MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
激ウマなターゲット!深場のアカムツ ロングランシーズン開幕!

激ウマなターゲット!深場のアカムツ ロングランシーズン開幕!

ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。

アカムツは回遊魚!江見沖はほぼ周年楽しめる

房総半島沖の水深200〜300mの泥場にはどこにでも生息しているかもしれないアカムツ。
個体数が少なく貴重な高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツだが、実は回遊魚。
ブリなどの青物のように中層を泳ぐ魚ではないがボトム付近を1日の間にかなり移動すると考えられている。

そんなアカムツに目をつけたのが、南房・江見太夫埼「渡辺丸」の渡辺英雄船長だ。
都内での勤めをやめ実家の家業を継ぎ、真っ先に釣り物に取り入れたのがこのアカムツだったという。

「この周辺のアカムツというと昔から鴨川海溝のポイントが有名でして。
江見沖は毎年、秋のいっときですかね、いわゆる乗っ込みのアカムツを水深160m前後で釣っていたぐらいでした。
そこに波崎で腕を鳴らしていたいわゆるアカムツ名人の人たちが私のところへ来て、シーズンオフにもアカムツをやってよ!と話をもちかけられたんです。
断る理由もないのでやってみたら大当たり。やり初めのときは釣れる釣れる。
最近にぎわっていた犬吠埼沖のアカムツのように爆釣でしたよ」とアカムツ専門船になるまでの経緯を話してくれた。

周年釣れる江見沖の深場アカムツだが、すべてがシーズンではない。
コンスタントに釣れるのは4月〜12月で、とくに春と秋がピークになるという。

「4月はロングランシーズンの開幕月ですかね。5月はもっと大型が釣れるようになります」という。

「このアカムツは1日の動きは、朝のうち浅場にいてだんだんと深場へ移動してます。
1年を通してみると、群れで西から北上しているようなんです。産卵を終えると北から西へ移動。
そのまとまった群れの動きを把握することによって、コンスタントに釣れるようになりましたよ。
秋にまとまって釣れるのは乗っ込みのため群れが固まりやすいから。昔はそれだけを釣っていたわけですよ。
普段の水深は250mがベース。そこを軸にして群れが浅いところか深いところにいるかどうかを見極めます」

タックルは昔に比べてライトになって、誰でも楽しめるぞ

水深200mの沖釣りとなるとひと昔前だと、道具はヘビーで高価。
どちらかといえばマニアックで特種な釣りと多くの人に思われていたが、道具の進化により、普段使い慣れている道具で水深300m台まで気軽に狙えるようになった。

現場に連れていってくれる船の船長たちの協力もあり急速に深場のライト化が広まっている。
「渡辺丸」のその流れにのった船宿。ここの基本タックルの概要はこうだ。

●竿とリール

竿は2m前後のオモリ200号で背負えるもの、8対2または7対3調子のもの。
具体的には東京湾のビシアジ竿やオニカサゴなどの中深場系が流用できる。

リールはPE4号が最低400m巻ける中型電動リール。
シマノ社製なら3000番、ダイワ社製なら500番がオススメだが、道糸の条件を満たすようならワンランク下のサイズでもオーケーだ。

●仕掛けは胴付き2〜3本バリ

仕掛けは胴付き2〜3本バリ。
市販のものが多く販売されているのでそれを活用するとよい。
自作するなら、幹糸8号枝間1m、ハリス5〜6号40㎝、ステ糸6号1.2〜1.5m。

ハリはホタ17号、ムツ18号。
これにアピールアイテムを好みで加える。オモリは200号だ。

●エサはサバの切り身とホタルイカゲソ

エサは近年定番のサバの切り身とホタルイカを壷抜きしたホタルイカゲソの組み合わせでオーケー。
サバはたいてい現場で釣れるので、とくに持参する必要はない。

このようにアカムツタックルはトータルで見ても意外にシンプル。
そして、全くこの釣りが初めてという人には、「渡辺丸」では、レンタルタックルがある。

ビギナーでも安心してエントリーで可能だ。

釣り方は簡単!オモリを底に着けてアタリを待つ!疑いがある時は巻き上げてみる

釣り方は簡単だ。

エサを付けて仕掛けを海中へ投入したら、“オモリを底に着けたままの状態でアタリを待つ”のみ。

ちょっと知識のある人だと、タルマセ釣りか! と思うだろがそうではなく、
専門用語で言うなら「ゼロテンションでアタリを待つ」だろう。

アタリが出なければ、もしくは魚が掛かっているかどうかもよく分からないなら、リールをテンションが張るまでまきそこから竿の長さ分、竿を聞き上げる。
オモリが浮いているかどうかもよく分からなければ、そこから5mほどまきあげ、再度底ダチをとり糸フケをとったのを確認してから、オモリを底に着けたままでアタリを待つ。

この動作を繰り返すだけだ。

この深場のアカムツ釣りの肝は、オモリを底に着けたままでアタリを待つこと。
これさえ理解できれば、誰にでもアカムツゲットのチャンスがある。

さて、アタリは意外と小さいと思われるだろうが、けっこう明確に出る。
それがサバなのか、ユメカサゴなのか、サメなのか、本命なのか?

