夜はひとつスッテでケンサキイカ、昼はヒラメ狙いだ【福井県越前沖】

夜はひとつスッテでケンサキイカ、昼はヒラメ狙いだ【福井県越前沖】

すごしやすい秋を迎え、日本海がヒートアップしてきた。ひとつスッテでケンサキイカ、タテ釣りでヒラメをターゲットに、夜も昼も大盛り上がりなのだ。


ケンサキイカにヒラメと、夜も昼も人気沸騰中の釣り物。ここでは夜も昼も寝れません!

漁り火が煌々と数多く灯る越前沖。

エイテックの互泰行さんも今年も日本海に参上。アカイカをキャッチした。

女性もお手軽、ひとつスッテゲーム。

電動リールを巧みに扱う、食わせサビキ釣り。

大本命のヒラメだ!

見てみい、この笑顔。圧倒的幸福!

9.8kgのモンスターマダイ。金沢市の蓮谷裕史さんは、なんと自己最高記録。あと200gで10kg超え、船宿新記録だった。

食い渋りでこの釣果。十分すぎるぞ。

なんといっても福井・越前沖の沖釣りの話題を独占しているのは、ケンサキイカをターゲットにした夜ひとつスッテゲーム(イカメタルゲーム)。今期は例年より1ヵ月遅れでようやく本格化。話題のタックル、ナマリスッテも各メーカーから次々に発売され、よりいっそう誰でも気軽に楽しめる環境が整った。
昼のタテ釣り(食わせサビキ)は1ヵ月ほど早く開幕。ヒラメは爆釣と言っていいほど釣れている。
夜も昼も人気沸騰中の釣り物なので早めの釣行をオススメする。とにかく、ここでは昼も夜も寝れません!

関連する投稿


常磐沖全面解禁でヒラメ本格シーズンへ!【茨城・常磐沖】

常磐沖全面解禁でヒラメ本格シーズンへ!【茨城・常磐沖】

茨城ヒラメ全面解禁。やっぱり今年も当たり年! 数サイズとも絶好釣! 早めの釣行をオススメするぞ。


これは嬉しいリレー釣り、大原沖のヒラメ&ショウサイフグ【大原沖】

これは嬉しいリレー釣り、大原沖のヒラメ&ショウサイフグ【大原沖】

ヒラメとショウサイフグ、ここではリレー釣りで絶好調の2魚種をぜいたくにゲットできるぞ。さぁ、大原沖へ行こう。


鹿島沖のヒラメは開幕からず〜っと絶好調!【鹿島沖】

鹿島沖のヒラメは開幕からず〜っと絶好調!【鹿島沖】

爆発的な釣れっぷりという言葉がぴったりなのが今年の鹿島沖のヒラメだ。11月1日、鹿島沖の一部エリアが解禁し、それ以来どこの船宿もトップ15枚前後の釣果を出している。ボウズはなし、貸竿の初心者が5、6枚釣ることも珍しくないという。


お待たせ! 待望の大原沖のヒラメが開幕だ【外房・大原沖〜太東沖】

お待たせ! 待望の大原沖のヒラメが開幕だ【外房・大原沖〜太東沖】

沖釣りターゲットの人気で常に上位にランクインするヒラメ。本格化する冬場を前に、各地で続々と解禁を迎えているが、ついに聖地でもある大原沖も開幕! ってことで、状況を確認しに出掛けてみた。


爆釣ヒラメ史上最強シーズン継続中! 全面解禁に備えろ!【鹿島沖】

爆釣ヒラメ史上最強シーズン継続中! 全面解禁に備えろ!【鹿島沖】

鹿島沖は茨城県内でもとくにヒラメが集まる条件が整っているという。平坦な海底にツブ根、砂礫帯、ジャリ場、泥場などヒラメが生息しやすい環境が広範囲にわたってあるのだ。ポイントに入るとヒラメが何層にもなって重なってじゅうたんのようになっているというのだ!


最新の投稿


金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

今シーズンの東京湾口部のヤリイカは8月末ごろに開幕。金沢八景から出船する「一之瀬丸」はシーズン当初は剣崎沖周辺をメインに狙っていたが、10月に入って群れは沖ノ瀬に集まり、ここを主戦場とするようになった。


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


ランキング


>>総合人気ランキング