MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【外房・大原沖】ハイシーズン突入のイサキ 多点掛けに挑戦!!

【外房・大原沖】ハイシーズン突入のイサキ 多点掛けに挑戦!!

うちが本格的にイサキで出船しはじめたのはゴールデンウイーク明けからです。それまでヒラメをメインにやっていましたが、イサキは4月から好調に釣れていました」と話すのは大原港「春栄丸」の白川永一船長。

好調続き! 良型も多い

原沖のイサキも今シーズンは絶好調だ。当エリアは4月から開幕しているが、良型主体の数釣りが続いている。
トップが規定数の50匹に達することも珍しくなく、何人もが規定数に達することもある。
釣れるサイズもふっくらとした30㎝以上のサイズが目立つ。

「うちはゴールデンウイーク明けから本格的にイサキに出船しています。それまではヒラメをメインに出船していましたが、そのころから(4月から)イサキはよく釣れていましたね」と話すのは、今回取材した大原港「春栄丸」の白川永一船長。

大原沖のイサキは、6月からもっと良くなっている見込み。良型主体の数釣りは、まだまだ楽しめる!

仕掛けはカラーバリ ハリスは1.5〜1・75号

「春栄丸」で推奨している仕掛けはカラーバリ仕掛け。仕様はハリス1.5〜1・75号、全長3mの3本バリだ。

「ハリスは潮が澄んだときや渋いときには、1.5号をおすすめします」と白川船長。
また「春栄丸」では米粒大にカットしたイカタンも付けエサとして使う。

もちろん、エサを付けないカラーバリだけでもアタる。その日の状況に応じて使い分けよう。
仕掛けはクッションゴムを介して片テンビンにつなぐ。クッションは1.2〜1.5㎜の30㎝が標準。

そしてテンビンにビシを装着するが、ビシはプラビシのFLサイズ60号。
竿は60号のオモリに対応した7対3ぐらいの先調子。
30号負荷、またはライトタックル用などの2m前後が扱いやすいだろう。
これにPE3号前後を巻いた小型電動リールか中小型手巻きリールを組み合わせる。

アタリがあったら軽くアワせよう!

「春栄丸」では「16〜18m」というように、幅のある指示ダナが出される。
仕掛けを投入したら、指示ダナの下限でビシの落下を止める。
そして仕掛けがなじんだところで竿を軽く振ってコマセをまく。あとは静かにアタリを待つ。

しばらくしてもアタリがなければ、50㎝ほど巻き上げる。そしてコマセをまいてからアタリを待つ。
これでもアタリがなければ、再度50㎝巻き上げてコマセをまき、アタリを待つ。
これを繰り返して、タナの範囲を探っていくのだ。

アタリがあったら、軽くアワせるようにすすめる白川船長。
「巻き上げ中のバラシや取り込み時のバラシが目立ちます。そのためアタリがあったら、軽くアワせてしっかりとハリ掛かりさせてください」と白川船長。

とくに追い食いを狙うときは、アワせることを忘れないように。
この場合、最初のアタリがあってからすぐに上げないのでバラシやすいからだ。

開幕から好調! 外房・大原沖のイサキ釣果レポート

ビシはプラビシのFLサイズを使用

大原港「春栄丸」では、カラーバリ仕掛けにイカタンを併用する。
イカタンは米粒大にカットして付ける

取材当日、清水さんは開始から絶好調!

ダブルを連発させ……

あっさりとトリプルも達成!!

永井裕策さんもイサキの小気味よい引きを楽しんだ!

ナイスサイズのイサキ

一流しめから多点掛け連発!

常連さんは開始からダブルでスパート!

こちらはトリプル

美味しそうなイサキをゲット!

これはビックリ! イカタンエサにキロオーバーのマダイがヒット!

ゲストにはウマヅラハギや

メバルがまじった

永井名人は良型主体の数釣りを楽しんだ!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「春栄丸」

「春栄丸」の白川永一船長の話すとおり、今シーズンのイサキは春から好スタートを切っている。
トップが規定数の50匹に達することも珍しくなく、数釣りが高確率で楽しめている。

また、釣れるサイズは良型が多く、ふっくらとした30㎝以上のサイズがメインになる日も多いようだ。
好調な日はアタリが多く、追い食いさせるのもおもしろい。「掛かっても外れやすいですからね。
最初にアタリがあったら、必ずアワせてください。そして2匹目、3匹目のアタリを待ってください」とコツを教えてくれた白川船長。

これからハイシーズンに突入する大原沖のイサキ。良型主体の数釣りは、これからまだまだ楽しめるぞ!

以上の記事は「つり丸」2015年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
毎年ファンをヒートアップさせる相模湾のカツオ・キハダ。今年は両魚ともにサイズが良く、カツオは5㎏オーバーを狙え、キハダは30㎏超級が連発し例年以上に釣り人を熱くさせている。今後も、まだまだ数多くのドラマが待っているはずだ。
更新: 2019-09-22 07:00:00
秋の気配が感じられる頃に始まる東京湾口のアマダイ。久比里の「巳之助丸」では、8月20日から乗合を開始し、好釣果が続いている。22日にはトップ10匹、23日にはトップ15匹と数が出たうえ50㎝を越える特大サイズが3本出た日も。
更新: 2019-09-21 07:21:41
東京湾のLTアジは年中狙える超優良ターゲットだ。現在、大きなムラもなく安定して好調が続いている。20cmクラスの良型を上目のタナで勝負!基本を押さえれば誰でも数釣りできる。そんなLTアジのタックルセレクト&基本の釣り方を解説。
更新: 2019-09-19 07:00:00
南房のオニカサゴが好調キープ! 冬の釣り物と思われがちだが、じつは周年狙うことのできるターゲットだ。「1kg級主体に、浅場でいい感じに釣れています。潮次第で数釣りも期待できますよ」と話してくれたのは、相浜港「安田丸」安田智浩船長。
更新: 2019-09-18 07:00:00
日帰りの遠征大物&高級五目釣りの聖地・銭洲では、いま泳がせ釣りでカンパチが激アツだ。この時期のエサはチビムロと呼ばれる小型のムロアジ。秋の銭洲は大型にも期待が高まる。銭洲の泳がせ釣りはこれからが絶好機だ!
更新: 2019-09-17 08:07:47
最新記事
毎年ファンをヒートアップさせる相模湾のカツオ・キハダ。今年は両魚ともにサイズが良く、カツオは5㎏オーバーを狙え、キハダは30㎏超級が連発し例年以上に釣り人を熱くさせている。今後も、まだまだ数多くのドラマが待っているはずだ。
更新: 2019-09-22 07:00:00
秋の気配が感じられる頃に始まる東京湾口のアマダイ。久比里の「巳之助丸」では、8月20日から乗合を開始し、好釣果が続いている。22日にはトップ10匹、23日にはトップ15匹と数が出たうえ50㎝を越える特大サイズが3本出た日も。
更新: 2019-09-21 07:21:41
釣った魚をイケスで生かすためのエア抜きニードル「ABUエアー抜き ピンオンリール付き」
更新: 2019-09-20 13:26:01
★動画★料理編「アジ釣り女子会」私を釣り~に連れてって!! 沖釣り専門誌「つり丸」と日本最古のスポーツ紙「日刊スポーツ」の共同企画!参加者を募集します(女子限定)。9月27日(金)出船!事前に太田屋さんに電話で予約を入れてくださいね。
更新: 2019-09-20 07:00:00
東京湾のLTアジは年中狙える超優良ターゲットだ。現在、大きなムラもなく安定して好調が続いている。20cmクラスの良型を上目のタナで勝負!基本を押さえれば誰でも数釣りできる。そんなLTアジのタックルセレクト&基本の釣り方を解説。
更新: 2019-09-19 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読