MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大爆釣も! ワラサがシーズン本番だ 剣崎沖編【東京湾口・剣崎沖】

大爆釣も! ワラサがシーズン本番だ 剣崎沖編【東京湾口・剣崎沖】

秋の訪れと共に、太り出すのは人間だけでない。剣崎沖のワラサも、秋を迎えて絶賛サイズアップ中。さぁ、食欲の秋です。丸々と肥えたところを、美味しく頂いちゃいましょう。

トップ28本の大釣りも! 4〜5㎏の大型も入ってきたぞ

好調の証、ワラサ船団の船数も多い。

エサ取りが多い日もある。イカタンも用意しよう。

さぁ、もう一息だっ!

でっぷりした胴周り。サイズアップ、重量アップしてきた剣崎沖のワラサ。引き味もアップ!

トップ28本など、爆釣の日もあるぞ。

東京湾口、剣崎沖のワラサ釣りが本格シーズンを迎えている。夏からイナワラサイズ主体の数釣りが続いていたが、秋の訪れとともに徐々にサイズもアップしてきた。3㎏オーバーの正真正銘ワラササイズも多くなってきて、これから本番! という雰囲気だ。
今年は群れの入れ替わりが早いようで、先が読めない部分もあるが、おおむね順調に釣ている。4㎏、5㎏の大型も釣れているし、大きな群れが入ってくると爆釣もある。
その「大きな群れ」が入ってきたのか、9月17日にはトップ28本、スソでも9本という大爆釣! 2㎏前後のイナワラ主体に3㎏クラスがまじるという状況だが、徐々にワラササイズの割合も多くなってきている。秋の剣崎でワラサの強い引き味を楽しもう!

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
御宿沖でイサキ釣りが爆釣で開幕!御宿沖のイサキといえば御宿岩和田港の「義丸」。解禁後初出船日は、7人中6人が定数50匹の釣れっぷり!今季もイサキはストレス発散の数釣りが楽しめそうだ。
内房・富浦沖のタイ五目が絶好調!水深35mほどの浅場で多彩な魚を狙う五目釣りで、マダイ、ハナダイ、イナダ、大アジと美味しい魚ばかり釣れ上がる。LTタックルでも十分楽しめるのでおすすめだ。
銭洲・御蔵島は4月の解禁直後から良型カンパチが回遊中。冬場でも水温が下がらずに安定しており、ゲストの定番、高級魚のウメイロが大発生。夢の大物、激うま魚が盛りだくさんの伊豆遠征釣りに行こう!
アタリが頻繁、数もまとまり、食べれば超美味!東京湾のハゼが、連日、束超えを記録!ビギナーでも20や30匹は軽く釣れる。しっかり釣り方を覚えて、江戸前のハゼを天ぷらなどで存分にいただきましょう!!
剣崎沖の広範囲のポイントでマダイ、イナダ、ワラサが好調に釣れている。どの魚種が掛かるかわからないので、仕掛けのセレクトがカギ!今回はそれぞれの仕掛け、釣り方を紹介する。秋の剣崎沖を存分に楽しもう!!
最新記事
御宿沖でイサキ釣りが爆釣で開幕!御宿沖のイサキといえば御宿岩和田港の「義丸」。解禁後初出船日は、7人中6人が定数50匹の釣れっぷり!今季もイサキはストレス発散の数釣りが楽しめそうだ。
「フィッシングショーOSAKA2020」2020年2月8日~9日に開催される。
秋から冬の東京湾では、ビッグシーバスの狙い撃ちが可能。ここではそんな魅力あふれるシーバスゲームを紹介する。コノシロパターンが中心となれば80㎝オーバーも迎撃可!大型だけに照準を合わせて展開できる!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読