味も引きも最高だっ! キハダがキターーーッ!!【相模湾】

味も引きも最高だっ! キハダがキターーーッ!!【相模湾】

今年も相模湾にキハダが回遊してきた! 7月現在はルアーキャスティングで主に20㎏クラスが取り込まれているが、今後はエサ釣りにも大いに期待がかかる。サイズについても、昨年のように50㎏オーバーがバンバンヒットする可能性も十分だ! さあ、相模湾の熱い熱い夏が始まったぞ!!


キハダ釣りは最高にアツいが、危険が伴うという事も忘れべからず

取材当日の最大はこの23.4㎏。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・大磯「邦丸」。

今年も相模湾にキハダがやってきたぞ! 7月現在キャッチされているサイズは20㎏前後が多く、このサイズならキハダ初心者も取りやすいので、シイラやカツオゲームからステップアップして今年こそ相模湾の大型キハダにチャレンジしたい! という人には絶好のタイミングだ。
だが、オフショアルアーゲーム初心者がいきなりこのキハダ釣りにチャレンジするのは大変危険である。相手が“マグロ”だからだ。
脅すわけではないが、実際にキハダ狙いの船上では怪我は少なくない。波があるなかを高速で走る船上で体のバランスを保ち、揺れるなかでキャストし、大型魚とファイトするのである。
相手が相手だけに、危険が伴うな釣りであるということをよく頭の中に入れておいていただきたい。

タックル・スキル・体力・気力を万全にして、キハダにチャレンジするべし!

相模湾キハダのタックルは、マグロ専用もしくはヒラマサキャスティング用などの大型魚を対象としたもので臨みたい。ロッドは、「GTK─80SJX」(スミス)など8フィート前後のマグロキャスティング専用、または強めのヒラマサキャスティング用。とくに「GTK─80SJX」は40㎏クラスのキハダを想定しており、相模湾のキハダには最適である。
リールはドラグ性能の優れた中・大型スピニングのハイギアタイプ。シマノなら8000番以上、ダイワなら4500番以上だ。

山やボイルが見つかったら、船長の合図で戦闘開始。釣り方・ファイト方法については上記のイラストを読んでいただきたいのだが、可能であれば、シイラやカツオなどでしっかりと経験を積み、日頃から体を鍛えてから挑戦していただきたい。
決して、初心者はチャレンジするな、といっているのではない。ちゃんとステップを踏んだほうが安全で、キハダを手にするには近道であると思うのだ。

苦戦するも、無事に20㎏級のキハダがダブルヒット!!

当日上がった2本のキハダはダブルヒットだった。

「邦丸」では特大の発泡を用意しており、釣れたキハダはこれに入れて保管する。20㎏級のキハダが余裕で2本入る!

「中落ちサイコーです!」と味澤清二郎船長。

7月の第四週の時点で、20㎏クラスのキハダの釣果は、ほとんどがルアーによるもの。イワシエサで狙う船もあるが、大型キハダはルアーに分があるようだ。
取材は大磯「邦丸」のルアーマグロ乗合で敢行。当日はキハダが沈み気味で、ナブラがほとんど見られない状況。そんななか、味澤清二郎船長は鳥の動きを読むほか、ソナーを駆使し、姿の見えないキハダを執拗に追いかける。そして正午前、その努力が実りダブルヒット。味澤船長の操船&取り込みアシストもあって、無事に20㎏級のキハダが2本取り込まれた。
取材後もキハダ、キメジ、本ガツオの群れが多数確認されている相模湾。50㎏級の大型キハダを取り込んだ船もあり、今後がますます楽しみ。うまくすれば晩秋ぐらいまで狙えるので、チャンスはまだまあだるぞ!

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓




つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


相模湾のキハダ&カツオの釣り方&タックル編(庄三郎丸)

相模湾のキハダ&カツオの釣り方&タックル編(庄三郎丸)

多くの人が心待ちにしていた相模湾のコマセ釣りによるキハダ&カツオが、いよいよ8月からスタートする。すでにルアーでは20〜40㎏のキハダが取り込まれているほか、イワシエサのフカセ釣りではキメジやカツオの好釣果が記録されている。湾内に確実に魚はいるのでコマセ釣りも好釣果の期待が高まる。


相模湾のエキサイティングな夏がやってきた! 名物シイラ釣り(昇丸)

相模湾のエキサイティングな夏がやってきた! 名物シイラ釣り(昇丸)

キハダで大盛り上がりの相模湾だが、今期はシイラやカツオも絶好調! これはぜひ取材しなければ…と考えていると、長井漆山港「昇丸」でシイラメインのチャーター船が出船するという情報を聞きつけ、早速取材をお願いして乗船した。


今期絶好調! 相模湾シイラゲームで遊ぶ夏のススメ(庄治郎丸)

今期絶好調! 相模湾シイラゲームで遊ぶ夏のススメ(庄治郎丸)

不安定が定番のシーズン初期のシイラゲーム。しかし、嬉しいことに今期はシーズン初期から安定感がある。「うちでは5月の終わりから出船を始めました。多少は上下するけど、シイラの数は多い。楽しんでもらえると思いますよ」と話す、平塚港「庄治郎丸」でシイラ船を担当する、世古勇次郎船長。


釣れるものはみんなターゲットだ! 相模湾のLTルアー(島きち丸)

釣れるものはみんなターゲットだ! 相模湾のLTルアー(島きち丸)

さあ、夏休み目前。子供と一緒に夏の思い出づくりのプランを練っているお父さんお母さんも少なくないのではないだろうか? そんなお父さんお母さんにオススメなのが、片瀬港「島きち丸」のLTルアーだ。


スルメイカ多点掛けが醍醐味! 仕掛けから釣り方まで(春盛丸)

スルメイカ多点掛けが醍醐味! 仕掛けから釣り方まで(春盛丸)

夏を代表的するスルメイカ。相模湾では、これから本格シーズンに突入する。6月後半の時点では、相模湾東部では、長井沖がまずまずの好調ぶり。トップ40杯以上を記録する日も珍しくない。釣れているサイズはムギイカを1、2回り大きくしたニセイカサイズが主体となっている。


最新の投稿


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

台風の影響によるウネリが大きい。次第に風が強まる予報もあった。ピーカン&ベタ凪ぎが最高とされるシイラ狙いには、決して好条件とは言えない。そんな取材日だった。


東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

夏が来れば思い出すのは遥かな尾瀬だけではない。山上の湿地帯では水芭蕉かも知れないが、身近な所では紫陽花が見頃である。花をめでながらの山歩きも良いが海の上もホントに気持ちの良い季節。浅場の根魚釣りもベストシーズンの到来だ。


手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

夏休みのこの時期、家族や友人とともに沖釣りを楽しむのにおすすめな釣り物の一つが東京湾のLTアジだ。


一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

「小型のキスを狙えば、もっと数が出るんでしょうけど、良型に的を絞ってポイントを流しますから」と、話すのは久比里「やまてん丸」の臼井弘船長。そう、臼井船長が得意とする久里浜沖をメインとしたシロギス釣りは、ジャンボサイズが看板だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読