MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
上越沖のオキメバルの旬はいま!(第三いしなぎ)

上越沖のオキメバルの旬はいま!(第三いしなぎ)

上越沖のオキメバルのポイントには1月から、オキメバルの主食であるプランクトン、通称「アミエビ」が大量に湧き、例年5月の連休から「アミエビ」が去り上越沖のオキメバル釣りのシーズンが始まる。

良型の数釣りが魅力のオキメバル 釣果レポート

オキメバル乗合の出港時間は日の出前の午前4時30分。荘厳な日の出が拝める

知る人ぞ知る春の上越沖のオキメバル釣り。休日は大人気だ

今回の夜ヒラメ乗船時はマイワシの回遊がなく生きアジをエサにした。
マイワシが釣れれば大型ヒラメとの遭遇のチャンスは格段にアップ。サビキ仕掛けは必ず持参しよう。
ヒラメ仕掛けは細ハリスは厳禁だ。10〜12号のハリスの使用を岩佐船長は推奨

沖の澄んだ海面にメバルが連なって浮上してくる

電動リールが悲鳴を上げて巻き上げたのは良型4点掛け。至福の一時だ

これがアベレージサイズ。アミエビを飽食してメタボ状態だ。身の脂の乗りと激旨な肝の大きさは今が最高

メタボなメバルは一匹でも相当な引きを見せる

こちらもメタボバル。オキメバルは刺身、塩焼き、何でも美味!

小気味良い引きを見せて揚がってきた良型の一荷

結構な確率で小アラも混じる。嬉しいゲストだ

メタボメバルの5点掛け。流石に壮観である

実釣時間半分で35ℓクーラーがメタボメバルで埋まって行く

夜便のヒラメ釣りの往路で4月から運行の船速30ノット・カタマラン型高速カーフェリー「あかね」に遭遇

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・直江津港「第三いしなぎ」

「第三いしなぎ」の係留港は有間川漁港から直江津漁港に2015年に移った

新潟県内では2月から中越・下越地域のオキメバル釣りは好調が続いている。だが、上越沖ではさっぱり。

なぜかというと、上越沖のオキメバルのポイントには1月から、この魚の主食であるプランクトン、
通称「アミエビ」が大量に湧いているからだ。例年5月の連休から「アミエビ」が去り上越沖のオキメバル釣りが始まる。

「反応があっても開幕当初はなかなか口を使ってくれませんがアミエビをいっぱい食べて脂の乗りは最高です。今が旬の貴重な激うま大型メバルを狙ってみましょう。肝も大きいですから釣りたては刺身に肝をまぶして食べると最高ですよ」と、2015年から係留場所が直江津漁港に移った「第3いしなぎ」の岩佐健作船長。柿崎沖から名立沖までのメバルのポイントを攻める。

「アミエビ」がまだ残っているポイントもあり極端に食いが悪く頻繁に移動を繰り返す事となったが「アミエビ」が去ったポイントでは良型の4点、5点掛けで35ℓのクーラーが見る見る間に満杯となって行く。
本誌発売の頃には全てのポイントで食いが良くなっていると
思われるので期待十分だ。

そしてオキメバルと開幕がそろうのが直江津沖のマダイの本乗込みと夜のヒラメの電気釣り。
双方とも5月の第1週目から型は見えている。いつ爆釣モードに突入してもおかしくない。

以上の記事は「つり丸」2015年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
勝浦沖の浅場の根魚がおもしろい!「初栄丸」は、この時期、浅場のカサゴ・メバルで出船している。釣れる魚は良型のカサゴ、メバル主体にマハタ、アカハタ、ヒラメなども掛かるのが魅力。美味しい高級魚ばかりだ!
更新: 2019-05-24 07:00:00
最新記事
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
勝浦沖の浅場の根魚がおもしろい!「初栄丸」は、この時期、浅場のカサゴ・メバルで出船している。釣れる魚は良型のカサゴ、メバル主体にマハタ、アカハタ、ヒラメなども掛かるのが魅力。美味しい高級魚ばかりだ!
更新: 2019-05-24 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読