秋マダイ始動! 数釣りモード突入は秒読みだ!!【上越柿崎沖】

秋マダイ始動! 数釣りモード突入は秒読みだ!!【上越柿崎沖】

秋マダイのシーズンが、ついに始まった。日本海のマダイが、ほんとうに美味しくなるのは秋からなんです。あっさりと淡白な味わい、奥深き確かな旨味。刺身で良し、焼いて良し、どう食べたって最高だ。さぁ、秋マダイを釣りに行こう!


先入観にとらわれずに仕掛けのバランスを変えていくことがカギ

秋からおいしくなる日本海のマダイ。1㎏前後が食べごろだ。

このサイズは数釣りできる。

常連の松本市の斎藤圭司さん、夕方の時合いに良型連続ヒット。

柿崎沖のマダイの魚影も濃い。

時合いに連続ヒット中。

今夜は刺身で冷酒か焼酎か…たまらん瞬間だ。

秋マダイのシーズンはこれから。この釣果は序の口。爆釣モードに期待しよう。

上越沖では柏崎、新潟方向へ流れる潮を「下り潮」と言い、逆に富山方向へ流れる潮を「上り潮」と言う。
魚の活性が上がるのは圧倒的に「下り潮」の時である。これに加えて「下り潮」でも右曲がりのベクトルを示す「陸に入っていく潮」と左曲がりの「沖にはらう潮」があり、後者が釣果に良い影響を及ぼす。
柿崎沖の取材当日の上潮は「下り潮」だが「陸に入っていく潮」、底潮はほとんど動かずよい潮とは言えなかった。それでも常連さんたちは着実にマダイを釣り上げる。
海のなかは刻々と変わっていく。仕掛けのバランスをどんどん変えていくことがよい釣果に結びつく。この潮の状態だったらこの仕掛けのバランスで釣れたという経験則は大切だが、かたくなにそれを通すのではなく、ときにはガラッと仕掛けのバランスを変えてみるのも大切だ。
常連さんたちは底潮の状態から軽めのバランスの仕掛けで数を伸ばしていたが、沖揚がりの1時間前からは、非常に重いバランスの仕掛けに一転。連発で良型を仕留めていた。さすがは常連さん。
1㎏クラスのマダイはすでに食味がいい。秋の数釣りモード突入は秒読みの段階。釣行計画はお早めに!!

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

関連するキーワード


マダイ 上越柿崎沖

関連する投稿


ハナダイ&マダイ、東京湾のウイリー五目は魚種多彩!!【東京湾】

ハナダイ&マダイ、東京湾のウイリー五目は魚種多彩!!【東京湾】

「野毛屋」のウイリー五目船が再開されたのは11月の半ば。今年はまだ水温が高くハナダイやマダイの釣果にはムラがあるが、それを補うようにカンパチ、イナダ、アジが活発な食いを見せ、まさに五目釣りならではの多彩な魚種が釣れている。ウイリーのシャクリ釣りはもう20年以上も通っている私の大好きな釣りのひとつ。早速、取材に向かった。


晩秋の日本海…夜マダイ・ワラサを釣る【下越・粟島沖】

晩秋の日本海…夜マダイ・ワラサを釣る【下越・粟島沖】

7月中旬から2月中旬までの期間限定となる粟島沖の夜のマダイ・ワラサ釣り。今期はサメが非常に多かったため水温が低下した10月に入り今期初出船となった。


晩秋の日本海…昼マダイ・夜ワラサを釣る【上越・直江津沖】

晩秋の日本海…昼マダイ・夜ワラサを釣る【上越・直江津沖】

今秋、サメ被害に悩ませられた上越のマダイ釣り。特に秋マダイのメッカとなる有間川沖から名立沖のエリアで被害が甚大であったが、10月に入ってからは水温低下でサメの被害も減っている。うれしいゲストであるヒラマサも回遊し上越地域のコマセ釣りはヒートアップ中だ。


次なるひとつテンヤのブレイクエリアは片貝沖だぁ!【外房・片貝沖】

次なるひとつテンヤのブレイクエリアは片貝沖だぁ!【外房・片貝沖】

外房の大原沖、飯岡沖、そして茨城海域。ここ数年で外房〜茨城では、ひとつテンヤマダイがブレイクした地区が多い。そして、この冬、またまたブレイクしそうなのが外房・片貝沖だ。


晩秋の日本海…昼マダイ・夜アジ・アオリを釣る【新潟下越・間瀬沖】

晩秋の日本海…昼マダイ・夜アジ・アオリを釣る【新潟下越・間瀬沖】

秋の日本海。冬の将軍の到来を前に海の生き物たちは活発だ。霊峰・弥彦山のふもとにあたる新潟県下越・間瀬港前では、コマセ釣りでマダイ、夜はエギングでアオリイカ、アジングで良型アジが活発に釣れているのだ。


最新の投稿


金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

今シーズンの東京湾口部のヤリイカは8月末ごろに開幕。金沢八景から出船する「一之瀬丸」はシーズン当初は剣崎沖周辺をメインに狙っていたが、10月に入って群れは沖ノ瀬に集まり、ここを主戦場とするようになった。


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


ランキング


>>総合人気ランキング