MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型まじりで浅瀬で好調な「ヒラメ」仕掛け&釣り方伝授!

大型まじりで浅瀬で好調な「ヒラメ」仕掛け&釣り方伝授!

6月1日、関東エリアで先陣を切って開幕した外房飯岡沖の生きイワシエサのヒラメ釣り。夏ビラメは産卵を終え、活発にエサを追うため、数釣りも簡単。大型まじりで、ヒラメ釣り入門にももってこいだ!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

開幕直後は濁し潮対策がカギ!浅瀬で楽しむヒラメ釣り

6月1日、飯岡沖〜犬吠埼沖は、関東周辺ではいち早く生きイワシエサによるヒラメ釣りが解禁。
来年の3月までロングランで楽しめる。

解禁直後の実際の釣れっぷりはどうかというと、強い濁り潮のため、水深10mの浅場でのヒットが集中。
結果としては、良型まじりでトップ5枚と好調だった。

ヒラメ釣りにとくに力を注いでいる飯岡港「清勝丸」熱田純一船長によると、
「初日の口開けは手探り状態でヒラメを探索していましたが、濁りの影響のため、水深10m前後の浅場でやはりヒラメがかたまっていましたね。昨年同様、しばらくは浅場の釣りが続くだろうと思います。魚はいますので多くの人にぜひ気軽にチャレンジしてもらいたいですね。夏ビラメは食いが活発で釣りやすいので」
と、今期の予想を話す。

つまり、魚はいるけど、濁りが強いため、なかなかエサを見つけられず、ヒットしないということ。

対策を講じれば、釣れるようになるし、濁り潮が取れれば、夏ビラメシーズンが本格化するということだ。

まずは、基本タックルについて解説しよう。

オモリは60号が基本 横流し時は80号〜100号を使う

竿は、長さ2〜2.4mのヒラメ専用、またはLT用もOK。
ヒラメ用以外では7対3調子のロッド、もしくは6対4の胴調子でもよい。

リールは小型両軸リールにPE2〜3号を200m収納してあれば十分。
電動リールでもよいが、水深が浅いためあまり 必要ない。

仕掛けは、市販もしくは船宿のもので十分。

ハリスは6〜8号。

夏ビラメは小さめの個体も多いので孫バリはシングルフック、もしくは小さめのトレブルフックを使う。

さて、重要なのはオモリの重さ。
基本は60号だが、横流し釣りを行うことが前提なので、80〜100号のオモリも用意しておこう。

濁り潮を意識したアピールアイテムを準備する!生きイワシを弱らせないように!

朝イチなど薄暗いときや濁り潮のときは、エサを目立たせるためのアピールアイテムが有効だ。

まず用意したいのが、水中ライト。
近年ではブルーの小型水中ライトが定番になっている。

付ける場所は、リーダーと道糸の接続部、もしくは捨て糸とリーダーの間。
濁りが強いときは、後者が効果が高いようだ。

また、イワシにより近い部分を目立たせるために、親バリのチモトに夜光ビーズやケイムラビーズを入れてもよい。

解禁直後、ダントツの竿頭をとったヒラメ釣り名人は、アジングやメバルゲームに使うソフトワームを親バリに付け、ズレ防止とアピール効果を期待したものとして使用。
これで、実績をあげていた。潮色によってワームの色を変えているという。

濁りがきついときは、オレンジやチャート、グリーン。
澄み潮のときは、クリアーもしくはケイムラなどが効果があるという。

イワシの泳ぎに抵抗を与えるため、逆にイワシを弱らせてしまうこともありそうだが、ワームは軽量のためあまり影響はないという。

エサのアピールアイテムを紹介したが、泳がせ釣りでなによりも大切なのは、エサのイワシの生きのよさ。
元気に泳ぐことが、ヒラメに対して一番アピール効果がある。

エサの無駄使いはむろんタブーだが、1匹のイワシをどれだけ弱らせないように扱えるかが、釣果のカギを握っているといてっも過言ではない。

イワシをハリに付けるときは、できるだけオケのなかの海水のなかで行うようにしよう。

すばやくやることが第一だが、気をつけることは、鱗をできるだけ落とさないこと。

親バリは、鼻掛けもしくは、口のなかから上アゴに抜く。
どちらかは好みでよい。とにかく、やりやすい方法ですばやく行おう。

孫バリもさまざまな付け方がある。
夏の飯岡沖での基本は、背掛けだ。
根掛かりが多いポイントを流すため、根掛かりを防ぎたいという理由からだ。

潮が澄んでいる場合は、高ダナで狙うことができる。
そんなときは根掛かりの心配がないので、孫バリは腹側に打ってもよい。


横流しか、ピンポイント潮流しかで釣り方を変える!

