MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型アカムツが釣れる!今、話題の釣り場でエサorルアーで攻略!

大型アカムツが釣れる!今、話題の釣り場でエサorルアーで攻略!

東海エリアでもっともホットな釣り物といえば、アカムツだ。ここ一年間、ほぼ周年大型アカムツが渥美半島でよく釣れている。道糸PE3号以下、胴付き仕掛けまたはスローピッチジャークジギングで攻略しよう!

中深場のジギングブーム到来がきっかけでポイント開拓!

愛知県渥美半島に位置する赤羽根港。
伊勢湾内の多くの船が外海で釣りをするポイント、いわゆる大山沖を目の前にする港だ。

ここを拠点に大型船2隻で営業している「丸万丸」は実は、ルアー船としてはかなり老舗。
鵜飼智基船長は、大のルアー好きで青物ジギングからキャスティングのシイラ、キハダまで数々の実績を残してきた。

そんな鵜飼船長が昨年春から本格的に力を入れているのが、中深海のスローピッチジャークジギングだ。

深場ジギングのブームに乗りいざ、目前の深場を攻める! といっても簡単ではない。
ターゲットを高級魚のアカムツに絞り、ノーデータの状態から探り始めたという。

「まずは、実績のあるポイントを、ということで浜名湖の沖など遠州灘のどんなところで釣れるかを学ぶために走りまくりました。いろいろとやって、昨年たどりついたのが、赤羽根港の真沖の高松海溝。どこも漁師が入ってますからね。延縄が入っているところではできません。そこで、崖をメインに攻めるようにしたんです。すると、大型のアカムツばかりヒットするようになったんです」
船中数本どころか、50本以上、100本に迫る爆釣日もあったという。

釣り方は、ルアーだけではない。胴付き仕掛けの釣り人も同時に乗せて狙っている。

「ルアーにヒットしないときもエサで食うときもありますからね。ポイント開拓時にはルアーとエサ釣りが同乗するととても役にたちます。オマツリが頻発するように思えますが、意外と大丈夫ですよ」と船長は話す。

攻める水深は、シーズンにもよるが200〜300m。丸一年間ポイント開拓して分かったことは、この水深にいるアカムツはほぼ周年釣れる、ということ。
そして、かなりの数が生息しているということ。

船長いわく、なかなかヒットしないのは、
「魚がいないわけではないんですよ。口を使わないか、やる気スイッチが入ってないだけなんですよ。底潮が一番影響しますね」という。

エサ釣りは胴付き仕掛け、2〜3本バリ

まずは、エサ釣りから説明しよう。
この海域では、エサ釣りはまだまだ発展途上。

結論から言うと、茨城県の波崎沖で行っている同じ仕掛けと釣り方で対応可能だ。

ここ渥美半島沖では狙う水深が200m以上のため、大型の乗合船では、オモリは200号を使用する。
とはいうものの、PE1号前後の細ライン使用しているルアーアングラーとの同乗も考慮すると、道糸のPEは3号が適合する。

電動リールは、この道糸が最低でも400m収納可能な中型、シマノ社製でいえば3000番、ダイワ社製は500番だ。
もちろん、道糸さえ収納可能ならもうワンランク下サイズの電動リールでもよい。

ロッドは、200号のオモリを操作可能な根魚ロッド。
穂先が硬めのものはオススメでない。

深海から伝達される小さな魚信を捉えなくてはいけないので7対3調子のものがベターだ。
長さは2m前後のショートロッドが扱いやすい。
東京湾や相模湾でいえばビシアジ竿、オニカサゴ用などが流用できる。

仕掛けは胴付き2〜3本バリ。波崎沖のものと異なるのは、ハリスと幹糸の太さ。

この深海では、細ハリスの効果を感じ取ることは少ない。
5〜6号ハリスを使用すると魚が1匹ヒットしただけでハリスがよれてしまい、ハリス切れなどのトラブルの原因になりかねない。
よれが少ない10号前後のハリスがもっとも使いやすいのだ。
ハリスが太いからといって、魚の釣れ具合にはほとんど影響はない。

エサは波崎沖と同様だ。
サバなどの切り身とホタルイカの抱き合わせでよい。
深海なので、ツボ抜きしてホタルイカのゲソのみにこだわる必要はない。

この海域で試し釣りを重ねている釣り具ショップイシグロのスタッフは、アマエビ、青や緑に染めたイカタンなどでも結果をだしているという。

捨て糸の長さも重要だ。

深海の崖を攻めることが多いので、上バリにヒットすることがしばしば。
そんなときは、魚が浮き気味である可能性が高いので、捨て糸を長め、たとえば1mであれば1.8mにするなどで対応しよう。

ハリスの長さは、50㎝前後で十分だ。長すぎは手前マツリの原因となる。

誘い動作は頻繁に!動かしすぎは魚を散らすことも

さて、誘い動作だが、こちらも波崎沖と同じだ。
ただし、水深が深いこともあり、仕掛けを動かしたつもりでも動いていないことも多い。

大事なことは、確実に海中のエサに動きをあたえ、食わす間をつくること。
そして、誘い動作は大きくでもよいが、静かに行うこと。

具体的には、誘い上げをするなら最低でも1m以上、竿の長さいっぱい動かすつもりでオーケー。

アカムツはかなり神経質なようで、環境があわないとなかなか口を使わないという。
だから、誘い動作はスローに行うことを心がけよう。

アカムツのアタリは水深200m以上深場でもかなり明確に出ることが多い。
それだけ遊泳力がある魚なのだ。

竿先にアタリが出たら、すぐにアワせるのではなく、一呼吸おいてからまずは聞き上げてみよう。

そして、手巻きでリールを巻くか中速度くらいで電動スイッチオン。
5m前後巻きあげてロッドにテンションが掛からない、つまり重くならないなら、フッキングにはいたってない可能性が高い。
再び、底ダチ取りを行う。

見事、テンションがかかり重みや引きがあったら、低速で電動巻き上げを開始。
残り100mをきってから「ガクガクガク」と魚が暴れたら、本命アカムツ率がアップする。

水面近くで必ず暴れるので、最後の暴れ時のバラシには気をつけよう。


ルアーはスローピッチ ジャークジギングで!

ルアーはスローピッチジャークジギングで攻める。

いわゆる流行のアカムツ狙いでオーケーだが、ざっとタックルを示すと、スロー専用ロッド、リールはハイギアタイプの両軸リール、シマノ社製ならオシアジガーの2000番など。

それにファイヤーラインまたはPE1.2号を600m。リーダーは5号、1〜2m。

ジグはスロー専用の300〜350g。

青物のような巻き上げで魚を掛けるのではない。
ジグをスーと1m前後跳ねないように持ち上げて、フリーまたはテンションフォールさせる。

そのレンジを30㎝前後ずつ上ダナへずらしていき、アカムツを誘うというもの。

簡単にいうとボトム付近をネチネチとリフトフォールさせているイメージだ。

たいていの場合、ジグのフォール中にアカムツがアタック。そして、フッキングするという。

興味がある人は、釣り具ショップで専用タックルをそろえてチャレンジしてみてほしい。

「丸万丸」は基本はルアー船なので、アカムツジギング初めてのアングラーも大歓迎。
智基船長が親切丁寧にレクチャーしてくれる。

1kgオーバー良型が釣れる話題の漁場 愛知県・渥美半島沖 アカムツ釣行レポート

遠州灘から伊勢湾口沖のアカムツポイントでは、アカムツ狙いのスローピッチジャークジギングが大流行中!
連日好釣果をあげている

胴付き仕掛けのエサは、身エサ(サバの切り身orソウダガツオなど)とホタルイカの抱き合わせが一番実績大だ

朝イチにエサ釣りで体長50㎝1・68㎏の今期最大のアカムツがヒット。ここでは1㎏超えの大型はザラだ

スローピッチ専用のロッドは、高弾性カーボンのため、このように竿先を下へ向けてやり取りする

エサ釣りは胴付き2〜3本バリで大型がコンスタントにヒットする

エサ釣りは胴付き2〜3本バリで大型がコンスタントにヒットする

ジギングでは、アカムツはジグのフォール中にバイトするという。
この釣り方では、ジグのほか、フックセッティングも重要だ

スローピッチジャークジギングが大流行中! 連日釣果アップ中

50㎝オーバーの大アカムツも夢ではない。ここはアカムツの宝庫だ

美味しいゲストも登場!ユメカサゴ

ゲストでヒットしたアラ!

