MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾キハダルアーの釣り方とタックルはこれだ!

相模湾キハダルアーの釣り方とタックルはこれだ!

今年も相模湾にキハダが回遊してきた! 7月現在はルアーキャスティングで主に20kgクラスが取り込まれているが、今後はエサ釣りにも大いに期待がかかる。サイズについても、昨年のように50kgオーバーがバンバンヒットする可能性も十分だ! さあ、相模湾の熱い熱い夏が始まったぞ!!

キハダ釣りは最高にアツいが、危険が伴うという事も忘れべからず

取材当日の最大はこの23.4㎏。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・大磯「邦丸」。

今年も相模湾にキハダがやってきたぞ! 7月現在キャッチされているサイズは20㎏前後が多く、このサイズならキハダ初心者も取りやすいので、シイラやカツオゲームからステップアップして今年こそ相模湾の大型キハダにチャレンジしたい! という人には絶好のタイミングだ。
だが、オフショアルアーゲーム初心者がいきなりこのキハダ釣りにチャレンジするのは大変危険である。相手が“マグロ”だからだ。
脅すわけではないが、実際にキハダ狙いの船上では怪我は少なくない。波があるなかを高速で走る船上で体のバランスを保ち、揺れるなかでキャストし、大型魚とファイトするのである。
相手が相手だけに、危険が伴うな釣りであるということをよく頭の中に入れておいていただきたい。

タックル・スキル・体力・気力を万全にして、キハダにチャレンジするべし!

相模湾キハダのタックルは、マグロ専用もしくはヒラマサキャスティング用などの大型魚を対象としたもので臨みたい。ロッドは、「GTK─80SJX」(スミス)など8フィート前後のマグロキャスティング専用、または強めのヒラマサキャスティング用。とくに「GTK─80SJX」は40㎏クラスのキハダを想定しており、相模湾のキハダには最適である。
リールはドラグ性能の優れた中・大型スピニングのハイギアタイプ。シマノなら8000番以上、ダイワなら4500番以上だ。

山やボイルが見つかったら、船長の合図で戦闘開始。釣り方・ファイト方法については上記のイラストを読んでいただきたいのだが、可能であれば、シイラやカツオなどでしっかりと経験を積み、日頃から体を鍛えてから挑戦していただきたい。
決して、初心者はチャレンジするな、といっているのではない。ちゃんとステップを踏んだほうが安全で、キハダを手にするには近道であると思うのだ。

苦戦するも、無事に20㎏級のキハダがダブルヒット!!

当日上がった2本のキハダはダブルヒットだった。

「邦丸」では特大の発泡を用意しており、釣れたキハダはこれに入れて保管する。20㎏級のキハダが余裕で2本入る!

「中落ちサイコーです!」と味澤清二郎船長。

7月の第四週の時点で、20㎏クラスのキハダの釣果は、ほとんどがルアーによるもの。イワシエサで狙う船もあるが、大型キハダはルアーに分があるようだ。
取材は大磯「邦丸」のルアーマグロ乗合で敢行。当日はキハダが沈み気味で、ナブラがほとんど見られない状況。そんななか、味澤清二郎船長は鳥の動きを読むほか、ソナーを駆使し、姿の見えないキハダを執拗に追いかける。そして正午前、その努力が実りダブルヒット。味澤船長の操船&取り込みアシストもあって、無事に20㎏級のキハダが2本取り込まれた。
取材後もキハダ、キメジ、本ガツオの群れが多数確認されている相模湾。50㎏級の大型キハダを取り込んだ船もあり、今後がますます楽しみ。うまくすれば晩秋ぐらいまで狙えるので、チャンスはまだまあだるぞ!

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓




関連記事
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00
欲張り派のアングラーはもちろん、グルメ志向の釣り師や大物師たちが大注目! 良型のシマアジ&イサキをメインに、マダイ、カンパチ、イシダイなどの高級魚を狙う静岡県網代南沖の遠征五目釣りが今期も開幕。
更新: 2019-04-21 07:00:00
外房でよく聞かれる言葉のひとつに「春マサシーズン」というキーワードがある。黒潮の影響を受けた南からの暖流(真潮)が、その勢力の強まりとともにヒラマサを外房沖へと運んでくる。一気にヒット連発だ! 
更新: 2019-04-11 12:00:00
例年ゴールデンウイーク頃までがシーズンとされる東京湾のシーバスゲーム。潮の影響なのか、今期は釣果があまり安定せず、よかったりよくなかったりを繰り返していたが、釣果が急激に上向きとなっている。
更新: 2019-04-08 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読