沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

味も引きも最高だっ! キハダがキターーーッ!!【相模湾】

味も引きも最高だっ! キハダがキターーーッ!!【相模湾】

今年も相模湾にキハダが回遊してきた! 7月現在はルアーキャスティングで主に20㎏クラスが取り込まれているが、今後はエサ釣りにも大いに期待がかかる。サイズについても、昨年のように50㎏オーバーがバンバンヒットする可能性も十分だ! さあ、相模湾の熱い熱い夏が始まったぞ!!


キハダ釣りは最高にアツいが、危険が伴うという事も忘れべからず

取材当日の最大はこの23.4㎏。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・大磯「邦丸」。

今年も相模湾にキハダがやってきたぞ! 7月現在キャッチされているサイズは20㎏前後が多く、このサイズならキハダ初心者も取りやすいので、シイラやカツオゲームからステップアップして今年こそ相模湾の大型キハダにチャレンジしたい! という人には絶好のタイミングだ。
だが、オフショアルアーゲーム初心者がいきなりこのキハダ釣りにチャレンジするのは大変危険である。相手が“マグロ”だからだ。
脅すわけではないが、実際にキハダ狙いの船上では怪我は少なくない。波があるなかを高速で走る船上で体のバランスを保ち、揺れるなかでキャストし、大型魚とファイトするのである。
相手が相手だけに、危険が伴うな釣りであるということをよく頭の中に入れておいていただきたい。

タックル・スキル・体力・気力を万全にして、キハダにチャレンジするべし!

相模湾キハダのタックルは、マグロ専用もしくはヒラマサキャスティング用などの大型魚を対象としたもので臨みたい。ロッドは、「GTK─80SJX」(スミス)など8フィート前後のマグロキャスティング専用、または強めのヒラマサキャスティング用。とくに「GTK─80SJX」は40㎏クラスのキハダを想定しており、相模湾のキハダには最適である。
リールはドラグ性能の優れた中・大型スピニングのハイギアタイプ。シマノなら8000番以上、ダイワなら4500番以上だ。

山やボイルが見つかったら、船長の合図で戦闘開始。釣り方・ファイト方法については上記のイラストを読んでいただきたいのだが、可能であれば、シイラやカツオなどでしっかりと経験を積み、日頃から体を鍛えてから挑戦していただきたい。
決して、初心者はチャレンジするな、といっているのではない。ちゃんとステップを踏んだほうが安全で、キハダを手にするには近道であると思うのだ。

苦戦するも、無事に20㎏級のキハダがダブルヒット!!

当日上がった2本のキハダはダブルヒットだった。

「邦丸」では特大の発泡を用意しており、釣れたキハダはこれに入れて保管する。20㎏級のキハダが余裕で2本入る!

「中落ちサイコーです!」と味澤清二郎船長。

7月の第四週の時点で、20㎏クラスのキハダの釣果は、ほとんどがルアーによるもの。イワシエサで狙う船もあるが、大型キハダはルアーに分があるようだ。
取材は大磯「邦丸」のルアーマグロ乗合で敢行。当日はキハダが沈み気味で、ナブラがほとんど見られない状況。そんななか、味澤清二郎船長は鳥の動きを読むほか、ソナーを駆使し、姿の見えないキハダを執拗に追いかける。そして正午前、その努力が実りダブルヒット。味澤船長の操船&取り込みアシストもあって、無事に20㎏級のキハダが2本取り込まれた。
取材後もキハダ、キメジ、本ガツオの群れが多数確認されている相模湾。50㎏級の大型キハダを取り込んだ船もあり、今後がますます楽しみ。うまくすれば晩秋ぐらいまで狙えるので、チャンスはまだまあだるぞ!

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓




つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


怒涛の連発も! 餌木シャクリのアオリイカ仕掛け(沖右ヱ門丸)

怒涛の連発も! 餌木シャクリのアオリイカ仕掛け(沖右ヱ門丸)

餌木シャクリのアオリイカ釣りでは、1.2〜1.5mのショートロッドと2.4〜3mぐらいのロングロッドが使われる。ショートでもロングでも、どちらでもOKだが、近年はロングロッドが主流だ。


カツオ&キハダ釣りをより楽しむためのポイント(福栄丸・喜平治丸)

カツオ&キハダ釣りをより楽しむためのポイント(福栄丸・喜平治丸)

カツオは慣れない人でも遅れずに投入さえすれば誰でも何本か釣ることができる。ただし、細かく考えると色々と差が付いてくる。今回はカツオ釣りの細かいポイントをまとめてみよう。


タナと誘いがカギ! 平塚沖アマダイの仕掛けと誘いパターン(豊漁丸)

タナと誘いがカギ! 平塚沖アマダイの仕掛けと誘いパターン(豊漁丸)

アマダイ釣りで使われる竿は、オモリ60〜80号に対応した7対3調子の先調子。ゲームロッドやライト用が人気だ。この手の調子が誘いやすく、アタリもわかりやすい。長さは2〜2.4mぐらいが扱いやすいだろう。


身厚で甘〜い! 旬で美味い相模湾ヤリイカを釣りに行こう!(坂口丸)

身厚で甘〜い! 旬で美味い相模湾ヤリイカを釣りに行こう!(坂口丸)

ここ数年、開幕がどんどん早くなっているヤリイカ。だが、本来のヤリイカの旬は秋から冬にかけて。つまり、“これから”だ。


最新の投稿


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

ルミカから、光と音で魅せる船用オモリ『光略カスタムシンカー 』50号・60号に加え、25号・30号の2サイズが追加発売!


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読