MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【保存版】コマセマダイ 各地の乗っ込み状況&釣り方の基本を紹介

【保存版】コマセマダイ 各地の乗っ込み状況&釣り方の基本を紹介

コマセマダイ基本HOW TOを知って、乗っ込みの特徴を把握しよう! そして釣り方の戦略を立てるのが重要! それに合わせて道具も準備をするのももっと重要!! コマセマダイの基本を知っておいて損は無し!

まず、マダイの「乗っ込み」とは?

沖釣りでは「乗っ込み」という言葉がよく使われる。とくにコマセマダイ釣りではよく聞く言葉だ。
春になると産卵を控えたマダイたちが産卵のために浅場に集まることの意味で使われている。

主な乗っ込み場所は、この意味どおりの展開となる浅い釣り場が多いが、
水深80~100mぐらいの深場がメインポイントとなる釣り場もある。代表的なのが南伊豆エリアの石廊崎沖~仲木沖。

ここは乗っ込み期に実績のあるポイントだが、前述したような深場が主戦場となる。
真子や白子を抱えて婚姻色を呈したマダイが、深場でまとまって釣れるのだ。

また、ここ数年の特徴としては冬場の水温が高めに推移して、以前ほど低くならない。
そのため厳寒期でも比較的浅い水深でコンスタントに釣れることが多く、その延長で乗っ込みに突入するという釣り場も多い。
以前ほど「乗っ込みスタート!」とハッキリ言えるようなメリハリが薄れている感じもある。

関東周辺の乗っ込みシーズンはエリアやその年にもよるが、
早ければ3月中にスタートして、長引けば6月前半まで続く。
新潟エリアでは5~6月ぐらい。

とにかく乗っ込みは最大のチャンス。サイズのいいマダイが集まってくるので、大型ヒットの確率が高まるからだ。
状況次第では良型、大型の数釣りもあるのだ。
ただし、乗っ込みのマダイはお腹に真子や白子を抱えているので警戒心が強い。
そのため、気難しくなったマダイを食わせるに少々コツが必要になる。

コマセマダイ各地の乗っ込み状況

仕掛けを投入した時のマダイの動きを知ろう

コマセマダイ釣りは、その名のとおりにコマセ釣りだ。
コマセをまけば、すぐにマダイが寄ってきて食うと思っている人もいるのではないだろうか?
またワラサ釣りのように、手返しよく仕掛けを入れ替えてガンガンコマセをまけば釣れると考えている人もいるのではないだろうか?
高活性時には、それで釣れることもあるかもしれないが、基本はその逆なのだ。

警戒心が強くなっている乗っ込み期のマダイを釣るには、まず仕掛けを投入したときのマダイの動きを把握していることが重要だ。

仕掛けを投入するとビシが海底に向かって落ちてくる。この落下するビシにマダイが驚いて逃げるのだ。
これはマダイに限らず多くのターゲットが落下してきたビシに驚き逃げるようだ。この様子は魚探や「探見丸」などで
確認できる。
仕掛けを投入すると、それまで出ていた反応が消えるのだ。

タナを取る際にコマセをまく(この動作が激しくてもマダイは驚き逃げる)が、このコマセにつられ、
逃げたマダイが警戒しながら寄ってくる。そして付けエサを思わず食べてしまうのだ。

ただし、コマセに寄ってきたマダイは簡単に付けエサを食わない。反応が出ているにもかかわらず、
なかなかアタらないということがよくあるからだ。警戒して食わないのか、付けエサを見切っているのか、
ただ食い気がないだけなのか、いろいろな理由が考えられる。

乗っ込みマダイはとくに警戒心が強くなっているので、このことを考慮してタナ取り後の戦略を立てるのが重要だ。

海面からのタナ取り法とその意味について!

近年、コマセマダイ船では多くの船が周年をとおして海面からのタナ取りを行うようになってきている。
海底からのタナ取りをする船でも、乗っ込み期には海面からのタナ取りをする船もある。

海面からのタナ取りとは、ビシを海底まで落とさず、指示ダナよりも数mビシを落としてからビシを指示ダナまで
巻き上げる方法だ。

このタナ取りの利点は多いが、とくにコマセマダイで有効なのがビシを着底させないこと。
ビシを海底まで落とすとマダイのいる層をビシが完全に通過するだけでなく、着底の衝撃もある。
前項でも解説しているように、マダイは落下してくるビシに驚き逃げる。しかも着底の衝撃も加わるとなれば、
警戒心が強くなっている乗っ込みマダイは逃げるだけでなく、もう船に近づかなることもありうるのだ。

海面からのタナ取りは、ビシを着底させないことは絶対であるが、タナ取り時にどれだけタナ下まで落とすかも重要だ。
最近では「タナよりも○m下げてからタナまで巻き上げてください」のような指示をする船長も多いので、この場合は
従うこと。

指示がない場合は、ハリスの長さの半分~2/3ぐらいまで下げるようにする。

コマセマダイ仕掛けの投入法

乗っ込み期のタックルは通常のコマセマダイ用でOK

乗っ込み期のタックルは、通常のコマセマダイ用でOKだ。
ひと昔前は置き竿釣法が主流だったため、竿は3~3.6mのコマセマダイ用を使う人が多かった。
近年では手持ちスタイルで狙う人も多くなってきたので、ショートロッドの使用も目立っている。

置き竿でも手持ちでも、理想は船の揺れを吸収する胴調子竿だ。コマセマダイ用がベストだが、
5対5~6対4調子のゲームロッドなどの汎用竿もオススメだ。

置き竿派なら3.3~3.6mの長竿。手持ちスタイルなら2.1~2.7mの長さが扱いやすいだろう。
また、ビギナーにオススメなのが、手持ちも置き竿もカバーできる3mだ。

リールは小型の電動がオススメ。仕掛けの上げ下げが苦にならなければ、手巻きの中型両軸でも大丈夫だ。
リールで重要なのがドラグ性能。3~4号のハリスで、5kg以上の大ダイやワラサなどの青物とやり取りをすることも
ある。

その場合、ドラグを駆使したやり取りになるので、スムーズにラインが出ていく高性能ドラグを搭載したリールでないと
ラインブレイクを起こしてしまう。道糸はPEラインの3~4号を巻いておく。

ビシはステン缶かプラビシを使用

コマセマダイで主に使われるビシはプラビシとステン缶。プラビシの特徴は微妙な調整が可能なこと。
近年のコマセマダイでは、多くの船がオキアミをコマセに使用するが、
アミコマセのときはアミ1匹がオキアミに対してかなり小さいので、微妙な調整ができるプラビシがよく使われる。

プラビシで代表的なのがサニー商事の「サニービシ」シリーズ。
ビシの上部に大きさを変えられる窓、下部に幅を変えられる隙間がある。この2ケ所を変えてコマセの出を調整する。

ステン缶は、ステン製のボディに穴が開けられているビシだ。
穴の大きさは変えられないので、穴を塞いだり、開けたりすることでコマセの出を調整する。
おもにオキアミコマセで使用される。調整法が楽なので、オキアミコマセの船ではステン缶を好んで使う人が目立つ。

ステン缶使用の場合、上の穴からコマセが出る調整がよくとられる。
上の穴から出る場合は、一気にコマセが出ず、パラパラ出やすいからだ。
下の穴を多めに塞ぎ、上の穴を下の穴よりも多く開けると上の穴からコマセが出やすくなる。

プラビシで上の穴から出るようにするには、使用ビシの上窓と下の隙間の大きさによるが、
上窓を全開、下の隙間を全閉かわずかに開ける。あとはコマセの出方を微調整していく。

また上窓が小さく、オキアミが上窓から出にくいプラビシは、下の隙間から出るように調整して使おう。

使用ビシのサイズについて

ビシのサイズは、使えるサイズが決まっているエリアもあるので、その場合は決まりに従うこと。
また、船で使用サイズを指定していることもあるので、その場合も指示に従おう。

近年は使用ビシが小型化している傾向がある。
Lサイズが使用可能なエリアでもFLサイズを推奨したり、指定する船が目立っている。

小型のビシを使用するメリットは、まず大量にコマセをまきすぎないこと。
多めにコマセをまきたい状況になったときは、手返しを早くすればビシの大きさをカバーできる。
またコマセをギュウギュウに詰めると、大きいビシよりもさらに出にくくなるので注意しよう。

