MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【駿河湾・富士川沖】早朝タチウオジギング開幕!!(神栄丸)

【駿河湾・富士川沖】早朝タチウオジギング開幕!!(神栄丸)

富士川沖の早朝タチウオジギングが開幕。5月現在ポイントの水深は70〜130mだが、梅雨にかけて濁り水が入ると、タチウオたちは浅場に入って来る。そうなるとトップ50本前後という釣果になり、いよいよ本番を迎える。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

タナが深い初期ジグは重めを中心に持参

【駿河湾・富士川沖】駿河湾・富士川沖 神栄丸タチウオジギングタックル

タナが深い初期ジグは重めを中心に持参

富士川沖で使用するメタルジグは、5〜6月頃までは120〜150gをメインに、念のため200gまで用意しておこう。
その後は100g前後が中心となる。

ジグの形状は、アクション重視のセンターバランスと、フォールスピード重視の後方バランスの2タイプが定番。
カラーは、ピンク系(オールピンク、ピンクゴールド、ピンクシルバー)、
パープル系(オールパープル、パープルゴールド、パープルシルバーなど)、赤金が鉄板3色。

しかし、これだけではなく〝できるだけ多く〟用意するのが鉄則だ。

タチウオジギングはチームワーク指示ダナは守ろう!

今期は2㎏オーバーの超ド級大型タチウオがヒットしているが、大型だけを狙って釣るということは難しい。
数を重ねるなかで大型がヒットしてくる、というのが現状だ。

釣り方は、船長からタナが指示されるので、そこをワンピッチジャークを基本に重点的に攻める。
ジグのヒットカラー同様に、アクションもパターンを探ることが大切だ。

「神栄丸」で出されるタナの指示方法は大きく2種類。
ひとつは「90m〜海底まで反応が出ています」というように、海底から出されるケース。
この場合は、ジグをいったん海底まで着け、タナの上限の90mプラス10mぐらいまでを攻める。

もうひとつは、「90〜100mに浮いた反応。海底は120mです」というケース。
この場合は、道糸のPEラインのマーキングや、水深カウンター付きのリールであればそれを参考にして、
下限(この場合は100m)で道糸を止めてしまう。注意したいのは、くれぐれもタナの下限よりもジグを沈めないこと。

深く沈めてしまうと、そのジグをタチウオが追ってしまい、反応全体が下がってしまうのだ。
反応が下がるとその分自分はもちろん他のアングラーもジグを深く沈めなければならくなり、

手返しが悪くなり、効率も悪くなる。指示ダナは絶対に守ろう。

2㎏オーバードラゴン登場!駿河湾・富士川沖 神栄丸タチウオジギング釣果レポート

富士川沖の早朝タチウオはまだ始まったばかり。これから梅雨時にかけて状況は日に日によくなる

ズン! とアワせたロッドが止められる重量感がたまらない!

5月上旬現在のアベレージサイズは指2本半から3本。

ポイントは富士川の河口沖。4月末の取材時の水深は深いところで130mまで攻めた。
今後雨による濁りが入れば、タナはどんどん浅くなり、より攻めやすくなる

駿河湾のタチウオは甘みが強くとってもおいしい

この日はピンク系、パープル系カラーのジグによくヒットしていた

ワンピッチ、スローピッチと、しゃくり方も色々試してみよう

水深が深いので、ジグは120〜150gが中心。200gまで持参しておいてもいい

ジグのアクションも、速め、遅めなど、その日その時に合ったパターンを見つけよう

フォールのアタリに集中!

タックルはベイトタックルが使いやすい

数はトップで20〜30本前後。水深が浅くなれば数も伸びるだろう

5月のタチウオのサイズは少々小ぶりだが、味はピカイチ。今後サイズも数もよくなってくる

水面に魚体が見えた瞬間、誰もが「デカイ!!」と叫び、石原船長のギャフが見事一発で決まった

無事船上にあげられると、大きな歓声が上がった

今期最大の2㎏オーバー!! と思ったのも束の間、取材後にはなと2.3㎏、2.2㎏と続々と超ドラゴンサイズが取り込まれている。他船でも2㎏オーバーがヒット中。超大型の記録級ドラゴンタチウオを狙うなら、今がチャンスだ!

体高はなんと指7本!

すぐさま測ってみると、2㎏を少し超えた! 歯もすごい

普通ならこのサイズでも十分に良型だが、この日は上の超ドラゴンに霞んでしまった…

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・由比港「神栄丸」

「で、デカイ!!」船上に大きな歓声が響きわたった。船上計測2㎏、指7本。これぞ正真正銘の“ドラゴン”だ。

いま、駿河湾の富士川沖のタチウオジギングでは、船中1本出るかどうかであるが、こんな超ド級の大型タチウオがヒットしている。
取材後にはさらにデカい2.3㎏、2.2㎏が続々とキャッチされているのだ。

本当は、「まだ型が小さいんですよ…。それでもよければ来てください」と取材に出かけたのだったが、こんなサプライズは大歓迎だ。
とはいえ、5月上旬現在のアベレージサイズは「神栄丸」石原佑紀船長の言葉通り、まだちょっと小さめ。指2.5〜3本が大半だ。数もトップ30本前後と本調子ではない。
「例年であればゴールデンウイーク明け頃から型もよくなって、数も期待できます。これからですよ!」
ゴールデンウイーク明けといえば、ちょうどこの号が出たとき。大型も、アベレージも、そして数も、富士川沖のタチウオがおもしろくなる!

以上の記事は「つり丸」2015年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
良型中心、だがテクニカルな攻略が必要とされる。そんな状況が続く東京湾のタチウオジギング。「静かなジギング」をキーワードに突破口を探ってみよう。
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
最新記事
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル