MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋に狙うはひとつテンヤマダイ!! 那珂湊沖編【茨城・那珂湊沖】

秋に狙うはひとつテンヤマダイ!! 那珂湊沖編【茨城・那珂湊沖】

茨城エリアは、これから年末年始の時期にかけてが好シーズン。秋冬でも大型マダイのヒット率が高い。時には爆発的な大ダイラッシュもあるぞ。

ドカン!と7kg級が上がってます。これからさらに大型シーズンが始まるぞ。ビギナーにも大ダイのチャンス大だ!!

ポイントは那珂湊沖中心に南北広範囲に狙っている。水深は20〜30m前後、今後は40m台も攻めるようになる。

レギュラーサイズは500g〜1kg台だが、それにまじってドカン! と大物が食ってくる。油断大敵。慎重にやり取りを!

マダイはトップ4〜5枚という日が多い。それにハナダイなどが数まじり、一日アタリは途切れない。

活発な食いをみせる秋のマダイ。底ダチさえ取れれば、比較的簡単に食ってくる。

食べごろサイズ。脂が乗って刺身がおいしい。

船長オススメのテンヤはエコギアの「オーバルテンヤ」エコギア用で、エビはやや付けづらいが、「フォールと食い込みがいい」とのこと。

テンヤは5〜8号が標準。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・那珂湊港「かもめ丸」。

「秋はマダイが活発にエサを追い、荒食い状態になることもあります。それに大ダイも多くなる。底ダチさえ取れれば、ビギナーでも大ダイのチャンスがある季節ですよ」
こう話すのはひとつテンヤマダイで那珂湊沖に出船している「かもめ丸」の岡部康治船長。このところ1㎏前後主体に2〜3㎏まじりでトップ4、5枚という日が多いが、9月に入って7.8㎏、7.3㎏、6.5㎏などの大ダイもコンスタントに顔を出している。そして、これから秋のシーズンは、さらに大型の期待が高まるという。
那珂湊沖は、房総エリアなどに比べると、比較的潮が緩いことが多いので、ビギナーも底ダチが取りやすい。
「底ダチさえ分かるようになると、意外と初心者のひとが大ダイを上げちゃったりすんですよね。これからはそういうことも多くなるはずです」と岡部船長。
さあ、秋の大ダイに挑戦しよう!

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
下田沖に鎮座する神子元島周りは、海中映像で確認すると、大型カンパチやワラサ・ブリ、ヒラマサなどの青物たちがほぼ周年回遊しているのが分かる。今期の神子元東沖はかなりエキサイティングな釣りが楽しめる。
片貝旧港「直栄丸」のコマセシャクリのハナダイ五目が絶好調!ハナダイをメインにイシダイやイシガキダイ、イナダやメバルなど真冬でも美味しい魚がいろいろ釣れる穴場の海で、楽しんじゃいましょう!
東京湾の冬タチウオが元気いっぱいだ。金沢八景「一之瀬丸」では横浜港の水深15mという超浅場で良型連発!本命ポイントの走水沖、観音崎沖では指5本の大型!大満足の釣行となった。
「千とせ丸」藤間船長がエスコートする網代沖はカワハギ、カサゴ、タイやイサキ、青物コマセ五目、夏のキハダ&カツオにヒラメの食わせサビキ、冬場のキンメなど…多彩なターゲットを有す、絶好のフィールドだ。
外房・大原沖では12月にイワシの群れが回遊するようになった。それにともなって大原港「LT広布号」はイワシに付いたマダイをひとつテンヤで狙っている。大型マダイが期待できるので、ぜひ挑戦してみよう!
最新記事
相模湾、東京湾口などでも見つかっているが、生息域は不明な点が多い。表層でも見つかっているが、漁師さんは水深700mよりも深いところに多いという。
下田沖に鎮座する神子元島周りは、海中映像で確認すると、大型カンパチやワラサ・ブリ、ヒラマサなどの青物たちがほぼ周年回遊しているのが分かる。今期の神子元東沖はかなりエキサイティングな釣りが楽しめる。
片貝旧港「直栄丸」のコマセシャクリのハナダイ五目が絶好調!ハナダイをメインにイシダイやイシガキダイ、イナダやメバルなど真冬でも美味しい魚がいろいろ釣れる穴場の海で、楽しんじゃいましょう!
超高感度形状記憶チタントップ搭載のヤリイカ専用ロッド「アルファソニック ヤリイカ170H」
東京湾の冬タチウオが元気いっぱいだ。金沢八景「一之瀬丸」では横浜港の水深15mという超浅場で良型連発!本命ポイントの走水沖、観音崎沖では指5本の大型!大満足の釣行となった。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読