MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
シーズン終盤戦も好調なクロメバル! 東京湾でナイトゲーム

シーズン終盤戦も好調なクロメバル! 東京湾でナイトゲーム

春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

多彩なルアーゲームを展開する長浦港の老舗「こなや」クロメバル釣果レポート

片舷に並んで岸壁や桟橋の脚に向かってキャストしていくのが基本スタイル

タックル談議が盛り上がる。先調子、胴調子、メバルロッドもさまざま。好みで選べる時代だ

選択に迷うほど、メバル用のソフトルアーの種類は多い

小気味よくロッドを絞ってくれる。メバルは姿形に似合わず、思いのほかファイターだ

取材日のレギュラーサイズ。20㎝弱といったところだろうか

ロッドを立てて表層をスローにリトリーブ。ヒットレンジを丁寧に探るのがキモだ

ダブルヒット! 釣れているときに手返しよく釣る。これが数を伸ばす秘訣でもある

後半は強風&大雨に…。できるだけ穏やかな日を選んでの釣行をおすすめする

取材日の最大魚。25cmに届くかどうかとったところ。もちろん、もっとビッグサイズも期待できる

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・長浦港「こなや」

春告魚、メバルが活況だ。
「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多い感じですね。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝くらいまでならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤通孝船長。

エサ釣りでもメバルを狙う同船だが、この時期はソフトルアーを使ったキャスティングゲームがメイン。
日並みによっては40匹超の釣果を記録している、というから期待十分での出船となった。

取材日の出船は17時半。明るさが残るうちはアタリが遠かったが、暗くなってからは順調にヒット! 
型こそレギュラーサイズが主体だが、キャストごとにヒットする場面もあった。

しかし、予報に反した向きの強風に加え、次第に雨足が強くなり…。
ポイントが限定されたことに加え、アタリも取りづらくなり、後半戦は苦戦する展開になってしまった。

それでもトップは23匹を記録。堅調ぶりを確認できた釣行となった。
相手がメバル、しかもライトなキャステインングゲームだけに荒天は大敵。
穏やかな日を選んで出掛けることが出来れば釣果は堅い、はず。

「こなや」のソフトルアー船は終盤戦。早めの釣行をおすすめする。

以上の記事は「つり丸」2019年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル