MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【与那国島】日本一のカジキ漁場で自分より大きいカジキを釣る!!

【与那国島】日本一のカジキ漁場で自分より大きいカジキを釣る!!

日本最西端・与那国島は国内トップレベルのカジキ漁場。年間に1000本が水揚げされるが、少年時代からの夢を叶えるべく、一か月分の給料が飛ぶことも承知で与那国島の「瑞宝丸」を2日間一人でチャーターした!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

【与那国島】瑞宝丸カジキトローリング図解

初日はアタリなしエサの確保も苦戦

那覇経由で与那国入りし、「瑞宝丸」併営の宿に到着。島の景色と海の透明度に感激。

さっそくルアーを投げるとエソと小型バラクーダがヒット! トラウトロッドで遊ぶとじつにおもしろい。

久部良漁港にはカジキが次々に水揚げされている! 
計量後は角と尾を切り落とし、氷水に漬けて保管する。サイズは70㎏級から270㎏まで!

夜は「海響」で長命草の焼きそば&クルキンマチ(ヒメダイ)のマース煮を味わった。

初日の3月18日は7時出船。1時間半でパヤオへ到着。

エサ取りに中乗りのテツさんがエビング、筆者はジギングで苦戦するもシビ(キメジ)を確保。
弱らせないよう目通ししてトローリング開始! ドラグはカジキがエサを違和感なく飲み込むよう、滑る直前まで緩める。

「船長、シビとカツオでは、カツオの方が食うの?」

「何とも言えない。シビは長持ちするけど、カツオの方が早く曳ける」と金城和司船長。

エサが食い渋るなら、カジキはすぐ食うと思ったが、3時間パヤオ周りを曳いてもアタリなし。
他船も苦戦。エサを交換してもイルカに連続で食われて頭だけ!

夕方は港前でGT、イソマグロ、サメ狙い。マグロバリのワイヤー仕掛けに交換。
死にエサにオモリを入れて沈めると、食ったのは40㎏級のメジロザメ類。船に上げる直前にワイヤー切れ…。

二日目についにヒット! 筆者より大きい130㎏ゲット!!

19日はルアーを曳きながら沖のパヤオへ向かう(ルアーの時はドラグを強めに設定)。

エサの反応も良く、一投目からエビング、ジギング両方にヒット。
予備のエサはツナチューブに投入し、2タックルで流す。
イルカの群れが船の横でしばらく跳ねるが、エサにはイタズラしなかった。鳥山も出始めた。これは食うぞ!

9時20分、スピニングリールのドラグがジャジャジャー! 
一気にPEラインが持っていかれ、ベールを返す前に魚が跳ねて4時の方向へ走った!

「フッキングして!」

ドラグを締めてアワせたが、食い込む時間が短い。大丈夫か? 

PEが200mは出た。船で追って回収する。視界をでかい鳥が横切った。

「アホウドリだ。ウシに付いている」

ウシ? ウシシビ(200~400㎏級のクロマグロ)が、もう来ているのか!

「ウシはカジキより持久力がある。早い時期はいい値が付くよ」

このタックルに食ったら、400mなんて一瞬で持って行かれる! 

魚が下へ潜るが、やり取りを続ける。と、いきなり外れた!

「食いが浅かった」

即座にジギングでエサを取り、レバードラグタックルで再開。10時20分過ぎにエサが暴れ始めた。
もしや、とタックルを手にし、「10時30分まで様子を見よう」と、思う間もなくリールがギイイー! 
数十m送り込んでからドラグをストライク値まで上げ、冒頭の通り大アワセ!

「今度こそ獲るぞ!」

グローブを装着し、スタンディングで対峙する。
ドラグを締めていくと次第に体全体にかかる負担が増え、ハーネスを入れてもらう。
走りが止まったところで巻き取り、潜ってもリフトする。スタンディングの竿も良い具合。

喉が渇くが水を飲んで続ける。

時々、梃子でも動かなくなるほど重い引きで抵抗するが、ローギアに切り替え、少しでも巻き取る。
全身の力を使ってポンピングし、距離を詰めた。リーダーが入る。「でかい!」

背ビレが海面を切り裂き、野獣のような赤黒い魚体が現れた。
100㎏以上ある。もう少しスイベルを寄せれば、テツさんがハリスを取れる。

船ベリでこれまでない怪力で抵抗するが、ハーネスで何とか食い止め、ついにスイベルまで寄せた。

ハリスを取ったところで船長がモリを打ち、何度も突き立ててカギを掛けた。
金属バットで頭を叩いて締める。魚は激しく胴震いし、全身が青く輝いた。

3人がかりで船に上げると11時。角以外に唇回りもザラついて非常に堅い。
自分より大きな、夢の魚を仕留めた感激が少しずつ広がっていく。

撮影のため、水で冷やしながら12時20分に帰港。夢心地でシャッターを切ってもらう。
目方は130㎏。ハリは胃袋に掛かっていた。

午後も出船して60~70㎏級を2本!

13時に再出港。昨日釣ったカツオの漬け丼が激うま!

一気に体力をつけ、14時にパヤオでエサを取って再開。

何と10分後にヒット! 華麗にジャンプ! 早めにハーネスを入れた。

ん、別のカジキがいる! PEが魚体に触れたら一発で切れるため要注意。
魚は目の前で全身を見せて跳ぶ。しかし、最初の1本で感覚をつかんだため、10分で70㎏級をキャッチ。

モリを打った直後、ハリが外れた。

僚船もカジキを取り込んでいる! 昨日と大違いだ!

