MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
好釣! ワラサがシーズン本番だ 初島周り編【東伊豆・初島周り】

好釣! ワラサがシーズン本番だ 初島周り編【東伊豆・初島周り】

初島沖に待望のワラサが回遊してきたのはお盆過ぎだった。伊東港の「三好丸」では午前、午後の乗合船で出船し、連日の好釣果が続いている。

竿を根元から曲げる青物の引きを楽しもう!

東伊豆の一級ワラサポイント初島周りでワラサが釣れている。8月下旬にはトップ26本も!

この光景もワラサならでは。青物の引きを楽しもう。

東伊豆もイナワラが多かったが、秋のおとずれとともにサイズアップ。

冬場になるとブリも回遊する初島周り。これからどんどんサイズアップ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・伊東港「三好丸」。

回遊当初は当地でハナジロと呼ばれる1.5〜2㎏のサイズが多かったが、秋の到来とともにサイズもアップし、3㎏オーバーのワラサも多くまじるようになってきた。8月24日にはトップ26本の大釣りを記録、今年は魚影が濃さそうだ。
「まだ小ぶりのサイズがまじっていますが、涼しくなってくれば良型も楽しみです」と三好研吾船長は話す。
ポイントは初島周りの水深40〜50m。現在は初島西側と北側の2ヵ所が主なポイントだ。コマセが効きはじめると、船団のあちこちで竿が曲ってタモが入るのがワラサ釣りの光景。その引きは強烈で、竿が根本から曲がる釣趣は青物ならではの面白さだ。太いハリスを使って、存分にワラサとのやりとりを楽しもう。

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
日帰りの遠征大物&高級五目釣りの聖地・銭洲では、いま泳がせ釣りでカンパチが激アツだ。この時期のエサはチビムロと呼ばれる小型のムロアジ。秋の銭洲は大型にも期待が高まる。銭洲の泳がせ釣りはこれからが絶好機だ!
更新: 2019-09-17 08:07:47
アングラーズアイドル2020 第11代 アングラーズアイドルオーディション10月13日まで参加者募集中
更新: 2019-09-16 12:00:00
部分解禁している片貝沖のヒラメが好スタートを切っている。2、3㎏の良型まじりで、アタリも多い。9月の部分解禁で釣り場拡大、10月には全面解禁で今以上に期待が高まる!今後がますます楽しみだ!
更新: 2019-09-15 07:00:00
相模湾、秋の「青物」釣りはキハダのブレイクで、影が薄いが、どっこいイナダも元気いっぱい!バツグンな引きで楽しませてくれている。イナダ乗合で出船している片瀬港「島きち丸」では8月中にトップ80匹といった大釣りも記録。今後も楽しみだ。
更新: 2019-09-15 08:56:22
駿河湾・由比沖で手軽に深海の至宝「ルビーレッド」ことアカムツを釣らせてくれるのが由比港「龍神丸」。由比は港を出てすぐがドン深のアカムツポイント。タックルも比較的ライトなものでOK。だれでも簡単にルビーレッドを手にできる場所だ。
更新: 2019-09-15 06:17:19
最新記事
日帰りの遠征大物&高級五目釣りの聖地・銭洲では、いま泳がせ釣りでカンパチが激アツだ。この時期のエサはチビムロと呼ばれる小型のムロアジ。秋の銭洲は大型にも期待が高まる。銭洲の泳がせ釣りはこれからが絶好機だ!
更新: 2019-09-17 08:07:47
アングラーズアイドル2020 第11代 アングラーズアイドルオーディション10月13日まで参加者募集中
更新: 2019-09-16 12:00:00
東京湾を舞台に展開されるボートからのクロダイ落とし込み釣り。その中で、周年を通して疑似餌を使った釣りを楽しませくれる船がある。新山下の「フネクロ」がおすすめしている「ジョイントキャンディー」を使った釣りが、それだ。
更新: 2019-09-16 07:00:00
「第18回 カワハギ釣り大会 上州屋&TORAY Cup」(主催:上州屋)が10月6日(日)に神奈川県横須賀市久比里で開催される。
更新: 2019-09-15 12:00:00
部分解禁している片貝沖のヒラメが好スタートを切っている。2、3㎏の良型まじりで、アタリも多い。9月の部分解禁で釣り場拡大、10月には全面解禁で今以上に期待が高まる!今後がますます楽しみだ!
更新: 2019-09-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読