MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾・久里浜沖で乗っ込みマダイ!数釣りも大型も期待できる!

東京湾・久里浜沖で乗っ込みマダイ!数釣りも大型も期待できる!

久里浜沖は剣崎沖に肩を並べる乗っ込みポイント。4月前半時点では、まだ本格化とは言えないが、ポツポツと乗っ込みカラーの黒ずんだ個体がまじっている。シーズンはこれから!爆発的な食いで数釣り&大型を期待だ!

4月中旬以降に乗っ込み本格化か?!シーズン到来!!

久里浜沖は今や剣崎沖に肩を並べる乗っ込みポイント。
4月前半の時点では、まだ本格化しているとは言えないが、ポツポツと乗っ込みカラーの黒ずんだ個体がまじっている。

今回の取材では久里浜港「平作丸」で敢行。
最大は1.5㎏級だったが、トップは8枚。全員が型を見る好釣果を記録した。

当日狙った久里浜沖の水深は55m前後。

「平作丸」の北島秀司船長によると、今後はもっと浅い場所でも釣れる釣れる見込みだという。

乗っ込みの本格化は、4月中旬頃からそれ以降になると思われるが、これから良型や大型マダイのヒットが増えてくるだろう。

また久里浜沖はスイッチが入ると、その爆発力が凄いのが特徴であり魅力。

全員が型を見ることも珍しくなければ、トップがツ抜けをすることもしばしばだ。

1つのポンと上で船を止め、じっくり狙う!状況変化に注意しよう!

久里浜沖でマダイを狙う多くの船が、一つのポイント上に船を止め、流し替えることをせずに長い時間をかけてじっくり狙うスタイルをとっている。
状況によっては、一つのポイントで一度も流し替えることなく一日を終了することもあるのだ。
これは船を少し流すと、水深が大きく変化してしまうからだ。

船を流し替えるように狙うと、投入時間がわずかで、何度も何度も流し替える必要がでてくるのだ。
ひとつのポイントを流し替えずに長時間狙うと、状況の変化がわかりやすいので、エサ取りの有無、潮の速さなどの変化には敏感になろう。

エサ取りがいなくなったときは、食い気がある本命が船に近づいている可能性大。
また潮の流れが変わる直前直後は、マダイの食いがたつチャンスタイムになりやすい。

また潮が澄んだときにはウマヅラハギに加えてフグ類の動きが活発になり、エサを取る。
とくに近年はフグが多くなり、エサを取るどころかハリスをかじったりしてハリを取っていく。

エサ取り被害が多いときは、コマセの出を抑えるだけでなく、仕掛けのアクセサリー類を外すなどして対応しよう。

久里浜沖は東京湾口に位置し、大潮周りなどは潮が流れ始めるととくに速くなる。

そんな状況では仕掛けが浮き上がりやすいので、浮き上がりを抑えるためにガン玉を用意しておくといいだろう。
ガン玉は簡単に取り外しができるので、とても便利だ。

食いだした時の爆発力はピカイチ!東京湾・久里浜沖 乗っ込みマダイ釣行レポート

久里浜沖のコマセマダイは、ポイント上に船を止めて流し替えることをせず、じっくりと狙う!

ポイントの水深は55m前後。
タナは海面下45m前後だった

久里浜沖もいよいよ乗っ込みシーズン! 永井名人も良型を釣り上げた!

取り込みはタモで確実に!

きれいなマダイをゲット!

「平作丸」ではFLサイズ80号のビシを使用する

付けエサはオキアミ

潮が速い時は糸が斜めに海中に入る

なんと2本バリ仕掛けに一荷だった!

常連さんは着実に数を伸ばした!

当日は、このサイズが多かった

全員が本命の型を釣り上げた!

永井名人は、この日8枚でトップ!

イナダもヒット!

