MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
青物ジギングシーズン到来! 「金華サバ」 を狙え【仙台湾亘理沖】

青物ジギングシーズン到来! 「金華サバ」 を狙え【仙台湾亘理沖】

絶対食べたいブランドフィッシュランキングの上位確実の「金華サバ」。その極上の旨旨しさはもちろんのこと、強力な釣りごたえにも定評がある。この秋、ぜがひでも釣りたい「金華サバ」、いまがチャンスです。

40㎝以上のマサバは「金華サバ」と呼ばれるブランドフィッシュ。絶品なる旨さを誇り、強力な引き込みで釣りごたえも抜群

豊富なエサで育つ、脂ノリノリの金華サバ。

仙台湾の北端、牡鹿半島と霊峰金華山の海峡を望む、八瀬開けと呼ばれるラインでサバの反応を探った。

ジグは80〜180gくらいまで準備。カラーはシルバーベースのブルー、ピンクに赤金などが定番色。フックサイズはサバ、イナダで1/0〜2/0.ワラサ級主体になってくれば3/0〜4/0くらい。フロントフックのみがトラブル少なく掛かりがよい。

当日はイナダサイズだったが、10月以降はワラサ級がそろってくる。

群れの移動が速いときは特に、合図で即投入が肝心だ。

表層キャストでシイラがヒット。ハワイじゃマヒマヒ、トロピカルにスパイス効かせた唐揚げで、ビールをジョッキ一杯!

仙台湾に秋を告げる青物釣りが好機を迎えた。黒潮と共に北上して、エサの豊富な仙台湾を回遊して育つ魚は、水温の低下に比例して脂の乗りが増す。
特に40㎝以上のマサバは「金華サバ」と呼ばれるブランドフィッシュ。一級品に認められた旨さを誇り、強力な引き込みで釣りごたえも抜群。「どっかん釣り」と呼ぶコマセサビキ釣りが名物であるが、近年はジギングの人気も急上昇だ。
オープニングはヒラマサの連続ヒットに、7㎏のホンメジも上がって話題になったが、序盤の主役、サバ、イナダは、例年にない高水温続きで群れが散り気味、追っかけで狙う展開だ。
まだムラがあるが、これからメロウドのベイトに着くようになると、ワラサ級主体に釣果が安定してくるだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読