MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【根岸湾】気軽に楽しめるライトなナイトルアーゲーム アジング

【根岸湾】気軽に楽しめるライトなナイトルアーゲーム アジング

ほかとはちょっと違う!? そんなアプローチで東京湾のルアーターゲットを釣りまくっているのが、横浜磯子の「釣福丸」だ。

とりあえずならメバル用やトラウト用タックルを使おう

アジングゲームは、ライトゲームならではのお手軽感、高いゲーム性、おまけに美味しいアジを持ち帰ることができる、とあって人気はウナギ昇り。
ここでは「釣福丸」での釣りを前提にしたタックルセレクト、釣り方の基本を展開していく。

とりあえずやってみたい、ということであれば、メバル用やトラウト用タックルを使って楽しめる。
しかし、ルアーのアクション法やカンどころなどは実はけっこう異なる。
そのため専用タックルを使ったほうがより楽しめるし、釣果も伸びる。

ここではその道のプロ「池袋サンスイ」スタッフ、林悠一さんのアドバイスをもとに、アジング用のベーシックタックルを教えていただいた。セレクトの際の参考にしてほしい。

まずはロッド。6〜7ftのアジング専用ロッドが理想的。
メバル用と違い、アジングではジグヘッドを細かく上下に操作することが多くなるため、少々異なる特性が求められる。

「アジングは掛けていく釣りなので、ロッドは先調子である程度張りのあるものがおすすめです」(林さん)

リールは小型のスピニングリール。メーカーにもよるが、1000〜2000番程度のものを使うのが一般的だ。
サイズさえあっていればよし、と言いたいところだが、ライトラインを使う釣りだけにドラグ性能やトラブルレス性能は非常に重要。
中級機以上のものを選ぶとストレスなく楽しめる。

リールの性能とも関係してくるのだが、ラインはほかの釣りではあまり使われることがないポリエステル系のものを使用する。
現在のアジングゲームでの主流だ

使用ルアーは軽量ジグヘッドとソフトルアーを組み合わせ

「伸びが少なく比重が重い。こんな性能がアタリを取って掛けていくアジングゲームに最適なんです。ただし、強度は低いのでドラグセッティングは万全にしておく必要があります」(林さん)

具体的にはポリエステル系の0・25号、0.3号というものを使用する。
これにリーダーとしてフロロカーボン製の2〜3Lbをセットするのがセオリーだ。

使用ルアーは軽量ジグヘッドとソフトルアーを組み合わせる。ジグヘッドは1.5gを基準に1〜2gを用意しておくとよい。
ヘッドの形状はある程度水の抵抗を受けるため操作性、感度ともに高いラウンド型がおすすめとのこと。

ソフトルアーも同様に2インチを基準に1.5〜2.5インチを用意しておく。あまり小さいものではアピール力が落ちていまひとつ、というので注意したい。

「ソフトルアーはパドルテールタイプのものとストレートタイプのものを使い分けます。使い分けの基準はフォールスピードの違い。パドルテールタイプのほうがゆっくり沈みます。状況次第、アジからの反応次第で使い分けるといいでしょう」(林さん)

ちなみにカラーについては、ボディーの地の色以上に違いが出るのがラメの存在という。

「ショアほどシビアな釣りになりにくいボートからの釣りでは、アピール度の高いラメ入りのものを使うことをおすすめします。大きな差が出ることも多いですよ」(林さん)

繊細な釣りだけに、ちょっとした差が大きく結果を分けることにもなる。参考にしてほしい。

メバルは横、アジの場合は縦に探るイメージを持つ

釣り自体は決して難しくはない。基本さえ押さえていれば、相応の釣果は期待できる。

「リールを巻きながら小さく2回シャクって1回フォール。これを基本アクションとして、すべてのレンジを探っていくのがセオリーですね」(林さん)

メバルゲームではルアーを横に引いて釣っていくが、アジの場合は縦に探るイメージを持つとよいだろう。

ヒットレンジは表層から海底付近までさまざまに変わる。
カウントダウンテクニックを使い、キャスト後に落とし込む深さを変えて調整したり、
シャクる幅やフォールさせる距離を調整してレンジを変えていくとよい。

アタリは多くの場合、フォール中に出る。これをいかに取って、掛けていくかが数の差となって表れる。

「フォールは潮の流れなどにあわせて流し込むような感じ、張らず緩めずで落としていくのが理想です。ただ、慣れないうちはちょっと難しいと思います。まずはラインを張った状態でのカーブフォールでいいと思いますよ」(林さん)

