MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋マダイ始動! 数釣りモード突入は秒読みだ!!【上越柿崎沖】

秋マダイ始動! 数釣りモード突入は秒読みだ!!【上越柿崎沖】

秋マダイのシーズンが、ついに始まった。日本海のマダイが、ほんとうに美味しくなるのは秋からなんです。あっさりと淡白な味わい、奥深き確かな旨味。刺身で良し、焼いて良し、どう食べたって最高だ。さぁ、秋マダイを釣りに行こう!

先入観にとらわれずに仕掛けのバランスを変えていくことがカギ

秋からおいしくなる日本海のマダイ。1㎏前後が食べごろだ。

このサイズは数釣りできる。

常連の松本市の斎藤圭司さん、夕方の時合いに良型連続ヒット。

柿崎沖のマダイの魚影も濃い。

時合いに連続ヒット中。

今夜は刺身で冷酒か焼酎か…たまらん瞬間だ。

秋マダイのシーズンはこれから。この釣果は序の口。爆釣モードに期待しよう。

上越沖では柏崎、新潟方向へ流れる潮を「下り潮」と言い、逆に富山方向へ流れる潮を「上り潮」と言う。
魚の活性が上がるのは圧倒的に「下り潮」の時である。これに加えて「下り潮」でも右曲がりのベクトルを示す「陸に入っていく潮」と左曲がりの「沖にはらう潮」があり、後者が釣果に良い影響を及ぼす。
柿崎沖の取材当日の上潮は「下り潮」だが「陸に入っていく潮」、底潮はほとんど動かずよい潮とは言えなかった。それでも常連さんたちは着実にマダイを釣り上げる。
海のなかは刻々と変わっていく。仕掛けのバランスをどんどん変えていくことがよい釣果に結びつく。この潮の状態だったらこの仕掛けのバランスで釣れたという経験則は大切だが、かたくなにそれを通すのではなく、ときにはガラッと仕掛けのバランスを変えてみるのも大切だ。
常連さんたちは底潮の状態から軽めのバランスの仕掛けで数を伸ばしていたが、沖揚がりの1時間前からは、非常に重いバランスの仕掛けに一転。連発で良型を仕留めていた。さすがは常連さん。
1㎏クラスのマダイはすでに食味がいい。秋の数釣りモード突入は秒読みの段階。釣行計画はお早めに!!

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連するキーワード
関連記事
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
駿河湾・沼津沖は、西から回遊してくるタチウオの大きな群れがたまり、一人100本釣りなんてことも過去に珍しくない。夜が苦手な人には、湾内の大アジ釣りがオススメ。沼津沖はこの冬にはかかせない釣り場だ。
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
鹿島沖のヒラメが絶好調!数はもちろん、大判の「座布団ヒラメ」も出現中!釣行日前半は、毎回の流しのたびに船中で連発ヒラメフィーバー。トップは7枚まで一気に数を伸ばし、平均5枚の爆釣ぶり。
東京湾のアジは、昨年の秋から広範囲で好調。1月前半の時点でも数釣りが継続しており好調だ。走水港「吉明丸」では走水沖〜下浦沖の広範囲を狙って、トップ40匹台、50匹台をコンスタントに記録している。
最新記事
ファスナーの動きをよくするメンテナンススプレー「ファスナーするするスプレー」
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
冬の相模湾、ホウボウゲームが面白い!エサ釣りと同船して楽しむのが相模湾スタイルだが、ここではテクニカルなライトジギングの基本タックル、ヒットジグ、テクニックなどを紹介する!
鹿島沖のワラサが好調だ。しかも今期のワラサは丸々と太っている個体が多く、腹周りの身は真っ白で、大変美味。巻きさえ合えば、ビギナーでも連続ヒットあり!鹿島沖のワラサは群れも多いので、今後も期待だ!
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読