MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【東伊豆】大物と高級五目のコラボ!! シマアジ&イサキ五目

【東伊豆】大物と高級五目のコラボ!! シマアジ&イサキ五目

欲張り派のアングラーはもちろん、グルメ志向の釣り師や大物師たちが大注目! 良型のシマアジ&イサキをメインに、マダイ、カンパチ、イシダイなどの高級魚を狙う静岡県網代南沖の遠征五目釣りが今期も開幕。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

魚たちの活性が上がる 18度台の海水温で開幕!!

静岡県網代南沖の遠征五目釣りが今期も開幕! 
良型のシマアジ&イサキをメインに、マダイ、カンパチ、イシダイ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく。
初日にレギュラーサイズのシマアジの他、いきなり3.2㎏のマダイや3㎏近くのフエフキダイが浮上するなど、
好スタートを切ったので釣り方などを紹介していこうと思う。

「当地は、遠征とはいえビギナーでもカンタンにエントリーできるエリアで、誰にでも大型&高級五目のチャンスがあるからさ」と話してくれたのが、今回、取材で訪れた網代港「ゆたか丸」の船長・森野孝さんで、当ページのナビゲーター役を務めてもらった人物だ。

ビギナーでも楽しめる理由は、後々話していくことにして、まずは状況を把握してもらおう。

「好調の最大の要因は、例年に比べて海水温が高いことが挙げられるよね。すでに魚たちの活性が上がる18度台後半をキープしているからさ。本来ならゴールデンウィーク辺りから急上昇するカンパチやヒラマサの回遊も早いと思うよ」とのこと。

ではさっそく、それらを迎撃するタックルなどを紹介しよう。

タックルはワラサ用、もしくはマダイでOK

最近はタイラバやジグなどを持参して(船長の許可を得て)五目釣りを楽しむアングラーもいるが、
通常はコマセ釣りでさまざまな魚に挑んでいる。

タックルは、ひと昔前までは、それこそ遠征専用の骨太タイプが必要だったが、
近年はカーボンの台頭など素材の進化もあり、ワラサ用、もしくはマダイタックルで楽しめるようになった。

「80号ビシが背負える6対4調子くらいのロッドなら、ゲームロッドでも楽しめるよね。狙う水深も40〜60mがメインで、それこそ近海のマダイやワラサなどを釣る感覚で楽しめるからさ」と孝船長は語る。

こんな所も、ビギナーがチャレンジしやすいポイントとなっているのだ。
リールはPE4〜6号を300m巻いた中型電動が一般的。
シマアジを狙う場合はテンポよく仕掛けを打ち返すし、イサキの活性が上がった時も手返し勝負となるからだ。
使用するビシは、L80号ならプラビシ、ステンカンのどちらでもOK。
クッションゴムは、使用するハリスの太さで変えるが、6号までなら直系2㎜×1mで流用が効く。

オールマイティな仕掛けは、4号6mの3本バリ。これが長年の経験で船長が出した答えだ。
「これでシマアジからイサキまで狙えるけど、絞り込んで狙うなら仕掛け図に描いた通りになるので参考にして」とのこと。

入門にも最適! 意外と身体が楽なプチ遠征釣行

初心者だから遠征釣りは、まだちょっと…と引いてしまうのは、実にもったいない話。
準備は、通常のコマセ釣りに行くのに、ちょっとした着替えをプラスするだけでOK。
それで高級五目釣りがとても簡単に楽しめるのが南沖の遠征釣りの売りなのだ。

「ベッドを乗船人数分、用意。行きは3時間、帰りは2時間程度、ぐっすり眠れるので意外と身体が楽と言ってもらえるよね。出船時間はちょっと早くなるけどさ」と船長。

真水の水道が使えるのはもちろん、電子レンジやお湯などのアメニティも大充実。
3時間近くの行きの睡眠は、その後の釣りにパワーをもたらすし、帰りの仮眠も、実にありがたい。
眠たい目をこすりながら帰路に就くことがないのは安全面でも助かるのだ。

ちなみに遠征釣りの流れを紹介すると、通常は朝イチにシマアジを迎撃。
その後、潮具合を見ながらイサキのポイントに入り、お土産を確保しながら高級五目釣りに移行。
最後にもう一度、シマアジを狙うパターンでお客さんを案内している。
では、それぞれの釣り方に入ろう。

釣り方は、上からタナを取る一般的なコマセ釣り

基本となる釣り方は、シマアジもイサキを含む高級五目も上から(海面)のタナ取りが多い「ゆたか丸」。

「ポイントは、根周りを中心に、その際や根続きの筋、ちょっとしたカケアガリなどを潮具合と反応を見て流すことが多いよね」とのこと。

ちなみに、お土産が確実に獲れるイサキを例に挙げた基本釣法(投入と取り込み法を含め)は、図解通りとなる。

ご存知のように、イサキはピラミッド型で群れを形成し、そのトップに行く程、大型になる。
ゆえに船長は、そのトップ寄りの深さをタナとして指示するので、
最初はその指示ダナよりハリス分+1〜2m余分にビシを落とし込んで(ボトム寄りの高級魚を意識)、

コマセを2〜3回に分けて振り出しながらタナまでビシを持っていこう。
これでコマセに連れられた高級魚まじりのイサキ釣りが楽しめるのだ。

なお、潮が速い場合は、落とし込むビシの深さを浅くして対応することを教えておこう。

シマアジ狙いは、小刻みなコマセワークでテンポよく

コマセへの反応がすこぶる良いシマアジは、その特性を利用したコマセワークで仕留めるのが最良だと船長は言う。

「ショートレンジの細かい振り出しで、リズミカルに竿先をシュッと50㎝程、跳ね上げ、ピタッと止める。そしてリールのハンドルを1〜2回転回しながらストンと竿先を海面側に戻し、再度、シュッ、ピタッ、ストンのリズムでコマセをまくイメージかな。コマセを追わせて、その勢いで付けエサまで食わせたいからね」。

比較的タナはボトム寄りが多く、〇〇mまでシャクってと言うことが多いと船長は続けた。
攻略図を見てイメトレを開始。実戦でできるようにして、シマアジをガンガン仕留めよう!

最後に、イサキの追い食い法を伝授しておこう。
「遠征先のイサキはスレていないので、アタリがあった場所で、そのまま待つのも良いんだけど、やっぱり大型が欲しいでしょ。なら、ピラミッドを思い返し、タナを1m刻みで上げて、さらに大きなイサキとの出会いに期待しよう」と船長が教えてくれたので、実践しましょう!

【東伊豆・網代南沖】コマメに探って、ヒット連発!! シマアジ&イサキ五目釣果レポート

南沖遠征の最大の特徴は、近場のワラサ、もしくはマダイ釣りに出掛けるタックルで楽しめる所にある
ちなみにPEは4〜6号だ

タックルはマダイ用でOK。仕掛けはハリス4号6m3本バリが基本

多点掛け連発! 良型イサキのお土産は堅い!!

イサキは、どのポイントも反応バッチリ!!

イサキは、ダブル&トリプルヒットが連発

プロポーション抜群のイサキ

多点掛けのイサキを抜き上げる時は、エダスの結び目を持ってイッキに抜き上げること。
躊躇すると船べりに当たるなどでミスするので要注意だ

釣れるイサキのサイズは25〜30㎝クラスが中心で、狙う水深は40〜60mがメイン。
ちなみに釣り方などは、この後にある特集ページで詳しく解説しているが、キモはコマメにやり替えることと船長は言う

マダイの豪快な走りを、ロッドの弾力を活かしてこらえ、さらに締め揚げる!軍配はアングラーにあがった!!

ナイスサイズのマダイだ

シマアジは、食べごろサイズの1〜1.5㎏がアベレージ

「シマアジは3㎏クラスまでが結構まじるんだけどね。今日は小型でゴメン」と常連さん。
うっぷんを晴らすように五目釣りでクーラーを満タンにした

キロオーバーのマダイ

激ウマのイシガキダイをキャッチ!

食べておいしい人気のアカハタもいる

こちらはタカベ

ナイスボディーのオナガメジナ

マアジの一荷

カサゴ

でっぷりボディーのアカハタ

高級ゲストのメイチダイ

オニカサゴも釣れた!

これぞ南沖のポテンシャル!
遠征ならではの高級魚がいたるところでヒットする。
こちらはアヤメカサゴ

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・網代港「ゆたか丸」

ベッド完備で熟睡できる「ゆたか丸」。ポイントまで2時間強掛かるが疲れ知らずだ

良型のシマアジ&イサキをメインにマダイやカンパチ、イシダイ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく!

大物志向はもちろん、グルメ派アングラーたちも目を輝かせて注目する網代南沖の遠征五目釣りが、今期も開幕。
さっそく、その様子を伺ってきた。

「例年、開幕直後は海水温が16度前後と低く、どの魚も本来の食いを見せないんだけど、今期はすでに18度台をキープしててさ。初日に3.2㎏のマダイや良型のフエフキダイが上がったように、すでに食い気のスイッチが入ってるようなんで、今日も期待しちゃうよね」と出船前に状況を語ってくれたのが、遠征釣りを得意としている網代港「ゆたか丸」の森野孝船長だ。

通常は朝いちにシマアジを迎撃。
その後、潮具合を見ながらイサキのポイントでお土産を確保しながら高級五目釣りに移行して、
最後に再度シマアジを狙うパターンでお客さんを案内している。

当日は、良型のシマアジこそ仕留められなかった(アタリはあったが痛恨のバラシ…)が小型はキャッチ、
その他は順調に釣れ、どのクーラーも満タン状態となった。

「遠征って言うと、タックルの準備も大掛かりだと思われがちだけど、南沖はその入門コースみたいな感じで、マダイ釣りの延長(タックルの流用も効く)と気軽に考えてもらって良いからさ」と船長。

幸先良く開幕したこの釣りに、軽い気持ちで参加して高級魚をゲットだ!!

以上の記事は「つり丸」2019年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル