青物ジギングシーズン到来! 「金華サバ」 を狙え【仙台湾亘理沖】

青物ジギングシーズン到来! 「金華サバ」 を狙え【仙台湾亘理沖】

絶対食べたいブランドフィッシュランキングの上位確実の「金華サバ」。その極上の旨旨しさはもちろんのこと、強力な釣りごたえにも定評がある。この秋、ぜがひでも釣りたい「金華サバ」、いまがチャンスです。


40㎝以上のマサバは「金華サバ」と呼ばれるブランドフィッシュ。絶品なる旨さを誇り、強力な引き込みで釣りごたえも抜群

豊富なエサで育つ、脂ノリノリの金華サバ。

仙台湾の北端、牡鹿半島と霊峰金華山の海峡を望む、八瀬開けと呼ばれるラインでサバの反応を探った。

ジグは80〜180gくらいまで準備。カラーはシルバーベースのブルー、ピンクに赤金などが定番色。フックサイズはサバ、イナダで1/0〜2/0.ワラサ級主体になってくれば3/0〜4/0くらい。フロントフックのみがトラブル少なく掛かりがよい。

当日はイナダサイズだったが、10月以降はワラサ級がそろってくる。

群れの移動が速いときは特に、合図で即投入が肝心だ。

表層キャストでシイラがヒット。ハワイじゃマヒマヒ、トロピカルにスパイス効かせた唐揚げで、ビールをジョッキ一杯!

仙台湾に秋を告げる青物釣りが好機を迎えた。黒潮と共に北上して、エサの豊富な仙台湾を回遊して育つ魚は、水温の低下に比例して脂の乗りが増す。
特に40㎝以上のマサバは「金華サバ」と呼ばれるブランドフィッシュ。一級品に認められた旨さを誇り、強力な引き込みで釣りごたえも抜群。「どっかん釣り」と呼ぶコマセサビキ釣りが名物であるが、近年はジギングの人気も急上昇だ。
オープニングはヒラマサの連続ヒットに、7㎏のホンメジも上がって話題になったが、序盤の主役、サバ、イナダは、例年にない高水温続きで群れが散り気味、追っかけで狙う展開だ。
まだムラがあるが、これからメロウドのベイトに着くようになると、ワラサ級主体に釣果が安定してくるだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


金華サバ 仙台湾亘理沖

最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読