MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ヒラマサ&ワラサ 青物ルアーゲーム絶好調!さぁ、外房へ急げ!

ヒラマサ&ワラサ 青物ルアーゲーム絶好調!さぁ、外房へ急げ!

外房の青物ルアーゲームが絶好調!メインターゲットはヒラマサとワラサ。この時期のヒラマサは“春マサ”と呼ばれ、秋と並んで2大シーズンのひとつだ。夢の外房ヒラマサ10㎏オーバーをキャッチするチャンス!!

ヒラマサ&ワラサが絶好調!外房の青物ルアーゲーム

絶好調の今期は青物ルアー入門に最適!

ゴールデンウイーク頃より本格化した、ヒラマサとワラサをメインターゲットとした外房の青物ゲーム。
5月下旬になってもその好調さを維持していて、例年この時期は2〜3㎏の小型ヒラマサが中心で、しかも数が狙いやすいというのがパターンだが、今期はヒラマサはもちろん、とくにイナダ&ワラサが絶好調!青物ルアーゲームの入門には最適な状況だ。

さらに凄いのは10〜30㎏級という大マサが多数ヒット&キャッチされていること。
外房ヒラマサ初挑戦でレンタルタックルのアングラーが、ジギングで10㎏オーバーをキャッチした。
まさに「今行かずしていつ行くの?」というほどの状況なのだ。

ひとつテンヤがメインだが、実はルアーも大得意!

さて、今回取材した大原港の「広布号」は、本誌でもひとつテンヤマダイの記事で紹介されることが多く、実際ひとつテンヤメインで出船している。
しかし、実は野島幸一船長はルアーも大好きで、「広布号」を開業する前はそれが高じて同じ大原港のルアー船「松鶴丸」で船長として修行したほど。

「松鶴丸」では「オニカサゴ以外の釣りはすべてやりました」とのことで、マダイやルアーはもちろん、ヒラメ、イカなど、オニカサゴ以外の釣り物なら何でもおまかせ! だそうだ。

したがって、ルアーゲームも大の得意分野で、「4人集まれば出船します」とのこと。
船は九州のチャーターボートのような高速船でとっても快適なので、ぜひ利用してみてはいかがだろう。

今年はいつもと少し違う?ジグは重めのものも持参

例年、春マサパターンは底潮が冷たいため、そして外房の海底は根が複雑な場所が多いため、ジグは海底まで着けずに中層で止め、そこからシャクって来る、というのが定番パターン。
したがって、120g前後(100〜150g)がウエイトの中心となる。

ところが、
「今年は水深のある場所の底のほうでもヒットしています。ちょっと例年とは違うパターンですね。ですから、根掛かりの少ない場所ではジグはいったん海底まで着けて、そこからシャクるとよいでしょう」と野島船長。

今回の取材では水深50m前後を主に攻め(70m以上の場所も)、やはりその海底付近でアタリが多かったので、潮や風の影響もあってジグは150〜200gの重いタイプの出番が多かった。

もちろん、根の複雑な場所や、水深15m前後の浅根ではジグを海底まで着けないほうがよいので、臨機応変な対応が求められる。

タックルボックスが重くなってしまうが、“いい思い”をするためにも、ぜひ重いジグを持参しておこう。

“大マサ”もヒット中!ジギング&キャスティングで狙う 千葉・外房 ヒラマサ&ワラサ釣行レポート

当日は主に岩船沖の水深50m前後を攻めた。
春は浅ダナを狙うというイメージだが、今期は深いポイントで好調だ

「もうしんどい…しんどい…」と言いながら頑張ってファイトして、ついに上がって来たのはなんと大マサ!

外房ヒラマサ初挑戦、レンタルタックルでなんと10kgオーバーの大マサをキャッチ!

2〜3kgのこのサイズのヒラマサが数狙えるというのが例年のパターンだが、今年は少し状況が異なるようだ

イナダやワラサにまじってヒラマサがポツポツヒット!

あとちょっとでブリという大型ワラサもヒットした

イナダ&ワラサは全員キャッチでボウズなし! 

サワラもジギングでヒット!

例年より少し遅れて青物が絶好調の外房。チャンスは今だ!

春マサシーズンは2〜3kg主体というイメージだが、今期は大マサも多数ヒットしている!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「LT広布号」

外房の青物ルアーゲームが絶好調!

メインターゲットはヒラマサとワラサで、とくにこの時期のヒラマサは“春マサ”と呼ばれ、秋と並んで2大シーズンのひとつとされている。

例年春シーズンは、ヒラマサは2〜3㎏の小型が主体のためヒットしてからキャッチしやすく、しかも数も狙いやすいとあって、青物ルアーゲームの入門には最適な時期としてとりわけ人気がある。

そのうえ今期はワラサが輪をかけて絶好調なため、より入門にはチャンスといえる。

取材日も数名のロッドが同時に絞り込まれるシーンが何度もあり、ワラサは乗船者全員キャッチでボウズなし!

かつては、「外房ではアタリをもらうのすら難しい…」なんて言われたこともあったが、それほど苦しむことなく憧れの魚を手にすることもできるかもしれないゾ!

さらに今期が例年と異なるところは、10㎏オーバー、さらには30㎏クラスという“大マサ”が偶然ではなくヒット&キャッチされていること。

実際、取材日は外房のヒラマサ初挑戦、しかもレンタルタックルのアングラーがなんと10㎏オーバーの大マサをキャッチしているのだ!

憧れの外房の魚どころか、夢の外房ヒラマサ10㎏オーバーをキャッチするチャンスだ!

以上の記事は「つり丸」2016年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
タチウオのエサ釣りがテクニカルで人気なら、このジギングもエサ釣りに負けず劣らずテクニカル。リールを巻く誘いのスピードがタチウオの活性に合わなければ、隣はイレグイでも、自分はさっぱりということにも。
更新: 2019-07-08 12:00:00
夏が旬といわれるマゴチが浅場で釣れている。ここ数年で確立した釣り方はテンヤにソフトワームを装着するというもの。簡単に言ってしまえばルアー釣りだが、いまやエサ釣り師たちのスタンダートな釣法なのだ。
更新: 2019-07-07 12:00:00
例年にないほどのロケットスタートをみせ、好調持続中の相模湾シイラゲーム!新群れの流入も 日を追うごとに増え、おおいに盛り上がっている!タックルセレクトからルアーアクションまでマスターアングラー椙尾和義さんのアドバイスを中心に紹介する。
更新: 2019-07-05 07:00:00
外房のヒラマサシーズンが終盤戦に突入!浅場の根周りで釣りが出来るまでワラサ狙い、竿入れ時間を迎えてからはヒラマサ狙いのパターン。ワラサは連続ヒット、ヒラマサも充分楽しめる。早めの釣行がおすすめだ。
更新: 2019-07-01 07:00:00
駿河湾・由比沖のタチウオが好調だ。今期はサイズがいいのが特徴で、2㎏オーバーというスーパードラゴンサイズがキャッチされている。7月頃から夜釣りが始まる予定。暑い日中を避けられ、こちらも非常に楽しみだ!
更新: 2019-06-29 12:00:00
最新記事
「第16回 上総湊港伝統釣法 真鯛シャクリ釣り釣り大会」の参加者募集内容になります。2019年8月4日開催に開催されます。
更新: 2019-07-17 22:30:38
焼津沖のタチウオ釣りが好調だ。一番の魅力は、良型が狙えること。1㎏オーバーのドラゴンサイズから2㎏を超すモンスター級まで!特大サイズを求めて通うファンが多いのが特徴だ。
更新: 2019-07-17 07:00:00
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-16 07:00:00
金沢八景出船で狙う東京湾・八景沖のLTアジが好調!20cmオーバーが多数!コマセ&タナ取りの基本を押さえて、数釣りを楽しもう!刺身、なめろう、塩焼き、アジフライなど、うっとりするような美味も魅力だ。
更新: 2019-07-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読