青物ジギングシーズン到来! 「金華サバ」 を狙え【仙台湾亘理沖】

青物ジギングシーズン到来! 「金華サバ」 を狙え【仙台湾亘理沖】

絶対食べたいブランドフィッシュランキングの上位確実の「金華サバ」。その極上の旨旨しさはもちろんのこと、強力な釣りごたえにも定評がある。この秋、ぜがひでも釣りたい「金華サバ」、いまがチャンスです。


40㎝以上のマサバは「金華サバ」と呼ばれるブランドフィッシュ。絶品なる旨さを誇り、強力な引き込みで釣りごたえも抜群

豊富なエサで育つ、脂ノリノリの金華サバ。

仙台湾の北端、牡鹿半島と霊峰金華山の海峡を望む、八瀬開けと呼ばれるラインでサバの反応を探った。

ジグは80〜180gくらいまで準備。カラーはシルバーベースのブルー、ピンクに赤金などが定番色。フックサイズはサバ、イナダで1/0〜2/0.ワラサ級主体になってくれば3/0〜4/0くらい。フロントフックのみがトラブル少なく掛かりがよい。

当日はイナダサイズだったが、10月以降はワラサ級がそろってくる。

群れの移動が速いときは特に、合図で即投入が肝心だ。

表層キャストでシイラがヒット。ハワイじゃマヒマヒ、トロピカルにスパイス効かせた唐揚げで、ビールをジョッキ一杯!

仙台湾に秋を告げる青物釣りが好機を迎えた。黒潮と共に北上して、エサの豊富な仙台湾を回遊して育つ魚は、水温の低下に比例して脂の乗りが増す。
特に40㎝以上のマサバは「金華サバ」と呼ばれるブランドフィッシュ。一級品に認められた旨さを誇り、強力な引き込みで釣りごたえも抜群。「どっかん釣り」と呼ぶコマセサビキ釣りが名物であるが、近年はジギングの人気も急上昇だ。
オープニングはヒラマサの連続ヒットに、7㎏のホンメジも上がって話題になったが、序盤の主役、サバ、イナダは、例年にない高水温続きで群れが散り気味、追っかけで狙う展開だ。
まだムラがあるが、これからメロウドのベイトに着くようになると、ワラサ級主体に釣果が安定してくるだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連するキーワード


金華サバ 仙台湾亘理沖

最新の投稿


金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

今シーズンの東京湾口部のヤリイカは8月末ごろに開幕。金沢八景から出船する「一之瀬丸」はシーズン当初は剣崎沖周辺をメインに狙っていたが、10月に入って群れは沖ノ瀬に集まり、ここを主戦場とするようになった。


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


ランキング


>>総合人気ランキング