実は絶好調なんです!! 飯岡沖のショウサイフグ【飯岡沖】

実は絶好調なんです!! 飯岡沖のショウサイフグ【飯岡沖】

捕らぬ狸は重々承知だが、今回ばかりは釣行後の計算をした。人にあげても喜ばれるし、冷凍保存も利くから自家消費もよし、の狙いは飯岡沖のショウサイフグ。ほぼ連日制限尾数の80匹をクリアしている。モチベーション激高で、向かった先は飯岡港の「龍鳳丸」だ。


トップ80匹早揚がりの連続! 初心者でも60匹以上釣る日も!

好調なヒラメの影に隠れて目立たないが、飯岡沖はショウサイフグも好調。早揚がりの日も少なくない。

定数80匹達成も夢じゃない。初心者でも60匹ぐらい釣ることがあるという。

一荷も多い。魚影は濃い。

夜はフグ鍋で一杯!

沖揚がり後、おいしい昼食を食べながら和気あいあいの反省会。

関連する投稿


コマセシャクリ釣りで狙う大型美味ハナダイ好調!【外房・飯岡沖】

コマセシャクリ釣りで狙う大型美味ハナダイ好調!【外房・飯岡沖】

良型ハナダイを釣りたいなら、飯岡沖がオススメだ。飯岡沖の数ある人工魚礁に居着いている30〜40㎝の大型ハナダイばかりを狙って釣れるからだ。


あなたはショウサイフグ狙い? それともマダコ狙い?【常磐鹿島沖】

あなたはショウサイフグ狙い? それともマダコ狙い?【常磐鹿島沖】

テクニカル、そして美味なことで人気のショウサイフグ釣り。鹿島沖のフグはとくに良型ばかり釣れることで知られる。そこに、今期から突如サイドメニューが加わった。それはマダコだ。フグポイントでフグを釣りたい人はカットウ仕掛けでそれを。マダコがほしい人はタコ餌木を使って釣る。どちらを釣るかは釣り人の好み。


味もピカイチ!  大原沖のショウサイフグ【外房・大原沖】

味もピカイチ! 大原沖のショウサイフグ【外房・大原沖】

さむーい冬には、体がぽかぽかになる料理、鍋はいかが! その代表魚と言えば、フグ。カワハギと同じくエサ取り名人のフグ。食わせで釣れなきゃ、引っかけろ!そこまでしても、この時期、釣って食べたい大原沖の絶品ショウサイフグ。さあ、みんなでぽかぽかになりましょう!!


大型ショウサイフグを数釣りたいならココだっ!【常磐・鹿島沖】

大型ショウサイフグを数釣りたいならココだっ!【常磐・鹿島沖】

食べておいしいフグ。一度味わえば、その絶品さで幸せになること間違いなし。沖釣り師は、そんなフグをたくさん釣って食べることができる! この機会にぜひ、フグ釣りにチャレンジしてみてはいかがでしょう。


大ブレイクしたひとつテンヤマダイポイントはココだ【外房・飯岡沖】

大ブレイクしたひとつテンヤマダイポイントはココだ【外房・飯岡沖】

ひとつテンヤマダイフィールドとして約3年を経過した飯岡沖。この秋はまさに大ブレイクしたと言っても言いすぎではない。これもひとえに飯岡の遊漁船が協力しあって、地道なポイント開拓を行い、ひとつテンヤマダイを継続してきたことが、大原など外房に肩を並べるマダイポイントとして確立した理由だ。


最新の投稿


「マサバ」の寿司…甘いとかうまいでは表現できない、そんな味

「マサバ」の寿司…甘いとかうまいでは表現できない、そんな味

梅の花の咲く季節。「今年は遅いわね」とスナック『愛』のママがつぶやくと、「あら、家の前の紅梅がひとつ、ふたつ咲いているわよ」と居酒屋『真心』の女将さん。たかさんの、妻の十八番がキャンディーズの春一番で、春めく。ボクはあまりの寒さに、熱い船場汁をすする。やっぱりサバはうまいね。


銀色の荒武者、乗っ込み開始! クロダイカカリ釣り【静岡・清水港】

銀色の荒武者、乗っ込み開始! クロダイカカリ釣り【静岡・清水港】

好調! 早くも乗っ込みのハシリが上がりだし、クロダイファンにとってトロフィーサイズの50㎝オーバー、「年無し」クラスが連日のように釣り上げられている。今年はいいぞ!!


絶品! お土産バッチリ!! 寒サバ・アジ&身厚スルメ【外房・勝浦沖】

絶品! お土産バッチリ!! 寒サバ・アジ&身厚スルメ【外房・勝浦沖】

「今の時期のサバは本当に美味しいので、ぜひ釣りに来ていただきたいと思います。また、ちょうどスルメが釣れ始めましたので、釣れているうちはスルメを狙います。このスルメも肉厚で本当に美味しいですよ」とは、勝浦港「勝丸」の浜田勝美船長。


今日も爆釣!俊兄の釣りバカ日記 特別編メコンオオナマズ【タイ・バンコク】

今日も爆釣!俊兄の釣りバカ日記 特別編メコンオオナマズ【タイ・バンコク】

今回は、満を持しての海外釣行レポートとしてタイ・バンコク編をお送りします。バンコクからほど近い【ブンサムランフィッシングパーク】という釣り堀に行ってまいりました。ここは大きなメコンオオナマズが釣れるというので、世界各国から釣師が集まる大変有名な釣りスポットです。しかし渋滞が酷い。近いのに1時間半もかかってしまいました。


相模湾・瀬ノ海のマアジはこれからが最もいい! 【相模湾・瀬ノ海】

相模湾・瀬ノ海のマアジはこれからが最もいい! 【相模湾・瀬ノ海】

相模湾・瀬ノ海のアジが今年も堅調だ。海況さえよければスソでも二ケタ釣果はカタく、トップは30〜50匹台と順調に推移している。取材日の翌日は、トップが70匹を超えたほど。サイズは30㎝台後半が多く、ときには40㎝クラスも顔を出すという。


ランキング


>>総合人気ランキング
フィッシングショー2018
つり丸定期購読