ゲストのイナダはトップ5本前後の時もある

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久里浜「平作丸」

久里浜沖もいよいよ乗っ込みシーズン。

マダイのスイッチが入ると爆発的な食いをみせるのが魅力だ。

今回取材で乗船したのは久里浜港「平作丸」。

3月後半に乗船したが、その時点では、まだ乗っ込みは本格化していない状況。
それでもチャンスタイムになると活発にアタり、全員が型を見た。
トップは永井名人が8枚、次頭は7枚が二人だった。

当日はキロ前後の型が多かったが、なかには黒ずんだ個体もまじっていた。

4月中旬以降は大型や良型がまじり、乗っ込みが本格化していることが期待される。

 「平作丸」もそうだが、久里浜沖を狙う船の多くが、一つのポイント上に船を止めて長時間狙う。

一つのポイントをずっと狙うと状況変化がわかりやすい。
その変化の前後がチャンスタイムになりやすいので、つねに状況変化には敏感になろう!

以上の記事は「つり丸」2019年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
毎年ファンをヒートアップさせる相模湾のカツオ・キハダ。今年は両魚ともにサイズが良く、カツオは5㎏オーバーを狙え、キハダは30㎏超級が連発し例年以上に釣り人を熱くさせている。今後も、まだまだ数多くのドラマが待っているはずだ。
更新: 2019-09-22 07:00:00
秋の気配が感じられる頃に始まる東京湾口のアマダイ。久比里の「巳之助丸」では、8月20日から乗合を開始し、好釣果が続いている。22日にはトップ10匹、23日にはトップ15匹と数が出たうえ50㎝を越える特大サイズが3本出た日も。
更新: 2019-09-21 07:21:41
東京湾のLTアジは年中狙える超優良ターゲットだ。現在、大きなムラもなく安定して好調が続いている。20cmクラスの良型を上目のタナで勝負!基本を押さえれば誰でも数釣りできる。そんなLTアジのタックルセレクト&基本の釣り方を解説。
更新: 2019-09-19 07:00:00
南房のオニカサゴが好調キープ! 冬の釣り物と思われがちだが、じつは周年狙うことのできるターゲットだ。「1kg級主体に、浅場でいい感じに釣れています。潮次第で数釣りも期待できますよ」と話してくれたのは、相浜港「安田丸」安田智浩船長。
更新: 2019-09-18 07:00:00
日帰りの遠征大物&高級五目釣りの聖地・銭洲では、いま泳がせ釣りでカンパチが激アツだ。この時期のエサはチビムロと呼ばれる小型のムロアジ。秋の銭洲は大型にも期待が高まる。銭洲の泳がせ釣りはこれからが絶好機だ!
更新: 2019-09-17 08:07:47
最新記事
毎年ファンをヒートアップさせる相模湾のカツオ・キハダ。今年は両魚ともにサイズが良く、カツオは5㎏オーバーを狙え、キハダは30㎏超級が連発し例年以上に釣り人を熱くさせている。今後も、まだまだ数多くのドラマが待っているはずだ。
更新: 2019-09-22 07:00:00
秋の気配が感じられる頃に始まる東京湾口のアマダイ。久比里の「巳之助丸」では、8月20日から乗合を開始し、好釣果が続いている。22日にはトップ10匹、23日にはトップ15匹と数が出たうえ50㎝を越える特大サイズが3本出た日も。
更新: 2019-09-21 07:21:41
釣った魚をイケスで生かすためのエア抜きニードル「ABUエアー抜き ピンオンリール付き」
更新: 2019-09-20 13:26:01
★動画★料理編「アジ釣り女子会」私を釣り~に連れてって!! 沖釣り専門誌「つり丸」と日本最古のスポーツ紙「日刊スポーツ」の共同企画!参加者を募集します(女子限定)。9月27日(金)出船!事前に太田屋さんに電話で予約を入れてくださいね。
更新: 2019-09-20 07:00:00
東京湾のLTアジは年中狙える超優良ターゲットだ。現在、大きなムラもなく安定して好調が続いている。20cmクラスの良型を上目のタナで勝負!基本を押さえれば誰でも数釣りできる。そんなLTアジのタックルセレクト&基本の釣り方を解説。
更新: 2019-09-19 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読