MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【南房・江見沖】水深250mの大アカムツをPE4号で攻略する!

【南房・江見沖】水深250mの大アカムツをPE4号で攻略する!

南房のアカムツ釣りといえば、秋に産卵のため水深150m前後に回遊した個体を釣るのが定番だったが、数年前から、ほぼ周年狙うようになった。

これからがシーズン本番! 南房・江見沖の大アカムツ釣果レポート

朝いちは鴨川沖でクロムツ釣り

水深100m前後でクロムツはこのとおり

大アカムツのポイントの水深は250m。なだらかな海底だ

エサは波崎沖カンネコ根のもの同じ。サバタンとホタルイカゲソの組み合わせだ

水深が深くなっても誘いが大事!

アカムツ釣り名人の横浜市の泊さん。「渡辺丸」へ通いだして、アカムツボウズなし記録更新中! 

アカムツ釣りレジェンドの栂安さんもお気に入り釣り場だ

50㎝近い大アカムツが水面に浮上すると歓喜の雄たけびが船上に響きわたる

アカムツ釣りではサバはつきもの。サバに本命を振り落とされないようにしよう

ナイスボディーのアカムツ!

泊さん、これで3本目!
アカムツは刺身や煮付け焼き何で食べても美味しい!

松永プロが本領発揮。自身が開発に携わったニュー電動リールで貴重な大アカムツをキャッチした。「やっぱり誘いが肝ですよ(笑)」とのこと

取材時、全員がアカムツをキャッチした!

江見沖のオニカサゴは良型そろい。こちらも狙い目だ

オニカサゴ狙いでなんと良型アラキャッチ

泊名人は3本キャッチ

松永プロの釣果。贅沢魚がそろった

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・江見太夫崎沖「渡辺丸」

「第10渡辺丸」は大型船。広々とした釣り座で安心

渡辺丸」は2隻体制で出船中

江見太夫崎「渡辺丸」では、朝いちにフラッシャーサビキでクロムツやアジ、サバを狙いその後、ポイントを変え、
アカムツやオニカサゴを狙うリレー釣りをおもに行っている。

人気のアカムツは江見沖水深250m前後がポイント。水深が深いので深場タックルの使用がイメージされるが、
「渡辺丸」では、PE4号を400m以上収納しているタックルに統一。オモリも200号と軽めのものを使用する。

つまり、シマノ社製なら3000番、ダイワ社製なら500番の電動リールが使えるのだ。
最近ではPE4号ラインは近海の沖釣りの定番ライン。普段使っているリールで深場釣りが可能になるのだ。

「江見沖のアカムツのシーズンは、ちょうどこれから。江見沖では大型狙い。鴨川沖では中型の数釣りができます」とは、
渡辺英雄船長。

仕掛けもとくに太いものは必要なく波崎沖のカンネコ根で使用しているハリス5号以上、胴付き2〜3本バリでオーケー。

「アカムツは置き竿釣法はダメ。必ず誘ってください」と渡辺船長は話す。
江見沖では50㎝前後の大アカムツが釣れる。その1本がとても価値がある高級魚だ。ぜひ狙ってみてほしい。

以上の記事は「つり丸」2015年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
今シーズンも好調継続中の東京湾タチウオ。新安浦港「義和丸」ではサイズも上々!メーター前後のグッドサイズが多く、110㎝クラスの大型もまじり、半日船でトップ20匹前後という日も!ドラゴンシーズン突入だ!
東京湾のビシアジが絶好調!近年、大アジの魚影は抜群。半日もあれば、レンタルタックルのビギナーでもお土産十分の釣果を期待できる。今後はマダイやクロダイがゲストにまじる。ベテランも大注目の走水沖だ。
関東エリアで魚影がも最も濃いといわれている茨城海域のヒラメが11月1日、鹿島沖で部分解禁。取材日は1投目から船中あちこちでヒット。規定数の10匹に達する釣り人も!2kgオーバーが多く最大は79㎝の大型!
東京湾LTアジが好調キープ。当日は八景沖〜野島沖を狙った。水深10m台〜20m台という浅場。コマセが効きだすと、どちらの釣り場でもコンスタントにアタりトップ28匹。慣れた人は、ほとんどが25匹前後だった。
手軽で簡単に釣れ、そして食べても美味しいイシモチが、今季も東京湾で絶好調!金沢八景の「小柴丸」では出船の度にトップ40~50匹と高値安定の釣果で、今季もいかんなく優等生振りを発揮している。
最新記事
今シーズンも好調継続中の東京湾タチウオ。新安浦港「義和丸」ではサイズも上々!メーター前後のグッドサイズが多く、110㎝クラスの大型もまじり、半日船でトップ20匹前後という日も!ドラゴンシーズン突入だ!
驚異的な粘りと高弾性を併せ持つスローゲーム専用ベイトロッド「オフショアスティックHSJ CS(スロー)シリーズ」
東京湾のビシアジが絶好調!近年、大アジの魚影は抜群。半日もあれば、レンタルタックルのビギナーでもお土産十分の釣果を期待できる。今後はマダイやクロダイがゲストにまじる。ベテランも大注目の走水沖だ。
「釣りフェスティバル2020 in YOKOHAMA」2020年1月17日~19日に開催
東京湾の青物ジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」では1㎏前後が主体ながら、午後船の短時間で、イナダ、カンパチを織りまぜ20本以上キャッチする腕達者も!湾内青物の釣果とタックル&最新攻略術を紹介!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読