなども掛かるのが魅力。美味しい高級魚ばかりだ!
更新: 2019-05-24 07:00:00
最新記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読