MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
新潟・上越沖は昼は一面マダイだらけ!夜は大ヒラメが乱舞!!

新潟・上越沖は昼は一面マダイだらけ!夜は大ヒラメが乱舞!!

いま、上越沖が熱い!待望のマダイの乗っ込みシーズンが開幕。と同時に夜ヒラメ釣りも絶好調だ。GW頃からマダイが釣れ始め、夜のヒラメも4月中から釣れ出している。24時間フィッシングも可能?!早めの釣行を!!

perm_media 《画像ギャラリー》新潟・上越沖は昼は一面マダイだらけ!夜は大ヒラメが乱舞!!の画像をチェック! navigate_next

24時間フィッシングマラソンも可能! 新潟・上越沖 マダイ&ヒラメ釣行レポート

直江津沖から名立沖まで広範囲にマダイが回遊中

キロサイズは 抜き上げ可能!

時合いになるとマダイは入れ食いに。
しかし、今期は日ムラがあるのも事実。マダイの魚影は濃いのでロングランを期待しよう

マダイの食いが止まらない!
2時間で船中81枚という、怒涛の釣果!

良型なマダイ!このサイズがアベレージ

4.2㎏大ダイキャッチ!!

この日のトップは12枚。約2時間の釣果だ。今期は日ムラもあるが、当たればこのとおり

夜釣りは幻想的な雰囲気がかもし出される。「第三いしなぎ」の夜釣りでは2本竿オーケーだ

細ハリス使用&ベタ底狙いは厳禁!
大ビラメ連日フィーバー中!

嬉しい1匹!

生き小アジの泳がせ釣りでゲット!

ヒラメのエサはこの小アジ。エサは船宿で用意してくれるから安心

身厚のヒラメは食べて美味しい!

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・直江津港「第三いしなぎ」

いま、上越沖が熱い!

待望のマダイの乗っ込みシーズンが開幕。と同時に夜ヒラメ釣りも絶好調だ。

「マダイの乗っ込みはゴールデンウイークから突然始まりました。船を走らせるとどこかしこにマダイの群れがみつかります。
夜のヒラメも4月中から釣れだしてます。両魚とも例年より開幕が早いので早めの釣行がおすすめです」とは、
直江津港「第3いしなぎ」の岩佐健作船長。

乗船したのは、14時出船、22時沖揚がりのマダイとヒラメのリレー船。

水族館沖水深30mでまず、マダイ釣り。

オキアミコマセ釣りで指示ダナは水深8m。

約2時間ほどでなんと10人で船中81枚の釣果。
最大4.2㎏、ほとんど2㎏前後の良型だ。

夕方からは、直江津沖でアンカーをうっての掛かり釣りでヒラメ釣り。

生き小アジの泳がせ釣りで指示ダナは底から5m前後。ベタ底狙いはタブーだ。

こちらも、ヒットするのは3〜4㎏の良型ばかり。

終わってみれば、クーラーのなかはタイとヒラメで乗船者全員満タン。

これが、上越沖の乗っ込みの実力。

今期は日ムラもあるが、マダイの魚影は間違いなくズバ抜けている。

出船スタイルは、船宿によって異なるが、深夜便や朝便などを活用すれば、24時間マラソンフィッシングも可能だ。

それだけ熱い! 上越沖。

さあ、今年もこの機会を逃すことなく!!

以上の記事は「つり丸」2016年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル