MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
実は絶好調なんです!! 飯岡沖のショウサイフグ【飯岡沖】

実は絶好調なんです!! 飯岡沖のショウサイフグ【飯岡沖】

捕らぬ狸は重々承知だが、今回ばかりは釣行後の計算をした。人にあげても喜ばれるし、冷凍保存も利くから自家消費もよし、の狙いは飯岡沖のショウサイフグ。ほぼ連日制限尾数の80匹をクリアしている。モチベーション激高で、向かった先は飯岡港の「龍鳳丸」だ。

トップ80匹早揚がりの連続! 初心者でも60匹以上釣る日も!

好調なヒラメの影に隠れて目立たないが、飯岡沖はショウサイフグも好調。早揚がりの日も少なくない。

定数80匹達成も夢じゃない。初心者でも60匹ぐらい釣ることがあるという。

一荷も多い。魚影は濃い。

夜はフグ鍋で一杯!

沖揚がり後、おいしい昼食を食べながら和気あいあいの反省会。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「龍鳳丸」。

オモリ25号、2段バリの船宿仕掛け。

エサのアオヤギはタップリと。

千葉県飯岡沖のショウサイフグが好調だ。絶好調のヒラメの影に隠れている感はあるが、その分狙う船は少なく場荒れが少ないのも好況持続の一因のようで、飯岡港の「龍鳳丸」では出るたびにほぼ80匹の定数を達成。早揚がりの日が続いている。「15m程の浅場がメインだから釣りやすく、ビギナーにもおすすめ。初めての人でも60匹以上釣る日もありますよ」とは佐藤純基船長だ。
「コツは仕掛けを海底から浮かせないこと。あとアタリが取れなくても10秒に1回くらい空アワセを入れた方がいいですよ。ただ大アワセはダメ。ハリスの長さ分くらい20〜30㎝スッとシャクる程度でいいですからね」
「龍鳳丸」では仲乗りさんが乗船し、手取り足取り教えてもらえるから初心者にも安心だ。
秋風が涼しくなってきた今日この頃、フグを釣って鍋もおすすめ!

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
この春、相模湾東部はスルメとヤリの両狙い!どちらのイカがよく乗るかは釣ってみないとわからない!スルメは束釣りを記録することも!!仕掛けはスルメイカ用とヤリイカ用の両方を持参しよう。
南房のジャンボイサキが解禁から沸騰中!西川名港から出船「竜一丸」では半日で規定の50匹に達することも!ビギナーや希望者には、出船前に船長自ら釣り方をレクチャー!ベテランも満足のこの釣りをぜひ!
東海エリア超一級マダイ乗っ込みポイントが今期も開幕!大場所オモリを含めた広範囲を攻める!仕掛けは10mまたは15mを使い分けよう!
東京湾・湾フグの老舗船宿「野毛屋」では、高級魚トラフグ+浅場で手軽にショウサイフグという、かなりゼイタクな釣りを展開中!このチャンスにぜひ両狙いを楽しんでみてはいかがだろう。
金沢沖は根魚の宝庫!美味魚を釣らせてくれる金沢港「北龍丸」は、定番のオキメバルをサビキで狙い~仕掛けを替えて、カサゴをメインに根魚狙い。最後にサビキで浅場のクロメバル!みなクーラー満タンだ。
最新記事
春の定番釣り物として定着したホウボウのジギングゲーム。テクニカルで超おもしろい!誘い方やジグによって、大きく釣果に差が出てしまうからだ。ただシャクるだけではダメ!ベイトや活性に合わせて攻略しよう!
この春、相模湾東部はスルメとヤリの両狙い!どちらのイカがよく乗るかは釣ってみないとわからない!スルメは束釣りを記録することも!!仕掛けはスルメイカ用とヤリイカ用の両方を持参しよう。
高性能でありながらコストパフォーマンスが高いPEライン 「UVFソルティガデュラセンサー8+Si2」
南房のジャンボイサキが解禁から沸騰中!西川名港から出船「竜一丸」では半日で規定の50匹に達することも!ビギナーや希望者には、出船前に船長自ら釣り方をレクチャー!ベテランも満足のこの釣りをぜひ!
東海エリア超一級マダイ乗っ込みポイントが今期も開幕!大場所オモリを含めた広範囲を攻める!仕掛けは10mまたは15mを使い分けよう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読