MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
伊東沖 アカハタ&カサゴ胴突き仕掛け&ルアー 最新釣法も紹介!

伊東沖 アカハタ&カサゴ胴突き仕掛け&ルアー 最新釣法も紹介!

東伊豆の伊東から川奈、赤沢周辺は、紺碧の海と切り立った崖の上の緑が入りまじり、風光明媚な海岸線の風景を作り出している。岸壁をひと目見て分かる通り、沖の海底は根が続いている。つまり根魚の宝庫だ。

狙いは大型アカハタ40㎝オーバーも!

東伊豆伊東周辺も浅場根魚釣りの好ポイントで、伊東港「達丸」は例年ゴールデンウイークごろから夏場を中心に秋まで根魚五目乗合で出船している。

伊東周辺の海岸線に延々と続く溶岩質の切り立った岸壁を見れば、その海底がどんな状態なのかはおおよそ想像がつくはずだ。
海底には大小さまざまな岩が連なっており、そこはまさに根魚の巣。
カサゴやハタ系のさまざまな根魚がたくさんストックされている。

「ターゲットはアカハタとカサゴが中心です。カサゴは25~30㎝級、アカハタは30㎝級主体に40~45㎝クラスの大型も食ってきますよ」。こう話すのは「達丸」渡邉達也船長。

「達丸」では「LT根魚五目」または「ルアー根魚五目」で出船している。
前者は、胴付き2本バリ仕掛けにサバエサなどで狙う一般的な根魚釣り。
後者は20~30gほどのジグヘッドにソフトルアーをセットしたルアー釣りだ(このページではエサ釣り中心に解説するのでルアーに興味のあるかたは船長に問い合わせを!)。

今回のLT根魚五目の取材はダイワフィールドテスターの高槻 慧さん、スーパーフレッシュアングラーの大島 匠さんたちとの仕立てに同行という形で行った。

「これから夏にかけて、ここ東伊豆の根魚釣りは最高にいい時期になるんです。大きなアカハタやカサゴがガンガンアタリを送ってくれて、本当におもしろいですよ!」そう話す高槻さん。毎年この釣りを楽しみに大島さんたちと訪れているという。

「一般的な胴付き仕掛けの釣り方でもよく釣れますが、いま僕がハマっているのがキャストして探る釣り『船ブラ』です。
これもすごくおもしろいんですよ‼」と話すのは大島さんだ。この「船ブラ」も後ほど詳しく解説したい。

胴付き仕掛けで底をトレース アカハタは上ダナ狙いもアリ

胴付き仕掛けのオモリは30号を使用する。竿は30号オモリに対応したゲームロッドやLTロッドなど。
7対3から8対2調子の先調子気味がオススメだ。

高槻さんがこの日使用したのは「リーディング 73MH‐160」と「リーディング 73MH‐185MT」。
「この釣りには海底をトレースしながらも根掛かりを回避するための操作性と、食い込みを助けてくれる穂先の柔軟性が
大切です。大型アカハタの引きは想像以上に強烈なので、それに負けないパワーも必要ですよ」と高槻さん。

釣り方は、オモリが着底したら糸フケを取り、数秒待ってアタリがなければ誘い上げて仕掛けを浮かし、再度着底させる。この繰り返しが基本。オモリを引きずると根掛かりするので注意。

基本的に向こうアワセの釣りだが、根がキツイのでのんびり待っていると根掛かりも増える。
「ゴ、ゴ、ゴ、ゴン」と明確なアタリならアワせてしまおう。
躊躇して食い込みを待つと根に潜られたり根掛かりすることも多い。

「コツコツ」、「モゾモゾ」という、「食い込んでなさそう」なアタリの場合は、ゆっくり聞き上げて様子を見てみる。
エサを放してしまうこともあるが、うまくすると「グ、グ、グー」と食い込んでくれる。

また、「アカハタはカサゴより上の層を泳いでいることも多いです。
アカハタ狙いなら50㎝から1m底を切って、竿の上下で誘いをかけるのも効果的ですよ」と高槻さんは話す。
大型アカハタを釣りたい人は、カサゴは度外視で上ダナを狙ってみるのもアリだ。

「アタリが遠いときはキャストして探ってみるのも手ですよ」とも。ただし、胴付き仕掛けをキャッストして探ると、
根掛かりが多くなるのでビギナーにはおすすめできない。

船ブラタックル&船ブラリグはコレ!

