味も引きも最高だっ! キハダがキターーーッ!!【相模湾】

味も引きも最高だっ! キハダがキターーーッ!!【相模湾】

今年も相模湾にキハダが回遊してきた! 7月現在はルアーキャスティングで主に20㎏クラスが取り込まれているが、今後はエサ釣りにも大いに期待がかかる。サイズについても、昨年のように50㎏オーバーがバンバンヒットする可能性も十分だ! さあ、相模湾の熱い熱い夏が始まったぞ!!


キハダ釣りは最高にアツいが、危険が伴うという事も忘れべからず

取材当日の最大はこの23.4㎏。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・大磯「邦丸」。

今年も相模湾にキハダがやってきたぞ! 7月現在キャッチされているサイズは20㎏前後が多く、このサイズならキハダ初心者も取りやすいので、シイラやカツオゲームからステップアップして今年こそ相模湾の大型キハダにチャレンジしたい! という人には絶好のタイミングだ。
だが、オフショアルアーゲーム初心者がいきなりこのキハダ釣りにチャレンジするのは大変危険である。相手が“マグロ”だからだ。
脅すわけではないが、実際にキハダ狙いの船上では怪我は少なくない。波があるなかを高速で走る船上で体のバランスを保ち、揺れるなかでキャストし、大型魚とファイトするのである。
相手が相手だけに、危険が伴うな釣りであるということをよく頭の中に入れておいていただきたい。

タックル・スキル・体力・気力を万全にして、キハダにチャレンジするべし!

相模湾キハダのタックルは、マグロ専用もしくはヒラマサキャスティング用などの大型魚を対象としたもので臨みたい。ロッドは、「GTK─80SJX」(スミス)など8フィート前後のマグロキャスティング専用、または強めのヒラマサキャスティング用。とくに「GTK─80SJX」は40㎏クラスのキハダを想定しており、相模湾のキハダには最適である。
リールはドラグ性能の優れた中・大型スピニングのハイギアタイプ。シマノなら8000番以上、ダイワなら4500番以上だ。

山やボイルが見つかったら、船長の合図で戦闘開始。釣り方・ファイト方法については上記のイラストを読んでいただきたいのだが、可能であれば、シイラやカツオなどでしっかりと経験を積み、日頃から体を鍛えてから挑戦していただきたい。
決して、初心者はチャレンジするな、といっているのではない。ちゃんとステップを踏んだほうが安全で、キハダを手にするには近道であると思うのだ。

苦戦するも、無事に20㎏級のキハダがダブルヒット!!

当日上がった2本のキハダはダブルヒットだった。

「邦丸」では特大の発泡を用意しており、釣れたキハダはこれに入れて保管する。20㎏級のキハダが余裕で2本入る!

「中落ちサイコーです!」と味澤清二郎船長。

7月の第四週の時点で、20㎏クラスのキハダの釣果は、ほとんどがルアーによるもの。イワシエサで狙う船もあるが、大型キハダはルアーに分があるようだ。
取材は大磯「邦丸」のルアーマグロ乗合で敢行。当日はキハダが沈み気味で、ナブラがほとんど見られない状況。そんななか、味澤清二郎船長は鳥の動きを読むほか、ソナーを駆使し、姿の見えないキハダを執拗に追いかける。そして正午前、その努力が実りダブルヒット。味澤船長の操船&取り込みアシストもあって、無事に20㎏級のキハダが2本取り込まれた。
取材後もキハダ、キメジ、本ガツオの群れが多数確認されている相模湾。50㎏級の大型キハダを取り込んだ船もあり、今後がますます楽しみ。うまくすれば晩秋ぐらいまで狙えるので、チャンスはまだまあだるぞ!

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓




つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


浅場で乗りの感触ビンビン! 相模湾のヤリイカ釣り(春盛丸)

浅場で乗りの感触ビンビン! 相模湾のヤリイカ釣り(春盛丸)

「ここ数年は秋から冬は水温が高すぎるのか、ヤリイカが釣れるような潮じゃないことが多かったですね。今年は潮の流れもいいのか、久しぶりに当たり年と言ってもいい釣れ方をしていますね」とは、長井漆山港「春盛丸」の沼田孝章船長は話す。


今がチャンス! いよいよ盛期に突入! 腰越沖のカワハギ(多希志丸)

今がチャンス! いよいよ盛期に突入! 腰越沖のカワハギ(多希志丸)

相模湾のカワハギが、いよいよ好機に突入だ! 9月17日に、腰越港「多希志(たけし)丸」のカワハギ船を取材したが、活性も、そしてキモの状態も、すでに「準備完了!」


昼ヤリイカはこれからがポイント広がり期待大!(坂口丸)

昼ヤリイカはこれからがポイント広がり期待大!(坂口丸)

今シーズンの相模湾はヤリイカが多そうだ。「去年はすごい多かったよね。今年はそこまでじゃないけど、どこにでもイカがいる感じだよ」と、早川港「坂口丸」の久保田忍船長は言う。今シーズンの開幕は早く、お盆開けごろにはすでにまとまった釣果が出ていて、100杯以上の日も度々記録された。


平塚冲のアマダイが好調! 仕掛けからタナの合わせ方(豊漁丸)

平塚冲のアマダイが好調! 仕掛けからタナの合わせ方(豊漁丸)

相模湾では平塚港「豊漁丸」が9月の最初の週末からアマダイ船を開始している。いきなり9月5日には、24〜44㎝までを一人2〜5匹という好釣果を記録。その後も、トップ5匹前後を記録する日が多い。


相模湾のアマダイ開幕! 50cm級の大型チャンス(冲右ヱ門丸)

相模湾のアマダイ開幕! 50cm級の大型チャンス(冲右ヱ門丸)

おっとり顔の海の貴婦人アマダイ釣りが各地で始まった。いち早く9月に乗合い出船を開始した茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」では、のっけからトップ2桁に迫る好釣果を連発している。


最新の投稿


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

かつてこんな夢のような釣りがあっただろうか。ワラサ・キハダリレーだ。朝一番で剣崎沖から城ヶ島沖のワラサを狙い、お土産を確保してからキハダを狙う。


半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

半日船で釣る! 夏休みのファミリーFにもオススメ! LTアジ(黒川丸)

早くも連日30度を超える気温が続き、今シーズンも暑い夏の予感。さ〜、いよいよ待ちに待った夏休み突入だ!! 夏休みの思い出の1ページに、ファミリーフィッシングはいかがだろうか? ファミリーフィッシングの代表的な釣り物が「アジ」だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読