MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
前半イサキ、後半ハナダイを狙う!外房のイサキ五目を満喫だ!

前半イサキ、後半ハナダイを狙う!外房のイサキ五目を満喫だ!

片貝沖のハナダイはほぼ1年中狙えるが、4月からはイサキも開幕。2魚種をリレーで狙える時期を迎えた。釣り方は60号ビシを使ったコマセ釣り、アミコマセで仕掛けは2.5〜3mの3本バリ、ハリスは2号が基準だ。

イサキ・ハナダイにLTでチャレンジ!水温が下がって良型主体にヒット

4月13日、1時30分に川崎を出たが、アクアライン経由で片貝港に着いた時は4時の集合時間ギリギリ!
片貝港は船の明かりが煌々と灯る。
車を停めて女将さんに挨拶し、急いで手続き&準備に入る。

ビシは60号と軽く、アミコマセなので上窓だけ半分開ければOK。
お客さんは11人、筆者は右舷ミヨシ2番だ。

準備が整った4時30分に出船。
広いキャビンは予想以上に快適。
ウトウトしながら1時間ほど走る。
5時頃から日が昇り始め、太東沖へ到着。

「エサはイカタンを米粒大に切ってください。根に沿って流すのでエサ取りが多いです。
タナは23mから20mまで上げてください」と市東吉雄船長。素早くハサミでイカタンを切る。

「今日は水温が低いので、1匹ずつ大切に釣ってください」

そうなれば、首からカメラを下げて投入。
来た! しかし、掛かりが浅かったのか水面バラシ…。

船中で竿が曲がり始め、撮影に回るが、イサキはいずれも良型。

「水温が下がったので、小さい魚はいない」と船長。

ウマヅラも姿を見せるため、オキアミでは釣りにならない。
イカタンなら手返しの速さも魅力。

キーパーに掛けていた竿が入った!
ライトタックルで引きを満喫する。
上がったのは30㎝ちかいイサキ。ハリは飲まれていた。

型を見てひと安心するが、イサキは誘い方で差が出る。
右隣の方は小さめのウイリーを使い、次々に食わせていた。

エサでもアタリが続くため、タナの取り方とコマセワークが重要。

コマセを振ってアタリがなければ、再び23mからコマセを振り、あまり長く待たず再投入。

次から次へと魚を掛ける人、ポツポツ釣っていく人と、釣果に差が出たが、貸し竿で試行錯誤する人には、上乗りの関谷さんがコマセの振り方をレクチャーする。

ポイント移動するとアタリが増えた!

「ちょっと移動してみます」と船長。

魚探を見ていると水深が40mくらいで、そのなかで根の縁に当てている。

「今度は38mから35mでやって」

水深がある分、水温も安定しているのか、アタリが増え始めた。

35mで再びアタリ、ライトタックルでは向こうアワセを狙うより、軽くアワせた方がハリ掛かりも良い。
ようやく2匹目のイサキ。続いてはトゴットメバルのダブル、キントキもダブルとゲストも登場。

オキアミがズレないよう、ケン付きのチヌバリで仕掛けを作ってみたが、イカタンでは引っ掛かって都合が悪い。
ビシアジ用のハリでもいいか?


貸し竿の方も良型キントキをキャッチ。
開いた腹ビレが葉っぱのように見える。
やや波はあるも、船体が大きいため問題はない。

イサキの数も次第に伸び、朝方狙った20mダチへ戻るが、アタリが少ない。

ハナダイは型見る程度、こちらもサイズがいい!

8時30分頃、
「そろそろハナダイに行きます。仕掛けはイサキのものでもウイリーでも構いませんが、エサはオキアミでやってください。
右舷はとくに波が飛ぶので、弱った魚はクーラーに仕舞って、キャビンに入っていてください」と船長。

30分ほどで片貝沖。やや濁りが入っている。

「ハナダイはアタリが小さいので、ドラグ調整をして、しっかりアワせてください。
タナは26mから18mの間を探ってください」と船長は丁寧にレクチャーしてくれた。

関谷さんに確認すると「イサキよりメリハリのあるコマセの振り方が大事、1回シャクったらリールを一巻きして少し待ち、
また少しシャクって誘う」とのこと。上へ、上へと誘い上げるイメージ。

左隣の方もやや強めにシャクっている。

思わず筆者も力を入れてコマセを振るが、仕掛けを回収するとオキアミがハリから外れている。
少し速度を落とすとアタリ! しかしカサゴ、クロメバルと底の魚が続く。

漁礁周りを攻めると、根掛かりで枝スが切れることも。

途中で平根に移動するが、水温が下がっているためハナダイは型を見た程度。

35㎝を超える良型なので何枚か釣れれば…。


そう思いながらコマセを振るが、途中でイワシの反応に当たったくらいで、本命のアタリは今一つのまま11時を過ぎて沖揚がり。

釣果は竿を出せなかった方以外はイサキをある程度釣り、トップは18匹。
ハナダイはともかく、キントキやウマヅラ、メバルなど、何かしらのゲストもまじった。

4月上旬はかなり釣果が上がったものの、水温が14度に下がって食い渋った模様。
自然が相手だからこんなこともある。

イサキ、ハナダイとも型が良く、水深も30m程度までと浅く、ビシも軽いので女性、子どもや初心者にも扱いやすい道具だてだ。

仕掛けも3mと短いので、船長の指示ダナに合わせてコマセを振れば、アタリを出すことは難しくない。
水温が回復したら、期待できる釣りものだ。

イサキ&ハナダイはどちらも良型多く美味!!外房・片貝沖のイサキ五目釣行レポート

イサキ、ハナダイともコマセワークが大事!

イサキは30㎝を超える良型が主体!

良型なイサキ

後半はハナダイを狙う!良型がヒットした!

ゲストのキントキ。これも美味しい魚だ!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「勇幸丸」

片貝沖のハナダイはほぼ1年中狙えるが、4月からはイサキも開幕。
2魚種をリレーで狙える時期を迎えた。

釣り方は60号ビシを使ったコマセ釣り、アミコマセで仕掛けは2.5〜3mの3本バリ、ハリスは2号が基準だ。

まずは3時間ほどイサキを狙い、後半はハナダイを狙うという流れだが、イサキにはイカタン、ハナダイはオキアミを使う。

「イサキは指示ダナを守ること、ハナダイはシャクって自分でタナを作ることです。
イサキはエサでいいけど、ハナダイはウイリーが効くこともあります」とは「勇幸丸」の市東吉雄船長。

イサキのタナは根の上なら23〜20m、深くても38〜35mと指示ダナの3m下から誘い上げる。

ハナダイは31〜25mと6mの範囲をしっかり探ることが重要だ。

取材時は水温が下がって食い渋ったが、イサキ、ハナダイとも良型だ。

5月から、投入時間は朝5時になるため、4時には出船できるよう、早めに船宿へ向かいたい。
貸し竿、仕掛けも完備されている。

イサキは刺身、塩焼きが定番だが、ハナダイは酒蒸し、開き、酢締めなども船長&女将さんのお勧めだ。

6月後半〜7月上旬くらいまで楽しめるというので、美味しい2魚種を中心に、片貝の海を満喫してほしい。

以上の記事は「つり丸」2019年5月15日号の掲載記事です。

関連記事
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-18 10:31:56
金沢八景出船で狙う東京湾・八景沖のLTアジが好調!20cmオーバーが多数!コマセ&タナ取りの基本を押さえて、数釣りを楽しもう!刺身、なめろう、塩焼き、アジフライなど、うっとりするような美味も魅力だ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
新潟西港の「魁明丸」は佐渡島〜粟島エリアでほぼ通年、オキメバルを中心とした深海釣りを行っている。水深100m程度を攻める佐渡島では中型主体の釣りとなるが、粟島沖は水深160mの深場に群れる大型メバルを狙う。
更新: 2019-07-15 07:00:00
キュキューンと小気味の良いシャープな引き味はもちろん、食べれば超絶品! 良質な脂がその魚体まで黄金色に輝かす東京湾のブランドアジ・横須賀沖の猿島周りの黄金アジが、水温の上昇と共に活性を高めている!
更新: 2019-07-14 12:00:00
最新記事
早くも相模湾に夏到来! 真夏のオフショアキャスティングゲームの定番であり、大人気ターゲット「シイラ」がついに開幕したのだ。シイラのキャスティングゲームはとってもテクニカル&エキサイティング!
更新: 2019-07-18 12:00:00
西伊豆・戸田沖ではアカハタ&カサゴなどのロックフィッシュが熱い!胴付き仕掛け、テンヤ、ルアーのどれでも狙えるので、いろいろな釣り方で根魚を楽しもう!
更新: 2019-07-18 07:00:00
「第16回 上総湊港伝統釣法 真鯛シャクリ釣り釣り大会」の参加者募集内容になります。2019年8月4日開催に開催されます。
更新: 2019-07-17 22:30:38
焼津沖のタチウオ釣りが好調だ。一番の魅力は、良型が狙えること。1㎏オーバーのドラゴンサイズから2㎏を超すモンスター級まで!特大サイズを求めて通うファンが多いのが特徴だ。
更新: 2019-07-17 07:00:00
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読