MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【外房・飯岡沖】テンヤマダイは乗っ込みの良型、大型まじり!!

【外房・飯岡沖】テンヤマダイは乗っ込みの良型、大型まじり!!

4月中旬すぎからサイズのいいマダイがまじりはじめた飯岡沖のマダイ。2〜3㎏サイズがまじり、バラシも目立っている。日によってどちらによくアタるかひとつテンヤだけでなく、巻き物も用意しておこう!日によってどちらによくアタるかわかりませんから。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

4月中旬頃から良型、大型まじり!

飯岡沖のテンヤマダイは、4月の中旬頃から良型、大型がまじりはじめ、おもしろくなってきている。

「サイズのいいのは乗っ込みの魚ですね。
ベイトについていることもあるので、テンヤだけでなく、巻き物も用意しておいた方がいいです。
日によってどちらによくアタるかわかりませんから。いい反応があってもアタらないことも多いので、
いろいろ試してみてください」と話すのは、今回取材した飯岡港「梅花丸」の梅花亮佑船長。

取材当日はエビエサのテンヤ狙いに分があった。

船中で取り込まれたマダイは、全てエビエサのテンヤにヒット。

サイズのいいマダイと思われるバラシもエビエサのテンヤだった。

しかしタイラバなどの巻き物に良型、大型のヒットが集中した日もあるので、こちらの準備もして臨むのが万全のスタイルだ!

テンヤマダイのタックルについて。テンヤは重さ、色などバリエーション豊富に!

ひとつテンヤで狙う場合は、オーソドックスなひとつテンヤ用があればOK。

竿はひとつテンヤ用の2.1~2.7m。12号前後までのテンヤに対応したものを使おう。

リールは小型スピニングリール。
ドラグ性能がいいものを選ぶこと。
良型、大型が掛かったときは、ドラグを駆使したやり取りになるので、スムーズにラインが出るものを使わないとバラシやすくなる。

道糸はPEラインの1号以下。
太い糸は潮の影響を受けやすくなるのでオススメではない。

道糸の先にリーダーを結ぶ。
こちらはフロロカーボンラインの2~3号を2~5m直結にする。
結び方はFGノット、PRノット、ノーネームノットなど。

テンヤは軽い物は2~3号。
重い物は12号前後まで用意しておこう。

取材当日は水深20m台をメインに狙ったが、2.3㎏のマダイは13号のテンヤにヒットした。

風が強く船がどんどん流され、テンヤがすぐに浮き上がってしまうので、浅い水深でも13号のテンヤを使用したのだ。
どんな状況でも対応できるように軽い物から重い物まで用意しておこう。

潮が速いなどでテンヤが浮き上がる状況では、タングステン製のテンヤを使うのも手だ。

タングステン製のテンヤは、同じ号数のナマリのテンヤよりもシルエットが小さくなるので潮の影響を受けにくくなる。

テンヤはカラーも大事だ。
今回の「梅花丸」取材に同行していただいたノリーズプロスタッフの榎戸富さんによると、
テンヤのカラーによってマダイの食いが変わってくるという。

またカラーによってエサ取りや外道の邪魔をかわすこともできるという。

カラーもバリエーション豊富にそろえておくといいだろう。

付けエサはエビ。
「梅花丸」では冷凍のエビエサを使用する。

エサの付け方はいろいろバリエーションがあるが、
ノリーズプロスタッフの榎戸さんがオススメするのが上のイラストで示した方法だ。

孫バリでエビの頭部と尾部を固定するように刺すのが特徴。

このエサ付けだと、仕掛けの上げ下げでエビの頭部が取れにくくなる。

エビの頭部が取れかかった状態では、テンヤが不自然に漂い、マダイの食いが悪くなるので注意しよう。

エビが小型の場合は、親バリに1匹、孫バリに1匹刺す方法もある。

エサ付けもいろいろ試してみるといいだろう。

底付近を狙って、ダメならタナを探ろう

基本の釣り方を示したのが上のイラストだ。

テンヤを投入したら、まずは着底させる。
着底直前のフォール中にアタることもあるので、ラインの変化に注意しておくこと。
海中に入っていくラインが急にフケたり、ラインが走ったときはアタリの可能性大。
こんなときは迷わずアワせよう。

テンヤの落下中は、糸フケを出しすぎないこと。
糸フケを出しすぎると、フォール中のアタリやテンヤの着底がわかりにくくなるからだ。

着底がわからないときは、わかるまでテンヤを重くするといいだろう。

テンヤが着底したら、即座に糸フケを取り、50㎝~1m巻き上げて様子を見る。
そして時々、竿をシャクリ上げてテンヤを動かしてみよう。

アタリがなければ、再度50㎝~1m巻き上げてアタリを待つ(このとき竿をシャクリ上げて様子を見てもOK)。
それでもアタらなければ、再び50㎝~1m巻き上げてアタリを待つを繰り返して、5~10mの範囲を探ってみよう。

