MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋に狙うはひとつテンヤマダイ!! 鹿島沖編【茨城・鹿島沖】

秋に狙うはひとつテンヤマダイ!! 鹿島沖編【茨城・鹿島沖】

沖釣りでは「秋ダイ」という言葉があるが、その秋の好シーズンがやってきた。関東周辺では、とくに茨城をはじめ外房エリアのひとつテンヤマダイが上向き傾向。初心者でも大ダイを手にするのは夢ではないぞ!

perm_media 《画像ギャラリー》秋に狙うはひとつテンヤマダイ!! 鹿島沖編【茨城・鹿島沖】の画像をチェック! navigate_next

良型&大型ラッシュ!? ひとつテンヤの醍醐味を体感しよう!

清水希香さんも本命を手に! この前には大型バラシがあった。

3kgに迫る良型。

キロ級マダイをゲット。このサイズになれば引き味も抜群!

ゲストにはハナダイが多くまじる。しかも大型が多い。

朝マヅメにいぬいさん(『つり丸』イラストレーター)にヒット!

「義心丸」で用意してくれたエビエサ。

大森船長のエサ付けがコレ。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島「義心丸」。

「いや〜、この釣りでは道糸は細い方がいいんでしょうけれど、今はPEラインの0.8号より細いのはすすめられないですね。なぜって、今年は本当に大きいのがよくアタるんですよ。10㎏オーバーも上がってますし、8㎏や9㎏なんていうサイズも上がっています。そんなサイズを掛けてみればわかりますが、道糸が細いと不安です」と興奮気味に話すのは鹿島「義心丸」の大森誠船長。
9月中旬の取材時は、大森船長の話の一端を垣間見ることができた。開始から終了まで、飽きることなく誰かしらにアタり、そのなかに良型&大型ヒットも数発。取り込まれたグッドサイズは、3㎏台2枚に2㎏台数枚。しかし、それ以上と思われる大型バラシも数発あったのだ。
「いい時期はいつですか?」という本誌の問いに、「10月から12月がいい時期ですけど、10月が一番いいですね」と言う大森船長。つまり本誌発売以降がベストシーズン。ビギナーや未経験者にとっても10月は最高のチャンスなのだ。
なお、9月後半の時点で鹿島旧港、新港ともに工事中。出船場所、駐車場などが以前と変わっていることもあり、今後も変更の可能性があるので、釣行の際は船宿に確認しておくといいだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
アカカマはススズキ目カマス科カマス属。北海道から沖縄までの日本列島周辺。朝鮮半島、中国沿岸、東シナ海、南シナ海からインド洋、西太平洋に広く生息域を持つ。
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル