MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ベストシーズン到来!外房のヒラマサ・ワラサの青物ルアーゲーム

ベストシーズン到来!外房のヒラマサ・ワラサの青物ルアーゲーム

外房の青物がベストシーズンを迎える。メインターゲットはヒラマサとワラサ。とくにヒラマサは“春マサ”と呼び名もあり、いい時期だ。ヒラマサはプラグキャスティングとジギング、ワラサは主にジギングで狙う。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ジグは50〜200gと幅広く用意しよう

外房の青物がいよいよベストシーズンを迎える。
外房の山々が新緑で美しく彩られるちょうどゴールデンウイーク頃からとくによくなるのが例年のパターンだ。  

メインターゲットはヒラマサとワラサ。
とくにヒラマサは“春マサ”という呼び名があるほどいい時期だ。
それにサワラやヒラメなどの嬉しいゲストがまじることがある。

狙い方はプラグキャスティングとジギングで、ヒラマサはその両方、ワラサは主にジギングで狙う。

そんな外房の青物ルアーゲームで使用するタックルだが、攻略は前述のようにプラグキャスティングとジギングの両方で行うので、できれば両方用意したい。

キャスティングもジギングもタックルについては今回はイラストを参照していただくとして、ここではジギングのメタルジグについて少し詳しく紹介したい。

春の外房は潮が速くなることが多く、またとくにワラサ狙いでは水深が50〜60m以上という深場を狙うこともある。
その水深で潮が速い状況では、外房で使用するジグの標準的ウエイトである120〜150gではボトムが取れないことが多い。
そんなときは200gというウエイトのジグが必要となる。
とくに春はそのウエイトのジグの出番は案外多いので、必ず持参しておこう。

また、水深10m程度の浅場でベイトが小さい状況では、50g前後の軽いジグをキャストして斜め引きするこが有効となることもある。
したがってメタルジグは、50g前後から200gまでと、かなり幅広く揃えておくようにしよう。

魚を中心にゲームを組み立てよう

外房の青物の攻略の基本は、プラグキャスティングはもちろん、ジギングも「アンダーハンドキャスト」することから始まる。

外房は水深30m以浅の浅根のポイントが多いので、ジギングもジグを軽く前方にキャストすることで、より広範囲を探ることができるというわけだ。

ジギングの話が出たついでにジギングでの攻略について加えると、春はヒラマサは中層から上のレンジを回遊していることが多いので、ジグは海底まで付ける必要はない。
そしてジグを海底まで着けないということは、根掛かりのリスクも減らすことができるというメリットもある。

船の流し方はドテラ(横)流しが基本。
これにより、“基本的には”風上の舷ではジギング、風下の舷ではプラグキャスティングとなる。

ただ、これはあくまでも“基本的には”、ということ。
したがって、もちろん風上の舷でジギングを行ってもよい。
そのときの潮と風の状況に合わせて、ケースバイケースでよいのだ。

また、風上の舷だからとラインが船下に必ず入るということはなく、潮風が逆で潮が勝っているときはラインは払い出していく。
また、ラインが入っていく状況でも、風上の舷でしっかりとジギングができればヒット率は上がる。潮先だからだ。

キャスティングについても、潮風が逆の状況で風上でキャストできれば、潮先となるのでヒットする確率は高くなる。

重要なのは、アングラーが釣りやすいかどうかではなく、潮や魚がどうなっているか、を考えること。

風下のほうがプラグは圧倒的にキャストしやすいが、とくに状況が厳しいときには、そして魚を釣りたいのであれば、リスクがあったとしても魚がヒットしやすい状況で釣りをすることが重要だ。
アングラーありきではなく、魚ありきで考えてみてはいかがだろう。

いよいよ春のベストシーズン到来!千葉・外房 ヒラマサ・ワラサ青物ルアーゲーム釣行レポート

ヒラマサやワラサを求め、多くのアングラーが訪れていた「山正丸」。
3月はまだ釣果が安定しておらず、下旬の取材日はちょうど谷底に当たってしまった…。
外房の青物ゲームは例年ゴールデンウイーク頃からベストシーズンを迎える

タックルはジギングとキャスティングの両方を用意しよう

「山正丸」で実績の高いプラグ。サイズは13㎝前後の小型から20㎝程度まで。
ベイトやポイントに合わせて使い分けよう。ジグは50g前後の小型から200gまで用意しておきたい

風速18mというタフコンのなか、真潮根プラグキャスティングでヒットしたのはワラサ!

2回目の取材日も激渋…。そんなかジギングでキャッチされた青物はカンパチ!

トリヤマの周囲でシンキングペンシルにヒットしたのはなんとスズキ!

ジギングでは肉厚良型のヒラメも登場した

プラグキャスティングでヒットしたのはグッドサイズのサワラ!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「山正丸」

3月中に「山正丸」船上でキャッチされたヒラマサやワラサ。
残念ながら取材日は好釣果には恵まれなかったが、こんなにもヒラマサやワラサがヒットしている!

外房の青物がいい時期を迎える。

「陸の山桜が散って新緑が芽生える頃、ここ外房の海にヒラマサは大きな群れでやって来ます。
昔からこのあたりの漁師の間ではそう言われてきました」と話すのは、千葉・大原港「山正丸」の山口徹船長。

取材はそれよりも早い、桜がちょうど咲き始めた3月下旬。
釣果の日ムラはかなり激しかったものの、山口船長が撮った写真のように、プラグキャスティングやジギングでヒラマサやワラサがキャッチされていたからだ。
しかもヒラマサは10㎏前後のかなりの良型が中心であった。

だが、取材日は残念ながらいい状況に当たらず、本命ノーヒット…。

「この時期はちょっとした潮の加減で釣果が大きく左右されてしまいます。
外房は潮が速くなることも多いのでジグは200gの重いものや、プラグも小型のものからシンキングペンシルなど、
多様な状況に対応できるよう準備してきてください」と山口船長はアドバイスする。 

外房の山々が新緑に覆われるのは、ちょうどゴールデンウイークの頃。
この頃には釣果も安定してくると思われる。

タックルなど、万全の態勢でチャレンジしよう!

以上の記事は「つり丸」2019年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル