MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
マルイカ復活か!?ムギ&マルでライトなイカ釣りを満喫しよう!

マルイカ復活か!?ムギ&マルでライトなイカ釣りを満喫しよう!

今シーズンなかなか調子が上がらずファンをやきもきさせていたマルイカだが、4月下旬になって急上昇!マルイカ、ムギイカが半々ほどまじりの釣果。いよいよ本番か!?という雰囲気が漂い出している。

perm_media 《画像ギャラリー》マルイカ復活か!?ムギ&マルでライトなイカ釣りを満喫しよう!の画像をチェック! navigate_next

城ヶ島沖・マルイカ釣行レポート ムギ&マルで楽しめそう!ライトな釣りを満喫しよう。

ポイントは城ケ島沖。やや水深はあるが、ライトタックルでOK。
アタリを取ってしっかりアワセて掛けてやらないと釣果は伸びないテクニカルな釣りが展開中

乗った~! ひさしぶりのこの感触。やっぱりマルイカ釣りは楽しいですね

4月下旬から急に乗りがよくなってきた相模湾のマルイカ。
マルイカ、ムギイカが半々ほどのまじりでトップ60杯を越える日も。
マルイカファンのみなさん、チャンスですよ!

マルイカはライトタックルでできるのが人気の理由。
現在水深40~70m前後のポイントを攻めているが、ライトタックルでオモリ40~60号前後でOK。
仕立船ならさらに軽くしてもいい

小型、中型まじりで釣れている。このサイズは食べてもおいしそう。
テクニカルで楽しいだけでなく、食味もバツグンなのがこのイカのエライところだ

「すごく小さいアタリでした」。
しっかり誘ってアタリを感じ、アワせて掛ける。マルイカ釣りのダイゴミだ

マイクロムギイカゲット! ムギイカ相手でもかなり熱くなれます

日によって割合はことなるが、ムギイカもまじって釣れている。
マルイカ同様ライトタックルたのしめるので、ムギはムギで十分楽しい!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・長井港「龍義丸」

今シーズンなかなか調子が上がらずファンをやきもきさせていたマルイカだが、4月下旬になって急上昇。

マルイカ、ムギイカが半々ほどまじりの釣果ながらトップ60杯以上釣る船もあり、いよいよ本番か!? という雰囲気が漂い出し、乗合船も出船を再開した。

日ムラはあるようで、マルイカの割合が少なくなる日もあるが、その後もマルイカは釣れており、最初からムギまじりと割り切れば、ライトなイカ釣りが楽しめる状況だ。

長井の仕立専門船「龍義丸」は、マルイカ狙いも受け付け中。

「まだ、去年のような釣れっぷりはないけど、マル、ムギまじりで楽しめると思いますよ。2本立てもOKです」と龍崎義信船長。

まだ完全復活とはいえない状況だが、マルイカファンなら行くしかない!! 

乗合が出ないなら、仕立てで狙ってみるって手もあるぞ!

以上の記事は「つり丸」2016年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル