MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夜はひとつスッテでケンサキイカ、昼はヒラメ狙いだ【福井県越前沖】

夜はひとつスッテでケンサキイカ、昼はヒラメ狙いだ【福井県越前沖】

すごしやすい秋を迎え、日本海がヒートアップしてきた。ひとつスッテでケンサキイカ、タテ釣りでヒラメをターゲットに、夜も昼も大盛り上がりなのだ。

ケンサキイカにヒラメと、夜も昼も人気沸騰中の釣り物。ここでは夜も昼も寝れません!

漁り火が煌々と数多く灯る越前沖。

エイテックの互泰行さんも今年も日本海に参上。アカイカをキャッチした。

女性もお手軽、ひとつスッテゲーム。

電動リールを巧みに扱う、食わせサビキ釣り。

大本命のヒラメだ!

見てみい、この笑顔。圧倒的幸福!

9.8kgのモンスターマダイ。金沢市の蓮谷裕史さんは、なんと自己最高記録。あと200gで10kg超え、船宿新記録だった。

食い渋りでこの釣果。十分すぎるぞ。

なんといっても福井・越前沖の沖釣りの話題を独占しているのは、ケンサキイカをターゲットにした夜ひとつスッテゲーム(イカメタルゲーム)。今期は例年より1ヵ月遅れでようやく本格化。話題のタックル、ナマリスッテも各メーカーから次々に発売され、よりいっそう誰でも気軽に楽しめる環境が整った。
昼のタテ釣り(食わせサビキ)は1ヵ月ほど早く開幕。ヒラメは爆釣と言っていいほど釣れている。
夜も昼も人気沸騰中の釣り物なので早めの釣行をオススメする。とにかく、ここでは昼も夜も寝れません!

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
エサ釣りとルアー釣りが胴船で釣果を競ってみるとどうなるのか…!? 東京湾のアジ釣りで検証してみました! LTのコマセ釣りとバチコン、果たしてどちらが勝つか…!?
更新: 2019-06-24 13:40:26
各地で人気のヒラメ釣り。釣り自体は難しくはなく、手巻きリールで浅場で釣れることが人気の理由のひとつ。近年はLTでのヒラメ釣りもブームになっている。外房飯岡港は関東で一番早くヒラメ釣りが開始される港だ。
更新: 2019-06-22 07:00:00
黒潮の接岸と共に開幕を迎える外房の“春マサ”シーズンは、例年3㎏前後がアベレージ。ベストシーズンの今大いに盛り上がっている。
更新: 2019-05-28 07:00:00
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
金沢八景「太田屋」の看板は青物五目で出船を重ねている。乗船前まではサイズが物足りない、という状況だったが、それでも食味は抜群! 取材日の東京湾口のポイント周辺には、平日にも関わらず、数隻のルアー船が集結。人気のほどが伺えた。
更新: 2019-03-29 07:00:00
最新記事
エサ釣りとルアー釣りが胴船で釣果を競ってみるとどうなるのか…!? 東京湾のアジ釣りで検証してみました! LTのコマセ釣りとバチコン、果たしてどちらが勝つか…!?
更新: 2019-06-24 13:40:26
昨年、大山沖のイサキ釣りを初経験。「幅広、身厚で良型でこんな美味しいとは」と。関東周辺で釣りをしていると、なかなかイサキ釣行までたどり着かない。その時決意した。「来年こそは、真っ先釣るぞ!」と。
更新: 2019-06-24 13:39:36
釣り人憧れの聖地『銭洲』でアカイカカンパチが始まった。カンパチの大好物アカイカを生きたままエサにするこの釣りは、時として爆発的な釣果を叩き出す。泳がせだけでなくコマセ五目釣りもOK!今年も好調だ!
更新: 2019-06-24 12:00:00
6月1日、関東エリアで先陣を切って開幕した外房飯岡沖の生きイワシエサのヒラメ釣り。夏ビラメは産卵を終え、活発にエサを追うため、数釣りも簡単。大型まじりで、ヒラメ釣り入門にももってこいだ!
更新: 2019-06-23 12:00:00
相模湾のシイラが例年にないほどのロケットスタートを切っている。特大クラスはまだキャッチでできてないが、メーターオーバーはけっこう出ている。梅雨があければ期待は特大!早めの釣行がおすすめ!
更新: 2019-06-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読