MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【千葉 外房】10kgオーバーの大型もヒット中! 春のヒラマサ

【千葉 外房】10kgオーバーの大型もヒット中! 春のヒラマサ

黒潮の接岸と共に開幕を迎える外房の“春マサ”シーズンは、例年3㎏前後がアベレージ。ベストシーズンの今大いに盛り上がっている。

perm_media 《画像ギャラリー》【千葉 外房】10kgオーバーの大型もヒット中! 春のヒラマサの画像をチェック! navigate_next

【千葉 外房】 春のヒラマサ釣果レポート

潮次第では朝のひと流しでヒラマサが船中20本以上ということも。今がチャンス!

春マサシーズンのアベレージは3〜4kg。だが、今期も昨年に続き10kgオーバー、
さらには20kgオーバーが多数ヒットしている

外房ヒラマサ2回目の挑戦で外房初ヒラマサをキャッチしたプロショップ「バスメイト」の徳永謙三さん

もちろんキャッチ&リリース!

アベレージよりも一回り大きいヒラマサだ

タックルはジギングとキャスティングの両方を用意。どちらも好調にヒットしている

ローカルスタンダードの尾上拓哉さんはダイブベイトで

そしてリリース

2日間にわたる取材での最大魚はプラグキャスティングでキャッチした船上計測15kg。
外房ヒラマサ4回目で手にした初ヒラマサがこの魚。お見事!

最初は10kg前後か?と思われたが、水面に姿を現すとデカイ!この時期、ヒラマサは産卵期を迎えている。
メモリアルフィッシュであっても、メモリアルフィッシュだからこそキャッチ&リリースするアングラーが増えている。
大型ほど多くの子孫を残す。そして、アングラーの心のなかで泳ぎ続ける

こちらもリリース

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「山正丸」

黒潮の接岸と共に開幕を迎える外房の“春マサ”シーズンは、例年3㎏前後がアベレージ。
だが昨年のこの時期同様、今年も10㎏オーバー、さらには20㎏オーバーが続々とキャッチされて大いに盛り上がっている。

取材は季節外れの台風6号の通過直後。台風前は朝の“ひと流し”だけで
なんと船中20本以上ものヒラマサキャッチされていたというが、取材日はまさかの低活性…。
南西の強風により、水温が急激に低下してしまったのだ。

それでも船上計測15㎏の大マサをはじめ、アベレージの3〜4㎏サイズや、
それよりひと回り大きい6〜8㎏サイズがキャッチされた。今後潮次第では再び台風前の状況となる可能性は十分にある。

「ベストシーズンのヒラマサをぜひ釣りに来てください。今がチャンスですよ!」とは、「山正丸」山口徹船長。

また、ちょうどこの春マサシーズンはヒラマサの産卵期にあたる。山口船長によると、昔とは比べ物にならないほど魚は
減っているという。強制ではないが、必要以上の魚はぜひリリースをお願いしたい。

以上の記事は「つり丸」2015年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
去年、鹿島港「植田丸」で誕生した『テン巻き』 。『ひとつテンヤ 』と『巻き物(ジグ&タイラバ)』をTPOで使い分けて楽しむライトゲームのことで、その釣果がグングン上昇中だ。
銭洲解禁!伊豆諸島遠征シーズン開幕!今年もシマアジが絶好調!五目は激うまウメイロメインでお土産十分!カンパチはジギングでチャレンジ!
常磐沖のルアーゲームを多彩に楽しませてくれる「釣楽園 征海丸」。春先のおすすめはホウボウ&カンパチゲームだ。
鹿島沖の水深60m台にヤリイカが大回遊中!春の浅場パターンはオモリ150号、通常タックルで攻略!追い乗りさせて多点掛けを目指そう!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル