MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【南房・洲崎沖】数も型も上昇中 これから本番!! イサキの釣り方

【南房・洲崎沖】数も型も上昇中 これから本番!! イサキの釣り方

春の訪れと共に海水温も上昇し、洲崎沖のイサキが活発に食い始めた。洲崎沖のイサキは型が揃っていること、数が出ること、さらに食べても美味しいことと、三拍子揃った人気ターゲットだ。

【南房・洲崎沖】イサキの仕掛け

今シーズンも 食い活発!

洲崎港「佐衛美丸」に伺ったのは4月11日、今シーズンもイサキの魚影は濃いようで、3月の開幕早々に50匹に達する釣果が出ていた。

4月に入っても30㎝前後主体に浅場で活発な食いを見せている。
前日は強風で出船中止だったが、当日は北東風に変わり海は凪いだ。

集合時間の5時前に港に着いた。港入口のコンテナで受け付けを済ませ、氷とタオルをもらってから船付場へと歩く。
船長に呼ばれる順に乗船すると、すでにコマセや餌など、釣り座の用意がされていた。

こういうサービスの良さが「佐衛美丸」の人気が高い一因だろうと感じる。
朝のうちは大型を狙ってみます、と早川忠信船長。

イサキのポイントは近い、港を出てから10分も掛からない距離だ。

指示ダナは20m、「23mまで下ろして、そのまま20mまで上げて待ってください」のアナウンスがある。

イサキの釣り方は各地によって、また船宿によっても違いがある。

「佐衛美丸」では、コマセを一気に出さず、タナで止めてポロポロと出す。魚を浮かせて食わせる釣り方だ。
食い気のあるイサキ、特に大型はコマセを追って上層まで来る。それを狙うには高めのタナで待つ方が合理的だ。

コマセビシの調整は、下窓は全部閉める、上窓は3分の1くらい開けるのが基本で、食いが良ければ上窓をもっと閉めてもよい。
指示ダナで止めた後は5秒に一度、竿先を軽く10㎝ほどシャクる。これでコマセが少しだけ出る。
この繰り返しで、コマセが少しずつポロポロと落ち、イサキを誘い上げるのだ。

この釣りではタナを勝手に下げるのはNG。イサキが浮かなくなるだけでなく、スズメダイやベラの餌食になってしまう。

前半食い渋るも 後半一気の入れ食い

さて、朝のうちはチャンスタイムであることが多いのだが、この日は食いがぽつりぽつり。

上がってくるイサキは30㎝前後と申し分ないのだが、ほとんどが1匹のみ、先バリに掛かっていることが多かった。

潮が澄んでいるせいか、コマセの追いが悪いようだ。
船長は根の落ち際や駆け上がりを流すなど、イサキの食い気を出させようと小まめに船を移動させる。
流し替えのたびにイサキの型は出るが、まだ洲崎沖らしい食いっぷりには遠い。2時間を過ぎて、良い人でもツ抜けとバケツの中も寂しい。

船長は場所を大きく移動し、やや深めの30mポイントに狙いをつけた。ここでようやくダブル、トリプルで掛かり始めた。
このポイントは狭いようで、すぐに竿上げの合図が出る。潮まわりをするたびあちこちで竿が曲がり、ようやく洲崎沖らしい釣りとなってきた。

遅れて私も竿を出す。33mまでビシを落とし、ゆっくりと巻き上げて30mに合わせる。

特にコマセを振る必要はない、巻き上げているだけでコマセがわずかにこぼれる、これで十分だ。
5秒に1回、穂先を小さく振ってアタリを待つと、キュン! と引き込みがきた。25㎝のイサキダブルだ。
すぐに落とすとまたアタリがきて、今度は30㎝近い良型だ。

イサキの活性が上がってきたようで、船長はタナ20mの浅場へと戻る。
朝に比べてアタリはよくなっている。イサキのサイズも多彩になり、30㎝オーバーの良型から20㎝のウリンボと大小まじって食い始めた。
こういうときは、コマセを絞って、さらにタナを上げてやると大型の確率が上がる。バケツの中はイサキで埋まっていった。

隣の釣り人の竿がいきなり引き込まれ、あっと言う間にハリス切れ。正体はマダイだろう。
ここのところ、4~5㎏のマダイが上がっている。マダイ狙いの特別仕掛けではなく、イサキ仕掛けにマダイが突然食ってくるので油断は禁物だ。

5月になると 白子や真子も!

前半は食い渋り、後半は順調な食いで沖揚がりの時間を迎えた。
規定数の50匹が何名か出て、途中から竿を出した私も34匹とクーラーはいっぱい。

メジナ、タカベ、ウマヅラの外道も入って賑やかだ。
洲崎沖のイサキはこれからがベストシーズン。
この場所のイサキは脂の乗りよく美味しいが、5月になれば抱卵し始め白子や真子の美味も楽しめる。
型物まじりで釣果の安定度は抜群なので、ベテラン、ビギナーを問わずにお勧めしたい釣りものだ。

マダイの襲撃にはクラッチを切って対応

洲崎沖ではイサキ仕掛けにマダイが食ってくることが多く、「佐衛美丸」でも4月になり4㎏、5㎏のマダイが上がる。
取材日もハリス切れがあった。マダイが食ったらクラッチを切って親指でスプールをおさえながら糸をどんどん出すこと。
魚が止まったら巻いて、走ったらまたクラッチを切っての繰り返しで、徐々にマダイを浮かせていく。
5回も走らせれば大ダイでも徐々に浮いてくるという。油断せずに大物に備えよう。

良型数釣れ味もサイコー!【南房・洲崎沖】イサキの釣果レポート

指示ダナは20m前後中心

食い活発! 南房でイサキの多点掛けを楽しもう

多点掛けで手返しよく釣ろう

大型は脂がたっぷり乗っていて、刺身がうまい!

ゲストで大きなメジナ。このところ大型マダイも食っている

南房のイサキが好調だ。良型が数釣れてお土産たっぷり。これから本番!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・須崎港「佐衛美丸」

水温の上昇と共に活発な食いを見せているのが洲崎沖のイサキ。
「佐衛美丸」では、午前船、午後船でイサキ狙いに出船している。
ポイントは港のすぐ近く、タナも20mから25mと浅いのでアタリは派手にでて、30㎝オーバーの良型イサキが小気味良く竿先を絞り込む。

アタリがあってもしばらく追い食いを待ち、2匹、3匹と釣れ上げるのがこの釣りの醍醐味だ。

「佐衛美丸」のイサキ釣りは、コマセで魚を浮かせて食わせる釣り方だ。
指示されたタナに正確に合わせて、じっくりとアタリを待つのが良型イサキ狙いに効果的だ。
このため、コマセは一気に出さず、ぽろぽろと出るようにビシを調整する。誘いはわずかにエサを動かす程度、大きな誘いは必要ない。

「今日は潮が澄み加減で、食いはいまひとつだったね」と苦笑いの早川忠信船長、しかし30㎝オーバーの良型まじりでトップは50匹を釣り上げ、洲崎沖の魚影の濃さは十分にうかがえた。外道にはオキメジナ、タカベ、ウマヅラの外に、マダイがまじることも珍しくない。

食味でも定評のある洲崎沖のイサキだが、5月になれば抱卵も始まりさらに脂が乗り始める。
潮に濁りが入れば40㎝級の大イサキも顔を出してくるだろう。洲崎沖のイサキシーズンはこれから本番を迎える。

以上の記事は「つり丸」2015年5月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾の走水沖は速い潮に揉まれて美味な大アジが育つ海。そこで40㎝オーバーの瀬付きアジを狙って出船しているのが、走水港の「吉明丸」。10月から11月はベストシーズン。魚屋には出回らない特別な大アジを釣りに出かけよう。
更新: 2019-10-20 07:00:00
伊豆のコマセマダイ専門船として有名な下田柿崎「兵助屋」では秋ダイシーズンに突入中だ。ここ南伊豆沖はマダイポイントは広範囲にあり、風向きによって釣り分けることができる恵まれた海域なのだ。「秋のコマセマダイ基本講座」掲載!
更新: 2019-10-19 07:00:00
沼津沖、湾内のコマセ釣りマダイが高活性。湾内でも超一級ポイントで知られる平根を船宿の目前にする久料「魚磯丸」では、良型マダイをメインに数釣り中。今後はカンパチやワラサなど五目も楽しめる!「秋のコマセマダイ基本講座」掲載!
更新: 2019-10-18 07:00:00
東京湾のイシモチ釣りが好スタート!金沢八景「黒川丸」でもトップ50~60匹と数釣れる日が多く絶好調。イシモチ初体験の利水 翔ちゃんも、最初こそアオイソのエサ付けに大苦戦も、最後は平気でエサ付けしてバンバン釣ってました‼
更新: 2019-10-17 07:00:00
茨城エリアのテンヤマダイは、年内いっぱいぐらいがベストシーズン!例年、この時期は数、型ともに楽しめる。またゲストも豊富で、定番の根魚をはじめ青物もヒット。日立久慈港「大貫丸」でも本命を含めアタリが多く、今後も爆釣が期待できる!
更新: 2019-10-18 17:23:52
最新記事
東京湾の走水沖は速い潮に揉まれて美味な大アジが育つ海。そこで40㎝オーバーの瀬付きアジを狙って出船しているのが、走水港の「吉明丸」。10月から11月はベストシーズン。魚屋には出回らない特別な大アジを釣りに出かけよう。
更新: 2019-10-20 07:00:00
【関東・山梨店舗限定】カワハギ大会in三崎港12月1日開催 参加者募集
更新: 2019-10-19 12:00:00
伊豆のコマセマダイ専門船として有名な下田柿崎「兵助屋」では秋ダイシーズンに突入中だ。ここ南伊豆沖はマダイポイントは広範囲にあり、風向きによって釣り分けることができる恵まれた海域なのだ。「秋のコマセマダイ基本講座」掲載!
更新: 2019-10-19 07:00:00
「釣りフェスティバル2020 in YOKOHAMA」が 2020年1月17日~19日に開催される。
更新: 2019-10-18 12:00:00
沼津沖、湾内のコマセ釣りマダイが高活性。湾内でも超一級ポイントで知られる平根を船宿の目前にする久料「魚磯丸」では、良型マダイをメインに数釣り中。今後はカンパチやワラサなど五目も楽しめる!「秋のコマセマダイ基本講座」掲載!
更新: 2019-10-18 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読