実は絶好調なんです!! 飯岡沖のショウサイフグ【飯岡沖】

実は絶好調なんです!! 飯岡沖のショウサイフグ【飯岡沖】

捕らぬ狸は重々承知だが、今回ばかりは釣行後の計算をした。人にあげても喜ばれるし、冷凍保存も利くから自家消費もよし、の狙いは飯岡沖のショウサイフグ。ほぼ連日制限尾数の80匹をクリアしている。モチベーション激高で、向かった先は飯岡港の「龍鳳丸」だ。


トップ80匹早揚がりの連続! 初心者でも60匹以上釣る日も!

好調なヒラメの影に隠れて目立たないが、飯岡沖はショウサイフグも好調。早揚がりの日も少なくない。

定数80匹達成も夢じゃない。初心者でも60匹ぐらい釣ることがあるという。

一荷も多い。魚影は濃い。

夜はフグ鍋で一杯!

沖揚がり後、おいしい昼食を食べながら和気あいあいの反省会。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「龍鳳丸」。

オモリ25号、2段バリの船宿仕掛け。

エサのアオヤギはタップリと。

関連する投稿


これは嬉しいリレー釣り、大原沖のヒラメ&ショウサイフグ【大原沖】

これは嬉しいリレー釣り、大原沖のヒラメ&ショウサイフグ【大原沖】

ヒラメとショウサイフグ、ここではリレー釣りで絶好調の2魚種をぜいたくにゲットできるぞ。さぁ、大原沖へ行こう。


五目で楽しむスローピッチジャークジギングゲーム【飯岡沖】

五目で楽しむスローピッチジャークジギングゲーム【飯岡沖】

「本命がない釣り、というのがスローピッチジャークの魅力だと思います。釣れるものは何でも釣っていきますよ」と語るのは飯岡港「幸丸」の渡辺一司船長。関東エリアでは数少ない、スローピッチジャーク専門の看板を掲げている。


大原沖のショウサイフグ、良型主体に数釣れてます!【大原沖】

大原沖のショウサイフグ、良型主体に数釣れてます!【大原沖】

10月から解禁した大原沖のショウサイフグが好調だ。このところトップ50〜70匹前後の数釣りが続いているが、今シーズンの大原沖の魅力は数だけでなく、その型の良さがあげられる。


飯岡沖のヒラメ、良型多く、身も肉厚だ!!【外房・飯岡沖】

飯岡沖のヒラメ、良型多く、身も肉厚だ!!【外房・飯岡沖】

6月から開幕している飯岡沖のヒラメ。夏場からの好調が続いており、11月初旬の時点でも好釣果を記録する船が多い。夏場はキロ前後、またはキロ未満のサイズ主体だったが、ここにきて2〜3㎏の中型サイズがまじる割合が高くなってきた。


鍋ネタ調達には好釣の鹿島沖のショウサイフグがお勧めだ!【鹿島沖】

鍋ネタ調達には好釣の鹿島沖のショウサイフグがお勧めだ!【鹿島沖】

冬が近づきつつある今日この頃、いよいよ鍋が旨い季節がやって参りました。魚が主役の旨い鍋は色々とありますが、ショウサイフグの鍋は特に激ウマです。さぁ、調達だ。大海へ出よう!


最新の投稿


金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

今シーズンの東京湾口部のヤリイカは8月末ごろに開幕。金沢八景から出船する「一之瀬丸」はシーズン当初は剣崎沖周辺をメインに狙っていたが、10月に入って群れは沖ノ瀬に集まり、ここを主戦場とするようになった。


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


ランキング


>>総合人気ランキング