潮が速かったり、風が強いなどで船がどんどん流される状況ではテンヤが浮き上がりやすい。
この場合、テンヤが着底したら即座に糸フケを取り、そのままアタリを待つ。

この間、テンヤは浮き上がるので、状況次第で数秒~数十秒経ったらテンヤを着底させる。
これを繰り返していく。

ワームを使って、巻きテンヤで狙う場合

通常の釣り方(ひとつテンヤの釣り方)でアタリがないときは、
「巻きテンヤ」と呼ばれるテンヤをキャストして巻いてくる釣り方で狙ってみるのも手だ。

この釣り方でエビエサを使うと、頭部が取れやすくなるのでワームを使うのがオススメだ。

ワームはエコギアアクア「スイムシュリンプ」が実績が高くオススメ。

カラーバリエーションも豊富なので、いろいろ試してみよう。

釣り方を示したのが上のイラスト。
3種類のパターンが代表的な釣り方だ。

パターンAはベイトの反応がある場合、ベイトのいる層を引いてくる釣り方。
「探見丸」があるとベイトがいる層を確認しやすい。

パターンBは、テンヤを着底させてから、そのまま巻いてくるだけ。

パターンCはテンヤを着底させ10m(状況に応じて5~10m)ぐらい巻いてから、
テンヤをカーブフォールかフリーフォールで着底させる。
そして再度10mぐらい巻いてから、テンヤをカーブフォールかフリーフォールで着底させる。

これを繰り返して探ってくるのだ。

タイラバで狙うのもOK!

「梅花丸」ではタイラバで狙うのもOKだ。 

竿は専用竿や7対3調子のライト用など。

リールは手巻きの小型両軸か小型電動。

道糸はPEラインの1号以下。

タイラバはテンヤと同じく、重さ、カラーはバリエーション豊富に準備しよう。

釣り方はイラストで示したように簡単。

タイラバを着底させて、水深の1/3~1/2ぐらいまで巻き上げて探るのを繰り返すだけ。

巻き上げる際、派手なアクションはNG。
一定の速度で、ただ巻きで巻き上げてくるのがコツだ。

その日によってアタりやすい速度があるので、いろいろ試してみよう。

アタったらアワせることはせず、そのまま巻き上げていくとハリ掛かりする。
ここでアワせると掛からないので注意しよう。

タイラバばかりにアタリが集中することもあるので、準備が可能なら持ち込むといいだろう。

テンヤだけでなく巻き物も準備して万全の態勢でチャレンジ!外房・飯岡沖 テンヤマダイ釣行レポート

ヒット!
力強い引きは、まちがいなくマダイだ!!
竿はひとつテンヤ用がオススメ

「梅花丸」で使用している付けエサの冷凍エビ

エサ付けの一例

巻きテンヤ、タイラバにヒットが集中することもあるので、いろいろ準備しておこう

タイラバも重さやカラーなどバリエーション豊富に持参しよう

当日は水深20m台をメインに狙った

助っ人として参加してくれた梅花繁船長は、執念で2.3kgの良型マダイを食わせた!

タモのアシストは梅花亮佑船長

このサイズは数釣れることもある!

取材後には1日に3kgオーバーが2枚取り込まれる日もあった(画像は船宿HPから)

なんと良型のマダコもヒット!

ゲストのカサゴも大型!

トラフグもまじった。アゴの力がとても強いので扱いには注意が必要

ヒットするホウボウはグッドサイズばかり!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡沖「梅花丸」

4月中旬すぎからサイズのいいマダイがまじりはじめた飯岡沖のマダイ。
2〜3㎏サイズがまじり、バラシも目立っている。

「サイズのいいのは乗っ込みの魚ですね。
ベイトについていることもあるので、テンヤだけでなく、巻き物も用意しておいた方がいいです。
日によってどちらによくアタるかわかりませんからね」と話すのは、今回取材した飯岡港「梅花丸」の梅花亮佑船長。

取材当日は雨が降り、北風も強く釣り辛い状況。

決してアタリが多いとは言えない状況であったが、
それでも朝から大型、良型と思われるバラシがあり、後半にはきれいな良型マダイが取り込まれた。

この日はテンヤに分があり、取り込まれたマダイは全てテンヤでのヒットだった。

取材後も良型が取り込まれている飯岡沖。

準備を万全にして、大型マダイを狙おう!

以上の記事は「つり丸」2019年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
最新記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル