MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
食べて美味しい!相模湾のムギイカ開幕!【仕掛け&釣り方】

食べて美味しい!相模湾のムギイカ開幕!【仕掛け&釣り方】

相模湾のムギイカは例年、GW前後から釣れだすが、いつまで浅場で釣れるかわからないため、「釣れているうちに即行くべし」が鉄則!そして、食べてうまい!柔らかい!とろける!今しか味わえない初夏限定の味だ。

perm_media 《画像ギャラリー》食べて美味しい!相模湾のムギイカ開幕!【仕掛け&釣り方】の画像をチェック! navigate_next

相模湾・初夏の使者ムギイカで夏の釣りが開幕!

最近の沖釣りシーンは高水温の影響か、季節感がなくなってきたといわれる。
本来、水温が低くて釣れないはずの時期に釣れたり、釣れ出しがうんと早まったりと、一昔前の常識が変わってきている。
だが、相模湾のムギイカは初夏になるとちゃんとやってきてくれ、釣り人に夏の到来を感じさせてくれるターゲットだ。

「今年は4月後半から釣れ出しましたね。少し早いぐらいでした」と、早川港「坂口丸」の久保田幸司船長は言う。

相模湾西部で始まるムギイカは、潮が冬から春へ変わるころに釣れだす。
海のほうが季節は遅いので、これがちょうど5月前後になる。
汚れて濁った潮が入ってくると水深30〜50mの浅場で数釣れる。

そして、水温上昇とともに潮がきれいになり、夏の潮に変わっていくと、ムギイカたちは成長して少しずつ深場へ落ちていく。

胴長20㎝を超えてくるとニセイカと呼ばれ、水深100mぐらいで釣れるようになる。
この時期が初期のスルメイカ釣りで、タナが60〜70mと浮くのが特徴。

爆発的な数釣りもある。
このときはプラヅノ14㎝、ラッキョウヅノなどを使用する。

そして、真夏になって真っ青な潮になるころには水深150mを超えて、イカのサイズも大型化すると本格的なスルメシーズンに入る。
この頃になると仕掛けはプラヅノ18㎝一択となる。

このようにスルメイカは「ムギイカ」「ニセイカ」「スルメイカ」と呼び名を変えながら釣り方も推移していく。

ではムギイカは何が魅力なのだろうか?

「今の時期限定だし、浅場で数釣りできます。
初心者の人もイカ釣りを始めるいい機会だし、食べてもおいしいからおすすめですよ」と船長。

ムギイカ仕掛け

ムギイカ釣りの釣り方は大きく分けると3種類ある。
釣り方にあわせてタックルも3種ということになる。

ムギイカの釣り方

確実に拾えるのはノーマルブランコ

手釣りはプラヅノメインで直結仕掛け。竿釣りノーマルはブランコ仕掛けが有利

【ノーマルタックル】

イカ専用電動タックルか、オモリ60〜80号に適合するもう少しライトな電動タックルを使用する。

仕掛けはプラヅノ11㎝ブランコ、または直結を使用する。

「竿釣りでは直結がよさそうに見えますが、浅い水深では竿の直結は難しいですよ。むしろブランコのほうが確実に拾えます」とは、仲乗りさんの弁。

釣り方の基本は、船長の合図とともに仕掛けを海底まで落とし、竿をシャクリながら少しずつ上げていく。

シャクったら竿先をしっかりと見よう。
竿先にフワフワとかガタガタと揺れるようなアタリが出たら、ムギイカが乗っている合図だ。
そんなときは軽く竿を持ち上げアワせてやる。

海底に群れがいるときにはブランコ仕掛けは有利になる。
特に1杯、2杯ずつとポツポツと乗っているようなときは確実に拾うことができる。

だが、広範囲に群れがいるときには追いきれない。
こんな状況で乗りがいいときは直結が有利になる。

直結仕掛けは扱いに慣れが必要になるが、ブランコ仕掛けの不利な点を補うことができる。
とくに広範囲に群れがあるような場合は、電動のスイッチを入れて一気に探ることが可能で、より多点掛けのチャンスが広がる。

ブランコで広く探る場合は、低速に電動を入れて、竿を上下させながらシャクっていくのもいいだろう。

面白さはコレ!ゲーム性の高いライト

ライトタックルはオモリ40号程度で。感度のいいロッドがおすすめ

ライトタックルは、マルイカ用のタックルがそのまま流用できる。

ロッドは穂先感度のいい1.5m前後、リールは軽量な小型両軸、道糸は感度を重視してPE0.8号程度を使用する。

仕掛けはマルイカ同様、4〜5㎝程度のスッテを5本前後使用するが、
多点掛けが増えたときなどは11㎝のプラヅノを増やすとより効率的に数釣りができる。オモリは40号前後。

仕掛けは直結メインだが、上3本をプラヅノ直結、下2本を直ブラにするなど、直結ブラもOK。

このタックルの利点は何よりタックルが軽くて手軽なこと。
そして小さいアタリを取って掛けるというゲーム性の高さにある。

ノーマルタックルではわからないような微かなアタリも察知できるため、いち早く乗せることが可能になる。
また、マルイカよりもアタリが大きく派手に出るため、釣りやすい。

釣り方は、いち早く海底まで仕掛けを沈め、着底と同時にまずは竿を動かさないで竿先を見る。
このときに一番アタリが多く出るためだ。

アタったと思ったら竿を持ち上げてアワせ、重みを感じたらそのまま巻き上げていく。
最初にアタリがなかったら少しずつタナを上げていき、同様にアタリを見るのが基本になる。
ごくゆっくりのスピードで竿を持ち上げながら、探っていくのもおすすめだ。

マルイカがいる場合、下の層がマルイカ、上の層がムギイカということも多いので、マルイカを狙って釣りたい場合は、底中心に探ろう。
ただし、今シーズンの場合、マルイカはあまりまじらないので、あくまでムギイカ狙いという感覚で行こう。

ムギイカの群れが多く、広い範囲に群れが出ているような場合は、竿先を止めてアタリを取るのではなく、竿をシャクりながら上へ上へと探っていくとガツンガツンと乗ってくることが多い。
こんな乗り方をするときは、スッテからプラヅノにチェンジしてみよう。

また、中層に反応が出ているというアナウンスがあった場合は、道糸でタナを計り、中層でストップして、同じような誘いでアタリを見よう。
海底付近に群れが多い場合は、小さいアタリも確実に取れるので有利。

しかし、中層に群れが多い場合はやはり追いきれず不利な面もある。

数釣り最強は手釣り!1時間で100杯超えも

今の時期はただ手繰るだけで乗るため手釣り入門にも最適な時期だ

【手釣り】

手釣りタックルは、その名のごとく手が竿の代わりとなる。

糸は手釣り用のテトロン糸を使用する。
10mごとに色分けされているものが便利だ。

仕掛けはプラヅノ11㎝がメインで、5㎝前後のスッテをまぜるのもいいだろう。
これらを10本前後使用する。
中オモリはあってもなくてもいい。

一日、手で手繰るので、左右の人差し指、中指に指ゴムをはめておくと滑らずにいいだろう。

仕掛けが着底したら、底から水深の半分ほどほど一気に手繰ってくる。

この時期の小型のイカなら手繰ってくるだけで乗るので簡単だ。
乗ると、小型のイカでもしっかりと重量感が伝わってくる。
そのまま手を緩めずに手繰って仕掛けを回収する。

反応が広範囲に出ている場合、群れの中を一気に探れて、ツノ数も多いことから多点掛けのチャンスが増える。
さらに、直結の利点で手返しが早いので、2回、3回と釣ることも可能で、短時間で束釣りも可能なのだ。

しかし、反応が底にしかでないとき、群れが少なく拾い釣りになったときは手釣りの優位性は低下してしまう。

それぞれの釣り方に一長一短はあるが、釣り方を理解して自分の好きな釣りを楽しもう。

相模湾・小田原沖 ムギイカ釣行レポート 釣り方は手釣り、ライト、ノーマルお好みで!

ムギイカとは「麦秋」(初夏)に釣れることからこう呼ばれるように。
スルメとは思えないような柔らかい舌触りと甘みは超絶美味! 今だけだからね

ポイントは港の目の前から真鶴沖、湯河原沖まで。水深は50〜60mメイン

こんな港からすぐの場所もポイントだが水深は50m以上ある。
中央に見えるのは小田原城。

この日、ムギイカは反応があるものの乗り渋ったが、後半の真鶴沖ではダブル、トリプルも。
ライトラックルでも多点掛けがあるのがムギイカの魅力だ

11cmプラヅノ、5cm前後のスッテに好反応を示した

手釣りは短時間に信じられないような釣果をたたき出すこともあるし、独特の乗り味でファンも多い

ムギイカは美味!柔らかくて、とろける食感。

開幕から1ヶ月以上経過しているが、まだまだチビサイズも多く楽しみ。
11㎝のプラヅノにそれよりも小さいイカが乗ってくるシーンも

手釣りはリズムよく手繰ってくると、ズン、ズンと乗りがやってくる。
広いタナを一気に探れるため、小型が多い時期は圧倒的に有利になる

今シーズン、西湘エリアはマルイカは少ないというが、時折まじってくる

おいしい沖漬けを楽しめるのもムギイカならでは。
コンビニのめんつゆとジッパーパックでかんたん沖漬けだ!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小田原早川港「坂口丸」

「季節限定」や「数量限定」といった「限定モノ」に弱い釣り人は多いだろう。
「今しか釣れない!」と聞けば速攻で出かけ、「今しか買えない」と聞けば大急ぎで買ってしまうのが釣り人の性。

相模湾のムギイカもそんな「限定モノ」のひとつである。

例年、GW前後から釣れだすが、いつまで浅場で釣れるかわからないため、「釣れているうちに即行くべし」が鉄則である。

その魅力といえば、一度にズラズラズラっと乗るズッシリ感もあれば、ライトで駆け引きをしながら掛けていく楽しさもある。
そして、小型ならではの食味もまた特筆すべき点である。

とにかくうまい! そして柔らかい! とろける! これぞ今しか味わえない初夏限定の味なのである。

「今年は4月中旬から釣れています。開始直後は数がまとまっていたけど、その後ちょっとムラがあって上下が激しいときもありました。反応はあるし小型も多いのでまだしばらくは数釣りが楽しめると思いますよ」とは、小田原・早川港「坂口丸」の久保田幸司船長だ。

ポイントは港を出てほんの数分の超近場から真鶴沖周辺にかけて。

釣り方も好みでノーマル、ライト、手釣りと様々な楽しみ方がある。

中でもおすすめはライトと手釣りだろう。

一度に広い範囲を素早く探れる手釣りは群れが濃ければ数釣り必至。

ライトは誘いとわずかなアタリを感じ取って掛けていくゲーム性が人気だ。

この先のことは船長もわからないというが、ムギイカは成長すれば中型のスルメ(ニセイカ)に。
そしてさらに成長して大型スルメイカに。

そのまま深場のスルメイカ釣りに移行していくというわけ。

ムギからスルメへ。

その先もイカファンには楽しみな季節が待っている。

以上の記事は「つり丸」2016年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル