MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋に狙うはひとつテンヤマダイ!! 鹿島沖編【茨城・鹿島沖】

秋に狙うはひとつテンヤマダイ!! 鹿島沖編【茨城・鹿島沖】

沖釣りでは「秋ダイ」という言葉があるが、その秋の好シーズンがやってきた。関東周辺では、とくに茨城をはじめ外房エリアのひとつテンヤマダイが上向き傾向。初心者でも大ダイを手にするのは夢ではないぞ!

良型&大型ラッシュ!? ひとつテンヤの醍醐味を体感しよう!

清水希香さんも本命を手に! この前には大型バラシがあった。

3kgに迫る良型。

キロ級マダイをゲット。このサイズになれば引き味も抜群!

ゲストにはハナダイが多くまじる。しかも大型が多い。

朝マヅメにいぬいさん(『つり丸』イラストレーター)にヒット!

「義心丸」で用意してくれたエビエサ。

大森船長のエサ付けがコレ。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島「義心丸」。

「いや〜、この釣りでは道糸は細い方がいいんでしょうけれど、今はPEラインの0.8号より細いのはすすめられないですね。なぜって、今年は本当に大きいのがよくアタるんですよ。10㎏オーバーも上がってますし、8㎏や9㎏なんていうサイズも上がっています。そんなサイズを掛けてみればわかりますが、道糸が細いと不安です」と興奮気味に話すのは鹿島「義心丸」の大森誠船長。
9月中旬の取材時は、大森船長の話の一端を垣間見ることができた。開始から終了まで、飽きることなく誰かしらにアタり、そのなかに良型&大型ヒットも数発。取り込まれたグッドサイズは、3㎏台2枚に2㎏台数枚。しかし、それ以上と思われる大型バラシも数発あったのだ。
「いい時期はいつですか?」という本誌の問いに、「10月から12月がいい時期ですけど、10月が一番いいですね」と言う大森船長。つまり本誌発売以降がベストシーズン。ビギナーや未経験者にとっても10月は最高のチャンスなのだ。
なお、9月後半の時点で鹿島旧港、新港ともに工事中。出船場所、駐車場などが以前と変わっていることもあり、今後も変更の可能性があるので、釣行の際は船宿に確認しておくといいだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
初夏の数釣りを楽しむならコレ!東京湾のシロギス!明確なアタリと元気な引きが楽しくって夢中になってしまう!!数釣りシーズンはビギナーにもオススメ!
剣崎沖のイサキは6月から開幕!釣れるイサキは極上の美味魚で、ジャンボサイズもまじる!ウイリー仕掛けを使ってシャクって食わせよう!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
最新記事
巣ごもり企画として展開するアシストフックの作り方講座、短期連載の2回目は、ツインタイプのアシストフックの作り方を紹介しよう。
初夏の数釣りを楽しむならコレ!東京湾のシロギス!明確なアタリと元気な引きが楽しくって夢中になってしまう!!数釣りシーズンはビギナーにもオススメ!
レールシステムを搭載しよりコンパクトにより軽量になったライフジャケット!ダイワ「DF-2220(コンパクトライフジャケット)」
剣崎沖のイサキは6月から開幕!釣れるイサキは極上の美味魚で、ジャンボサイズもまじる!ウイリー仕掛けを使ってシャクって食わせよう!!
波崎港の「信栄丸」ではキハダフィーバー中!少し沖合となる犬吠崎沖の黒潮流域を狙っており、キハダ(キメジ)やカツオが回遊!大海原のナブラを独り占め!キャスティング&ジギングで攻略しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読