MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【城ヶ島沖】100キロオーバーのモンスター イシナギを釣ろう!

【城ヶ島沖】100キロオーバーのモンスター イシナギを釣ろう!

この時期、乗っ込みで水深100m前後に上がってくる深海の巨大魚・イシナギ。近場で狙える大物釣りとしてファンも多い。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

【城ヶ島沖】二宮丸イシナギ仕掛けはコレ!

魚礁の上を流すと待望のアタリ!

この日は、「二宮丸」さんに事前にお願いして、エサにする生きたヤリイカを用意してもらいました。

そのおかげで、最初にエサを釣ることなく朝からイシナギ狙いです。

大物用タックルをセットして、6時30分に宮川船長の操船で出船。
30分ほどで、城ヶ島沖のポイントに到着しました。

「始めてください」の合図でスタート。水深は100m前後です。

掛けバリをヤリイカの頭の先端に、先バリをロウトに刺して投入。
船長に釣り方を聞くと、底ダチを取った後、オモリを2mほど切って待てばOKとのこと。

1流し目…、2流し目…。
いつ来るかわからないアタリにドキドキとしながら待ちますが、なかなか口を使ってくれません。
そこで、船長は漁礁の上を流す作戦に変えました。

同船者に連続ヒット!

そして、この船長の狙いが大当たり!
流し始めてスグに左舷トモの春木さんにアタリ。
しかし、これはやり取りを開始して間もなく、痛恨のハリ外れとなってしまいました。

重々しい引きに加え竿がゴンゴンたたかれていた様子から、イシナギに間違いないと思いました。

緊張が高まるなか、しばらく流していくと、イシナギ釣り初チャレンジの希香さんの竿が大きく曲がりました。
すぐさま永井さんがサポートに付いてやり取りが始まりました。

周りからは「巻け〜、巻け〜」と声援が飛びます。
希香さんは、リールのハンドルを両手で握り、無我夢中に巻き上げ続けました。

海面にボコッと巨体が浮かんだのは、イシナギの27㎏でした。
希香さんの自己最大記録を更新するメモリアルな1匹になりました。

船長は同じポイントを再び流し直します。

すると、春木さんの竿が本日二度目のアタリをとらえました。
ところが、やり取りを始めてスグに、ロッドクランプがポッキリと折れて、リールが竿から外れるアクシデントが発生!

これでは上げることができません。そこで道糸を手で手繰り、緊急対応。
イシナギの手釣りに変更です。とんでもないハプニングが起こりましたが、無事に希香さんと同サイズのイシナギが上がりました。

筆者には当日の船中最大魚がヒット!

アタリはまだまだ続いていきます。次の流しで、永井さんにアタリ。

しかし、しばらくやり取りしたものの、ラインのテンションを失ってしまいます。

そして、この後スグに僕の竿にアタリ。この時、僕は置き竿にして、釣り座から離れていました。

「芝ちゃ〜ん、アタってるよ〜!」と呼ぶ声。自分の竿を見ると、竿先が海面に向かって突っ込んでいます。

慌てて釣り座に戻り、竿を持ちました。
ズシッとした強烈な引きが、両腕に伝わります。漁礁に潜られたら終わりです。
自分のハリス、タックルの強度を信じて、ドラグをギッチリと締め込み、渾身の力で巻き上げました。
リーダーを掴んで、手繰り始めると、ゆっくりと魚体が浮かび上がって、ボコッと海面に横たわりました。

春木さんがタモ取りしてくれて、2人がかりで船内に引き上げたのは、この日最大の37㎏でした。

ハリを外そうとしたら不思議なことが…。あれれっ、ハリが二つ刺さっていました。
一つは自分。もう一つは永井さんのハリでした。永井さんの仕掛けを切って逃げた後、僕のエサに食ってきたようです。

よっぽどお腹が空いていたのでしょうか? こんなことがあるんですね。初めての体験です。食いしん坊なイシナギでした。
この後は潮の流れが変わり、食いはパッタリ止まってしまいました。そして雨と風が強まり、正午前に早揚がりとなりました。

仕掛けのチェックが重要!

「二宮丸」が狙うポイントは城ヶ島沖の人工漁礁周辺。
状況によっては、今回のように根掛かり覚悟で漁礁の上を流すこともある。

そのため、根掛かりも多く、仕掛けを回収するとハリスやリーダーに傷が付いているときもあった。
使うハリスが太いとはいっても、相手は深海のモンスター。
傷が付いて弱くなった部分があれば、そこから簡単に切れてしまうこともある。
仕掛けは多めに用意して、マメな点検が必要だ!

エキサイティングな近場の大物釣り! イシナギ釣果レポート

ポイントの水深は100m前後

「二宮丸」ではエサの生きたヤリイカを用意してくれる(エサの値段は要確認)

仕掛けの装着例。親バリと孫バリを用いた仕掛けを使う

ポイントは魚礁周り。魚礁に入られないように、糸を出さないで強烈な引きに耐える芝さん!

20〜30mも巻き上げれば、こちらのもの。あとはポンピングで確実に巻き上げてこよう!

キハダ用の大ダモですくう

本誌ライターの芝さんは、40㎏に迫るサイズをゲット!

希香さんの竿にヒット!
芝さんが糸を手繰り、永井名人がタックルを押さえ、希香さんが巻くというチームプレイでゲット!

イシナギとの初対面に希香さんは歓喜の声をあげた!

清水希香さんは27㎏をゲット!

春木さんにハプニング! アタった直後の衝撃の強さで、なんとリールが外れてしまった!
このあと芝さんがアシストに入った!

芝さんのサポートを受けて、春木さんのイシナギも浮上した!

春木敏哉さんもドシャ降りのなか良型をゲット!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・宮川港「二宮丸」

昨年、一昨年と、この時期に本誌で取り上げている城ヶ島沖イシナギが、今シーズンも釣れ始めた。

宮川港「二宮丸」では3月30日に今年の初物を取り込んで、シーズンが開幕した。
「5月中は狙えると思いますが、早いほうがいいです。シーズン後半になると魚礁の真上に仕掛けを投入しないと食いません」と話すのは「二宮丸」の宮川剛船長。

取材は4月中旬。当日はイシナギと思われるアタリは船中で5回あり、キャッチできたのは3本。
バラシの二回はハリ外れとラインブレイクだった。食いがたったのは、ほんの1時間のこと。
このチャンスを逃さないようにすることが大事だ。

また100㎏以上のモンスター級のヒットもある。
そのためしっかりとしたタックルと仕掛けで大物と対峙していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2015年5月15日号の掲載記事です。

関連記事
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
最新記事
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル