夜はひとつスッテでケンサキイカ、昼はヒラメ狙いだ【福井県越前沖】

夜はひとつスッテでケンサキイカ、昼はヒラメ狙いだ【福井県越前沖】

すごしやすい秋を迎え、日本海がヒートアップしてきた。ひとつスッテでケンサキイカ、タテ釣りでヒラメをターゲットに、夜も昼も大盛り上がりなのだ。


ケンサキイカにヒラメと、夜も昼も人気沸騰中の釣り物。ここでは夜も昼も寝れません!

漁り火が煌々と数多く灯る越前沖。

エイテックの互泰行さんも今年も日本海に参上。アカイカをキャッチした。

女性もお手軽、ひとつスッテゲーム。

電動リールを巧みに扱う、食わせサビキ釣り。

大本命のヒラメだ!

見てみい、この笑顔。圧倒的幸福!

9.8kgのモンスターマダイ。金沢市の蓮谷裕史さんは、なんと自己最高記録。あと200gで10kg超え、船宿新記録だった。

食い渋りでこの釣果。十分すぎるぞ。

なんといっても福井・越前沖の沖釣りの話題を独占しているのは、ケンサキイカをターゲットにした夜ひとつスッテゲーム(イカメタルゲーム)。今期は例年より1ヵ月遅れでようやく本格化。話題のタックル、ナマリスッテも各メーカーから次々に発売され、よりいっそう誰でも気軽に楽しめる環境が整った。
昼のタテ釣り(食わせサビキ)は1ヵ月ほど早く開幕。ヒラメは爆釣と言っていいほど釣れている。
夜も昼も人気沸騰中の釣り物なので早めの釣行をオススメする。とにかく、ここでは昼も夜も寝れません!

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


青物や根魚ゲストも多く楽しめる! ひとつテンヤマダイ(とみ丸)

青物や根魚ゲストも多く楽しめる! ひとつテンヤマダイ(とみ丸)

年明け早々にはイワシに付いた大ダイフィーバーに沸いた外房・川津沖の一つテンヤマダイ。6月初旬の時点では、青物や根魚といった嬉しいゲストまじりで楽しめている。


釣り船にも負けない釣果もあり!ボート釣りシーズン(内房・富浦)

釣り船にも負けない釣果もあり!ボート釣りシーズン(内房・富浦)

関東地方も入梅してしまったが、穏やかな海況が続くいまはボート釣りのベストシーズン。手軽にファミリーで楽しめるだけでなく、釣り船に負けないほどの釣果だって可能なのがボート釣り。さあ、ボート釣りに出かけよう!


夏の新潟はマダイ&ヒラメで朝から晩まで楽しめる!【上越沖】

夏の新潟はマダイ&ヒラメで朝から晩まで楽しめる!【上越沖】

今年の上越沖のマダイは、例年とはちょっと様子が違う。2月末よりゴールデンウイークまで名立沖でプレ乗っ込みマダイが釣れ続け、途切れることなく名立沖〜直江津沖の広範囲で本乗っ込みが開始。例年に比べれば、乗っ込みは半月ほど早いという。マダイの乗っ込みと同時期に開幕するのが、直江津沖の夜ヒラメ釣りだ。


獲れたてのセグロイワシをエサに狙うはコチ&ヒラメ【内房・富浦沖】

獲れたてのセグロイワシをエサに狙うはコチ&ヒラメ【内房・富浦沖】

富浦周辺では、春から夏にかけてセグロイワシ(=カタクチイワシ)が大量に獲れる。それをエサにした泳がせ釣りが、富浦周辺の船宿(とくに仕立専門船宿)で盛んにおこなわれている。


エサのイワシを釣ってからヒラメとカサゴを狙う!【相模湾・平塚沖】

エサのイワシを釣ってからヒラメとカサゴを狙う!【相模湾・平塚沖】

平塚「庄三郎丸」では、4月中旬に、それまで出船していたカサゴ船がヒラメ&カサゴ船に変わった。このカサゴ&ヒラメ船、サビキ仕掛けでカタクチイワシを釣り、それをエサにした泳がせ釣りでヒラメとカサゴを狙うのだ。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読