船ブラのタックルはひとつテンヤ竿などを流用し、リールは小型スピニングリール。
この日大島さんが使用した船ブラタックルは、竿が「紅牙 テンヤゲーム EX AGS S/MH‐235」、
リールが「セルテート LT3000‐CXH」。
高槻さんはベイトでもスピニングでも使えるゲームロッド「極鋭ゲーム MC‐180AGS」をセレクト

船ブラのリグ(仕掛け)はいたってシンプル。中通しナツメオモリに短いハリスを通し、ハリを結ぶだけ。
それにサバのタンザクなどのエサを付けて狙う。ターゲットの根魚がカニなどの甲殻類を捕食しているときは、オモリは
オレンジ系、イワシなどの魚を捕食しているときはシルバー系など、ルアー的なカラーチェンジも効果がある

この日用意したエサはサバタンザク、コノシロタンザク、冷凍カタクチイワシ。タンザクはあえて身厚のまま使うとベラなどのエサ取り対策になる

キャストして探る新釣法 『船ブラ』がオモシロイ!

続いて前述した「船ブラ」について解説しよう。これは、数年前から大島さんが試していた釣り方で、かつては「キャスティングブラクリ」などと呼んでいたが、その後大島さんが「船ブラ」と名付けたのだという。

「僕も昔は普通に胴付き仕掛けで釣っていました。それで食いが渋いときなどに胴付き仕掛けをキャストして探っていたんですが、それだと非常に根掛かりが多くなってしまう。なんとか根掛かりさせずにキャストして探ることができないか。そう考えて始めたのがこの船ブラなんです」と大島さん。

仕掛けは中通しナツメオモリに短いハリスを通しハリを結んだ半遊動式のブラクリスタイル。
昔からアイナメ釣りなどで使われていた根掛かりの少ないブラクリ仕掛けなら、キャストして探っても根掛かりが少なくできるだろうという発想だ。

その仕掛けをキャストするために、タックルはスピニングタックルを使う。大島さんはこの日、竿は「紅牙 テンヤゲーム EX AGS S/MH‐235」、リールは「セルテート LT3000‐CXH」を使用した。

タックルはひとつテンヤマダイタックルが流用できるほか、スピニングリールに対応するゲームロッドなども使える。
「達丸」の攻める水深は15~30m中心で、ナツメオモリはそれに対応して8、10、12号を用意。

「釣れた根魚はよく胃の中の物を吐き出すんですが、カニなどの甲殻類を吐き出すときと、イワシなどの魚を吐き出すときがあります。僕はナツメオモリはオレンジ系とシルバー系の2色をおもに使っていて、根魚が甲殻類を食べているときはオレンジ、魚を食べているときはシルバーを使うようにしています」と大島さん。ちなみに、オモリのカラーは大島さん自ら塗装しているそうだ。

エサはサバのタンザク、コノシロのタンザク、冷凍カタクチイワシなどを用意(達丸ではエサは各自用意が基本)。
サバはエサ持ちが良くキャストしても取れにくい基本エサ。コノシロは皮に付いたウロコがポロポロ落ちてコマセ効果を発揮し、
これがバツグンに効くときがあるという。イワシはアピール度が高いのがメリットだがエサ持ちが悪いのがデメリットで、キャスト時に取れてしまうこともあるので胴付き仕掛け向きだ。

リフト&フォール ルアー感覚で楽しもう

ブラクリのハリにエサを刺したら、アンダーハンドで前方にキャスト。オモリが着底したら糸フケを取り、そこからスーッと竿で誘い上げ、再び着底させる、その繰り返し。いわゆるリフト&フォールで船下まで探ってやる。

