MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
メインはサバ!お手軽な相模湾の”ライトルアー”を楽しもう!

メインはサバ!お手軽な相模湾の”ライトルアー”を楽しもう!

相模湾のライトルアーが始まった!低価格で短時間、大人も子供もみんなで手軽にルアーフィッシングが楽しめるとあって大人気だ。ターゲットはサバをメインに、そのときに釣れる魚。高い確率でお土産確保可能だ。

高速だた巻きで十分に釣れるよ!

いよいよ開幕した相模湾のライトルアー。
低価格で短時間、大人も子供もみんなで手軽にルアーフィッシングが楽しめるとあって、大人気の釣り物だ。

ここでは釣り方や取り込み方法を中心に紹介しよう。
釣り方は、船長から合図があったら、キャストできる人は軽く前方にアンダーハンドでキャストして投入。
ただ、無理してキャストする必要はなく、真下に落とすだけでももちろんOKだ。

船長から出される指示ダナは、基本は3パターン。

「海底からやって!」とアナウンスがあった場合は、ジグをいったん海底まで着け、そこから誘い上げる。

「◯mから◎m」とアナウンスがあった場合は、PEラインのマーキングを見ながら深いほうの指示ダナまでジグを沈め、浅いほうの指示ダナまで誘い上げる。
このとき、上の指示ダナから数メートル上まで誘い上げられればベター。
魚は指示ダナの上まで追って来ることが多いからだ。

ただ、逆はNG。
下の指示ダナから深くジグを沈めないようにしたい。
それを追って反応が下がってしまうのだ。
そうすると余計にジグを沈めなければならなくなってしまい、釣りにくくなってしまう。

「◯mから上!」とアナウンスがあった場合は、同様にPEラインのマーキングを見ながらその水深までジグを沈め、水面まで誘い上げる。
誘いは、基本はワンピッチジャークだが、できなければ無理して行う必要はない。

案外ただ巻き(リールをグルグルと巻くだけ)が効くのでぜひ試していただきたい。

この場合は巻くスピードをいろいろと調節してみるのがコツで、なかでもぜひやっていただきたいのが「速巻き」。
サバに追われて逃げ惑う小魚を演出するのだ。

船長から「上げて」とアナウンスがあって回収するときぐらいのスピードでも魚は問題なくヒットしてくるよ!
ただ、このときジグの位置(どの辺りを引いているのか)をしっかりと把握しておこう。

高速でラインを全部巻き取ってしまうと、竿先を破損してしまう恐れがあるからだ。

魚がヒットしたら、ポンピング(竿で煽りながら魚を持ち上げてくること)はせず、竿を一定の角度に保ち、リールのハンドルを巻くことで上げて来るようにしよう。
フックがバーブレスなので、このほうがバラシは少ない。

取り込みは、リーダーを手で持って抜き上げるようにする。
子供と一緒の場合は、抜き上げは必ず大人が行うようにしよう。

とくに、竿の弾力を使って抜き上げることは避けたい。というのも、メタルジグは金属の塊。

フックが外れると、竿のしなりで勢いがついたジグがもの凄いスピードで飛んでくる。
自分の顔や目、さらには他人に当たってしまったら、取り返しのつかないことになる。
骨折や失明などの恐れもある。
これではせっかくの楽しい釣りが台無しだ。

釣りには危険が潜んでいることも頭の片隅に置いておき、十分注意しながら楽しいライトルアーを満喫していただきたい。

短時間、低料金、そして釣れる!相模湾・ライトルアー釣行レポート

ポイントは港を出てスグのこともある。出船前に準備は済ませておこう

タックルは、ライトジギング用やバスタックル、エサ釣りのLT用などでもOKだ

フック(ハリ)は必ずバーブレス(カエシを潰す)。
出船前にスタッフが点検してくれる。オススメはフロントにアシスト1本

サバを侮るなかれ!キュンキュンとかなり強い引きで楽しませてくれる

ゴールデンウイークから始まったライトルアー。
3時間程度と短時間の釣りながら、トップ10〜20本前後と好調だ

メインターゲットのサバ!

誘いはワンピッチジャークが基本だが、難しい場合はただ巻きで釣れるぞ!

取り込みは、できればリーダーを掴んで抜き上げよう。

良型のサバが短時間で釣れる!

開幕当初のメインターゲットはサバだが、季節を追うに連れ、
シイラやイナダ、タチウオ、ホウボウ、カツオなど、いろんな魚がヒットする

サバは高確率でお土産確保できる

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「浅八丸」

今年も相模湾の大人気釣り物「ライトルアー」が始まったよ!

この釣りはおよそ3時間と短時間で低料金、タックルはライトジギング用があればそれに越したことはないが、なくてももちろん楽しめ(船宿にはレンタルタックルも完備)、ジグの重さは基本的に100g以下だから、子供も女性もチャレンジ可能。

とにもかくにも、とってもお手軽な釣りなのだ。

ターゲットはサバをメインに、そのときに釣れる魚。

相手は自然なので確実とは言い切れないが、サバはかなり高い確率でお土産確保可能。

そのうえ、季節によってはイナダやタチウオ、ホウボウ、ヒラメ、カマス、ハタやカサゴなどの根魚、シイラ、さらにはカツオやキメジなども釣れる可能性があるのもうれしい!

さあ、みんなで楽しもう!!

以上の記事は「つり丸」2016年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
今シーズンなかなか調子が上がらずファンをやきもきさせていたマルイカだが、4月下旬になって急上昇!マルイカ、ムギイカが半々ほどまじりの釣果。いよいよ本番か!?という雰囲気が漂い出している。
更新: 2019-05-23 12:00:00
富士川沖の早朝タチウオジギングが開幕。5月現在ポイントの水深は70〜130mだが、梅雨にかけて濁り水が入ると、タチウオたちは浅場に入って来る。そうなるとトップ50本前後という釣果になり、いよいよ本番を迎える。
更新: 2019-05-21 12:00:00
サバなんて!そんな偏見もいまは昔。手頃な乗船料金、穏やかな湾内の近場を中心に短時間出船で楽しめて、家族やカップルから熱い支持を受けている。またサバを中心としたエモノの2枚おろしサービスまで受けられる。
更新: 2019-05-20 07:00:00
東京湾のタイラバは一年中コンスタントに釣れるようになって、いまや、東京湾の定番ゲームだ。でもやっぱり、産卵を意識するマダイ多い春がトップシーズンだ!当たれば、大ダイが連発することも!
更新: 2019-05-19 12:00:00
最新記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読