クーラーのなかはこのとおり。おいしいユメカサゴのほか、クロムツがまじるのが特徴だ

今回、取材にご協力いただいたのは、愛知・赤羽根港「丸万釣り船」

ここ一年、東海エリアでもっともホットな釣り物といえば、アカムツだ。

関東にはなかなか情報が流れないのが現状であったが、ここ一年間、ほぼ周年大型アカムツがよく釣れている。

赤羽根港「第三丸万丸」の鵜飼智樹船長が攻めるアカムツポイントは、港の真沖、航程約1時間の高松海溝。

伊勢湾沖周辺から御前崎沖にかけては、何本も海溝がある。そのひとつで水深250〜300mの崖が智樹船長が得意とするポイントだ。

「アカムツは平坦な泥場が棲家といわれてますが、そこは延縄漁や底引き網漁の格好の漁場。
だから、ボクは漁師が漁をできない崖などをピンポイントに攻めます。
このようなところは無数にあって、とても攻めきれないほど。だから、大型が釣れるんですよ」

現在はとくに大型が釣れる時期。1㎏オーバーばかりで、小型のアカムツはほとんど釣れないという。

ここ一年、フィーバーしていたのは、スロージギングだが、オモリ200号使用の胴付き仕掛け2〜3本バリのエサ釣りも同船オーケー。

これから始まる波崎沖のアカムツタックルで臨むことが可能だ。

このアカムツ釣りは、この海域でこれからさらにブレイクすることは必至。

興味がある人は、関東圏からでも行って釣ってみる価値ありだ

以上の記事は「つり丸」2016年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
新潟県寺泊沖の夏の風物詩である夜ムギイカが開幕した。釣り場は、寺泊沖水深160m前後。夜釣りのため、乗りダナは水深50m以浅であるのが特徴。手返しよく釣れば、誰にでも数釣りが可能。初夏の日本海を楽しもう!
更新: 2019-06-20 12:00:00
鹿島沖のテンヤマダイは浅場で釣れる時期に突入! 「灘のほうでは乗っ込みマダイがいますが、口を使わず乗っ込みももう終了です。今後は灘では浅場、沖のポイントが楽しくなります」と「安重丸」の安重船長。
更新: 2019-06-20 07:00:00
駿河湾・清水沖の超高級魚を狙う、中深場五目!狙いはアカムツ&クロムツだが、大本命は幻の大アラ!!10kg級が釣れることもある。海況が安定する梅雨時はベストシーズン!アカムツ、クロムツは良型が釣れる!
更新: 2019-06-19 07:00:00
6月1日、三浦半島剣崎沖のイサキ釣りが解禁した。ここのイサキのウリは、なんといってもその食味。「脂が乗って味がバツグン」と、解禁を心待ちにしているファンも多い。ジャンボサイズまじりで楽しめるぞ!
更新: 2019-06-18 12:00:00
6月から開幕している「長崎屋」のマダコ釣り。開幕から好釣果を記録しその後も好釣果を記録している。取材は開幕初日。コンスタントにアタるマダコを見て長崎船長は「しばらくは楽しめそうですよ」と話した。
更新: 2019-06-18 07:00:00
最新記事
新潟県寺泊沖の夏の風物詩である夜ムギイカが開幕した。釣り場は、寺泊沖水深160m前後。夜釣りのため、乗りダナは水深50m以浅であるのが特徴。手返しよく釣れば、誰にでも数釣りが可能。初夏の日本海を楽しもう!
更新: 2019-06-20 12:00:00
鹿島沖のテンヤマダイは浅場で釣れる時期に突入! 「灘のほうでは乗っ込みマダイがいますが、口を使わず乗っ込みももう終了です。今後は灘では浅場、沖のポイントが楽しくなります」と「安重丸」の安重船長。
更新: 2019-06-20 07:00:00
タイラバの新アクションアイテムで強烈アピール!
更新: 2019-06-19 12:00:00
駿河湾・清水沖の超高級魚を狙う、中深場五目!狙いはアカムツ&クロムツだが、大本命は幻の大アラ!!10kg級が釣れることもある。海況が安定する梅雨時はベストシーズン!アカムツ、クロムツは良型が釣れる!
更新: 2019-06-19 07:00:00
6月1日、三浦半島剣崎沖のイサキ釣りが解禁した。ここのイサキのウリは、なんといってもその食味。「脂が乗って味がバツグン」と、解禁を心待ちにしているファンも多い。ジャンボサイズまじりで楽しめるぞ!
更新: 2019-06-18 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読