MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
シーズン終盤戦も好調なクロメバル! 東京湾でナイトゲーム

シーズン終盤戦も好調なクロメバル! 東京湾でナイトゲーム

春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。

多彩なルアーゲームを展開する長浦港の老舗「こなや」クロメバル釣果レポート

片舷に並んで岸壁や桟橋の脚に向かってキャストしていくのが基本スタイル

タックル談議が盛り上がる。先調子、胴調子、メバルロッドもさまざま。好みで選べる時代だ

選択に迷うほど、メバル用のソフトルアーの種類は多い

小気味よくロッドを絞ってくれる。メバルは姿形に似合わず、思いのほかファイターだ

取材日のレギュラーサイズ。20㎝弱といったところだろうか

ロッドを立てて表層をスローにリトリーブ。ヒットレンジを丁寧に探るのがキモだ

ダブルヒット! 釣れているときに手返しよく釣る。これが数を伸ばす秘訣でもある

後半は強風&大雨に…。できるだけ穏やかな日を選んでの釣行をおすすめする

取材日の最大魚。25cmに届くかどうかとったところ。もちろん、もっとビッグサイズも期待できる

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・長浦港「こなや」

春告魚、メバルが活況だ。
「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多い感じですね。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝くらいまでならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤通孝船長。

エサ釣りでもメバルを狙う同船だが、この時期はソフトルアーを使ったキャスティングゲームがメイン。
日並みによっては40匹超の釣果を記録している、というから期待十分での出船となった。

取材日の出船は17時半。明るさが残るうちはアタリが遠かったが、暗くなってからは順調にヒット! 
型こそレギュラーサイズが主体だが、キャストごとにヒットする場面もあった。

しかし、予報に反した向きの強風に加え、次第に雨足が強くなり…。
ポイントが限定されたことに加え、アタリも取りづらくなり、後半戦は苦戦する展開になってしまった。

それでもトップは23匹を記録。堅調ぶりを確認できた釣行となった。
相手がメバル、しかもライトなキャステインングゲームだけに荒天は大敵。
穏やかな日を選んで出掛けることが出来れば釣果は堅い、はず。

「こなや」のソフトルアー船は終盤戦。早めの釣行をおすすめする。

以上の記事は「つり丸」2019年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
今シーズンなかなか調子が上がらずファンをやきもきさせていたマルイカだが、4月下旬になって急上昇!マルイカ、ムギイカが半々ほどまじりの釣果。いよいよ本番か!?という雰囲気が漂い出している。
更新: 2019-05-23 12:00:00
富士川沖の早朝タチウオジギングが開幕。5月現在ポイントの水深は70〜130mだが、梅雨にかけて濁り水が入ると、タチウオたちは浅場に入って来る。そうなるとトップ50本前後という釣果になり、いよいよ本番を迎える。
更新: 2019-05-21 12:00:00
サバなんて!そんな偏見もいまは昔。手頃な乗船料金、穏やかな湾内の近場を中心に短時間出船で楽しめて、家族やカップルから熱い支持を受けている。またサバを中心としたエモノの2枚おろしサービスまで受けられる。
更新: 2019-05-20 07:00:00
東京湾のタイラバは一年中コンスタントに釣れるようになって、いまや、東京湾の定番ゲームだ。でもやっぱり、産卵を意識するマダイ多い春がトップシーズンだ!当たれば、大ダイが連発することも!
更新: 2019-05-19 12:00:00
相模湾のライトルアーが始まった!低価格で短時間、大人も子供もみんなで手軽にルアーフィッシングが楽しめるとあって大人気だ。ターゲットはサバをメインに、そのときに釣れる魚。高い確率でお土産確保可能だ。
更新: 2019-05-17 12:00:00
最新記事
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
勝浦沖の浅場の根魚がおもしろい!「初栄丸」は、この時期、浅場のカサゴ・メバルで出船している。釣れる魚は良型のカサゴ、メバル主体にマハタ、アカハタ、ヒラメなども掛かるのが魅力。美味しい高級魚ばかりだ!
更新: 2019-05-24 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読