MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾キハダルアーの釣り方とタックルはこれだ!

相模湾キハダルアーの釣り方とタックルはこれだ!

今年も相模湾にキハダが回遊してきた! 7月現在はルアーキャスティングで主に20kgクラスが取り込まれているが、今後はエサ釣りにも大いに期待がかかる。サイズについても、昨年のように50kgオーバーがバンバンヒットする可能性も十分だ! さあ、相模湾の熱い熱い夏が始まったぞ!!

キハダ釣りは最高にアツいが、危険が伴うという事も忘れべからず

取材当日の最大はこの23.4㎏。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・大磯「邦丸」。

今年も相模湾にキハダがやってきたぞ! 7月現在キャッチされているサイズは20㎏前後が多く、このサイズならキハダ初心者も取りやすいので、シイラやカツオゲームからステップアップして今年こそ相模湾の大型キハダにチャレンジしたい! という人には絶好のタイミングだ。
だが、オフショアルアーゲーム初心者がいきなりこのキハダ釣りにチャレンジするのは大変危険である。相手が“マグロ”だからだ。
脅すわけではないが、実際にキハダ狙いの船上では怪我は少なくない。波があるなかを高速で走る船上で体のバランスを保ち、揺れるなかでキャストし、大型魚とファイトするのである。
相手が相手だけに、危険が伴うな釣りであるということをよく頭の中に入れておいていただきたい。

タックル・スキル・体力・気力を万全にして、キハダにチャレンジするべし!

相模湾キハダのタックルは、マグロ専用もしくはヒラマサキャスティング用などの大型魚を対象としたもので臨みたい。ロッドは、「GTK─80SJX」(スミス)など8フィート前後のマグロキャスティング専用、または強めのヒラマサキャスティング用。とくに「GTK─80SJX」は40㎏クラスのキハダを想定しており、相模湾のキハダには最適である。
リールはドラグ性能の優れた中・大型スピニングのハイギアタイプ。シマノなら8000番以上、ダイワなら4500番以上だ。

山やボイルが見つかったら、船長の合図で戦闘開始。釣り方・ファイト方法については上記のイラストを読んでいただきたいのだが、可能であれば、シイラやカツオなどでしっかりと経験を積み、日頃から体を鍛えてから挑戦していただきたい。
決して、初心者はチャレンジするな、といっているのではない。ちゃんとステップを踏んだほうが安全で、キハダを手にするには近道であると思うのだ。

苦戦するも、無事に20㎏級のキハダがダブルヒット!!

当日上がった2本のキハダはダブルヒットだった。

「邦丸」では特大の発泡を用意しており、釣れたキハダはこれに入れて保管する。20㎏級のキハダが余裕で2本入る!

「中落ちサイコーです!」と味澤清二郎船長。

7月の第四週の時点で、20㎏クラスのキハダの釣果は、ほとんどがルアーによるもの。イワシエサで狙う船もあるが、大型キハダはルアーに分があるようだ。
取材は大磯「邦丸」のルアーマグロ乗合で敢行。当日はキハダが沈み気味で、ナブラがほとんど見られない状況。そんななか、味澤清二郎船長は鳥の動きを読むほか、ソナーを駆使し、姿の見えないキハダを執拗に追いかける。そして正午前、その努力が実りダブルヒット。味澤船長の操船&取り込みアシストもあって、無事に20㎏級のキハダが2本取り込まれた。
取材後もキハダ、キメジ、本ガツオの群れが多数確認されている相模湾。50㎏級の大型キハダを取り込んだ船もあり、今後がますます楽しみ。うまくすれば晩秋ぐらいまで狙えるので、チャンスはまだまあだるぞ!

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓




関連記事
「今一つだった昨年に比べると、今年はだいぶ調子がいいですよ。1月中旬になって数も型も出るようになってきました。トップで100本overと食いっぷりの良さを披露してくれたのは、本牧「長崎屋」の長崎船長。
更新: 2019-02-18 12:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。
更新: 2019-02-13 12:00:00
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。
更新: 2019-02-13 07:00:00
「例年3月頃が最盛期ですね。数もサイズも期待できます。ただ、今年はちょっと遅れ気味ですので、4月頃まで楽しめると思いますよ!」と、川崎「つり幸」のルアー船を担当する村山克英船長が話してくれた。
更新: 2019-02-09 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読