MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
猿島沖で釣れる美味なアジ!その名も「猿アジ」絶好調!

猿島沖で釣れる美味なアジ!その名も「猿アジ」絶好調!

脂がたっぷり乗って、上品な甘みが非常に人気の東京湾のアジ。そのなかでも「猿アジ」と呼ばれる、横須賀沖猿島周りで釣れる体高がある幅広アジの味は別格だ。この時期は真子や白子を蓄える時期で太っているぞ!

perm_media 《画像ギャラリー》猿島沖で釣れる美味なアジ!その名も「猿アジ」絶好調!の画像をチェック! navigate_next

猿島沖で釣れる美味な「猿アジ」狙い!サイズがよく、釣り味も抜群だった!

関東では桜も咲き終え、気温も安定してきた。
海の中も活気づいて東京湾の人気ターゲット・アジが連日爆釣で数釣りモード突入と聞く。

多種のアジが生息する東京湾だが、そのなかでも東京湾のアジをブランドとして有名にしたのが「金アジ」。
体長20㎝ちょっとの小型のアジで、栄養豊富な東京湾で一定の場所で動かずエサを捕食して脂肪たっぷり。
しかし、その中でも一線を画して人気が高いのが猿島周りで釣れる「猿アジ」だ。

猿アジは体高が非常にある幅広アジで、一般的に目が大きく見えるアジにあって非常に目が小さく見えるのが特徴。
とくにこの春先の時期は産卵期に当たって、真子や白子を蓄えるためにエサを食い漁るのでいつも以上にでっぷりと太っている。

今回同船したお客さんに小田急線生田駅前で居酒屋を営む高橋さんがいたが、猿アジはお客様からも絶大な人気だそう。
それもうなずける。

30cmの良型主体に釣れ始めた!

今回お世話になったのは新安浦港「義和丸」。
猿アジに精通し、通年でアジ乗合船を出す。1日2便で午前7時20分出船と午後1時出船。
4時間ちょっとの時間でブランドアジをお土産にできるので、長い時間船に乗ることが不安な初心者からの人気も非常に高い。

ちなみに同船の方から聞いた話だが、船酔い対策の薬は前夜寝る前に1錠、当日乗船の1時間前ぐらいにもう1錠飲むと効果が高いそうだ。

連日爆釣とは聞くものの実際はどうなのか?

村上義人船長に伺うと「最近狙っているのは釣っても楽しい良型サイズ。ここ3週間ほどクーラーに入りきらないって日が続いているよ。このままのペースでGWを迎えてほしいね!」と前情報どおり。

釣行日は合計14名の釣り人が集まった。
イワシミンチをコマセに寄せて釣るのだ。

この人数ならばしっかりとコマセが効いて、今日も期待が大きいのでは?
最近好釣果が続く航程10分ほどの猿島沖水深50m前後のポイントに向かった。

魚群探知機でアジの反応を探す。

グルグル、グルグル。
似たようなポイントを二周、三周。ようやく最初のポイントが決まり、いざ投入。

船長からの指示ダナは底から3m。
着底したらまず糸フケを取って、1mほど上げてコマセをまく。
そしてまた1m。2、3回に分けてコマセをまいて指示ダナで待つ。

アジはまいたコマセが馴染むまで少し時間がかかって釣れ始める。
しかし連日の爆釣続きの活性の高さか、最初から本命の顔を見る。

しかも30㎝ちかい良型がメイン。
大きいだけに釣り味は申し分なく楽しい。

どのポイントもアタるが食いは長く続かない

しかし後がなかなか続かずに場所を変える。
ここでもまた第1投から本命。
しかも中型サイズのアジもまじりだした。

夫婦でアジ釣りに来た荻原元臣さん、理沙さんご夫婦も本命を上げてニッコリ。
しかしまた後が続かない。

次第にポイントが決まるまでの時間も増えてくる。

ここで船長からきつい一言…。
「なんか持って来たんじゃないの? ここのとこ毎日出ている反応が今日は見つからないんだけど…」

ヤバイ! じつは以前にもなくはない。
いや、むしろたまにある経験だけに自分の「持っている度」に少し自責の念(汗)。

ポイントが決まるのに時間がかかっていたのはこのためか。
よく乗る常連さんも最近にはない苦戦に首をかしげる。
「潮が流れてないし、口を使わないねー」と言う。

一応、ポイントごとに本命を上げているので、全員が既に顔を見ているのだが、それでも最近では厳しい状況らしい。
そして中盤にかけていよいよ魚が口を使わなくなった。

後半は観音埼沖に移動、サバまじりで好食い

ここで船長は大移動を決断。15分ほど走った観音崎沖。
言わずと知れた東京湾の大アジポイント。

猿島沖から観音崎沖にかけては非常に多くのポイントが存在する。
そして何より面白いのが、非常に多種のアジが生息する。
前述した居着きの幅広アジとは違う、細長い特大の外遊性のアジなどもまじる。

潮も変わり、アジがいよいよ口を使いだした。
船長も、そして勝手に責任を感じていた私も一安心。

コマセをまいてちょっと間を置くと竿先がゴンゴン叩かれる。

30㎝を超える大アジ。
20㎝ちょっとの金アジ。
外道には良型の太ったサバ。
そして本日私が最も楽しみにしていた25㎝ほどの、目が小さい幅広アジもコンスタントにまじりだした。

この時期特有のはち切れんばかりのグラマラスな金色のボディ。
見るからに美味しそう。

最後の1時間は2、3匹掛けも頻繁に起こる入れ食いタイム。
サイズが大きいので2号のハリスでは切られてしまうことも続出。

最終的にはトップが30匹とスタートが遅れた分だけいつもより寂しい釣果となったが、それでもサイズが大きいのでクーラーは満タン。
噂通りの好釣果を実感することができた。

もちろん帰宅後に食べた味も最高潮。
猿島沖のアジ。いよいよ本格シーズン突入だ!

猿島周りで釣れる美味なアジ! 東京湾・猿島沖 猿アジ釣行レポート

アジの好ポイントの猿島周辺

幅広の見るからに美味しそうなアジ

食いが立てば一荷もある!

女性アングラーも美味アジゲット

︎仕掛けはハリス2号の2〜3本バリ

ビシは130号を使用

掛かりどころがよければ抜き上げて取り込む

こちらもダブルでした!

このくらいのサイズがとても美味

美味しいそうなアジ。帰ってから食べるのが楽しみだ!

脂が乗って、上品な甘みが最高の猿アジ

当日は30㎝を超えるサイズが多数まじった

全員が猿アジをゲット!

美味しいサバもまじる!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新安浦「義和丸」

脂がたっぷり乗って、上品な甘みが非常に人気の高い東京湾のアジ。

そのなかでも「猿アジ」と呼ばれる、横須賀沖猿島周りで釣れる体高がある幅広アジの味は別格だ。

猿島周りに居着いたアジで、一定の場所であまり動かず豊富なエサを食べているので脂肪たっぷり。

一般的にアジは目が大きいが、その目が小さく見えるのは最良のアジの証。

とくにこの時期は体に真子や白子を蓄える時期なので、エサを食いあさりパンパンに太っている。

桜の開花の声を聞き始めた頃から、猿島沖でアジが爆釣との知らせが入り始めて早三週間。

猿島のお膝元の新安浦港「義和丸」の村上義人船長に話をうかがうと、
「連日クーラーに入りきらないほど釣れているよ。『猿アジ』って言うと20㎝ちょっとの小型のアジが有名だけど、今の時期はそれより大きな中型の幅広アジがオススメ。食味も釣り味も両方楽しめるから、今日もちょっと沖目のサイズ狙いで行くからね」とのこと。

釣行日は前半こそ流れない潮に手こずったが、中盤以降は30㎝にも迫る良型アジの入れ食いを存分に楽しむことができた。

釣れたアジは、前評判どおりのでっぷりと太った幅広。

色も黄金に輝き、味の方もまさに金メダル級の美味しさだった!

以上の記事は「つり丸」2019年5月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
ビッグシーバスに対応するミディアムパワー設計のトレブルフック「トレブルRBジャイアントベイトSP」
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル