MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋に狙うはひとつテンヤマダイ!! 平潟沖編【北茨城・平潟沖】

秋に狙うはひとつテンヤマダイ!! 平潟沖編【北茨城・平潟沖】

未開の地・平潟沖も好シーズン突入だっ。12月には爆発的な大型ラッシュが期待できる! 噂を確かめるために、いざ釣行だ。

このエリアは、特に秋から冬が好漁場となる。特に12月は数、型ともに期待できる。大爆発の予感が漂っているぞ!

良型二匹いただきました!

おなじみ永井名人もヒット!

永井名人のやり取りに、みんなの視線が釘付け。

平潟沖にはマダイのポイントが多数点在。秋は水深30m前後をメインに狙う。

次々とヒット! 船下からボコンとマダイが浮き出た!

大ダイ? と思わせる引きで抵抗したのはイナダ。

北茨城・平潟でも数年前からひとつテンヤマダイが盛んになっているが、秋から冬にかけて爆発的な釣果を残しているのは意外と知られていない。このエリア、ズバリ言って、穴場的超好漁場。とくに12月は数、型ともに期待できる。現在の釣況だが、9月に入り、大きなマダイがポツポツと上がり、良い兆候が見られ始めている。
取材当日は澄み潮で、マダイ釣りには厳しい条件。それでも3.8㎏と2.6㎏の良型が取り込まれた。また、取材二日後は3〜4㎏クラスが4枚取り込まれるなど上り調子。
北茨城・平潟は、大爆釣の予感がプンプン漂っているぞ。

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
飯岡沖のテンヤマダイが、まずまずの好調を継続。今回の取材は飯岡港「梅花丸」で12月に敢行。釣り方が合った釣り人は連発もあり、トップはキロ弱までのサイズを8枚釣り上げた。
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
最新記事
違和感なくエサを食わせるしなやかさと操作性と軽さを両立したアカムツ専用ロッド「アナリスター アカムツ S-230」
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読