慣れてくるとある程度の魚種の判別ができるが、とにかくヒットしたかもしれないと思ったら手持ち竿で巻き上げてみよう。

水深150mくらいまでは、中速度くらいで巻き上げ、それ以降は少し速度を落として巻き上げることをこころがけよう。
こうすることで、バレが少なくなる。

慣れない人は置き竿にしたまま電動で巻き上げてもよいが、この場合、巻き上げスピードはスロー気味が基本。
いずれもバラシ防止のためだ。

本命アカムツがヒットしていると残り水深100mあたりからガツガツガツガツと頭を振るような強い引きがある。
これが水面直下まで数回繰り広げられる。

バレはこのときによくおきるので手持ち竿のやり取りが基本なのだ。

サバやサメをいかに交わすことが出来るかが釣果を左右

さて、このフィールドの特徴ともいえるのが、サバとサメの多さだ。ある程度経験がある人は、サバとサメの対策をすることで釣果アップが期待できる。

まずはサバ対策。

1、ハリ数を少なくする
  3本バリ使用なら迷わず2本バリ仕掛けにしよう。
  こうすることでフォール中にサバに掴まりにくくなる。 

2、光り物、フロート系を外す
  サバ対策には定番の目立つもの、光り物やフロートアイテムなどをあらかじめ外しておく方法。
  サバが多すぎるときは中オモリも外す

3、投入時、竿を垂直にする
  イカ釣りで頻繁に行われる方法だが、竿先を海面に向け垂直状態にすることで、
  フォール中の仕掛けのイレギュラーアクションが抑えられサバに掴まりにくくなる 

4、オモリを重くする
  船長の許可が必要だが、オマツリの要因にならない前提なら、
  オモリを重くしてサバに掴まりにくくさせることが可能

次にサメ対策。

中層で待ち構える大型サメには太刀打ちできないが、ベタ底に多いツノザメはある程度の対応で交わすことが可能だ。

1、ステ糸を長くする
  ステ糸を長くすることでボトム付近のツノザメのヒットを避けることができる。
  たとえば、ステ糸の長さが1mであれば1.5〜2mにするなど。
  これでもサメがよくヒットする場合、思いきってオモリを1mほど底からあげてアタリを待ってもよい

2、エサを小さくする
  アピール力のある大きなエサにサメは反応するので
  付けエサのシルエットを小さくすることでサメのバイトを少なくすることができる

3、ステ糸を太くする
  ツノザメのツノの接触により一番切れやすいのはステ糸。
  高価なオモリがなくしたくないのは全員共通の思い。
  ステ糸をフロロの10〜12号にするだけでもオモリのサメによるロストを軽減させることが可能だ

4、予備のハリとハリスは多めの用意
  当然のことながらサメが多く掛かるときはハリスとハリの消耗は多くなる。
  予備は多めに用意しておこう。また、サメが原因の道糸の高切れもあるので、予備のリールは必ず持参したい


以上駆け足で深場アカムツの基本を解説したが、水深が深いといっても特別なことはないことがお分かりいただけただろうか。
ぜひ、アカムツ経験者も未経験者も気軽に深場アカムツにトライしてほしい。
激ウマな味に出会えるぞ!!

水深250m深場の南房・江見沖 アカムツ釣行レポート

江見沖水深250m前後がポイント。ここまでは港から遠くない

終始誘い動作を繰り返す泊名人。「ボトム付近の仕掛けの動きをイメージしながら誘いをかけるんだ」と話す。
水深250mでも手持ち竿での操作が基本だ

「渡辺丸」はビギナー乗船大歓迎!
レンタルタックルでこの通り!!

アカムツ名人の泊政彦さんは期待どおりレギュラーサイズを順調に釣り上げる。

水深250mの海底から浮上した深海のルビーアカムツ。
今期の春の個体はナイスボディで丸々としている

エサは船で配られるホタルイカの肝付きゲソとサバの切り身の組み合わせで十分。サバは現場で釣れる

良型ゲット! 身厚のナイスボディ
食べるととてもおいしい!

こんなサイズを6本も釣れば十分。誘いが合うとコンスタントに釣れる

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・江見太夫崎「渡辺丸」

ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4月〜12月。
そのロングランシーズンが開幕した。

なんといってもここの魅力は、水深250m前後のポイントが近いことと、深場アカムツの特徴でもある良型が多いこと。

今期は50‌㎝級はまだ出ていないが40‌㎝前後のでっぷりとした脂たっぷりの個体が数釣れている。
一人3匹釣れれば御の字の魚だが、いいときは半日でツ抜けに迫る勢いだという。

「アカムツはかなり移動する回遊魚です。
その動きをある程度把握してますので周年狙うことが可能です。
最近も数を伸ばす人は誘ってますね。毎日ヒットパターンが異なりますので、コレっていう誘いはないですが、
サバやサメを交わすテクニックをもつ人が数を伸ばせるようです」とは、江見太夫崎「渡辺丸」の渡辺英雄船長の話。

「南房のアカムツはベテラン向きのようなイメージがあるようですが、けしてそんなことはありません。
うちはレンタルタックルがありますから、この釣りが初めての方でもしっかりと釣って帰ってますよ。
どなたでも気軽にチャレンジしてみてください」と船長が話すように、意外と敷居が低いのがうれしい。

使用する道糸はPE4号。
最低でも400m収納してある中型電動リールを使おう!!

以上の記事は「つり丸」2019年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
勝浦沖の浅場の根魚がおもしろい!「初栄丸」は、この時期、浅場のカサゴ・メバルで出船している。釣れる魚は良型のカサゴ、メバル主体にマハタ、アカハタ、ヒラメなども掛かるのが魅力。美味しい高級魚ばかりだ!
更新: 2019-05-24 07:00:00
最新記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読