「海は同じ日は一日もない」と船長。

「カツオでもカジキでも、回遊魚は釣れるときに釣ることですね!」

次はスピニングタックル1本で流すと、15時40分にアタリ! 

ベールを返すとバララーッとPEが走り出す。ラインが短いため、船をバックして少しでも回収し、急加速しフッキング!

今回はギンバルだ。PE6号なので慎重にやり取りする。少し寄せたと思っても、再び跳ねながら遠ざかっていく。

魚は船に気づくと走る。巻けるときはガンガン巻き、巻けない時はロッドを肘に回してしのぐ。
角でゴンゴンとハリスを叩く感覚も伝わった。長時間のやり取りでも疲れないよう、ドラグ設定が10㎏程度なら大丈夫だ。

魚が右に行けば右、左へ行けば左と、何度も右往左往し、ドラグを徐々に締めるが、リーダーまで来たというところで再び突っ走る。
何度か寄せては走られを繰り返したが、再びリーダーを巻き込み、スイベルまで寄せてモリが入った。

16時20分、40分で60~70㎏級をキャッチ。ハリはカンヌキにしっかり掛かっていた。スピニングタックルでも獲れたことが嬉しい。

次のアタリでは、エサを追って水柱が上がったが、魚体がPEに触れて高切れ! 

すぐさま船長にリーダーを組んでもらうが、少し流してタイムアップ。
西崎灯台の前でポッパーを投げると、2投目でドパッ! 出たのは5~6㎏級キメジ。この魚で満足し、2日間の釣りを終えた。
川崎に戻っても空気が温かい。沖縄で言う「うりずん」の風は、海を越えて内地にも訪れた。

与那国島の魅力

日本最西端の与那国島は、周囲27㎞、人口1700人ほどの島だが、黒潮のど真ん中に位置するため、
海の透明度と魚影の濃さは半端ではない。釣り人とダイバーが多く訪れると聞いたが、
港の中でもツノダシやチョウチョウウオ、ニザダイやフエダイ、スズメダイの仲間など熱帯魚たちの姿が目に飛び込み、
堤防や磯も一級の釣り場だ。綺麗なビーチもあり、海底遺跡は観光船からも見ることができる。

船の手配は各船宿の他、与那国町漁協を通じても可能(基本的に仕立)。1日で6万円、半日で3万円程度。
カジキ以外にも泳がせ、ジギング、GT、深場釣りなど釣魚は多彩。半日だけ沖へ出てみるのもおもしろそう。
船が出せない時は堤防や河川内でライトゲームも楽しみたい(原付もレンタルできる)。
ルアーに反応する魚も多く、エサ釣りなら熱帯魚も釣れる。天然記念物のヨナグニウマとも牧場で遊ぶことができ、
世界最大の蛾、ヨナグニサンも「アヤミハビル館」で見学できる。「立神岩」、「西崎」なども見逃せないが、
ドラマ「Dr.コトー診療所」の舞台になった島でもある。沖釣り師にはジャン・ユンカーマン監督の記録映画
「老人と海」もお勧めだ。与那国の人々の暮らしが描かれた傑作で、与那国に興味があれば絶対に見ておきたい!

【与那国島】瑞宝丸カジキ釣果レポート

陸っぱりからルアーを投げると、小型のバラクーダがヒット

パヤオ周りではルアーにキメジがヒット

キメジをエサにして曳く

白畑さんは泳がせタックルとスピニングタックルで狙った

本誌ライターの白畑さんが仕留めた初カジキは、クロカジキの130㎏!

130㎏のクロカジキの別カット!

アワセが決まってフッキング!
やり取り開始だ!

取り込み直前のクロカジキが鮮やかなブルーに変色した!「ブリーマーリン」と呼ばれる所以だ

白畑さんは70㎏級も仕留めた!

今回、取材にご協力いただいたのは、与那国島「瑞宝丸」

自分より大きな魚を釣ってみたい! 
釣り師なら誰もが抱く夢を、最も高い確率で叶えてくれるのが日本最西端の与那国島だ。
遊漁のトローリングでカジキを釣らせるシステムが確立されている。
黒潮のど真ん中に位置し、漁協と県が設置したパヤオは7つ。エサのカツオ、シビ(キメジ)がコンスタントに釣れ、
それをエサに使うトローリングで狙うのが主流だ。

相手は小さくても70㎏前後、大きければ200㎏以上ある。激しくジャンプし、突っ走る様は壮観だ。
根ズレすることはないので、一定のテンションを保ってやり取りすれば獲れる。

PE8号を500m以上のラインキャパがあれば、スタンディング泳がせの道具でも楽しめる。
その場合はハーネスやギンバル、グローブは必携。
リーダーが太く長いため、PEラインはリールの8割程度までに留めたい。筆者はカジキ初挑戦。

初日はノーバイトだったものの、二日目には朝から魚が反応し、
130㎏のクロカジキを筆頭にアタリ5回で3本キャッチという釣果に驚愕。1本はスピニングタックルでキャッチした。

与那国のクロカジキは、那覇や熊本、富山などに出荷されるが、刺身や昆布締め、唐揚げなどが美味。
与那国は日本一カジキの魚影が濃く、遠征する価値が十二分にある!

以上の記事は「つり丸」2019年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
城ケ島沖〜沖ノ瀬でクロムツ&アカムツが好調!この時期は高確率でダイヤをゲットできる。黒から赤の夢のダイヤリレー!今シーズンもダイヤはザクザクだ!!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル