青物ジギングシーズン到来! 「金華サバ」 を狙え【仙台湾亘理沖】

青物ジギングシーズン到来! 「金華サバ」 を狙え【仙台湾亘理沖】

絶対食べたいブランドフィッシュランキングの上位確実の「金華サバ」。その極上の旨旨しさはもちろんのこと、強力な釣りごたえにも定評がある。この秋、ぜがひでも釣りたい「金華サバ」、いまがチャンスです。


40㎝以上のマサバは「金華サバ」と呼ばれるブランドフィッシュ。絶品なる旨さを誇り、強力な引き込みで釣りごたえも抜群

豊富なエサで育つ、脂ノリノリの金華サバ。

仙台湾の北端、牡鹿半島と霊峰金華山の海峡を望む、八瀬開けと呼ばれるラインでサバの反応を探った。

ジグは80〜180gくらいまで準備。カラーはシルバーベースのブルー、ピンクに赤金などが定番色。フックサイズはサバ、イナダで1/0〜2/0.ワラサ級主体になってくれば3/0〜4/0くらい。フロントフックのみがトラブル少なく掛かりがよい。

当日はイナダサイズだったが、10月以降はワラサ級がそろってくる。

群れの移動が速いときは特に、合図で即投入が肝心だ。

表層キャストでシイラがヒット。ハワイじゃマヒマヒ、トロピカルにスパイス効かせた唐揚げで、ビールをジョッキ一杯!

仙台湾に秋を告げる青物釣りが好機を迎えた。黒潮と共に北上して、エサの豊富な仙台湾を回遊して育つ魚は、水温の低下に比例して脂の乗りが増す。
特に40㎝以上のマサバは「金華サバ」と呼ばれるブランドフィッシュ。一級品に認められた旨さを誇り、強力な引き込みで釣りごたえも抜群。「どっかん釣り」と呼ぶコマセサビキ釣りが名物であるが、近年はジギングの人気も急上昇だ。
オープニングはヒラマサの連続ヒットに、7㎏のホンメジも上がって話題になったが、序盤の主役、サバ、イナダは、例年にない高水温続きで群れが散り気味、追っかけで狙う展開だ。
まだムラがあるが、これからメロウドのベイトに着くようになると、ワラサ級主体に釣果が安定してくるだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連するキーワード


金華サバ 仙台湾亘理沖

最新の投稿


トップ 34枚!? 銚子沖にヒラメ釣れ過ぎ警報発令中!?【銚子沖】

トップ 34枚!? 銚子沖にヒラメ釣れ過ぎ警報発令中!?【銚子沖】

銚子沖のヒラメが「釣り場も釣り座もまんべんなくどこでもアタるようになってきた」との情報を得て、8月下旬に釣行した。お世話になったのは銚子外川港の「福田丸」。早春から梅雨時までのメヌケを中心とした深場釣りと、それ以外の時季はヒラメをメイン看板に掲げ、ハイテク機器満載の大型船と優しい人柄の船長でも人気の船宿だ。


「ハガツオ」の寿司…身の表面がトロリンととろける。うま味も豊か

「ハガツオ」の寿司…身の表面がトロリンととろける。うま味も豊か

五月病はあるが十月病はないと思っていたら、近所の釣り名人たちが、その十月病になってしまったようだ。みなそわそわ、外房に行こうか、伊豆に行こうか? 釣りものが多すぎてノイローゼ気味。ハガツオを塩に埋めて半月。塩出しして半月干して作った塩ガツオを削る。これを肴に酒を飲みながら、美味しい魚待ってるよー。


開幕好調!! 平潟沖のマダラ、大型多く引き強烈【平潟沖】

開幕好調!! 平潟沖のマダラ、大型多く引き強烈【平潟沖】

平潟沖のマダラ釣りが開幕し、安定釣果が続いている。今は大型が多く10㎏級も期待できるぞ! そうと聞いたら、思わずマダラ釣りが大看板の「第十五隆栄丸」に乗り込んでしまいました。


「タマカイ」の寿司…そして一週間、味は頂点に。これこそが熟成魚か

「タマカイ」の寿司…そして一週間、味は頂点に。これこそが熟成魚か

長野に出張していた友人が色とりどりのキノコ、リンゴにブドウをお土産にくれた。収穫の秋まさに来たれり、と感じながら、栗ご飯に、サンマ飯を大食い。とうとう体重が三桁に近づいてしまった。今夜は低カロリーのタマカイの湯引きで一杯だ。これなら体重増えないだろう?


「キツネダイ」の寿司…皮甘く、うま味豊か。すこぶるつきにうまい!

「キツネダイ」の寿司…皮甘く、うま味豊か。すこぶるつきにうまい!

東京オリンピックが決まって世の中浮かれ気分のようだが、このところ還暦オヤジ、たかさんに元気がない。「どうしたの?」と聞くと「なんとなくね」という。そうだ、秋はなんとなくもの悲しい。でもうまい魚と、うまい酒があればのりきれる。肴はキツネダイのみそ焼き、お吸い物。酒は山梨春鶯囀の大吟醸だ。


ランキング


>>総合人気ランキング