実は絶好調なんです!! 飯岡沖のショウサイフグ【飯岡沖】

実は絶好調なんです!! 飯岡沖のショウサイフグ【飯岡沖】

捕らぬ狸は重々承知だが、今回ばかりは釣行後の計算をした。人にあげても喜ばれるし、冷凍保存も利くから自家消費もよし、の狙いは飯岡沖のショウサイフグ。ほぼ連日制限尾数の80匹をクリアしている。モチベーション激高で、向かった先は飯岡港の「龍鳳丸」だ。


トップ80匹早揚がりの連続! 初心者でも60匹以上釣る日も!

好調なヒラメの影に隠れて目立たないが、飯岡沖はショウサイフグも好調。早揚がりの日も少なくない。

定数80匹達成も夢じゃない。初心者でも60匹ぐらい釣ることがあるという。

一荷も多い。魚影は濃い。

夜はフグ鍋で一杯!

沖揚がり後、おいしい昼食を食べながら和気あいあいの反省会。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「龍鳳丸」。

オモリ25号、2段バリの船宿仕掛け。

エサのアオヤギはタップリと。

千葉県飯岡沖のショウサイフグが好調だ。絶好調のヒラメの影に隠れている感はあるが、その分狙う船は少なく場荒れが少ないのも好況持続の一因のようで、飯岡港の「龍鳳丸」では出るたびにほぼ80匹の定数を達成。早揚がりの日が続いている。「15m程の浅場がメインだから釣りやすく、ビギナーにもおすすめ。初めての人でも60匹以上釣る日もありますよ」とは佐藤純基船長だ。
「コツは仕掛けを海底から浮かせないこと。あとアタリが取れなくても10秒に1回くらい空アワセを入れた方がいいですよ。ただ大アワセはダメ。ハリスの長さ分くらい20〜30㎝スッとシャクる程度でいいですからね」
「龍鳳丸」では仲乗りさんが乗船し、手取り足取り教えてもらえるから初心者にも安心だ。
秋風が涼しくなってきた今日この頃、フグを釣って鍋もおすすめ!

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


鹿島沖ショウサイフグ開幕、大型主体にトップ80匹も!!【鹿島沖】

鹿島沖ショウサイフグ開幕、大型主体にトップ80匹も!!【鹿島沖】

鹿島沖ショウサイフグの遊漁開始は約6年前と比較的新しいが、魚影の濃さと型の良さは抜群でファンは激増し、今や他地区と比べてもひけを取らないほどのフグ釣りフリークが訪れる港になった。5月18日、多くの釣り人が待ち望んでいたショウサイフグ乗合が開幕。バックリミットの80匹達成があちこちの船宿で聞かれ、今シーズンも好調そうだ。


ハナダイ(チダイ)の仕掛け・釣り方・釣果【外房・太幸丸】

ハナダイ(チダイ)の仕掛け・釣り方・釣果【外房・太幸丸】

飯岡名物ともいえるジャンボハナダイ、それが今好調に釣れている。周年ハナダイ乗合を出している飯岡港「太幸丸」では、トップ40枚オーバーの爆発釣果が続いていた。これはチャンス、と急いで車を走らせた。


5㎏級も! マダイ・ハナダイまじりでアタリ活発【九十九里・飯岡沖】

5㎏級も! マダイ・ハナダイまじりでアタリ活発【九十九里・飯岡沖】

飯岡沖は、ひとつテンヤマダイ釣りが本格的にスタートしてまだ3年ほどと、比較的新しいポイントだ。


追っかけアジ&ショウサイフグのリレー釣りを堪能!【外房・飯岡沖】

追っかけアジ&ショウサイフグのリレー釣りを堪能!【外房・飯岡沖】

今シーズンも飯岡沖で「追っかけアジ」の季節がやってきた。飯岡「龍鳳丸」では、希望でアジとショウサイフグのリレー釣りで出船している。


鹿島沖のショウサイフグは大型主体でズシッ! が楽しい【鹿島沖】

鹿島沖のショウサイフグは大型主体でズシッ! が楽しい【鹿島沖】

乗合が開始されてから約8年と歴史はそれほど長くないが、いまやすっかり鹿島沖の定番釣りメニューとして定着したのがショウサイフグ釣りだ。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読