ラインを緩めた状態で落とし込む、いわゆるフリーフォールではアタリが出にくいので注意したい。

アタリが出たらビシッとアワせる。シャクリとフォール、とりわけフォールスピードがバッチリ決まれば、上アゴに掛かりやすくなる。
そうなればバラシは少ない。口の横の薄皮に掛かりバラシ連発! 
というときは、フォールスピードを調整してみるなど、工夫を凝らしてみるとよい。

アジを釣ったあとは必ずソフトルアーのズレをチェックする。
曲がっていると、ヒットは激減してしまう。釣れなくてもときおりチェックするとよい。シンプルだが大事な点だ。

キャロライナリグを使ったタックルセッティング、より奥深いテクニックも存在するアジング。それでも基本を押さえて出かけてみれば十分に楽しむことができるだろう。まずはトライ! をおすすめする。

人気急上昇中! 根岸湾超お手軽 ナイトアジングの釣果レポート(釣福丸)

ショア、小型ボートで楽しめるアジングだが、「釣福丸」では大人数で楽しめ、しかも釣れる! リーズナブルなのも魅力だ。

フィールドは波静かな根岸湾内。これからの季節は夜釣りは気持ちがいいぞ

使用ルアーは1.5gのジグヘッドと2inc程度のソフトルアーの組み合わせが基本だ。

ソフトルアーは2インチを基準に1.5〜2.5インチを用意。パドルテールタイプのものとストレートタイプのものを使い分ける

高感度が求められるアジングでは、道糸にポリエステル系の0.25号、0.3号というものを使用する

リールを巻きながら小さく2回シャクって1回フォール。これを基本アクションとして、すべてのレンジを探っていく

取材時の主謀者、池袋サンスイのスタッフ、林悠一さん。ショアでのアジングも得意なスペシャリストだ。

テクニカルで楽しい〜! そして、おいしい〜!!

まじってきたのはメバル、メッキ、シーバス、メジナetc

この日は20〜25cmクラスがアベレージだったが、体高のある、見るからに美味しそうなマアジばかりだった。状況次第でさらなる大型も期待できる。

ナイスサイズのアジ! どうやって食べよう?

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・磯子「釣福丸」

ほかとはちょっと違う!? そんなアプローチで東京湾のルアーターゲットを釣りまくっているのが、横浜磯子の「釣福丸」だ。

「これからのおすすめとしては、まずアジングだね。ほかにはタイラバもずっと好調だし、シーバス、ロックフィッシュも面白いよ。それに今年はマゴチ狙いを5月、6月くらいから始めようと思っているよ」(福住武彦船長)

今回はすでに定番となっているアジングゲームをチェックしてきた。ルアーゲームとしては比較的新しい釣り。加えてショアでは全国的に大人気のターゲットだけに、タックルや釣法がめまぐるしく進化している。小型ソフトルアーと軽量ジグヘッドを使った、繊細な釣趣が醍醐味だ。

今回は幸運にも老舗ルアーショップ、「池袋サンスイ」の林悠一さんが音頭をとったチャーター船で、同船取材をさせていただいた。冬場などは厳しい展開になることもあるアジングだが、取材日はのっけから次々とロッドが絞り込まれた。好調! の船長の言葉に偽りなし、だ。
「釣福丸さんでは仲間同士で並んでワイワイ楽しめる。初心者にもおすすめですよ」(林さん)

3時間とショートタイムながら、最初から最後まで安定した食いっぷりを堪能。絶好調! とまではいかなかったが、少ない人でも10匹前後は釣っていたはず。お土産にも十分だ。

気軽に楽しめるライトなルアーゲーム、アジング。春の夜遊びにはうってつけだ。

以上の記事は「つり丸」2015年5月15日号の掲載記事です。

関連記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
今シーズンなかなか調子が上がらずファンをやきもきさせていたマルイカだが、4月下旬になって急上昇!マルイカ、ムギイカが半々ほどまじりの釣果。いよいよ本番か!?という雰囲気が漂い出している。
更新: 2019-05-23 12:00:00
富士川沖の早朝タチウオジギングが開幕。5月現在ポイントの水深は70〜130mだが、梅雨にかけて濁り水が入ると、タチウオたちは浅場に入って来る。そうなるとトップ50本前後という釣果になり、いよいよ本番を迎える。
更新: 2019-05-21 12:00:00
サバなんて!そんな偏見もいまは昔。手頃な乗船料金、穏やかな湾内の近場を中心に短時間出船で楽しめて、家族やカップルから熱い支持を受けている。またサバを中心としたエモノの2枚おろしサービスまで受けられる。
更新: 2019-05-20 07:00:00
東京湾のタイラバは一年中コンスタントに釣れるようになって、いまや、東京湾の定番ゲームだ。でもやっぱり、産卵を意識するマダイ多い春がトップシーズンだ!当たれば、大ダイが連発することも!
更新: 2019-05-19 12:00:00
最新記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読