MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
初夏の新潟 激アツシーズン真っ最中!! 乗っ込みマダイ夜ヒラメ

初夏の新潟 激アツシーズン真っ最中!! 乗っ込みマダイ夜ヒラメ

新潟県上越沖は、マダイとヒラメが乗っ込み本番を迎えている。上越沖はいま、ビックリするような釣果を記録中。さあ、この初夏の新潟の激アツチャンスを逃す手はないぞ!!

港までアクセス抜群! 昼夜リレーで楽しめる

上越・直江津沖は日本でも有数のマダイ乗っ込みエリアだ。
上越市内中心部を流れる関川の河口沖周辺には、毎年5月半ばから7月にかけて産卵を控えたマダイたちが大挙して回遊する。

そして、ほぼ同時期に開幕するのが夜ヒラメ釣り。ポイントの水深は20m前後と浅く、夜にカカリ釣りをするのが特徴だ。
直江津港までは車で北陸道上越ICから約15分。港まではICから直線道路を経由。
その道路沿いには釣り具店が4軒あり、必要なものは、この釣り具店でほぼそろってしまう。

直江津港から出船する船宿は、午前・午後、半夜・深夜の4便制、または午前便と午後と半夜のリレー便をとりいれている。
本誌協定船宿で前者は「里輝丸」「第二八坂丸」、後者は「第三いしなぎ」。
このような出船形態が可能になるのは、マダイ、ヒラメともに魚影が濃いからだ。

このような出船形態を上手に利用すれば、だれでも上越のゴールデンシーズンを短時間で100%楽しむことができる。

上越沖のマダイ乗っ込みは 直江津沖から名立沖へと移行する

今期、5月半ばから乗っ込みを開始したのは、直江津沖水深30m前後。
クリといわれるツブ根周辺だ。ピンポイントに群れが集まるのではなく、マダイは広範囲に群れている。

シーズンが進み、直江津沖のマダイの食いが渋くなる。
すると、プレ乗っ込みでにぎわっていた名立沖水深35m前後が乗っ込みポイントに加わることとなる。

乗っ込みマダイは置き竿釣法が定番

上越沖の乗っ込みマダイは、置き竿釣法が定番だ。
船長の指示ダナはもっぱら10m以浅。高活性時は5m前後となる。

どうして置き竿釣法がよいのかというと、マダイたちは、ポイント周辺広範囲に群れて回遊している。
それを狙っているからだ。

魚の回遊待ち釣りであるため、コマセのドバまきは必要ない。
産卵期のため警戒心が強い個体も多い。そのためビシなどを動かさず静かに待ち、エサを自然に漂わせることが大事になる。

ハリス長は10m、船宿によっては12〜13m。軽めの仕掛けが基本だが今期は重めがいい時もあるという。

ポイント周辺に回遊してくるマダイはかなり浮いている。

だから、指示ダナは高く軽めの仕掛け、つまりビーズやガン玉などを付けないストレートなどが実績が高いのだが、今期はいつもとちょっと状況が異なるという。

「仕掛けの重さは釣り人に任せています。今期のマダイは、重い仕掛けにヒットすることもあるし、軽い仕掛けにもヒットする。その時々にどちらかが釣れるのですが、どちらかがいいとはいえません」とは、マダイ釣りを得意とする直江津港「第三いしなぎ」の岩佐健作船長。

このような状況の対策として、まずはセオリーの「軽い仕掛け」からスタートし、周りの状況を見ながら、仕掛けを少し
ずつ重くしてみてはどうだろうか。

マダイがヒットすると横走りハリスを掴んでからが勝負!

マダイがヒットすると、必ず横走りする。
ポイント周辺には険しい根があるわけではないので、無理にドラグを締めてその走りを止めることはない。

少しずつリールを巻き上げながら魚を手元によせ、ハリスを掴んでからが勝負だ。
マダイは浅場でヒットしているため、水圧によるエアをもたない。

だから、青物のように水面下まで元気に泳ぎ回るのだ。
上手に手繰りよせて、マダイの頭からタモに収めればフィニッシュだ。

夜ヒラメのハリスは太めでオーケー。高ダナで

直江津沖の夜ヒラメ釣りは、アンカーを打って船を止めるカカリ釣りだ。
ポイントの水深は20m前後。アジが回遊し始めると30m前後を攻めるようになる。
船の灯りによってきたプランクトンを求めて小魚が集まり、それを捕食しに乗っ込みのヒラメが船の周りに集まってくる。
そのヒラメを釣るのだ。

エサは購入した小アジ。一人半夜で8匹が基本。
仕掛けは関東で使われているヒラメ仕掛けとほぼ同じ。異なるのはハリスの太さ。
最低で8号、10号前後が基本だ。
2本竿オーケーの船宿(要確認)では、長竿と短竿の2本を用意すると便利。

超ショートロッドがあれば、この釣りでは重宝する。
タナは、流し釣りと異なり、最低でも底から3m上。
魚の活性が高いときは、魚探に泳いでいるヒラメがはっきりと映し出され、底上10mでヒットすることもしばしば。
表層のベイトを追いかけるときは、ボイルすることもあるという。この夜釣りではヒラメ=ベタ底という概念はなくそう。

アタリが出たら早アワセは 禁物。じっくり食わせる

きアジエサでは、早アワセは禁物だ。
アジをくわえたままでいることも多く、そんな状態でアワセてもハリ掛かりしない。

「アタリが出たらとにかくじっくり、これでもか……、と思うくらい静かに待ってください。静かに誘い上げて、ガンガンガンと強く引き込まれたところで大きくアワセる。もしくは、長く待ってもなかなか変化がでないときは、思い切って
大きくアワセるなど、とにかく早アワセだけはしないようにすることがコツです」と、「第3いしなぎ」岩佐船長は話す。

イワシが回遊したら釣ってエサにするとリーチ確定!!

これからの時期は沿岸にマイワシが接岸する。船の灯りに誘われて、イワシたちが船に周りに回遊してくることがある。
そのイワシは、専用のサビキで釣る。そして、すぐヒラメ仕掛けに付けて落とすと、高確率でヒラメがヒットする。
イワシを釣ってエサにした数だけ魚が釣れる! といっても過言ではないほど特エサだ。
必ずイワシ釣り専用のサビキを持参するように。

イワシ釣り対策を忘れずに!

イワシはマイワシ。このイワシはそう簡単には釣れない。いま一番実績があるのは、白ハゲ皮の銀袖バリサビキ。
これをライトタックルで釣るのがベスト。オモリは20号。また、イワシ釣り用サビキは「ホシノ釣具店」で購入可能。
ハヤブサ「ハゲ皮白袖9号」などがオススメ。オモリは20号を使う。

昼は乗っ込みマダイ 夜はヒラメ釣り 欲張り派は両狙いで楽しめる直江津港釣果レポート

「第三いしなぎ」の船上。14時出船のマダイ・ヒラメリレーが人気

マダイは群れて底から浮いて泳いでいることが、この魚探の画像から分かる

大ダイの強烈な横走りダッシュに耐えろ!

取り込みは全員協力しあおう。同時ヒットがしばしばあるからだ

ナイスボディーのマダイ

置き竿釣法で乗船者全員に大ダイキャッチのチャンスがある直江津沖の乗っ込みシーズン

早めの釣行がカギだ!

山梨県甲斐市の河野良さんは沖揚がり直前に4.5㎏の大ダイキャッチ。
最後まであきらめない姿勢が功を奏した

昼のマダイはなんと指示ダナ10m以浅。乗っ込み大ダイ浮上中!!

「第三いしなぎ」の午前船で良型ばかり7枚キャッチした群馬県南牧村の高見沢さん

こちらも贅沢魚が勢揃い

こちらは、夜の「第三いしなぎ」の夜ヒラメ。船の灯りにさまざまな生き物たちが集まってくる

エサは購入した小アジ。「第三いしなぎ」では、船長に直接注文しよう。一人8匹が目安

ヒラメ狙いのタナは底から3m以上! ヒラメが
エサをくわえたアタリを逃すな!!

「第3いしなぎ」の岩佐健作船長は夜ヒラメ釣りにもこだわっている。ヒラメのタモいれは船長におまかせ

大型ターゲットをゲット!

カカリ釣りで大ビラメを狙おう!!

淡白で繊細、美味といわれる低脂肪のヒラメ。刺し身や寿司、煮付けなどでいただこう

「第三いしなぎ」のリレー船の釣果、集合写真

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・直江津港「第三いしなぎ」「里輝丸」「第二八坂丸」

待望の上越沖の乗っ込みマダイ&夜ヒラメシーズンが開幕した。

3月4月のプレ乗っ込みマダイが記憶に新しいが、今期はゴールデンウイーク明けに直江津沖水深30m前後で乗っ込みマダイが始まった。
それと同時にスタートするのが夜のヒラメ釣り。
毎年、乗っ込みシーズンがマダイと同じなので、昼はマダイ、夜はヒラメと24時間釣りを楽しむことも可能だ。

マダイ釣りの特徴は、船長の指示ダナが浅いこと。10m以浅がほとんどで高活性時は5m前後がメインとなる。
そのため、ハリス長さが10mだがマダイはやり取り中の水圧の変化によるエアを持たないので、海面まで元気に泳ぎ回る。
だから、ハリスをつかんでからのやり取りがこの釣りのクライマックス。
手釣り感覚でダイレクトなマダイの引きを十分に堪能してほしい。

サイズは2〜3㎏のマダイがアベレージ。もちろん4㎏オーバーの大ダイも連日浮上中だ。

一方、夜のヒラメ釣りは直江津沖水深20m前後でカカリ釣りをする。
10㎏級の大ビラメが釣れることで有名になったここの釣り。現在のエサは購入した小アジ。
生きエサの泳がせ釣りだが、指示ダナが高いのが特徴。最低でも底から3m上げてアタリを待つ。

高活性時は底上5〜10mで活発にアタることもある。
ゲストにはワラサ、サワラ、マダイ、スズキなどがまじり夜釣りだけでも十分楽しめるハズだ。

乗っ込みマダイと夜ヒラメはどちらもハイシーズンは6月いっぱいが目安。
直江津のマダイが落ち着くと名立沖でも釣れ始まるという。ヒラメが終了すると夜釣りではアジ五目が楽しめるようになる。
初夏の上越の沖釣りシーズンは始まったばかりだが、どの船宿も混雑が予想されるので早めの予約の釣行がオススメだ。

以上の記事は「つり丸」2015年6月15日号の掲載記事です。

最新記事
「釣りフェスティバル2020 in YOKOHAMA」(主催:日本釣用品工業会)が2020年1月17日(金)~19日(日)の3日間、みなとみらい・パシフィコ横浜展示ホールで開催される。
松栄丸(布良)の釣果情報を掲載
格的な冬を前にした晩秋のコマセ釣りは、多彩な魚種がまじっておもしろい。11月中旬、片貝旧港「勇幸丸」のハナダイ五目釣りに。アタリダナと誘いパターンを探すのがカギでハマればダブル&トリプル連発だ!
究極の深海釣り。それがベニアコウだろう。釣り場の水深は1000m。ポイントまでは約1時間。イメージ的には相模湾の真ん中あたり。意外に近場で釣ることができる。今回の釣行ではラストに見事!紅い花が咲いた!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読