MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
明確なアタリと小気味よい引きが最高!東京湾のカサゴ!!

明確なアタリと小気味よい引きが最高!東京湾のカサゴ!!

好スタートを切っている東京湾・鴨居沖のカサゴ!半日でトップ30匹前後を記録することもある。サイズも20〜25㎝のまずまずの型が主体だ。アタリが明確で小気味よい引きが楽しいカサゴ!仲間を誘って出掛けてみよう。

タックルは先調子の小物竿と小型リールの組み合わせ!

鴨居大室港「五郎丸」では、5月からカサゴ船をスタートしている。
午前、午後の一日2便態勢で出船しており、人気のメニューとなっている。

今シーズンは、まずまずの好スタートを切っており、いい日には半日でトップ30匹前後の釣果をたびたび記録している。
サイズは小型もまじるが、20〜25㎝のサイズが主体だ。

「小型が数釣れるポイントはありますが、今は型狙いでポイントを回っています。20〜25㎝のサイズが主体です」と話すのは「五郎丸」の福本清行船長。

取材当日も福本船長秘蔵のポイントを狙い、良型主体の釣果に恵まれた。また魚影も濃く、一荷で釣れてくることも数回あった。

「五郎丸」のカサゴ船は、タチウオの釣れぐあいにもよるが、だいたい7月ぐらいまで続ける予定とのこと。
小気味よい引きが楽しめ、食べても美味なカサゴ釣りに、ぜひ挑戦してみよう!

「五郎丸」のカサゴ釣りは、オモリ30号を使用する。
そのため竿は、オモリ30号に対応した先調子の小物竿がオススメ。
長さは2m前後が扱いやすいだろう。

取材当日はシマノフィールドテスターの飯田純男さんに同行していただいた。
飯田さんが当日持ち込んだ竿は、シマノ「ライトゲームCI4+ TYPE73 MH200」と「ライトゲームCI4+ TYPE64 MH190」の2本。

海底の起伏が激しく、根掛かりしやすいポイントでは、7対3調子の「ライトゲームCI4+ TYPE73 MH200」が扱いやすかったと言う飯田さん。

リールは小型両軸リール。カサゴは意外と引きが強いので、巻き上げが楽なパワータイプ(ギア比があまり高くないモデル)がおすすめ。

これに道糸としてPEラインの2号以下を200mぐらいは巻いておこう。

仕掛けは胴付き式、読みは多めに!エサはサバとコノシロ、状況で使い分けよう!

仕掛けは胴付き式の2本バリ。オモリは30号を使用

仕掛けは胴付き仕掛けの2本バリ。
「五郎丸」で用意している仕掛けは、幹糸4号、枝ス3号、丸セイゴネムリバリ13号のバランスだ。
そして、オモリは30号を使用。

後で釣り方の解説でも書くが、カサゴ釣りは海底付近を狙う。
そのため、根掛かりは付きもの。根掛かりを恐れてタナを上げては、アタリが極端に減ってしまう。

ポイントによっては根掛かりが連発することもある。
それによって仕掛けやオモリを何個もロストすることも珍しくないので、予備は多めに持参しよう。

枝スだけをロストすることもあるので、ハリスを結んだ替えバリを用意しておくと便利だ。

「五郎丸」で用意してくれるエサはサバの切り身とコノシロの切り身。
コノシロは皮が硬く、エサ持ちがいい。

取材当日、「五郎丸」で配られた付けエサはサバの切り身とコノシロの切り身だ。

付け方はサバの切り身もコノシロの切り身も同じ。切り身の端の中央部に皮側からチョン掛けにする。

へんなところにハリを刺すと、仕掛けの上げ下げでエサが回ってしまい、仕掛けにヨレが掛かってしまう。
また、海中で不自然に漂い、食いが悪くなることもあるので注意しよう。

コノシロの切り身は皮が硬く、エサもちがいいのが特徴。
そのため、ベラ、フグ、カワハギなどのエサ取りが多い状況では、コノシロエサの仕様がオススメだ。

取材当日、飯田さんはスタート時にはサバとコノシロの両方をハリに付けた。

1投目は上バリがコノシロ、下バリがサバ。
2投目は上がサバ、下がコノシロのように投入ごとに付けるハリを変えて試していた。
その結果。取材当日は「サバの方が食いがいいみたいです」と結論を出していた飯田さん。
その後はサバの切り身をメインに使用していた。

このように状況に応じてエサを使い分けるのも、アタリを出すためのコツ。いろいろ試してみよう!

海底にオモリを置くイメージで海底付近を積極的に探って、アタッたらひと呼吸おいてアワせる!

釣り方は上のイラストのとおり。

オモリが着底したら、糸フケを取り、オモリを上下させて「トーン、トーン」と海底に置いていくように探っていく。
そして、時おり大きく誘い上げる動作もおりまぜてみよう。

前述もしているが、海底付近を狙うので、根掛かりは付きものだ。
根掛かりを恐れて、オモリを浮かせた状態で待っていてはアタリが極端に減るので注意しよう。

根掛かり覚悟で、積極的に底付近を探るように狙うことがアタリを出すコツだ。

また頻繁にタナを取り直すことも忘れずにおこなおう。
タナの取り直しが根掛かり防止対策になるし、誘いにもなるのだ。

アタリは「コンコン」とか「コツコツ」とか「ブルブルッ」と明確だ。竿先にも表れ、手元にも伝わるのでわかるだろう。

アタリがあったら即アワセは避けよう。
即アワセはスッポ抜けやすいからだ。

アタリがあったらひと呼吸おいて食い込ませてから、聞きアワせるように竿を立ててハリ掛かりさせる。

取材当日はベラ、フグ、トラギスなどが掛かってくることもあった。
これらの魚は何度もエサにアタックし、しかもハリ掛かりしにくい。
これらのエサ取りがうるさいときは、一度仕掛けを回収して再度投入してリセットするのも手だ。

とにかくアタリが多く好調な鴨居沖。いろいろ試して、カサゴとの対話を楽しもう!

今シーズンは好スタート!東京湾・鴨居沖 カサゴ釣行レポート

ポイントは鴨居沖。当日は水深10m台〜20m台を狙った
鴨居沖では半日でトップ30匹前後の釣果もある

先調子気味の小物竿がオススメ
鋭敏な穂先を搭載した竿なら、エサ取りと本命のアタリが区別できる

シマノの飯田さんは、開始早々に一荷を連発させた! 

「こんなもんじゃないよ。もっと大きいのを狙ってます」と、まずまずの良型を手にした常連さん

良型のカサゴをゲット!釣ってよし、食べてよしのカサゴだ。

前半は快調ににアタリを出した飯田さん。「アタリが多いのはいいですね」と終始楽しんでいた

一荷も数回あった! 魚影が濃い証拠だ!!

小型のオニカサゴが釣れることも珍しくない! 素手で触らないように注意しよう

唐揚げ、煮付け、刺身など、カサゴはとても美味だ!

半日でこれだけ釣れれば十分! いい日には半日で30匹前後のときもある

今回、取材にご協力いただいたのは、鴨居大室港「五郎丸」

夏場の手軽な根魚釣りの代表格がカサゴだ。

とくに東京湾では、初夏になるとカサゴ狙いで出船する船宿が多くなる。

鴨居大室港「五郎丸」は、毎年、初夏になるとカサゴ船を出している。今シーズンは5月からカサゴ船をスタートさせた。

「今年は好調ですよ」と「五郎丸」の福本清行船長が話すように、好スタートを切っている。
いい日には半日でトップ30匹前後を記録することもある。サイズも20〜25㎝のまずまずの型が主体となっている。

「今日は型狙いで行きますよ」と取材時に話していた福本船長。

その言葉どおり25㎝級のサイズが多数まじったが、それよりも驚いたのが一荷が多かったこと。
鴨居沖はカサゴの魚影が濃い証拠だ。

「7月までは狙っていきますよ」という福本船長。

アタリが明確で小気味よい引きが楽しいカサゴ釣り。

手軽に楽しめるので、仲間を誘って出かけてみよう!

以上の記事は「つり丸」2016年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
新潟県寺泊沖の夏の風物詩である夜ムギイカが開幕した。釣り場は、寺泊沖水深160m前後。夜釣りのため、乗りダナは水深50m以浅であるのが特徴。手返しよく釣れば、誰にでも数釣りが可能。初夏の日本海を楽しもう!
更新: 2019-06-20 12:00:00
鹿島沖のテンヤマダイは浅場で釣れる時期に突入! 「灘のほうでは乗っ込みマダイがいますが、口を使わず乗っ込みももう終了です。今後は灘では浅場、沖のポイントが楽しくなります」と「安重丸」の安重船長。
更新: 2019-06-20 07:00:00
駿河湾・清水沖の超高級魚を狙う、中深場五目!狙いはアカムツ&クロムツだが、大本命は幻の大アラ!!10kg級が釣れることもある。海況が安定する梅雨時はベストシーズン!アカムツ、クロムツは良型が釣れる!
更新: 2019-06-19 07:00:00
6月1日、三浦半島剣崎沖のイサキ釣りが解禁した。ここのイサキのウリは、なんといってもその食味。「脂が乗って味がバツグン」と、解禁を心待ちにしているファンも多い。ジャンボサイズまじりで楽しめるぞ!
更新: 2019-06-18 12:00:00
6月から開幕している「長崎屋」のマダコ釣り。開幕から好釣果を記録しその後も好釣果を記録している。取材は開幕初日。コンスタントにアタるマダコを見て長崎船長は「しばらくは楽しめそうですよ」と話した。
更新: 2019-06-18 07:00:00
最新記事
新潟県寺泊沖の夏の風物詩である夜ムギイカが開幕した。釣り場は、寺泊沖水深160m前後。夜釣りのため、乗りダナは水深50m以浅であるのが特徴。手返しよく釣れば、誰にでも数釣りが可能。初夏の日本海を楽しもう!
更新: 2019-06-20 12:00:00
鹿島沖のテンヤマダイは浅場で釣れる時期に突入! 「灘のほうでは乗っ込みマダイがいますが、口を使わず乗っ込みももう終了です。今後は灘では浅場、沖のポイントが楽しくなります」と「安重丸」の安重船長。
更新: 2019-06-20 07:00:00
タイラバの新アクションアイテムで強烈アピール!
更新: 2019-06-19 12:00:00
駿河湾・清水沖の超高級魚を狙う、中深場五目!狙いはアカムツ&クロムツだが、大本命は幻の大アラ!!10kg級が釣れることもある。海況が安定する梅雨時はベストシーズン!アカムツ、クロムツは良型が釣れる!
更新: 2019-06-19 07:00:00
6月1日、三浦半島剣崎沖のイサキ釣りが解禁した。ここのイサキのウリは、なんといってもその食味。「脂が乗って味がバツグン」と、解禁を心待ちにしているファンも多い。ジャンボサイズまじりで楽しめるぞ!
更新: 2019-06-18 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読