MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋マダイ始動! 数釣りモード突入は秒読みだ!!【上越柿崎沖】

秋マダイ始動! 数釣りモード突入は秒読みだ!!【上越柿崎沖】

秋マダイのシーズンが、ついに始まった。日本海のマダイが、ほんとうに美味しくなるのは秋からなんです。あっさりと淡白な味わい、奥深き確かな旨味。刺身で良し、焼いて良し、どう食べたって最高だ。さぁ、秋マダイを釣りに行こう!

先入観にとらわれずに仕掛けのバランスを変えていくことがカギ

秋からおいしくなる日本海のマダイ。1㎏前後が食べごろだ。

このサイズは数釣りできる。

常連の松本市の斎藤圭司さん、夕方の時合いに良型連続ヒット。

柿崎沖のマダイの魚影も濃い。

時合いに連続ヒット中。

今夜は刺身で冷酒か焼酎か…たまらん瞬間だ。

秋マダイのシーズンはこれから。この釣果は序の口。爆釣モードに期待しよう。

上越沖では柏崎、新潟方向へ流れる潮を「下り潮」と言い、逆に富山方向へ流れる潮を「上り潮」と言う。
魚の活性が上がるのは圧倒的に「下り潮」の時である。これに加えて「下り潮」でも右曲がりのベクトルを示す「陸に入っていく潮」と左曲がりの「沖にはらう潮」があり、後者が釣果に良い影響を及ぼす。
柿崎沖の取材当日の上潮は「下り潮」だが「陸に入っていく潮」、底潮はほとんど動かずよい潮とは言えなかった。それでも常連さんたちは着実にマダイを釣り上げる。
海のなかは刻々と変わっていく。仕掛けのバランスをどんどん変えていくことがよい釣果に結びつく。この潮の状態だったらこの仕掛けのバランスで釣れたという経験則は大切だが、かたくなにそれを通すのではなく、ときにはガラッと仕掛けのバランスを変えてみるのも大切だ。
常連さんたちは底潮の状態から軽めのバランスの仕掛けで数を伸ばしていたが、沖揚がりの1時間前からは、非常に重いバランスの仕掛けに一転。連発で良型を仕留めていた。さすがは常連さん。
1㎏クラスのマダイはすでに食味がいい。秋の数釣りモード突入は秒読みの段階。釣行計画はお早めに!!

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連するキーワード
関連記事
飯岡沖を代表する人気ターゲットのリレー釣り!飯岡港「龍鳳丸」では、40cm超えのショウサイフグ、ヒラメも良型揃いで絶好調!今シーズンもかなり期待できそうだ!
駿河湾・焼津沖のタチウオが好調!じっくり攻めてドラゴン狙い!LTでアグレッシブに攻めて数狙い!釣り方、楽しみ方は貴方次第!ベストシーズンはこれからだ!
アフターコロナのある日、釣り好き女子三人が金沢八景「忠彦丸」でLTアジ釣り女子会を開催!感染防止、船上のマナーについて話を聞いた。
ライトタックルで臨む!外房・大原沖のイサキ&シマアジリレー船!ポイントの水深は大原沖10〜20mと超浅場!誘い方の違いで釣り分けけよう!
ビッグワンが期待できる乗っ込み期のマダイ!日立久慈沖では、これからひとつテンヤ釣法での乗っ込み本番を迎えようとしている。当地ならではのテンヤマダイの攻略法を紹介しよう。
最新記事
飯岡沖を代表する人気ターゲットのリレー釣り!飯岡港「龍鳳丸」では、40cm超えのショウサイフグ、ヒラメも良型揃いで絶好調!今シーズンもかなり期待できそうだ!
4月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”!今期のカンパチの状態はすこぶるよく、下田「龍正丸」ではイカorムロ泳がせで良型カンパチが絶好調だ!
あらゆるライトゲームに活躍。スプールがワンタッチ交換可能な小型電動リール「エラン SW DENDO 150PH」
駿河湾・焼津沖のタチウオが好調!じっくり攻めてドラゴン狙い!LTでアグレッシブに攻めて数狙い!釣り方、楽しみ方は貴方次第!ベストシーズンはこれからだ!
アフターコロナのある日、釣り好き女子三人が金沢八景「忠彦丸」でLTアジ釣り女子会を開催!感染防止、船上のマナーについて話を聞いた。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読