MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【駿河湾・御前崎沖】ロングハリスで食わすマダイ!(茂吉丸)

【駿河湾・御前崎沖】ロングハリスで食わすマダイ!(茂吉丸)

御前崎沖は乗っ込み開始が早いエリア。今回取材した「茂吉丸」は、3月中旬ぐらいから乗っ込み期の一級ポイント「オモリ」を狙っている。いい日には4〜5㎏クラスの大型まじりでトップ5、6枚を記録することもある。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

御前崎「茂吉丸」マダイ仕掛け

ハリスは15〜20m! ガン玉を持参しよう

御前崎沖のコマセマダイの特徴といえば、何といっても使用ハリスが長いこと。
この時期は当たり前のように15〜20mの長さのハリスを使う。

「茂吉丸」では、活性の高い朝イチには15m、その後は20mのハリスを使っている。
そして「茂吉丸」の小野田茂樹船長は状況をみて、ハリスにガン玉を打つ指示も出す。

ウネリのあるシケ気味の日は、船の揺れで仕掛けが安定しない。
そのためハリから50㎝〜1mぐらいの位置にガン玉を付けて、付けエサを安定させるのだ。

また、ガン玉の代わりにサルカンを装着するのもOK。
この場合、サルカンのテンビン側のハリスは太くしてテーパーハリスにすると絡みにくくなって仕掛けを扱いやすいだろう。

ハリスはこの時期、大型が掛かるので4号より細くしないようにしたい。
タックルは置き竿スタイルで狙う場合は、ウネリ対策、シケ対策のために長め、または軟らかめの竿を選ぶようにしよう。
長さは3.6mの長めがいいだろう。

一方、3mより短い竿で狙う場合は、ビシが跳ねないように手持ちで釣るようにしたい。

御前崎「茂吉丸」マダイ仕掛け

ビシを跳ねさせないこと!

使用ハリスが15〜20mと長いので、まずは仕掛けを確実に投入することが大事だ。
仕掛けが投入できないと、マダイは釣れない。

ハリスを仕掛け巻きに巻いて投入すると、絡むことなくおこなえるだろう。

そして、この時期のマダイはお腹に真子や白子を抱えて警戒心が強くなっている。
ビシの動きに敏感なっているので、なかなか口を使わないことがしばしばある。

そのため、タナ取り時は船長の指示する位置までビシを沈めてから、タナまで巻き上げる。
ビシを沈めすぎると、マダイはそれに驚き、逃げてしまうからだ。

コマセワークも船長の指示に従うこと。この時期はパラパラとコマセを出すのが基本。

あまりコマセをまくとエサ取りが多くなることもあるので注意しよう。

またアタリを待つ際は、ウネリを吸収してビシを跳ね上げない竿なら置き竿でもいいが、できるかぎり竿を手持ちにするのがオススメだ。

バタバタと跳ね上がるビシの動きでマダイが逃げてしまうからだ。
さらに誘いも重要。「この時期は反応があっても警戒心が強くて、なかなか食ってくれないときもあります。ですから誘うことも大事です。誘いは大きくゆっくりと竿を起こして誘い上げて、ゆっくりと元に戻してください」と小野田船長。

魚がヒットしたらまずは魚の大きさを確認しよう。
引きが強い大型の場合は、ドラグを使ってラインを出しながら慎重におこなうこと!

臆病で気難しい魚をロングハリスでゲット! 御前崎マダイ釣果レポート

釣り開始前の朝イチの反応。かなり浮いている!

15〜20mのロングハリスは仕掛巻きに巻いてから投入すると、絡むことなく投入できる

きれいなマダイが浮いた!

これは2㎏オーバーのメスマダイ!

当日は濃い反応があっても食い渋り。アタリは船中で2回だったが、マダイのスイッチが入ると好釣果が期待できる!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・御前崎「茂吉丸」

以上の記事は「つり丸」2015年5月15日号の掲載記事です。

関連するキーワード
関連記事
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
最新記事
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル