MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
駿河湾が面白い! 昼はカツオ、夜はタチウオだっ【駿河湾】

駿河湾が面白い! 昼はカツオ、夜はタチウオだっ【駿河湾】

秋の駿河湾のオフショアゲームは昼夜問わずエキサイティング。狙うは昼はカツオ、夜はタチウオ。たっぷりと刺激的な時間を過ごして欲しい。

ついに本格化! 洋上のハンティング、カツオ・キャスティング。早くも開幕!テクニカルゲームが熱い、夜タチウオ・ジギング

小さくても脂がほんのりと乗って味は抜群。すぐに水氷につけて大切に持ち帰ろう。

カツオのサイズは1㎏前後の小型が主体とはいえ、そこはカツオ。キュンキュンと疾走系ファイトで釣り人を翻弄する。口が軟らかいので、強引なファイトは禁物だ。

駿河湾のカツオ狙いでは30~50g程度のメタルジグに実績が高い。その他、状況によりミノージグやシンキングペンシル、小型のポッパーなども有効だ。

カツオは頭を水面に出してしまえば勝負アリ。ネットインは仲間や乗船者同士協力して行おう。

南方の海で見かけるオキザワラが今年は多い。こちらもおいしい魚だが、足が大変早い(傷みやすい)ので釣ったらすぐに冷えたクーラーボックスに入れよう。

オキザワラはシイラのように流木や潮目でヒットすることが多い。歯が大変鋭く、スパッとリーダーを切られるのはたいがいはコイツの仕業だ。

富士川沖のポイントにはタチウオ狙いの船団が。タチウオ釣りの人気と好調ぶりがうかがえる。

活性のよい群れに当たればトリプルヒットも。9月下旬現在サイズは2.5本がアベレージだが、これから秋が深まり本格シーズンへと移行するにつれどんどんサイズアップしていく。

ナイトゲームならではの、ざわざわ感がたまらない。

タチウオジギングは、ジグのカラーや加えるアクションなど、まさにタチウオと知恵比べ。非常に熱いゲームだ。

当日は潮が濁っていた影響か、オールグローに高ヒット。「近海仕事人」(タックルハウス)が抜群にアタッた。

150gまでの様々なカラーを用意しておきたい。

9月も下旬になってようやく秋の気配が感じられるようになり、駿河湾のオフショアゲームが急速に盛り上がってきた。
ひとつは「カツオ」(キメジ)。今年は4月に例年通り開幕し、6月になると良型ばかりで爆発したが、なんと夏場の最盛期は小康状態に…。それが9月になり、サイズは1㎏前後と小ぶりながら再回遊してきたのだ。
もうひとつは、駿河湾の晩秋から冬のメインターゲットである「夜タチウオジギング」(エサも可)。例年なら10月末~11月頃に開幕するが、今期は9月に早々スタート。サイズは指2.5~3本が主体だが、ときには5本クラスもまじっており、早くも好調の兆しを見せている。秋のオフショアゲームは昼も夜も駿河湾がおもしろいぞ!

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
「広布号」の野島幸一船長が展開している、大原流のスーパーライトジギング!イナダ、マダイ、マハタ、ワラサ、ヒラマサ、サワラなどなにが飛び出すか分からない!手軽で奥深い注目のゲームスタイルだ!
アイランドクルーズFCが展開している、シーバスタックルでさまざまなターゲットを狙う五目ゲーム!その多彩な魅力を紹介しよう!
東京湾・走水沖のタイラバマダイが絶好調!走水港「政信丸」ではタテの釣りで細かい情報を取りながら狙う!今後は数釣りも期待大!タイラバでマダイゲームを満喫しよう!
東京湾のタチウオゲームが好調継続中だ!横浜新山下「渡辺釣船店」では連日、良型中心にトップ30本前後!120㎝オーバーもコンスタントに釣れている!
最新記事
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
最新のリアルオキアミ大型バケを採用したキハダ仕掛け「最強キハダRО仕掛GK1」
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読