「アカハタは遊泳力が強いので、フォール中などにガツンとひったくるようなアタリを出すことが多いです。アカハタは根の上、カサゴは根の下のほうにいるイメージで誘ってください」と大島さん。

ときには底にオモリを置いたまま竿先をシェイクするような誘いもいい。半遊動式なのでエサが躍って底にいるカサゴなどへのアピールになる。

アタリがあったら大きく竿をあおってアワせてやる。状況にもよるが、一息間を取ってからアワせたほうがハリ掛かりする場合もある。
「ひとつテンヤタックルで大型アカハタが掛かると最高に楽しいですよ。スゴイ引きです。キャストしたり、オモリカラーを変えたりとルアー的な楽しみもあります。この仕掛けなら比較的根掛かりも少ないのでビギナーにもオススメですよ!」
みなさんもこの新しい根魚釣りに挑戦してみては。

東伊豆・伊東沖 浅場の根魚 大型アカハタ&大型カサゴ釣果レポート

風光明媚な東伊豆の海岸線。見るからに根魚が居そうな海だ。ここを新しい根魚釣法、船ブラで狙うダイワの高槻さんと大島さんのふたり。アカハタ、カサゴが連発!

船ブラは、ひとつテンヤマダイタックルなどのスピニングタックルを流用したキャストメインの釣りだ

エサは持参。この日はサバ、コノシロ、冷凍イワシを用意した

仕掛けは中通しオモリとハリだけの「ブラクリ」。オモリのカラーでも食いが違う

「達丸」ではソフトルアーで狙うルアー根魚五目も人気だ

高槻さんは船ブラで大型カサゴを釣り上げた。「ルアー感覚だけど、身エサを使うので集魚力も高い。この釣りオモシロイですよ!」

ここ数年、ここ東伊豆で船ブラを楽しんでいるという大島さんはアカハタをゲット

テンヤタックルでの大型根魚たちとのやり取りはとてもスリリング。これが楽しい!

高級魚のアカハタはもちろん美味しいが、大型カサゴも食べ応えアリ!

もちろん、一般的な胴付き仕掛けの釣りも好釣! ダイワの田渕さんは胴付きで次々と大型を上げていた

グッドサイズをキャッチ。でも、これよりもっと大きいいのがいるのだ!

アカハタ、カサゴが大漁!! これは3人の釣果だが、大型クーラーが満タンだ!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・伊東港「達丸」

東伊豆の伊東から川奈、赤沢周辺は、紺碧の海と切り立った崖、そしてその崖の上の緑が入りまじり、風光明媚な海岸線の風景を作り出している。そしてその岸壁をひと目見て分かる通り、その沖の海底はゴツゴツとした根が続いている。つまり根魚の宝庫だ。

このエリアにLT根魚五目乗合で出船しているのが伊東港「達丸」だ。
「ここの根魚のシーズンは、だいたいゴールデンウイークから11月ぐらい。中でも6月から夏にかけてが一番熱い季節ですね」。こう話すのは渡邉達也船長。

「達丸」では、このところアカハタ、カサゴまじりでいい人20匹前後という日が多い。ともに30㎝前後の良型メインだが、ここのアカハタは40㎝オーバー、ときには45㎝前後の大物もまじるのが魅力。
そんな大物は引き味も最高で、一度釣ったらヤミツキになること間違いなしだ。

エサ釣りのほかソフトルアーで狙うルアー根魚船でも出船し、こちらでも大型アカハタ、カサゴが上がっている。
エサ釣りの釣り方は、LTタックルにオモリ30号、胴付き仕掛けにサバなどの切り身エサで狙う一般的なもの。これでも十分楽しいが、さらにオススメなのだ新しい釣り方「船ブラ」。ぜひ挑戦を!

以上の記事は「つり丸」2019年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
勝浦沖の浅場の根魚がおもしろい!「初栄丸」は、この時期、浅場のカサゴ・メバルで出船している。釣れる魚は良型のカサゴ、メバル主体にマハタ、アカハタ、ヒラメなども掛かるのが魅力。美味しい高級魚ばかりだ!
更新: 2019-05-24 07:00:00
最新記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読