MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【南房洲崎沖】大型カサゴの宝庫!  狙いは35cmオーバー!!

【南房洲崎沖】大型カサゴの宝庫! 狙いは35cmオーバー!!

南房洲崎沖も根魚釣りの絶好ポイント。モロコが棲み付くような荒い根から小さなツブ根まで、大小様々な根が連なる根魚の宝庫だ。

南房は根魚の宝庫 大型カサゴを狙え!

南房エリア一帯には、大小多くの岩礁が存在し、根魚が多い。
泳がせ釣りで狙うハタやモロコ釣りなども行われるエリアであることからも分かるように、その岩礁帯は根魚の宝庫になっているのだ。

そんな南房で今、浅場の根魚釣りの代表選手と言えるカサゴ釣りが最盛期を迎えつつある。
洲崎港「北山丸」は、現在カサゴ五目乗合で出船中だ。

「浅場のカサゴ五目は例年5月ごろから出船を始め、梅雨時が乗っ込みシーズンに当たり最盛期になります。潮具合がいいと大型主体に食ってきて、トップ30匹ぐらい釣れる日もありますよ」そう話すのは「北山丸」北山茂樹船長だ。

北山船長の言う「大型」とは、カサゴの30㎝級のこと。25㎝前後がレギュラーサイズで、「ウチで狙っているのは35‌㎝オーバーの大型です!」と船長。

船宿記録は36・8㎝とのことで、とにかくここ洲崎沖のカサゴはデカイのだ!

小型は避けた大型狙いなので、カサゴはトップ10匹前後の日が多いが型がいいので10匹も釣ればクーラーはズッシリ。
数より型のカサゴ釣りだ。

またカサゴ以外のまじりも多彩で、アカハタ、マハタ、キジハタ、ホウキハタ、アオハタなどのハタ類や、
アヤメカサゴにカンコ、オニカサゴなども顔を出す。とくにここ数年はアカハタのまじりが多く、
取材日には同じポイントでもカサゴ、アカハタが半々くらいの割合でアタってきた感じだった。

「アカハタは高級魚で美味しくていいお土産ですが、ちょっと小型のも食ってきちゃうんです。小型が釣れたらバケツに泳がせてみて、回復したら海に逃がしてやってください。そのほかの根魚も回復するようなら小型はなるべくリリースをお願いします」と北山船長は話す。根魚は根に着いた魚。限りある資源なので、小型はリリースを心がけよう。

竿は操作性と食い込み 両立するものがベスト

狙う水深は20~30mの浅場メインに、ときに50~60mほどの深目のポイントも狙い、使用オモリは60号。
洲崎沖は潮が速いことが多いエリアなので、たとえ浅場でも使用オモリは60号だ。
仕掛け、タックルは東京湾のカサゴ用を少しパワーアップしたようなものを用意する。

竿はオモリ60号を背負って先調子気味になるものがオススメで、長さは1.8~2.4m前後。カサゴ釣りは向こうアワセが基本なので、食い込みのいい胴調子竿のほうがハリ掛かりはいいが、軟らかすぎる竿は操作性が悪く根掛かりが頻発する。逆に極先調子の竿は作性はいいものの、食い込みが悪くなるので魚の掛かりは悪い。なので、60号オモリを背負ったときに7対3調子ぐらいになり、さらに魚の重みがかかると胴に乗ってくるような竿がベストとなる。専用竿はほぼ無い。ゲームロッドやLTロッドなどに適当なものが多いので、その中からセレクトするのがいいだろう。

リールは小型両軸または、小型電動リール。ポイントの水深は20~30m前後が多いが、カサゴに加えて、アヤメカサゴ、カンコなどを狙う場合はやや深目の50~60m前後も攻めるので、電動があるとかなりラクだ。

道糸はPE3号を推奨。根掛かりと、それにともなうオマツリも少なくないので細いPEは高切れの心配がある。道糸は最低でも2号以上、3号がベスト、オモリ60号だと潮の影響もそれほどないので、4号でもOKだ。

エサは上バリにイワシ 下バリにサバ

仕掛けは胴付きの2本バリ仕掛けが基本。船宿仕掛けはハリス3号幹糸5号の胴付き2本バリ。
根魚なので、あまりハリスを細くしたところで食いは変わらない。

細いとハリスがヨレやすく、そのヨレが原因で食いが悪くなるので、ハリスは最低でも3号を。
ヨレを防ぐためには、ハリスの接続に回転ビーズやサルカンなどを使った仕掛けも有効だ。

また、洲崎沖ではおもわぬ大物ゲストも少なくない。3号のハリスを瞬殺してゆくのは、型のいいマハタや小ぶりなモロコ、ときには青物や大型のヒゲダイ(これがけっこう美味しい)などなど。ハリス5~6号くらいの仕掛けで「掛かった魚は獲る!」
という作戦もOK。ただし根掛かりした時は仕掛けを切るのが難しくなってしまうので、根掛かり切り用の手を保護するグッズなど持参して対応を。

エサはサバのタンザクと冷凍カタクチイワシが配られるので、上バリにイワシ、下バリにサバタンを付けるのが基本。
イワシはアピール力があるので上バリに付けることで仕掛けを目立たせることができ、底を引きずるようになる下バリにはエサ持ちのいいサバを付けるのだ。

サバは身が付いた状態で配られるが、ハサミで身を削ぎ落とし、皮だけがヒラヒラするようにしてからハリに刺すようにする。
このヒラヒラ感も根魚の食い気を誘ういいアピールになる。
洲崎沖のポイントは一気に3、4mもかけ上がったりかけ下がったりする根の連続。比較的平坦な場所でも小さな岩礁が点在しているので、ボーっとしていると根掛かりは必至。いかに根掛かりをかわせるかが釣果を左右する。

とはいえ、根掛かりしないよう仕掛けを高く、高くキープしていたら、根魚が釣れるわけがない。果敢に根の中を攻める勇気が大切だ。
オモリが着底したらまず素早く糸フケを取り、10~50㎝ほど竿を上げてオモリが底を切るようにする。オモリの置きっぱなしは厳禁。

10~50㎝上げたら、そこでしばらく待ってエサを魚に見せてやる。ここで飛びついてきてアタることもあるが、アタリがなければ今度はゆくっり落として込んでオモリを着底させてやる。着底してエサがフワッと落ちたときにアタリが出ることも多い。上げてすぐストンとオモリを落とすのはNG。上げた後しっかりエサを見せてアピールし、ゆっくりオモリを海底に置くように下ろすこと。

アタリがなければ再び10~50㎝上げて待つ。この繰り返しだ。
この一連の動作を行っている間にも水深は刻一刻変化するので、オモリがコツっと底に触ったら素早く上げて根掛かりしないようにしよう。

また、「竿先を海面に向けて構える人がけっこう多いんですが。竿は水平かやや立て気味に構えたほうがいいですよ」と船長。竿先を海面まで下げてしまうと、上への竿の操作はできるが下への操作がしにくく、水深が深くなる変化に対応しづらい。上にも下にも素早く竿操作ができる位置に竿を構えておき、糸の出し入れで調整するようにする。

根掛かりは避けられない 外す努力もしましょう!

アワセは基本向こうアワセでOK。コツコツという小さなアタリはエサのはじっこを咥えているだけの場合が多く、アワせてもスッポ抜ける可能性が高い。
ガツガツ、ググググッと、はっきりしたアタリが現れたらエサを食い込んで、すでにハリ掛かりしている可能性が高い。ここがアワセどき。ひと呼吸おいて聞き上げるように竿を立ててリーリングすれば、確実にハリ掛かりするはずだ。
コツコツというアタリが続くが、なかなか強い食い込みに至らない場合も少なくない。そんなときは竿先を送り込みたくなるが、そうすると逆にエサを放してしまうことが多く根掛かりのリスクも高まる。むしろ、アタリがあったタナで待っているほうが食い込みやすい。ここはガマンだ。
強いアタリを待ってアワせたら根掛かりだった、ということもある。根掛かりは無理に強く引っ張らずに、逆に緩めてやるのも手。軽くテンションをかけたり緩めたりを繰り返すとポロッと外れることもある。
根掛かりは環境への負荷も考えると、なるべく最小限にしたいもの。いきなり「切る」という選択肢ではなく、「外す」ことを考えて少し粘ってみてくださいネ!