さて釣り方は、難しいことはない。
基本は、オモリを底から50㎝上に上げてアタリを待つだけ。

気をつけなくてはいけないのは、船は横流しか、ピンポイント狙いの潮流し、のどちらかであるかを釣り人が把握すること。

各船長は飯岡沖ではポイントや状況により、どちらかの流しを行う。
流し方については必ずアナウンスされるので心配ない。

横流しの場合、使用するオモリは重めと理解しておこう。

とくに、風下側の釣り座の場合、船が流れると道糸が船下に入っていくので、重めのオモリを使用。
60号が基本なら80〜100号を使おう。

逆に、風上側は、船が流れると道糸は沖側に出ていくので、基本のオモリ60号でよい。
これで、周りの人たちとのオマツリを回避できる。

ライトタックルで行う場合は、この横流し釣り時は、軽いオモリにこだわってはいけない。
できるだけオモリの大きさは周りとあわせるようにしよう。

ピンポイントの潮流し釣りでは、40号くらいの軽いオモリの使用は可能だ。

いずれの場合も置き竿にしっぱなしでは、根掛かりの原因となるので注意しよう。

オモリを底で引きずってしまうと、根掛かりを頻発してしまう。
マメな底ダチとりがこのエリアでは必須条件だ。

とくに濁り潮の場合は、ベタ底がタナになる。
手持ち竿でオモリで底を丁寧にトレースすることが、貴重なアタリを出すこととなる。

アタリが出たら早アワセは禁物!聞き上げアワセで十分

澄み潮で魚が高活性の場合は、ヒラメは高ダナまでジャンプしてエサを一気に捕食することがある。
そんなときは早アワセしてもしっかりとフッキングすることがほとんどだが、通常の場合、早アワセは厳禁だ。

アタリは竿先にシャープに出る。ここで、道糸をフリーにして送り込んではいけない。

竿先を少し下げる程度の送り込みでオーケー。
その場でじっと待ち、2度3度、グググーっと竿先を引きこまれたら、竿を聞き上げるだけで、アワセ完了。
けして、強くアワセないようにしよう。

このアワセでハリ掛かりしないときは、即座に底ダチをとりなおそう。
エサがハリに付いているなら再びバイトしてくることが多い。

そして、やり取りはポンピングはタブー。
竿を一定の角度に保ったまま、リールを巻き続けよう。

ヒラメのサイズが大きくなればなるほど、このやり取りが大事になる。
無駄な刺激をヒラメに与えず、タモの中へと魚を誘導しよう。

大型まじりで浅瀬で好調!生きエサがカギ!外房・飯岡沖 ヒラメ釣行レポート

良型で大型ヒラメが連日ヒット!

ポイントは浅場なので陸近くだ

手持ち竿でイワシの泳ぎを把握する
根周りでは丁寧な底ダチとりがアタリを生み出し、根掛かりも防ぐ!

このサイズは数釣り可能だ!

2枚同時ヒット!ヒラメは固まっているぞ!

タモのなかへ上手にヒラメの頭から入れよう

嬉しい1枚!

常連の江戸川区の鶴巻さんは午前5時30分に4枚目キャッチ。

名人鶴巻さんはあっさりと5枚釣りあげた

鶴巻さんの持参イケスのなかはこのとおり

鶴巻さんが持参したアジング用ワーム。潮色によってカラーを変えているという

親バリにワームを装着。ハリのズレ防止にもなる。アピール効果は大だ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「フィッシング倶楽部 清勝丸」

6月1日、関東エリアでは先陣を切って開幕した外房飯岡沖の生きイワシエサのヒラメ釣り。

「例年、開幕直後はあまりよくないのですが、結果的にいいスタートを切れました」とは、
ヒラメ釣りに力を入れる飯岡「清勝丸」の熱田純一船長。

飯岡沖は海中の濁りがきついため、水深10m前後の浅場からスタート。
アピール系アイテムを駆使した釣り人にパターンが合うと連続ヒットし、開幕直後は、2〜4㎏の良型ヒラメまじりでトップ5枚と好調な出だしだった。

「今期もどうやら夏場は昨年同様浅場がメインになりそうです」と熱田船長。
今後はポイントにもよるが、ピンポイントの潮流しと広範囲を探れる横流しを状況によって使いわける船の流しを行っていくという。

海中の濁りがとれ潮色がよくなれば、ヒラメの食いは一気によくなる。
夏ビラメは産卵を終え、活発にエサを追うからだ。

そして数釣りも簡単。
ヒラメ釣り入門にももってこいなのが、実はいまなのだ。

浅場なので手持ち竿で狙うLTもオーケー。

夏ならではのヒラメ釣りを飯岡沖で楽しもう!!

以上の記事は「つり丸」2017年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル