MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【仕掛け&釣り方】東京湾のシロギス!群れは濃厚で期待大!!

【仕掛け&釣り方】東京湾のシロギス!群れは濃厚で期待大!!

初夏の陽気が増えてきた今、東京湾のシロギスが元気一杯だ。初めてやってもそこそこ数釣れるため、沖釣り入門にも最適なターゲットだ。その半面、極めようと思ったらどこまでも深く、マニアックな釣りでもある。

浅場に入って初夏シーズン開始!魚影濃厚で期待度高い!

京湾のシロギスはほぼ一年中楽しめ、初めてやってもそこそこ数釣れるため、沖釣り入門にも最適なターゲットだ。
その半面、極めようと思ったらどこまでも深く、マニアックな釣りでもある。

小物の数釣りは特にそんな面を持つターゲットが多い。
シロギスは冬場、深場に落ちて越冬するが、水温上昇にともない少しずつ浅場に入ってくる。

「今年は4月後半になってようやく中ノ瀬で釣れるようになりましたね。
まだ水温もそこまで高くないので数を釣ろうと思ったら技術が必要になりますが、魚自体はとても多いと思いますよ」
こう話すのは、川崎「つり幸」の水野聡船長。

まだ中ノ瀬は釣れ出したばかりだが、かなりの好感触をつかんでいるという。
釣果は半日でトップ50匹未満のことが多いが、束釣りしてもおかしくない魚影はあるそう。

中ノ瀬の水深は13~18mほどの砂地。まだ18m寄りのほうが釣果が出ているが、
水温上昇にともないこれから少しずつ浅場でも釣れるようになっていく。

サイズは20㎝オーバーが多く、取材日もピンギスサイズはほとんどまじらなかった。

良型の食味はバッチリで、天ぷら、干物、お刺身などで旬の味を楽しもう。

「中ノ瀬からさらに浅場の木更津沖も狙っていきます。魚の活性も上がって引きもどんどん強くなっていきますよ」

いよいよ初夏シーズン真っ盛りに。
手軽に、そしてマニアックにと、楽しみ方は色々だ。

「えっ? これがシロギス?」と思うような強い引きを存分に堪能しよう。

慣れた人は2本竿で。仕掛けは好みでOK

シロギス釣りは2本竿で釣る人が多く、1本はキャストして探る用、もう1本は置き竿にして船下狙いというのが一般的だ。
2本の竿を扱うので、慣れない人はかえって釣果が落ちてしまうこともあるので、自信がない人は1本竿でじっくりと狙おう。
もちろん、慣れた人なら効率的に狙い釣果を倍増させることも可能だ。

シロギスタックルは小物用パックロッドなども使用できるが、キャストして釣るメインのロッドはできたら専用ロッドで挑みたい。

シロギスはプルプルっとしたキス特有のアタリを竿先で取って、そこからアワせていく釣りになるため、
1.5~1.8mほどで先調子気味の穂先感度がいいシロギス専用竿がおすすめだ。

キャスト用のメインロッドには小型スピニングリールを組み合わせる。
置き竿用は小型両軸でもいいだろう。

道糸はPE0.8~1号程度。
細めのほうが感度に優れアタリの出方がよくなる。
細い道糸を使用する場合は、2号程度の先糸を付けておこう。

仕掛けはキス用テンビンを使用した2本バリ仕掛けか、胴付き仕掛けを。
両者の釣りは後ほど詳しく述べるが、仕掛けはそれぞれの特性を理解して好みで使用すればいいだろう。
いずれも市販仕掛け、船宿仕掛けでいいが、テンビン式仕掛けの場合は、全長が80㎝前後のものを選ぼう。

オモリは現在20号を使用しているが、水深が浅くなった場合は15号も使うようになる。

このほか、2本竿の場合は、簡単なロッドホルダーがあると便利だ。
また、ハリを飲み込む場合があるのでハリ外しなども用意していこう。

エサはアオイソメを使用する。
頭側からハリを入れ、タラシは1~2㎝にするのが基本だが、大型を狙いたいときは大き目のエサを使用してもいいだろう。

「私は自分で釣るときはテンビンの2本バリ仕掛けです。
2本ハリがあるので、枝バリに垂らしを3㎝くらいと長めに取って、
水中で暴れさせて誘い、先バリに食わせるという釣り方をしています」

キャストして広く探るか潮流れあるときは船下も

テンビン仕掛けの釣り

釣り方の基本はキャストして手前に引いてきて、船下まで来たら回収して再投入する、というもの。

キャストはアンダーハンドで行うが、慣れないとなかなか飛距離を出すのは難しい。
少しずつ上達していくが、いきなり遠投は難しいので、まずは軽く投げて真っ直ぐ飛ぶようにしよう。

オモリが海底に着いたら糸フケを取って、誘いを開始する。
まずは、ロッド操作で底を引きずるように手前に引いてくる。
竿を前方に戻すときに余った道糸をリールで巻いていく。

この動作を基本に、たまに竿をあおって仕掛けを浮かせて見たりと誘いに変化をつけてみる。
アタリは「プルプル」といったわかりやすいアタリがくる。
ここで活性が高ければすぐに竿をシュっと鋭く持ち上げるとハリ掛かりする。

ただし、うまくいくとは限らない。
即アワセがいい場合、一呼吸置いたほうがいい場合、少し長めに待ったほうがいい場合とそのときそのときで変化する。

いずれの場合も、細い口の中に吸い込んだときに、アワセを入れてハリを引き出し、口周りに掛けるのが基本になる。
スッポ抜けが多いときは少し待って、ハリが飲み込まれているときは早アワセにするなどの調整をしよう。

キャストはできるだけ少しずつ場所を変えて広く探ったほうがいいが、すぐに船下にきてしまうときも、船下で探ってみよう。

シロギスはキャストして広く探るのが基本だが、潮が流れているときなどは、船下のほうが食いがいいこともある。
そんなときにピッタリの釣り方が水野船長の釣り方だ。

まずは、仕掛けを少したるませた状態で、竿を上下にシェイクして誘い、
その後に竿をピタリと止めて、ゆっくりと聞き上げていく。
そこでアタリを出していくという釣り方だ。

仕掛けがからみまくり‥‥そんなときは胴付き仕掛けを

テンビン式の仕掛けをキャストすると、慣れないと特に道糸や先糸に仕掛けが絡むことがある。
これがあまりに続くようなら胴付き仕掛けにチェンジするのもいいだろう。

胴付き仕掛けの場合は、エサは1匹を半分ぐらいにカットした大き目のものを使う。

釣り方は軽くキャストするか、船下に落とし、オモリを海底につけた状態でアタリを待つ。
たまに大きく誘い上げてゆっくりと落とし込んでいく。
ここでキスが食ってきてアタリが大きく出る。

アタリはテンビン仕掛けよりも明確に出るが、食い込みが悪いときなどは一呼吸置いてからアワせたり、
エサのサイズを少し小さくするなど調整しよう。

「この時期、アカクラゲが多くいます。仕掛けに絡むと本当にアタリが悪くなります。
回収時についていたら面倒がらずにしっかりと取ってくださいね」

群れは濃厚で期待大!あとはテクニックで食わせよう! 東京湾・中ノ瀬 シロギス釣行レポート

ポイントは中ノ瀬13〜18mほど。最近狙いだしたが魚は多いという

エサはアオイソメ。2、3cmほどにカットして使うのが基本
どうしても虫エサが苦手な人は人工エサを購入していこう

掛けはテンビン、胴付きどちらでもOK

慣れないとテンビン式はキャストで絡むことも。
あまりに絡む場合は胴付き仕掛けを!

今の時期、アカクラゲが仕掛けに絡む。
こうなると絶対に食わないので必ず取り除こう

初挑戦の井上さんはコンスタントにキャッチ。
「アタリがあってもなかなか食い込んでくれなくて、そこがまた面白いですね!!」

キャストしてサビいてきてアタリを出していく。
ときには船下狙いの方がいいことも

1本はキャスト、1本は船下狙いの2本竿が標準スタイルだ

この日トップは42匹。
「本当はこのくらいアタリがあったら100匹は釣らないとダメだねえ。魚はすごいいるみたいだよ」

船下に来たらシェイクして待って聞きアワセ。これが船長オススメの釣り方

「船長が見本を見せてくれたらダブルでした!」

レギュラーサイズは22~23㎝ほどと良型だ

20cmちょっとがレギュラーサイズだった

良型をゲット!

場所によってはイシモチも!嬉しいゲストだ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・川崎「つり幸」

初夏の陽気が増えてきた今、東京湾のシロギスが元気一杯だ。

「ようやく浅場の春夏シーズンがやってきたという感じですね。
まだ、活性が上がりきっていなくて少しテクニカルな釣りになることが多いですが、魚はかなり多いですよ」と、
川崎「つり幸」の半日シロギス船の船長、水野聡さんは言う。

現在のポイントは中ノ瀬の水深16~18mほど。

キャストしてサビいてくると、プルプルとシロギス特有のアタリがある。

簡単にかかると思いきや、アワせるとスポッ。

再び誘うとまたプルプル。今度は少し待って見るとうまくヒット。

こんな駆け引きを繰り返すうちにすっかりと熱くなっていく。

「今日のアタリなら100匹は釣らないとダメだったね」と常連さんが言うように魚影はバッチリ。

あとはアナタの腕次第でどうにでも! 

さあ、いよいよ最盛期に突入だ。

以上の記事は「つり丸」2019年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
駿河湾・石花海のヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入する。釣れるヤリイカはみな肉厚で全体的に丸みを帯び、味も濃厚。連日、後半には乗り乗りタイムに突入するので、前半不調でも、後半に期待大だ。
相模湾のアマダイが絶好調!葉山あぶずり港「たいぞう丸」では当日、50cmがダブル&49cm&47・5cmが取り込まれた!シロアマダイ44・5cmもヒットし、3色揃い踏み!相模湾のアマダイ釣りは今がチャンスだ!
最新記事
「フィッシングショーOSAKA2020」(主催:大阪釣具協同組合)が2020年2月8日(土)、9日(日)の2日間、インテックス大阪6号館A・Bゾーン・3号館・4号館で開催される。
ツムブリとは、スズキ目ハタ科マハタ属で、全世界の温帯域から熱帯域の表層を回遊している。国内では青森県以南に生息している。ブリに似た形で、身に赤みがある。
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
太田屋(金沢八景)の釣果情報を掲載
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読