実は絶好調なんです!! 飯岡沖のショウサイフグ【飯岡沖】

実は絶好調なんです!! 飯岡沖のショウサイフグ【飯岡沖】

捕らぬ狸は重々承知だが、今回ばかりは釣行後の計算をした。人にあげても喜ばれるし、冷凍保存も利くから自家消費もよし、の狙いは飯岡沖のショウサイフグ。ほぼ連日制限尾数の80匹をクリアしている。モチベーション激高で、向かった先は飯岡港の「龍鳳丸」だ。


トップ80匹早揚がりの連続! 初心者でも60匹以上釣る日も!

好調なヒラメの影に隠れて目立たないが、飯岡沖はショウサイフグも好調。早揚がりの日も少なくない。

定数80匹達成も夢じゃない。初心者でも60匹ぐらい釣ることがあるという。

一荷も多い。魚影は濃い。

夜はフグ鍋で一杯!

沖揚がり後、おいしい昼食を食べながら和気あいあいの反省会。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「龍鳳丸」。

オモリ25号、2段バリの船宿仕掛け。

エサのアオヤギはタップリと。

関連する投稿


飯岡沖のマダイが釣り時だ、 大・中ダイの連発も!【外房・飯岡沖】

飯岡沖のマダイが釣り時だ、 大・中ダイの連発も!【外房・飯岡沖】

関東各地でのマダイ釣り場は、秋の好シーズンに突入している。外房・飯岡沖のテンヤマダイは、8月中旬ぐらいに大ダイ、中ダイが連発する日が続いた。今回取材した飯岡港「梅花丸」では、4〜5㎏クラスはもちろん、6㎏台、7㎏台の特大サイズも取り込まれていた。


東京湾で秋の好シーズン! ショウサイフグ&アカメフグ【東京湾】

東京湾で秋の好シーズン! ショウサイフグ&アカメフグ【東京湾】

いまや各地で人気上昇中のフグ釣りだが、そのルーツは東京湾だ。エビエサを付けたカットウ仕掛けで丁寧に誘ってフグを寄せ、微妙なアタリを取ってアワせる東京湾のカットウ釣りはゲーム性が高く、根強い人気がある。そのフグ乗合に周年出船しているのが金沢八景の「野毛屋」だ。久しぶりの湾フグ釣り。楽しみだ!


ショウサイフグはやっぱりココ!良型の数釣りシーズン突入【大原沖】

ショウサイフグはやっぱりココ!良型の数釣りシーズン突入【大原沖】

外房大原沖のショウサイフグが10月に解禁になった。約5カ月間禁漁でポイントを休めたおかげで、初期は特に良型が数釣れる時期だ。制限匹数である80匹に到達するのも珍しくなく、初心者でも30匹、40匹とまとまった数を釣るのが可能なのも、このショウサイフグ釣りなのである。


四季を問わず楽しめる東京湾のショウサイフグ【東京湾】

四季を問わず楽しめる東京湾のショウサイフグ【東京湾】

ほぼ周年楽しめる東京湾のショウサイフグだが、人気が高いのは春と秋だ。春には産卵で浅場に来た良型、秋には当歳魚の群れが固まり数釣りができる。夏場はちょうど端境期になるが、10m足らずの浅場で横走りするフグの小気味良い引きを楽しもうと向かったのは、金沢八景「野毛屋」のフグ乗合だ。


良型多く釣りごたえ抜群! 手軽に楽しめるショウサイフグ【飯岡沖】

良型多く釣りごたえ抜群! 手軽に楽しめるショウサイフグ【飯岡沖】

大型船が並ぶ飯岡港より出船した。初めて挑戦するカットウ釣りで、アオヤギをエサに、2本のカットウバリでエサ取り名人のフグを迎え撃つ。ズシッと手応えを感じさせるフグは水を吸い込み、プッ、プク、プーと膨らんだ。フグの姿を見ると、思わず頬が緩み、福々しい顔になる。


最新の投稿


トップ 34枚!? 銚子沖にヒラメ釣れ過ぎ警報発令中!?【銚子沖】

トップ 34枚!? 銚子沖にヒラメ釣れ過ぎ警報発令中!?【銚子沖】

銚子沖のヒラメが「釣り場も釣り座もまんべんなくどこでもアタるようになってきた」との情報を得て、8月下旬に釣行した。お世話になったのは銚子外川港の「福田丸」。早春から梅雨時までのメヌケを中心とした深場釣りと、それ以外の時季はヒラメをメイン看板に掲げ、ハイテク機器満載の大型船と優しい人柄の船長でも人気の船宿だ。


「ハガツオ」の寿司…身の表面がトロリンととろける。うま味も豊か

「ハガツオ」の寿司…身の表面がトロリンととろける。うま味も豊か

五月病はあるが十月病はないと思っていたら、近所の釣り名人たちが、その十月病になってしまったようだ。みなそわそわ、外房に行こうか、伊豆に行こうか? 釣りものが多すぎてノイローゼ気味。ハガツオを塩に埋めて半月。塩出しして半月干して作った塩ガツオを削る。これを肴に酒を飲みながら、美味しい魚待ってるよー。


開幕好調!! 平潟沖のマダラ、大型多く引き強烈【平潟沖】

開幕好調!! 平潟沖のマダラ、大型多く引き強烈【平潟沖】

平潟沖のマダラ釣りが開幕し、安定釣果が続いている。今は大型が多く10㎏級も期待できるぞ! そうと聞いたら、思わずマダラ釣りが大看板の「第十五隆栄丸」に乗り込んでしまいました。


那珂湊沖のムラサキイカ、超絶ノリノリ絶好調!!【常磐・那珂湊沖】

那珂湊沖のムラサキイカ、超絶ノリノリ絶好調!!【常磐・那珂湊沖】

那珂湊港「かもめ丸」の岡部喜代治船長は今年のムラサキイカの状況についてこう話した。「昔は、スルメの終盤になるとまじりだして、8月になれば毎年いくらでも釣れたんだけど、最近はよくなかったよね。今年は久しぶりの当たり年です!」。「久しぶりの当たり年」…その当たりっぷりを確かめるために、いざ、那珂湊港へ!


「タマカイ」の寿司…そして一週間、味は頂点に。これこそが熟成魚か

「タマカイ」の寿司…そして一週間、味は頂点に。これこそが熟成魚か

長野に出張していた友人が色とりどりのキノコ、リンゴにブドウをお土産にくれた。収穫の秋まさに来たれり、と感じながら、栗ご飯に、サンマ飯を大食い。とうとう体重が三桁に近づいてしまった。今夜は低カロリーのタマカイの湯引きで一杯だ。これなら体重増えないだろう?


ランキング


>>総合人気ランキング