潮が速い状況では、ビシの大きさが小さくなることで、潮の影響を受けにくいのも利点。
大きいビシよりは落下が速く、道糸も垂直に立ちやすい。
久里浜沖や剣崎沖など東京湾口のマダイを狙う船では、FLサイズを使う船が多くなってきている。

ハリスの長さは船長の指示に従おう

ここからは仕掛けの解説である。
コマセマダイの仕掛けの特徴はハリスが長いこと。このハリスの長さがとても重要なのだ。
先ほど解説しているように、海面からのタナ取りが主流になっている。
このタナ取りでは、反応の位置と使用ハリスの長さから、船長が指示ダナを決定する。
そのため船長が指示する(または推奨する)ハリスの長さでないと、付けエサがとんでもない位置を漂いアタリが
遠くなってしまうのだ。

またアタリが遠くなるだけでなく、トラブルが起きやすくもなる。
例えば付けエサが海底スレスレを漂うような低めのタナ設定の場合だと、指示する長さよりもハリスが長いと根掛かり
しやすくなるのだ。さらには極端に長いハリスはオマツリを誘発しやすくもなるので注意しよう。
釣行する際は、必ず船長に確認しておくことをオススメする。

ストレートハリスとテーパーハリス

コマセマダイの仕掛けは、ひと昔前に比べるとバリエーションが増えたが、代表的なものは2種類。
一つはストレートハリスと呼ばれる、以前からある仕掛け。1本の長いハリスの先にハリを結んだだけのシンプルな
もの。

もう一つはテーパーハリス。太さが違うハリスを結んだ仕掛けだ。よく使われるのが上のイラスト内で示した
2段テーパー仕掛け。
ハリスの途中にサルカンを介して、テンビン側にハリに結んだハリスよりも太めのハリスを結ぶ構造だ。

2段テーパーハリスの特徴はサルカンを介しているので、ストレートハリスよりも重いバランスになり沈みが速いこと。
また誘ったときにはサルカンを基点にして仕掛けが動きやすく、誘いが効くのも特徴だ。
また仕掛けを交換する際は、サルカンから下の部分を替えればいいので経済的でもある。

テーパーハリスは10m以上のハリスを使う際によく使われている。
また15~20mの超ロングハリスでは3段テーパーが使われることもある。
テンビン側ほど太いハリスを使うので、オマツリの軽減にも役立つのだ。

そしてもう1種類紹介するのが2本バリ仕掛け。コマセマダイの仕掛けは総じてハリスが長いので、
絡むなどのトラブルが起こりやすくなるが、きちんと捌ける人にはぜひオススメしたい。

2本バリの一番の利点はタナを探れること。
海面からのタナ取りでは、「30m」のようにピンポイントでタナが指示される場合が多い。
「28~30m」のように幅のあるタナ指示であれば、その範囲を探ればいいが、ピンポイントの場合はタナを
変えられない。
とくに乗っ込み期はマダイが浮くことが珍しくないので、2本バリが有効になる場面が多くなる。
2本バリとテーパーハリスを組み合わせるのもアリだ。
春は水温が上昇してくる関係で、植物プランクトンが発生して潮が濁るときもある。
そんなときは夜光玉や各種ビーズ類を装着して付けエサをアピールさせるのも有効だ。

またアクセサリー類は、その重さや比重によって、付けエサの漂い方を変えることにも役立つ。
仕掛けを重いバランスにするにはガン玉が装着や取り外しが楽ので、持っていると便利だ。

ハリとハリスの結びを強度アップさせるならコレ

乗っ込み期は良型、大型ヒットの確率が高い時期。しかも、近年は以前に比べれば周年を通してワラサやイナダのヒットがある。
そんな状況ではハリとハリスの結びは強度が高くなる方法で結びたい。