狙いは35㎝オーバーの大カサゴ! アカハタなど多彩な須崎沖 釣果レポート

エサは冷凍カタクチイワシとサバのタンザクが配られる

仕掛けはハリス3号胴付き2本バリ。オモリは60号を使用する

上バリにイワシでアピール、下バリに持ちのいいサバというのが基本

南房洲崎沖は岩礁が多く根魚が多いうえ、根魚狙いの船も少なく、大型根魚の宝庫になっている

洲崎沖のカサゴ五目。メインターゲットのカサゴは25~30㎝級が連発! 狙いは35㎝オーバーだ

カサゴのほか、アカハタなどのハタ類も多くまじる。マハタ、キジハタ、ホウキハタ、アオハタなども姿を見せる

取材当日はやや潮の動きが悪く、超大型は少なかったが、それでも多くのカサゴやアカハタが釣り人を楽しませてくれた

ロッドは60号を背負って先調子気味になるゲームロッドなどがオススメ。
大型根魚の引きはゴンゴン! グングン!楽しいぞ

ビギナーにも簡単に楽しめる釣り。ただし根掛かりには注意!

こちらはアヤメカサゴ

良型のオニカサゴもまじった

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・須崎港「北山丸」

南房洲崎沖も根魚釣りの絶好ポイント。モロコが棲み付くような荒い根から小さなツブ根まで、大小様々な根が連なる根魚の宝庫だ。

そんな洲崎沖に大型カサゴを中心としたカサゴ五目乗合で出船しているのが、洲崎港「北山丸」。
「例年5月ごろに開幕し、カサゴの乗っ込みの時期にあたる梅雨時が最盛期になります。食いがいい日は、30㎝前後の大型ばかりひとり20匹、30匹と釣れますよ!」と北山茂樹船長。

カサゴは25~30㎝級がアベレージで、狙いは35㎝オーバー! ちなみに船宿記録は36・8㎝だ‼
カサゴのほか、アカハタ、マハタ、キジハタなどのハタ類やアヤメカサゴ、オニカサゴなどなど、ゲストも豊富。
潮が適度に流れれば、30㎝級の大型カサゴ連発もある! 5月後半から6月ごろがベストシーズンだ!!

以上の記事は「つり丸」2019年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-16 07:00:00
金沢八景出船で狙う東京湾・八景沖のLTアジが好調!20cmオーバーが多数!コマセ&タナ取りの基本を押さえて、数釣りを楽しもう!刺身、なめろう、塩焼き、アジフライなど、うっとりするような美味も魅力だ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
新潟西港の「魁明丸」は佐渡島〜粟島エリアでほぼ通年、オキメバルを中心とした深海釣りを行っている。水深100m程度を攻める佐渡島では中型主体の釣りとなるが、粟島沖は水深160mの深場に群れる大型メバルを狙う。
更新: 2019-07-15 07:00:00
キュキューンと小気味の良いシャープな引き味はもちろん、食べれば超絶品! 良質な脂がその魚体まで黄金色に輝かす東京湾のブランドアジ・横須賀沖の猿島周りの黄金アジが、水温の上昇と共に活性を高めている!
更新: 2019-07-14 12:00:00
最新記事
「第16回 上総湊港伝統釣法 真鯛シャクリ釣り釣り大会」の参加者募集内容になります。2019年8月4日開催に開催されます。
更新: 2019-07-17 22:30:38
焼津沖のタチウオ釣りが好調だ。一番の魅力は、良型が狙えること。1㎏オーバーのドラゴンサイズから2㎏を超すモンスター級まで!特大サイズを求めて通うファンが多いのが特徴だ。
更新: 2019-07-17 07:00:00
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-16 07:00:00
金沢八景出船で狙う東京湾・八景沖のLTアジが好調!20cmオーバーが多数!コマセ&タナ取りの基本を押さえて、数釣りを楽しもう!刺身、なめろう、塩焼き、アジフライなど、うっとりするような美味も魅力だ。
更新: 2019-07-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読