強度が高い結びの代表は、南方ハエナワ結び。この結びをさらに強度アップさせるなら、
補強用の添え糸を用いて編み付け補強をすると強度アップが望める。

上のイラストで示したのは、南方ハエナワ結びと編み付け補強を組み合わせた結び。
補強を施すだけでかなり強度がアップし、ワンランク太い号数の感覚でやり取りができるだろう。

結びが複雑なので、船上でこの結びをするのは困難。釣行前にあらかじめ仕掛けを作っておくといいだろう。
また、イラストは南方ハエナワ結びだが、外掛け結びでも、内掛け結びでも、この方法で補強できる。

サルカンとの結びは編み付け結びがオススメ

クッションゴムのサルカンやテーパー仕掛けの途中に介するサルカンの結びにオススメなのが、イラストで示した
編み付け結びだ。

この結びは最初にサルカンの輪に二回ハリスをくぐらせて、あとは交互に編み付けていくだけ。
結びの構造が単純なので、手順もいたって簡単。船の上でも容易にでき、かつ強度が望める結びだ。

手順①でハリスを3回通すとさらに強度アップが望める。ただしハリスの号数が太くなると結び目が大きくなる。
またサルカンの輪が小さいと結びづらくなるので注意しよう。

この結びは引っ張ると編み付け部分が伸びて、わずかだがクッション効果が期待できる。
そのためマダイ名人の永井裕策氏が好んでこの結びを採用している。
またイラストでは編み付け回数を6~7回としているが、それよりも回数を増やすと、さらにクッション効果が高くなるようだ。

付けエサはオキアミ1匹掛けが基本

コマセマダイの付けエサは、ほとんどの船でオキアミを使用する。
付け方は一つのハリに対して1匹のオキアミを刺す。ワラサやキハダなどを狙うときによく行われる2匹のオキアミを
刺す抱き合わせもあるが、コマセマダイでは1匹付けが基本となってる。

1匹付けの方法は、左のイラストのとおり。オキアミの尾羽をハサミで切り取り、その切り口からハリ先を刺し入れる。ハリの軸に対してまっすぐになるように刺し、腹側にハリ先を出す。

ここで注意しないといけないのが、オキアミをまっすぐに刺すこと。曲がっていると、仕掛けの落下中にクルクル回って
ハリスが絡んだり、付けエサが不自然に漂ってアタリが遠くなるからだ。

また付けエサにするオキアミは、しっかりしたものを選ぶこと。頭部が潰れたり、崩れているものは、仕掛けの落下中
などに頭部が取れやすい
ので注意しよう。

乗っ込み期は静かに釣る。誘いはタイミングが重要

「コマセマダイ仕掛けの投入法」で解説した方法で仕掛けを投入して、タナを取る。
タナを取った後の釣り方をここでは解説しよう。

何度も言うが、乗っ込みマダイは警戒心が強くなっている。そのため、「とにかく静かに!」を前提に釣ることが大事だ。

何をしていいのかわからないビギナーは、タナ取り後、静かに置き竿でアタリを待つといいだろう。
ただ仕掛けを投入したら、長時間入れっ放しはダメ。手返しを早くする必要はないが、適度なペースで投入し直そう。

そしてタナ取り後は、必ずドラグ調整をする
こと。置き竿にして船の揺れで、糸が出るか出ないかぐらいに設定すること。

ビギナーにありがちなのが、タナ取り後に頻繁に誘うこと。頻繁に誘うとマダイを驚かせることにつながるので
注意しよう。しかも、その誘いが竿を大きなアクションで激しく振ると、さらに悪影響を及ぼしてしまう。

誘いは一歩間違えると、マダイを蹴散らし逆効果になるので注意したい。

誘いは「落とし込み」で!

誘い動作は、ゆっくり静かに行うことが重要。代表的な誘い方は誘い上げと落とし込み。

誘い上げはゆっくりと竿を頭上まで起こしてから、ゆっくりと元に戻す誘い。
落とし込みは、タナからビシをゆっくり下げていく誘いだ。

乗っ込みマダイに有効なのが落とし込み。海面からのタナ取りでは、比較的高めのタナ設定をしている船が多い。

そのためマダイの上方にコマセや付けエサが漂うので、マダイは頭上を意識しやすくなる。そこでビシをゆっくり落としていくと、ユラユラと落ちてきた付けエサに反応して食べてしまうのだ。

落とし込みをする際は、落とし込みが可能かか確認すること。

船によっては落とし込みを禁止していることがあるからだ。もし落とし込みが可能なら、タナから何m下げていいかも確認しよう。

落とし込み後、アタらなければ必ず元のタナに戻すことも忘れずに。落としたままでは、タナを低くしている
ことと変わらないからだ。

落とし込み動作も、マダイを驚かせないように静かにゆっくりとおこなうこと。

落とし込み後、元のタナに戻す際もゆっくり巻き上げると誘い上げになる。

そして落とし込みに限らず、誘う際に重要なのがタイミング。船長から「反応が出てるよ!」というアナウンスが
あったり、「探見丸」に反応が映ったときに行うとヒット率が高い。逆に反応が確認できないときに頻繁に誘うと、
周囲にいるマダイが警戒して船下に入らなくなることもあるので注意しよう。

大型マダイがアタったら……

大型がアタったら、糸を出しながらやり取りしよう。
大型はなかなか弱らないこともあるので、何度も糸を出して慎重に!

以上の記事は「つり丸」2019年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
茨城エリアのテンヤマダイは、年内いっぱいぐらいがベストシーズン!例年、この時期は数、型ともに楽しめる。またゲストも豊富で、定番の根魚をはじめ青物もヒット。日立久慈港「大貫丸」でも本命を含めアタリが多く、今後も爆釣が期待できる!
更新: 2019-10-15 12:00:00
東伊豆、伊東沖で秋のマダイが好調!今回の取材でも良型2.5㎏、2.4㎏、4㎏と型物が連発している。釣り場が近く、豊富なゲストも魅力で特大アジやカイワリはレギュラーゲスト。今後も爆釣の期待大だ!
更新: 2019-10-14 07:00:00
一日で二種類の釣りが楽しめるリレー釣り。金沢八景の「野毛屋」では、午前のLTアジ、午後のフグで出船中だ。どちらも好調に釣れている。午前だけで帰りたい、寝坊して午後から釣りたい、など釣り人の都合に応じて選べるのも半日船の魅力。
更新: 2019-10-10 07:00:00
福島県・小名浜沖は2シーズン目を迎えるアカムツの高ポテンシャルフィールドだ!ぜひあなたの腕試しの場に!ポイントの状況、小名浜アカムツタックル、仕掛け、エサ付け~釣り方まで完全攻略法を紹介!
更新: 2019-10-09 07:00:00
東京湾でピカイチのうまさを誇る横須賀沖・猿島周りのブランドアジが大人気。20~23㎝クラス主体に、30㎝前後の中型、さらに35㎝オーバーの大アジもまじる。タックル、仕掛け、基本の釣り方、タナ取りを徹底解説!秋最高の味覚を手軽に楽しもう!
更新: 2019-10-06 07:00:00
最新記事
茨城エリアのテンヤマダイは、年内いっぱいぐらいがベストシーズン!例年、この時期は数、型ともに楽しめる。またゲストも豊富で、定番の根魚をはじめ青物もヒット。日立久慈港「大貫丸」でも本命を含めアタリが多く、今後も爆釣が期待できる!
更新: 2019-10-15 12:00:00
CLUE OFFSHORE GAMES 番外編 九十九里片貝港プレミアムライトジギング(PLJ)10月20日に開催 参加者募集
更新: 2019-10-15 07:00:00
3000番でキハダ20kgクラス、スルメ15点掛けにも対応する2019年限定モデル「フォースマスター リミテッド3000」
更新: 2019-10-14 12:00:00
東伊豆、伊東沖で秋のマダイが好調!今回の取材でも良型2.5㎏、2.4㎏、4㎏と型物が連発している。釣り場が近く、豊富なゲストも魅力で特大アジやカイワリはレギュラーゲスト。今後も爆釣の期待大だ!
更新: 2019-10-14 07:00:00
魚を掴んだときのロック作業を簡単にできるフィッシュグリップ がまかつ「フィッシュグリップ GM-2501」
更新: 2019-10-13 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読